2009年08月31日

民主党政権瓦解から保守勢力の再結集を!

DSC01559.jpg
 写真は昨日の「富士総合火力演習」のお土産です。チョコ餅とビーフシチュー。
DSC01560.jpg
 さて、昨日の総選挙は事前報道の通り、民主党の圧勝で終わりました。小坂の認識をここに記しておきます。

・選挙に関する報道はとても矮小化され公平性も欠いていたことは事実。しかし、それは自民党大敗の一部の理由に過ぎず、何十年にも渡って国民の期待を裏切って来たことへの国民の怒りが爆発したと見るべき。

・政党の基本理念のみを考えれば、自民党に大いに賛同し、共感する。自主憲法制定や日本の国柄をしっかりと守っていく姿勢が綱領に示されている。

・民主党の姿勢は支那共産党や朝鮮半島に阿り、日本の守りを内外から損ねる政策が満載。マニフェストや報道における論点は「国の安全をどう守るか」の大局が全く示されておらず、金のばら撒き方ばかりが示されている。

・綱領をしっかりと議員が皆、信念として持つような本来の姿であれば自民党を応援したい。しかし、現在の自民党は数十年に渡って詐欺行為を働いてきた。保守の理念を掲げながら、田母神氏を卑劣な形で首にし、安全保障を真剣に考えれば有り得ない「非核三原則」や「武器輸出三原則」、「専守防衛」などといった幼稚で国益を損ねる原則を墨守してきた。4年前の郵政選挙で3分の2もの議席を独占下にも関わらず、憲法改正を正面に出さない。自虐史観教育も変えようとはせず温存してきた。
 最早、このような政党は保守と呼ぶに値しない上、変えるべきものを変えてこなかった。「改革」を叫びながら、旧態依然とした既得権益を
何十年も変えて来なかった。
 
・民主党が政権を取ると外国人参政権付与や自虐史観教育の加速、人権擁護法案の可決、支那共産党との癒着など不安や恐怖は尽きない。しかし、国民の期待を裏切り続けてきた自民党を政権の表舞台から退場させることは、未来を切り開く過程で避けられないと考える。

・民主党よりも自民党の方が保守っぽいからと自民党を延命しては、いつまでも先述のような欺瞞に満ちた現状が続き変わる可能性は無いと考える。

・9月に発足する民主党政権は早期に瓦解するであろう。日米関係やアジアでの防衛問題、具体的な経済問題において「綱領が存在しない政党」が有効な対応をできる筈も無く分裂へと進むであろうし、また、政策理念に従って分裂させるように心ある国民は導くべきと考える。

・一方の自民党も現状のリベラル左翼(加藤紘一代議士など)から保守(稲田朋美代議士など)まで混在している状況では、明確な理念など示し得ない。民主党の分裂と共に自民党の分裂・解党は不可避であり、その過程を経ずに保守の再生はあり得ない。

・民主党政権が瓦解前に外国人参政権付与など国を危うくする政策を実施に移そうとする際は、心ある国民や議員が総力を挙げてその動きを阻止する国民運動をし、それを通じて保守の姿勢が国民を守ることそのものであることを広く周知も行える。

 いずれにせよ、選挙結果は国民の判断の結果であり、重く受け止め、選ばれた代議士に対して、必要な問題提起を具体的にガンガンぶつけて「バラマキやサービス合戦ばかりにうつつを抜かすな!」とそれぞれの地域で直接働きかけることを心がけねばならない。

small_ribon.gif保守の再結集を心から望む、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif

スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感


posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

富士総合火力演習の機会をもっと!!

DSC01534.jpg
 8月24日のブログ記事へのコメント「にぼし」様より「富士総合火力演習」に行きませんか?とのお誘いを頂戴しました。

 毎年8月末に行われる「富士総合火力演習」は事前申し込み制でとても希望者が多く、抽選倍率は30倍〜200倍(券の種類による)と高く、小坂も見学したいと思っていましたが、今まで機会を逃していましたので喜んで参加させていただきました。(火力演習の詳細がこちらのページに掲載されています。)

四方山話が掲載されているのはこちら

 小坂の知人と共に西日暮里駅を朝4:55頃の京浜東北線で東京駅に向い、東海道線で国府津駅、そこから御殿場線で南御殿場駅に到着7:30に「にぼし」様とそのご友人と合流、会場へ車、専用バスに乗り換え向いました。

 10時〜12時までの2時間の火力演習は自衛隊の戦闘能力の高さをこれでもかという感じで見せつけてくれました。

 動画を多数撮影したのですが、下記2つ以外は何故かアップロードしようとするとエラーが出てしまいます。下記2つは火力演習の最後の一番実戦的な部分です。是非、全画面表示でご覧いただければ幸いです。





 富士山の裾野の広大な演習場において自衛隊の日頃の訓練の成果を体験することができるこうした機会を、申し込みをした方だけでなく、祥中学生などに学校単位で見学をする機会を作り、日本国を守る自衛隊が有事にどのように国民を守ってくれるのかを知ってもらいたいと強く思いました。

