2008年12月10日

コミバス新路線に向けて

 10月30日に運行を開始した荒川区のコミバス2路線目「汐入さくら」の利用実績を確認してみました。

 「汐入さくら」の11月の1ヶ月で一日平均の利用者は413名。当初の葛梵ャバスの予想の500名を下回っています。自主運行をしている葛梵ャバスも利用促進の為に「案内のチラシ」をポスティングするなど認知に努めておられるので、徐々に利用人数は増えてきているそうです。

 コミバスの利用促進については、こちらを始め、度々議会で指摘をしてきましたが、今後も公費を確保して環境に優しい公共交通機関の利用促進を行うべきと主張して参ります。運行企業の企業努力での効率化は大前提ですが、それだけでは、十分な公共交通は成り立ちません。
 荒川区コミバス(葛梵ャバスの自主運行)の現在の「路線開設経費の一部のみ補助し、運行経費へは基本的に補助をしない」という姿勢では、これ以上路線を広げるのは極めて難しいと思いますので、問題提起を続けて参ります。

 さて、荒川区ではこちらで募集している通り、「荒川区コミュニティバス導入可能性検討調査の業務委託に関する公募型プロポーザル」を募集しており、その調査の結果を受けてコミバスの第三路線の開設の可能性等を検討する方向です。その結果を注視しながら、新路線の開設に向けて尽力して参りたいと思います。

 small_ribon.gifコミバス路線の充実を願う、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif


posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。