2008年11月01日

ドナウ通りに自転車専用道、来年度本格設置へ!

 10月28日の建設環境委員会の質疑に関連して、議題の一つ「ドナウ通りにおける自転車走行空間の創出に係る社会実験」などのご報告を致します。平成17年6月の本会議質問を始め、いくつかの委員会でも実現を強く求めてきたものの、警察との調整がうまくいかず実現できなかった(関連記事=コメントも参照下さい)、汐入のドナウ通りへ自転車専用道を設置する話が有りました。今回、区として来年度に本格実施をする意向で、まずは、下記のモデル事業的な社会実験を行うという位置づけです。
 明日の区報に掲載されるようですが、自転車走行空間の社会実験について概要を以下、ご報告します。

★歩行者や自転車がより安全で快適に通行できる道路の形態等を検討するため、既存道路を利用して自転車走行空間を創出する社会実験を行う。

★目的
・自転車走行空間整備の有効性、適用可能性の検証
・歩行者・自転車利用者・自家用車利用者等相互の交通ルール・マナーの意識向上

★実施期間:11月13日(木)〜19日(水)の7日間
      12時〜19時までの7時間(雨天中止)

★実施場所:ドナウ通り(南千住駅東口駅前広場〜花壇の有る公園の前まで)の北側車道 約480メートル

★実施主体
 荒川区「環境行動計画モデル事業」協議会・荒川区
 受託者:NPO法人かながわ環境教育研究会

★実施方法
 ・有動員を配置し、誘導コーン・案内看板の設置により、安全に配慮した誘導を行う。
 ・自転車利用者、歩行者、店舗関係者への聞き取り調査の実施
 ・南千住警察署交通課との調整済

★経費=環境省の委託事業「低炭素地域づくり面的対策推進事業」(総額1000万円)の一環(約150万円程度)として実施する。

★自転車道の整備=ドナウ通りにおける自転車走行空間の本格整備について検討する。


(小坂からの質疑・答弁)
小坂:ドナウ通りを自転車専用道のモデル場所とすべきと本会議等で主張してきたものとして、こうした取り組みが行われることを嬉しく思う。ララテラスと逆側の車道にも実証実験で自転車道で設置して相互通行にしてはどうか?実証実験で好評であれば、本格実施を来年度にすべきと考えるがどうか?

環境政策担当課長:警察との協議のもとで、今回の実証実験は行う。実施後、アンケートを取り、結果が良好であれば、来年度に汐入のドナウ通りにおいて自転車専用道の設置を予定している。


小坂:以前、自転車専用道を設置しようとして警視庁本庁から許可が出なかったが、モデル事業実施後、常設の自転車専用道を新たに設定する予定は?ドナウ通りのほかに場所は考えているのか?

道路課長:今回の社会実験については、片側だけであるが、来年度はドナウ通りの車道の両側で自転車専用道で本格実施したいと考えている。来年度は自転車専用道についてはこの件のみ。以前は調整がつかなかったが、その後、道路交通法の改正も有り、警察も自転車専用道についての考え方が変わってきていると認識しているので、実現できるよう努力したい。

環境課長:実施主体の「環境行動計画モデル事業」協議会には警察の方も参加しており、その中で「ドナウ通りにおける自転車専用道」について意見のやり取りをしながら実現に向けて取り組んでいく。


小坂:今回の実証実験での誘導コーンを車道との境に構造物を置くというのは幅も取り、邪魔になると思うが、もっと場所をとらない形で仕切りができないのか?来年度、ドナウ通り以外に自転車専用道を設置する予定は?現在存在する歩道上の自転車通行帯は自転車専用道を設置した後も残すのか?

道路課長:一時的な仕切りには誘導コーンが最適と判断した。強風の場合は撤去等しなければならない為。当面、来年度はアンケート結果を受けて、ドナウ通りの両側に一方通行の自転車専用道を設置する意向。また、現在ララテラス側の歩道に有る自転車通行帯は残す予定。自転車通行帯はゆっくりと走る自転車、自転車専用道は速く走る自転車というように棲み分けができればと考えている。

small_ribon.gif自転車専用道の整備を進めるべき、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif




posted by 小坂英二 at 18:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。