 軍事や安全保障の現実の問題から目を背け、嫌悪感を植え付けて自己満足に陥っている「似非平和主義」教育からいい加減に日本は脱却せねば国の存立自体が危うくなります。
 教育の正常化に全力で当たって参ります!

small_ribon.gif自衛隊の活躍を知る機会を増やすべき、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif

スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

区補正予算案のご報告(その3)

DSC01529.jpg
 今日明日は諏訪神社の祭礼。娘と共に諏訪神社に参拝。

 27日28日の記事に続いて、荒川区の補正予算案の3つ目の御報告を書かせていただきます。

≪区の独自施策等に係る経費=区の自主財源≫
(10)建設工事単品スライド条項の適用
  (7520万円)
 区が発注した汐入東小学校・汐入子供園建設工事について、その材料価格の変動額が明らかになったため、単品スライド条項を適用する。

(11)(仮称)町屋一丁目ふれあい館建設用地の取得
  (4億7504万2千円)
 荒川区土地開発公社が所有している町屋一丁目用地について、(仮称)町屋一丁目ふれあい館建設用地を建設するため取得する。(1353.21平米)

(12)道路工事・公園管理事務所建設用地の取得
  (3億7843万6千円)
 荒川区土地開発公社が所有している町屋一丁目用地について、道路工事・公園管理事務所を建設するため取得する。(1068.34平米)

(13)(仮称)障害者就労支援施設の整備
  (−1億5783万6千円)
 町屋3丁目に建設予定である(仮称)障害者就労支援施設の竣工が、21年度から22年度に変更となったことに伴い、歳出(財源の都支出金6千万円を含む。)を減額する。
 また、建設に係る契約が21年度及び22年度の両年度にわたるため債務負担行為を設定する。

(14)償還金
 (3225万1千円)
 20年度決算の確定に伴い、障害者自立支援給付に係る国庫補助金等の超過交付額を返還する。

(15)基金積立金
  (20億5076万4千円)
 20年度決算の各手に伴い、繰越金の補正を行うとともに、決算剰余金を基金に積み立てる。

(16)介護保険事業特別会計繰出金
  (−3999万9千円)
 介護保険事業特別会計における20年度決算に基づく精算処理に伴い、介護保険事業特別会計から繰入金の補正を行うとともに、介護保険事業特別会計への繰り出し金を減額する。

(17)20年度決算の確定に基づく精算処理
  (介護保険事業特別会計)
 (2億6567万2千円)
 20年度決算の確定に伴い、国・都等への償還金や一般会計への繰出金及び介護保険給付準備基金への積立等の精算処理を行う。

small_ribon.gif補正予算が区民の幸福に寄与することを願う、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif

スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

区役所拠点で電気自動車カーシェアリング

DSC01517.jpg
 区役所の緑のカーテン、元気です。垂れ幕に書かれている「区立八幡中学校が全国卓球大会」出場の結果、個人の部ではベスト16にまで進出しました。

 また、区立諏訪台中学校が全国バレーボール大会」出場の結果、予選を突破し決選トーナメントに進出(初戦で惜敗)!多くの人々の支えと選手の皆さんの努力で勝ち取った素晴らしい成果ですね!

 昨日のブログ記事の続き(2本目の記事)として第三回定例会に提出される区補正予算の概要をご報告致します。

 17項目のうち今日は「国の経済危機対策に係る経費」2項目と「都の地球温暖化対策及び緊急雇用創出に係る経費」2項目を書きます。
 詳細については委員会で議論を深めて参りますが、電気自動車のカーシェアリングを区役所を拠点に開始することは、電気自動車に触れる機会を増やす(=自分で乗れる)ことになり、普及の一助となるのでとても良いと思います。

「国の経済危機対策に係る経費」

(6)子育て応援特別手当(平成21年度版)支給
 (1億6912万2千円 全額国庫負担)

 幼児教育期における子育ての負担に配慮する観点から、子育て応援特別手当を支給する。

(7)女性特有がん検診の推進
 (2878万4千円 うち1712万5千円
           が国庫負担、残りは区負担)
 女性特有がん検診の受診率向上と普及啓発を図る為、一定の年齢に達した女性に対して、医療機関に委託の形で子宮がん(区内9ヶ所で可。20歳〜40歳)及び乳がん(区内3ケ所+区がい1ケ所で可。40歳〜60歳)の検診を無料で受診できる機会を増やすとともに、検診手帳を交付する。

「都の地球温暖化対策及び緊急雇用創出に係る経費」

(8)環境交通施策の推進
  (1720万7千円 全額都負担)

★電気自動車を区で導入し、区と区民による共同利用を行う★

※これは画期的です。電気自動車を2台(充電器1台)を区で購入し、区の公用を優先するものの、区民の様々な要件(レジャーも含む)で電気自動車をレンタルして使うこともできます。
 車両の管理はカーシェアリングを行っている民間事業者に委託をする予定です。充電器も最新のもので30分〜1時間でフル充電できるとか。
 制度開始となれば電気自動車に乗って見る良い機会です。是非、皆様ご利用下さい。

(9)緊急雇用創出の推進
  (3093万1千円 全額都負担)

