2008年10月09日

チベット・モンゴル・ウイグル三民族連帯シンポジウムおよびデモ

 コミバスさくらの2つ目の新路線、汐入ルート(参考記事)の運行開始記念式典が10月30日に開かれることになりました。あと二十日程で、コミバスさくらの第二路線が始動することになり、嬉しい限りです。

 さて、先ほど、テレビ朝日から連絡をいただき、10月2日のブログ記事に書いていた、小坂が取材を受けたテレビ放送の日時は13日(月)以降に繰り延べと決まった旨を連絡いただきました。決まり次第、またブログ上でご報告致しますので、お時間が有る方、直接あるいは録画でご覧いただけると幸いです。

 さて、以下、こちらの案内ページから転記致します。小坂も両日のどちらかには参加する予定ですので、皆様も是非、ご参加を!

(以下、引用)
―真の多民族共生を考えるー

 チベット、南モンゴル(内モンゴル)、ウイグル(東トルキスタン)、これらの
地域に住む人々は漢民族と全く異なった民族であり、異なった言語、文化、歴史をもっています。しかし近代以降、中国の「密接不可分の一部」であるとして不当に占領され、そして現在は民族としての生命が絶たれようとしています。自民族の言語による教育、宗教活動が制限され、民族の文化・歴史も否定され、中国への同化政策の真っ只中にいます。

 中国政府の残酷な支配を止めさせるためには、3民族が合同して立ち上がらなければならないという強い危機感の下、日本ウイグル協会の発案により、世界でも初めての3民族による合同の抗議集会とデモを行うことになりました。
 日本人の良心を示すため、みなさまのご協力とご参加をよろしくお願い致します。

☆3民族連帯シンポジウム

【場所】 拓殖大学文京キャンパスE館101教室 (東京都文京区小日向3-4-14)
【日時】 平成20年10月18日(土) 13:00 〜 16:00 シンポジウム
【パネラー】 セイット・トムトルコ(世界ウイグル会議副総裁・日本ウイグル
協会専務理事)
        ペマ・ヨーコ(ジャーナリスト)(予定)
        オノホルド・ダイチン(モンゴル自由連盟党幹事長)
        宮崎正弘(評論家)
        藤井厳喜(国際政治学者)
        
【コーディネーター】 荒木和博(戦略情報研究所代表)
【総合司会】     小林秀英(チベット問題を考える会代表)
【資料代】       千円

☆3民族連帯デモ
【場所】 宮下公園〜渋谷駅前〜宮下公園(東京都渋谷区神宮前6丁目

【日時】 平成20年10月19日(日)
      13:00 〜 14:00 集会
      14:00 〜     デモ行進
      15:30        解散

主催:3民族連帯シンポジウム実行委員会
   代表:ペマ・ギャルポ(チベット自由人権日本百人委員会代表幹事)
       オノホルド・ダイチン(モンゴル自由連盟党幹事長)
       イリハム・マハムティ(日本ウイグル協会会長)
   事務局 文京区白山1-16-6-102  電話 03-3815-7815  FAX 03-3815-7816

参加団体:チベット自由人権日本百人委員会(シンポジウム)、チベット問題を考える会(デモ)、モンゴル自由連盟党、日本ウイグル協会、イリハム応援団、中国民族問題研究所

 また、別のイベントとしてウイグルを理解する場が今度の日曜日に有るようですので、こちらもどうぞ!
higashitorukisutan.jpg

small_ribon.gif民族自決権を守るべき!という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
posted by 小坂英二 at 14:32| Comment(10) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする