2009年01月24日

粗大ゴミ収集が民営化=サービス向上、コスト削減

 今朝は4時起きで、寒修行に参加した後、陳情の対応や事務を行い、夕方に献血をし(137回目)、夜は尾久消防団の新年会の他、2つの政務会合が重なり慌ただしい日でした。

 さて、1月20日に行われた建設環境委員会のいくつかの議題の中で「粗大ゴミ収集の民間委託」について報告がなされましたので、その件についてご報告致します。

 粗大ゴミ収集を民間委託(サービス向上に加え経費も削減できます)すべきということは、小坂から平成18年2月の予算特別委員会平成19年の清掃審議会でもリンク先に書いた通り、繰り返し主張をしていた件で、前向きに進める旨の返答をいただいていたものでしたが、こうして確定した形となったことを嬉しく思っています。

 委員会資料と小坂の質疑を以下、ご報告致します。 

★区民サービスの向上と収集・運搬体制の効率化を図る為、粗大ゴミの収集を民間に委託し、収集日を拡大する。

★粗大ゴミ収集作業の民間委託の効果
 現在、地域ごとに収集曜日(例えば東尾久地区は○●曜日といった形で固定化)を定め、区民の申し込みにより収集しているが、地域ごとの申し込み件数に差が有り、地域によって申し込みから収集までに時間を要している。
 収集作業を民間委託することにより、新たに収集日に日曜日を加えるとともに収集までの時間短縮を図る。

★民間委託開始時期:平成21年4月1日

★委託内容・区民からの申込により、収集ルートを作成する。

・粗大ゴミを収集し、荒川清掃事務所(関連ブログ記事)へ搬入する。

・荒川清掃事務所敷地で粗大ごみを積替え、粗大ごみ処理センターへ搬送する。

★他区の状況・民間委託実施区 13区 日曜収集7区実施

・直営(区職員の収集) 9区 委託化検討中4区


※1日あたりの粗大ゴミ収集件数は目安として100件程度であり、それを超えると次の週となり2週間待たせることもあった。それが、4月以降、申込から3日〜1週間で収集ができるようになる。曜日の限定は有りません!

※現在の清掃作業の現場に出ている職員は85名。再任用・再雇用職員は合計約30名。車は45台のうち5台は直営の車、40台は民間からの借り上げになっている。

※今まで粗大ゴミ収集等には大型ダンプ2台で各車に3名でやっていたのが6名の体制。3月に退職する6名の後任を不補充とする。

(小坂からの質疑・答弁)
小坂:粗大ゴミ収集に関わる今までの直営の際の人件費総額と民間委託後のそれを教えて欲しい。委託先は雇上会社の組合以外にできないのか?他の自治体の例は?
清掃事務所長:今まで直営(区の職員)の際には年間人件費6000万円であり、日曜収集も仮にしていたら7000万円程度となるだろう。それが、民間委託すると日曜収集も含めても人件費は4600万円となり4月より前の約7割で済む。


小坂:粗大ゴミ収集を委託する先を特定の団体のみに限定するという東京都からの移管の際の覚書にいつまでも縛られているべきでは無い。速やかにその覚書について見直しを行い、区民のとって一番良い会社を選べるようにすべき。23区の担当課長会で強く働きかけをして欲しいが、荒川区としてその決意があると理解して良いか?
清掃リサイクル課長:小坂委員と同様の気持ちであり、担当課長会でも主張していく。

小坂:インターネットでの粗大ゴミの申込予約方法や内容は上記説明資料に記載の点以外でどの点が変わるのか?
清掃事務所長:説明資料以外の部分では特段変更は無い。


小坂:粗大ゴミから家具のリサイクルに回すものを尾竹橋の近くで展示施設を作る(関連ブログ記事)とのことだが、台東区(関連ブログ記事)のようにネットでも再利用できるものを写真付きで紹介し、関心を高め申し込みができるような形を取り入れ、利用を促進すべきではないか?
清掃リサイクル課長:荒川区の粗大ゴミの譲り渡しの取り組みは、現状は当日にその場に行かなければ品物が分からないという状態ですので、小坂委員の指摘を踏まえて事前に情報が得られるような取り組みも検討していきたい。

small_ribon.gif粗大ゴミ収集の民間委託によるサービス向上、費用削減を評価する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif


posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。