 緊急雇用創出区市町村補助金を活用し、緊急かつ臨時的な雇用・就業機会の創出と施策の充実を図る。
 @区立小中学校・区立幼稚園の樹木管理台帳作成(1496万円)
  ※失業者を雇うことを条件に業者に委託

 A区立小中学校・区立幼稚園の樹木選定(1000万円)
  ※失業者を雇うことを条件に業者に委託

 B区立小学校図書館の書籍整理(243万2千円)
  ※失業者を区が直接雇用

 C史跡・文化財の調査及びデータベース作成(185万9千円)
  ※失業者を雇うことを条件に業者に委託

 D伝統工芸技術保持者への支援(168万円)
   ※この168万円は調査費用で、
    本格的な支援は平成22,23年度に予定しているとのこと。

small_ribon.gif電気自動車の普及に区も貢献することを評価する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif

スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

プレミアム商品券、第二弾実現

 今日は役所で打ち合わせや資料収集・整理。

 荒川区の平成21年度補正予算案が纏まりました。9月に始まる第三回定例会で議論をした後、議決を行います。

 項目も多いので、今日から3回に分けてご報告致します。17項目のうち今日は「国の経済危機対策に係る経費」にあたる5つの項目を書きます。国の補助がかなり手厚くなされています。

(1)区立小中学校エコ改修の推進 
  (18億2千万円 うち95%は国と都の補助)
  学校におけるエコ改修及び環境教育の推進を図るため、区立小中学校に太陽光発電装置を設置する。(小学校6校、中学校1校)

 ※設置する学校は以下の通りです。
 瑞光小学校、第二瑞光小学校、汐入小学校
 尾久西小学校、尾久第六小学校、第六日暮里小学校
 第五中学校

(2)区立小中学校ICT環境整備推進
  (3億7675万7千円 約5割が国庫負担)
  学校におけるICT環境の推進を図るため、区立小中学校全普通教室に地上デジタルテレビ機能を持つ電子黒板を整備する。

※以前、電子黒板について視察に行きました。有効に活用されれば教育効果は上がると思いますが、併せて紙ベースでの勉強もしっかりと取り組みを求めたいと思います。
 
(3)軽可搬ポンプの配備
  (4948万3千円 
    うち国庫負担3844万8千円、区負担1103万5千円)

 発災時の初期消火の実効性と地域の防災力を高めるため、区立小中学校への軽可搬ポンプの配備(29台)と町会・自治会に配備している軽可搬ポンプの更新(57台)を行う。

 ※今年4月27日の参考ブログ記事(動画有り)をご覧ください。

(4)商店街プレミアム付きお買い物券への支援
(1114万7千円 全額国庫負担)

 景気低迷に伴う商店街に対する支援策として、荒川区商店街連合会が追加発行する「プレミアム付区内共通お買い物券」に係る経費の一部を助成する。

 今年2月20日の本会議質問においても、「プレミアム商品券の第一弾が好評であれば、第二弾を実施するよう支援すべき」(参考ブログ記事:4月15日)と訴えてきましたが、実現され嬉しく思います。歳末セールの時期に合わせるということで12月頃に発売される予定です。詳細につきましては、またブログでお知らせ致します。

 前回と同じく500円券20枚1万円にプレミアム分として千円を付けて額面11,000円分を一セット1万円で1万セット販売する予定です。

(5)住宅手当緊急特別措置事業の実施
  (1761万4千円 全額国庫負担)

 国の経済危機対策に基づき、離職者であっても就労能力及び就労意欲のある方のうち、住宅を喪失している方、または喪失する恐れのある方に対して、住宅手当の支給と就労の支援を実施する。

small_ribon.gif補正予算が区民生活向上に繋がることを期待する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif

スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 17:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

弟子育成へ区の補助実現!(伝統工芸)

 午前は役所で打ち合わせの後、午後はお世話になった方のお別れの会の後、自転車で一路、都議会の会議室で11月6日を目途に(10月9日から変更)行われるシンポジウム「対馬が危ない」 (参考に7月28日のブログ記事をご覧下さい)シンポジウムの有志の打ち合わせに参加。夕方からは地元で政務会合といった流れです。

 さて、伝統工芸の引き継ぎにおける弟子の育成には長い時間がかかります。その間にかかる費用について平成19年5月13日のブログ記事で問題提起をし、平成19年10月15日の決算賛成討論においても以下の提案を致しました。

(以下、小坂の賛成討論の一部から抜粋)
 初めに、産業の分野では、伝統工芸技術者やマイスターが弟子を受け入れた際に弟子の収入を確保すべく補助を実施すべきと申し上げます。 
 後継者不足の背景には、弟子が一人前になるためには五年から十年かかるため志望者が少ないことや、小規模事業者が修業中の弟子に給与を支払う金銭面の余裕がないことなどがあるため、鳥取県では後継者育成に取り組む事業者負担を減らすため、給料の一部を負担する事業を実施中だそうです。

 期間は最長二年で研修生一人につき五万円を助成。県内に転居した県外在住者には同伴家族の人数によって上乗せがあり、そのほか家賃助成もあるそうです。

 荒川区の財産である多様な伝統技術やマイスターの技術はここまで踏み込んだ対応をしないと、途絶えてしまうのではないかと危惧しており、実施を求めたいと思います。
(抜粋以上です)

