2009年01月26日

盛岡市の自主防災組織

PICT8334.jpg
 今日明日の2日間は震災対策・危機管理調査特別委員会の行政視察で盛岡市(岩手県)と大崎市(宮城県)へ。今日は盛岡市で「住民の防災意識の向上について」と「盛岡市の防災マップについて」話を伺ってきました。

 盛岡市では自主防災組織の結成に対して救助資機材(10万円相当)を交付しています。

 平成17年の組織率18%から平成20年12月の51.9%に上げるまでの努力についても伺いました。防災意識向上のために市役所が行っている出前講座も大きな役割を果たしたようです。自主防災組織リーダー研修も活発に行っています。

  また、防災マップ作成前に地域の危険度を盛岡市独自で民間企業に委託して判定を行ったそうです。荒川区の地域危険度の数字は出ていますが、これは東京都が判定を行ったものです。

 盛岡市の防災計画はこちらをご覧ください。

 盛岡市、熱心に取り組んでいますが、荒川区とは地域の特性が違い過ぎます・・・。
 防災・危機管理の視察をするなら東京都下の近隣自治体の取り組みをを綿密に現地調査・視察した方がずっと参考になるのに・・・。行政視察についての小坂の考えはこちらに示した通りです。

PICT8340.jpg
 そう思いながらも、夕食の前の時間を利用して、様々なイベントを仕掛けて活性化を図っていると聞いた商店街を歩いて見学してきました。

PICT8336.jpg
 ここは肴町商店街。取組みの概要はこちらをご覧下さい。中小企業庁の「頑張る商店街77選」にも選ばれています。

PICT8337.jpg
 まもなく節分祭が有るようです。
PICT8338.jpg
PICT8339.jpg

 ホテルへの帰途、自転車専用道(車道上)を見つけそれに沿って歩いてみましたが、交通量が少ない(車も自転車も)為、スムーズでした。ある意味当たり前ですが・・・。

small_ribon.gif行政視察の在り方を見直すべき、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif


posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。