2009年01月06日

406万円は無駄にならずに済みました!

 9月26日に現地調査に基づきブログで問題提起(まずはこちらをお読み下さい)をして、9月30日の予算特別委員会で質問(こちらがご報告記事です)をした、「空き店舗活用支援事業

上記2店についての補足情報です。

※重複を避ける為、ここで事業の概要は書きませんので上記リンク先をまずご覧ください。

 2件のうちの1件、「フィリピンのアンテナショップ」が事業(民間企業によるもの)を中止し、既に支出している補助金の返還と後払いとなっていた家賃の3分の2補助も中止となり、406万円が無駄に支出されずに済みました。

PICT8006.jpg
(写真は12月18日のフィリピンアンテナショップの様子)

・区からの交付補助金額(予定していた内容=これが中止に)
 店舗改装(150万円)+家賃(120万円×2年間)+PR経費(16万円)=406万円

 担当課に確認した話では議会での追及やブログでの指摘を受けて「事業継続意思を失った」そうです。元々、商店街の魅力向上に繋がるとも思えず、近隣店舗との公平性も欠くこの事業への補助金は不要と主張していた2件のうち1件については無駄な税金の支出を止めることができました。残りの1件の韓国物産店への補助金も無駄になる前に食い止めたいと考えています。
 区は補助金を支出するに値する事業であるかどうか、もっと精査をするべきと今後も強く問題提起をしていこうと考えています。 

small_ribon.gif無駄な補助金がカットされて良かった、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif


posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。