 今年度予算に向けた予算要望(詳しく平成20年8月22日のブログ記事をどうぞ)にも同趣旨の要望を盛り込んでおりました。

 荒川区において、そうした趣旨の伝統工芸の弟子育成の支援事業が創設されることになりました。とても嬉しく思っています。以下、概要をご報告致します。

★荒川区の貴重な文化財である伝統工芸技術を次世代へ継承するために、伝統工芸技術継承者の育成支援事業を実施する。

★対象者
 技術伝承指導にあたる伝統工芸技術保持者及び伝統工芸技術継承者とする。
 伝統工芸技術保持者(以下、「保持者」)とは、荒川区文化財保護条例に基づく区登録・指定無形文化財保持者、又は、文化財保護奨励団体の構成員で伝統工芸技術を有する職人。
 また、伝統工芸技術継承者(以下、「継承者」)とは、保持者のもとで伝統工芸技術に関する知識及び技術を新たに修得し、将来、区内で伝統工芸を生業とする職に従事する意思のある者で、義務教育を修了した概ね30歳までの者をいう。

★事業内容
 (1)伝統工芸技術短期現場実習支援事業
   (ステップ1〜職人見習い)
  @内容:保持者が伝統工芸技術の修得を希望する者を受け入れ、短期間(上限:3ケ月)の現場実習を実施し、保持者となることの意思の確認及び素質の検証を行う。

  A支援内容
   (ア)保持者の指導料として、日額5千円を支給する。
        (上限:月額10万円)
   (イ)継承者への研修手当として、
       保持者へ日額3千円を支給する。
        (上限:月額6万円)

  B実施時期;平成22年1月から

 (2)伝統工芸技術新規継承者支援事業
    (ステップ2〜弟子入り修行)
  @内容:原則として「ステップ1」の終了者で、本格的に技術の継承のための修行を希望し、技術的に優れ、将来性がある者を対象とし、3年間(最長6年間まで更新可)にわたって育成を支援する。なお、本事業開始時に既に弟子入りしている者も6年以内であれば対象とする。
  
  A支援内容
   (ア)保持者が指導を行うための材料費として、
      月1万円を上限として補助する。
   (イ)継承者への研修手当として、
      保持者へ日額5千円を支給する。
       (上限:月額10万円)
  B実施時期:平成22年4月から実施。

 (3)若手職員の作品コンクール(ステップ3〜独立への登竜門)
  本事業で技術を修得した者を含む若手(就業後5年未満)の作品コンクールを実施し、成績優秀者を顕彰し、継承者の独立へのきっかけとする。
 実施時期は「ステップ2〜弟子入り修業」の一期生が終了する3年後を目途とする。

★伝統工芸技術保持者の現況
 平成21年4月現在
  登録無形文化財保持者 37人
  指定無形文化財保持者 15人
  合計 52人(うち伝統工芸技術保存会会員49人)

  荒川区伝統工芸技術保存会会員56人(内支援事業対象者53人)

★今後の予定
 平成21年10月  ステップ1〜職人見習い〜募集
      12月  伝統工芸技術展で対象者紹介
 平成22年1月〜  ステップ1〜職人見習い〜試行実施
      4月以降 ステップ2〜弟子入り修業〜実施


small_ribon.gif歴史の引き継ぎに向けた区の努力を評価する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif

スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 12:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

旧千住製絨所煉瓦塀、区指定文化財へ!

210825sennju.jpg
 スーパーの開店に向けた開発が行われている土地に存する旧千住製絨所の歴史的な煉瓦塀について今年1月8日のブログ記事(まず、こちらをお読み下さい)でご報告した通り、度々問題提起を行い、2月20日の本会議一般質問では「次世代へ歴史を引き継ぐ」観点から、区の支出を伴う形をとっても保存をすべきと主張をして参りました。

(小坂の一般質問における2月20日の本会議質問でのやりとり)
小坂:次に歴史・文化を引き継いでいく観点から、まず、日本初の洋織物工場である旧千住製絨所の赤煉瓦を守るべく土地利用予定の事業者への支援も検討すべきと申し上げます。
 私有地内でかつ文化財指定も受けていない為、取り壊しせずに開発と両立できる保存を実現するには、金銭面の支援も含めて事業者に働きかける必要があるのではないでしょうか。

教育長: ご質問の煉瓦塀につきましては、教育委員会としては所有者に対し、保存に向けた交渉を重ねてきたところでございます。
 今後は、土地を利用する予定の事業者も含めて具体的な交渉を進めたいと考えております。
(やり取りの抜粋は以上です。)

 こうしたやり取りの後も区は保存に向けての検討と開発事業者との交渉を粘り強く続けてこられました。その結果、一部の保存と区文化財登録への道筋がつきましたので以下、ご報告致します。

 とても嬉しく思っております。保存され環境整備がなされた煉瓦塀の周辺が歴史を引き継ぐ一助となる場になるように引き続き問題提起をして参ります!

★完営千住製絨所(明治12年開業)の敷地を囲んでいた煉瓦塀について、関係者から塀の寄贈及び土地の賃借を受け、区の文化財として保存する。

★平成18年12月に当該煉瓦塀は、歴史的価値のある建造物として荒川区文化財保護審議会から区登録有形文化財に相応しいものとして答申が出された。
 平成20年12月に土地所有者から、商業施設出店計画において塀が全面撤去となる可能性が示され、保存方法について協議を重ねてきた。
 平成21年3月に煉瓦塀全長80mのうち、南寄り約50mの部分については、面している道路部分が幅員4m未満の建築基準法第42条2項道路に該当しているため、土地所有者において解体撤去した。
 その後も、保存を要請すると共に、保存方法について協議を重ねてきた結果、塀の一部の保存についての合意が得られた。

★寄贈物件(所在地:南千住6−43)
 全長18m 煉瓦塀、表門の門柱部分、車止め
 耐震性、安全性を確保すると共に文化財としての価値を損なわないたねに、現存の約29mのうち、中央の約11mを取り壊し、南側約8.5m及び北側約9mの計18mについて土地所有者から寄贈を受ける。
(冒頭写真の「※」で示した部分)

土地所有者:日本紙通商

土地利用者:潟宴Cフコーポレーション

★保存方法
 (1)寄贈を受けた煉瓦塀は、区が文化財として登録し、補強及び修復工事を施工し、保存する。

 (2)煉瓦塀の敷地(約9平米)については、土地利用者と、区が土地の賃貸借契約を締結する。

★今後の予定
 平成21年9月 煉瓦塀の寄贈及び土地借用の覚書締結
     12月 煉瓦塀の寄贈及び土地借用の契約締結
         区の有形文化財として登録
         商業施設建設工事開始
         煉瓦塀の補強及び修復工事
 平成22年8月 施設の外溝工事に併せて
         煉瓦塀の環境整備工事

small_ribon.gif歴史の引き継ぎに向けた区の努力を評価する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif

スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 15:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

軍隊を知る機会(横田基地友好祭)

DSC01485.jpg
 昨日、家族で訪問した横田基地日米友好祭2009は多くの来場者で賑わっていました。

 (3年前の現地レポートHPを発見。写真多数で雰囲気が伝わると思います。)

DSC01484.jpg
 戦闘機、輸送機、ヘリ、装甲車・・・。こうした現物を直接見て、隊員とも触れ合うことは軍を知る上で重要です。

DSC01489.jpg
 輸送機の内部。別の輸送機では入場見学をしているところも有り長蛇の列ができていました。

DSC01493.jpg
 仮設トイレで用を済ませてから手を洗うのは可動式貯水タンクの水で。

DSC01479_1.jpg
 10月25日の立川防災航空祭の案内も掲示されていました。ご都合がつく方は是非、こちらの案内をご覧の上、足を運んで見て下さい。(過去のレポートページを発見

 こうした軍と国民の触れ合いの機会を自治体も国ももっと増やすべきと考えます。

 こちらの記事(記事1記事2)はパリの革命記念日の軍事パレードやその後の国民との触れ合いの様子を多数の写真でレポートしたものです。基地の中での展示では無く、街中での触れ合い、素晴らしいと思います。

 記事を書いている方は、冷ややかな目で見ているようですが、小坂はこうした機会は国の安全を考えるきっかけにもなり、軍というものに対してイメージではなく正面から捉えるきっかけになる貴重な場だと思います。


 パラシュート降下の展示。


 戦闘機の展示飛行。翼を左右に振って「さよなら」と言ってます。

small_ribon.gif軍と直接触れ合う機会は重要、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif

スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

ゴミ減量への地道な取り組み

★衆院選について荒川区においては8月19日初日の期日前投票累計数は前回より77%増と書きましたが、21日の20時時点では累計91%増と更に増えているようです。★

毎日新聞のこちらのページで全国300選挙区の衆院選立候補者の政策アンケートを閲覧できます。★

外国人参政権について、産経新聞でアンケート(25日午前11時が締切)を行っています。皆様の見解を是非、お示し下さい★

DSC01463.jpg
 今日は家族で米軍横田基地の「日米友好祭2009」に参加して参りました。明日の記事に書きます。

DSC01511.jpg
 荒川区に帰って来てからは、消防団員として宮前小学校で行われた盆踊りの交通整理や警戒に参加しました。
 
DSC01509.jpg
 今日は多くの地域で盆踊りが開催されており、尾久小学校での盆踊りの警戒にも参加しました。そこでは尾久小卒業生や保護者のボランティアによりゴミ減量の取り組みが行われていました。

DSC01508.jpg 
 盆踊り縁日で使う箸や容器を使い捨てにせず、回収し、どんどん洗い場で洗浄してまた使うのです。この回収場所には尾久小を卒業した高校生が参加されていました。こうした活動に熱心な方がPTA会長の時に始められた取組だとか。こうした地道な活動が広がるようにお手伝いしたいと思っております。

 もとより、区の主催するイベント等でこうした取り組みを導入していくように求めて参ります。

 こうした場で多くの方と言葉を交わす際に、様々な問題提起をいただきます。ありがたいことです。

small_ribon.gifゴミの減量にはまず地道な取り組みが不可欠、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif

スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

各商店街にもAED設置

DSC01459.jpg
 小坂の自宅があるマンションは道一本隔てて北区になる場所ですが、北区の田端地域は今日明日と田端八幡神社の祭りが行われており、御囃子や神輿の掛声で賑やかです。
 娘を連れて散歩がてら田端八幡神社を参拝してみましたが、こちらは蝉時雨が賑やかなものの普段と変わりは有りませんでした。

DSC01457.jpg
 隣に位置する東覚寺(赤紙仁王)はここしばらく工事中でしたが、久々に姿を現していました。
 
 さて、小坂は消防団員ということもあり、AED(自動体外式除細動器)の設置推進と設置場所や利用方法の周知徹底を再三区に求めて参りました。

 その設置の新たな場所として各地域の商店街が加わりました。商店街の救命救急力を向上させ、日常及びイベント開催時の緊急対応に備える為に、盆踊りや縁日などのイベントを実施している区内13の商店街が新たな設置場所となりました。

 これで区内におけるAEDの設置数は214台となりました。

 内訳は以下の通りです。
区施設:176施設、民間施設:18施設、その他:20台

 設置した商店街は以下の通りです。

南千住地域:べるぽうと汐入商店街
      三の輪銀座商店街
      南千住仲通り商店街
      コツ通り商店会

荒川地域:荒川仲町通り商店街

町屋地域:荒川銀座商和会商店街

尾久地域:おぐぎんざ商店街振興組合
     熊野前商店街
     尾久本町通り商店会
     小台本銀座商店街
     川の手もとまち商店会

日暮里地域:冠新道商興会、親交睦商店街振興組合

※区としては、更に、24時間営業店舗への設置も進めていく予定です。

 AEDの設置が推進されて嬉しく思っておりますが、以前から主張している設置場所を地図に表示したサイトを区HPの中に早急に設置をするように改めて求めて参ります。折角設置したのですから、設置場所を日頃から確認してもらえる情報開示を行い、いざという時に活用をされることが何より重要です。
 
 今日の夜は、急死された尾久消防団長の通夜、九中の盆踊り、政務会合と慌ただしく過ぎました。

small_ribon.gifAEDの設置推進と利用方法・設置場所の周知徹底を望む、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif

スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

事前に準備を!最高裁裁判官国民審査の投票

DSC01450.jpg
 写真は夜に家族でお邪魔した荒川遊園運動場で開催された十町会連合盆踊りの様子。娘もお友達と連れ立って楽しそうでした。こうした催しの開催には毎年多くの地域の方のご努力があってのこと。感謝です。

 さて、衆院選の話題が多い昨今ですが、重要な投票にも関わらず報道がほぼ皆無なのが同時に実施される「最高裁判所裁判菅国民審査」について。
 
15人の最高裁裁判官のうち、国民審査の時期が到来したこちらの9人が今回、不信任投票の対象となります。

 投票の方法はこちらのページに記載の通り、今までの実績に照らすと「不信任」にすべき、と考えられる判事の欄に「×」を付けるのです。「×」以外の記入をしても全て無視されます。

 その判断に際して、「判断材料」が必要になる訳ですが、役立ちそうな情報は公的なものを探してもほとんど有りません。

 裁判所HPのこちらのページにそれぞれの裁判官の紹介などがこちらに有りますが、簡単な経歴や自己紹介を見てもそれだけでは判断の材料にはなり得ません。

 必要な情報は「それぞれの裁判官が、ある争点についてどのような見解や判断を示したか、個別に分かるもの」です。

 そこでそのような情報が分かるサイトを、ネットで検索して見つかったサイトが下記のページです。
photo_3.jpg
 このサイトは「大学で法律学を専攻したものの、その後、司法試験に7回落ちたフリーライターがまとめたもの」とHP作成者ご自身がお書きになっているものです。ブログの読者の皆様がお持ちの見識と、こちらの判断材料提供サイト「忘れられた一票 2009★最高裁判所 裁判官 国民審査 判断資料」内の様々な資料を照らし合わせて判断をしていただければ幸いです。

 事前に下調べをせずに国民審査に臨むのはとてももったいないですよ!民意を示すチャンスですので、是非熟慮してから記入なさってください。

 お急ぎの方はこちらだけでもご覧くださいとのことです。

 また、別のサイトですが「国民が知らない反日の真実」のこちらのページにも判断材料が提供されています。

small_ribon.gif最高裁裁判官の国民審査に際し、事前に下調べしてから記入すべき、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif

スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

投票率はかなり上がりそうです。

210813natsugassyuku2.jpg
 8月11日〜13日の林英臣政経塾の夏合宿参加者の集合写真。総選挙直前という時節柄、欠席せざるを得ない方もいらっしゃいましたが切磋琢磨する全国の仲間と一同に会して議論ができたことを嬉しく思います。

 今朝は役所で何点か打合せ。区の施設において障害者の働く場所、就労訓練の場所を増やす為の具体策を関係団体の方と担当部の方を交えて意見交換。区全体で取り組んでいくように9月の決算特別委員会においても問題提起をして参ります。

DSC01447.jpg
 写真はここ数日の間に読んだ書籍の一部です。坂東忠信氏の「いつまでも中国人に騙される日本人」は中国人の実態を知るのに必見です。

 宮本雅史氏の「対馬が危ない」も国の守りへの政府の意識の薄さに驚くと思います。両書を読んで国を守る為には、雑音には超然と対処するしっかりした気概が必要だと痛感すると思います。

 どちらも、荒川区立図書館にも所蔵しておりおますので、是非、お読み下さい。

 坂東忠信氏のブログも必見です!日本人が知っておくべきことが、詳細に記載されております。

 さて、衆議院議員選挙の期日前投票が昨日19日から区役所1階ロビーで始まりました。こちらに記載の通り他の6つの区施設でも23日から期日前投票ができますので、是非ご活用下さい。

 その19日の区役所のみの期日前投票1日目の総投票数は確認すると305人とのこと。4年前の総選挙での初日の期日前投票数は172人だったのに比べると77%増。母数が少なく、時期的な要素、天気も関係するとは思いますが、今回の総選挙における総投票率が上昇する兆しだと捉え嬉しく思っております。

small_ribon.gifベストの候補がいなくてもベターな候補、一番ましな候補に投票すべき、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif

スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

北朝鮮への追加制裁を!9月3日国民集会

DSC01380.jpg
 写真は京都市内で見かけた選挙への投票を呼びかける選管作成のポスター。投票の棄権は自分の首を絞めるだけですので、必ず投票をしていただくよう、お願い致します。
 総選挙の選挙戦が始まりました。多くの大政党では「如何に国民にサービス(バラマキ)をするか」ばかり強調し、マスコミもそうした観点ばかり扱う中だからこそ、各党が「国家をどのように守り、世界の中で日本がどのような役割を果たすか」をしっかりと見極める必要が有ります。

 それぞれの地域で候補者に会う機会が有れば、そうした観点についてどのような見解を持っているか是非、問いかけて見てください。特に北朝鮮による拉致問題打開の為の具体策。どの政党も「解決に努力します」と書いていますが、具体的に何をすべきと考えているのか、を確認して「拉致問題について関心を持っている国民がいる」ことを示したいものです。

 さて、その総選挙が終わって4日後となる9月3日に以下の通り拉致問題解決の為の追加制裁を求める国民集会が開催されます。小坂も多くの方と共に国に問題提起をする意味からも参加をしようと考えております。皆様もお勤めの帰途にでも是非、足を運んでいただければ幸いです。どうぞ、宜しくお願い致します。

(以下、拉致被害者救出の全国協議会HPからの転記です)
■拉致を理由に追加制裁を! 9月3日緊急国民集会ご案内
 北朝鮮「調査やり直し」破棄1年
拉致を理由に追加制裁を! 緊急国民集会

 昨年8月の日朝協議で拉致問題に関する「調査のやり直し」を約束した北朝鮮は、昨年9月4日、「調査委員会の立ち上げ延期」を通告し、以来1年、約束を破り続けています。総選挙直後のタイミングで、金正日政権の不誠実な対応を糾弾し、「拉致」を理由とする追加制裁の発動を求める緊急国民集会を開催します。
お誘い合わせの上、ご参加ください。

日 時 平成21年9月3日(木)
      午後6時半〜8時半 開場5時半

場 所 星陵会館大ホール(03-3581-5650)
東京都千代田区永田町2−16−2
地下鉄有楽町線・半蔵門線・南北線永田町駅下車(6番出口)徒歩3分
(参院議長公邸・北海道東京事務所の坂を下り右側)、千代田線国会議
事堂前駅下車(5番出口)徒歩5分、地下鉄銀座線・丸の内線赤坂見附
駅下車徒歩7分

司 会 櫻井よしこ
登壇者 家族会、救う会、拉致議連役員メンバー
参加費 無料(事前申込み不要)
主 催 家族会・救う会・拉致議連
連絡先 救う会事務局03-3946-5780 FAX03-3946-5784
 〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
small_ribon.gif拉致被害者対救出の為に朝鮮総連の資産凍結を含むあらゆる制裁措置を講じるべき、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif

スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

荒川区議会定数は32から24へ削減を!

DSC01426.jpg
 平成20年5月27日のブログ記事(まずはお読みいただければ幸いです)にも書きました荒川区議会議員の定数の削減について改めて問題提起をしたいと思います。

 月に3回議会事務局を通じて届けられる「全国市議会旬報」に全国の市議会・区議会の議員定数の状況が8月5日号に統計的に掲載(こちらの3ページ目)されていますので、その資料から抜粋しながら昨年5月27日のブログ記事に書いた「議員定数は現在の32名から24名に減らすべき」と申し上げます。

 荒川区を含む23区特別区は「市」と同じ位置づけとされており、そうした市議会(以下、区議会も含んだ意味とします)は全国に806有ります。
 
 その806自治体から合併特例法を適用されて議会定員が膨れ上がっている59市を除く747市の市議会の定員削減状況について上記の資料からご報告致します。

 まず、市議会議員の定数の上限数は法律で決められており、これを「法定上限数」と呼びます。

 その「法定上限数」はそれぞれの自治体の人口規模毎に適用され、現行の市議会において11段階(26人、30人、34人、38人、46人、56人、64人、72人、80人、88人、96人)に分かれています。

 荒川区の人口規模では「法定上限数」は34人に該当します。ただし、全国の市議会においてこの「法定上限数」から条例で減員をしている議会が多く有り、荒川区議会においては2名減員をして定員は32名
となっています。

 それでは、法定上限数が34人となっている市議会の減員状況を見てみましょう。

 法定上限数が34人の市議会は135ケ所。そのうち30の市議会は法定上限数から減らしていませんが、105の議会においては条例で減らしています。定数34人からどれだけ減らしている議会が有るか、減員数毎に書いてみます。

1人減(2議会)
2人減(11議会=荒川区議会の現状はここです)
3人減(1議会)
4人減(21議会)
5人減(1議会)
6人減(19議会)
7人減(5議会)
8人減(11議会)
9人減(2議会)
10人減(20議会=小坂の主張はここです!)
11人減(無し)
12人減(4議会)
13人減(2議会)
14人減(5議会)
15人減、16人減(無し)
17人減(1議会)

 こうして見てみると荒川区の定数2減というのは区職員を大幅に減らしている行政改革の進め方に比しても少ないと同時に、同規模の市議会と比べてもまだまだ減らす余地が有ると思います。
 何しろ、17人減=半減!している市議会すらあるのですから!

 減らすべき論拠は冒頭に提示した平成20年5月27日のブログ記事を参照戴き、読者の皆様からも「議会定数を減らすべき!」との声を広げていただくことをお願い致します。小坂も様々な場で問題提起をしていきます。

small_ribon.gif荒川区議会議員の定員は法定上限数から10名減らすべき、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif

スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

京成線日暮里駅下り線ホーム10月3日完成

211003nippori.jpg
 日暮里駅の総合改善事業として京成線の下り線の工事が続いてきましたが、9月いっぱいで完成し、10月1日13:30に完成記念式典を新ホームで行い、3日から営業が開始されることになりました。

 改めてこの日暮里駅総合改善事業の概要をお伝え致します。

★工事着手は平成15年12月

★整備目的:成田空港へのアクセス新線の都心側ターミナル駅として整備
 ・京成スカイライナー利用者の利便性・快適性の向上
 ・朝夕のラッシュ時の混雑緩和
 ・駅のバリアフリー化の推進
 ・乗換利便性の向上

★事業期間:平成14年度〜平成21年度

★事業費:226.4億円
 (京成135.84億円 国45.28億円
    都33.96億円 区11.32億円)

★事業主体:日暮里駅整備

★平成21年度の事業費 44億1500万円
  (区補助2億2075万円、対象事業費の5%)
 ・主な工事内容=高架橋工事、駅整備工事、軌道・電気設備工事、南口開設工事

★平成22年3月には全ての総合改善事業が完成、22年度に成田新高速鉄道が開業します。

small_ribon.gif日暮里駅の改善を嬉しく思う、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif

スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

総選挙を前に・・・

 18日に始まる総選挙について改革クラブの西村真悟前衆議院議員のお書きになった記事が正に同感なので、以下、転載させていただきます。西村真悟氏のメルマガもお勧めですので、是非、登録なさってください。
(以下、8月14日号から転載です)
驚くべき国政選挙である。政治的未熟児の「真夏の夜の夢」に国民が付き合わされている。このマニフェスト選挙とは、税金による買収競争である。従って、国家と国民は戦後体制からの脱却を希求しているのに、戦後体制に安住する政治が与野党協力してそれを阻んでいる。

 ケネディーのアメリカ大統領就任式における演説を思い出す。
「アメリカ国民よ、国が君に何をしてくれるのかを問うな。君が国のために何ができるかを問え」
戦後体制とこの度のマニフェスト選挙とは、国民を「国に何をしてくれるのかを問う」だけの存在として位置づけるものである。戦後体制は、日本国民が「国のために何ができるか」を問い始めることを許さない。それが始まれば、戦後体制が崩れ、与野党の政治的未熟児の安楽な生活がもたないからである。なお、此処にいう政治的未熟児とは、マックス・ウェーバーのいう「善からは善が、悪からは悪のみが生まれると考える者は、政治のイロハも分からない政治的未熟児である」(「職業としての政治」より)の意味である。「善」を「友愛」と置き換えてもよい。

 さて、この度の国政選挙が置かれた特異な情況とは何か。
 それは、直前の四月と五月に北朝鮮がミサイルを飛ばし、核実験を実施したことである。また、この選挙は十三歳の少女であった横田めぐみさんが北朝鮮に拉致されたことが判明してから四度目の衆議院選挙になる。

 さらに、中国の核ミサイルと海空軍を主体とする軍事的膨張は誰の目にも明らかになり、中国海軍はしきりに我が国周辺海域を遊弋し、西太平洋の沖の鳥島周辺で軍事演習をしている。これは、百十余年前の日清戦争前夜、清国が世界一の軍艦であった定遠と鎮遠を我が国に回航して示威運動をしたことを連想させる。そして、朝鮮半島の情勢は北朝鮮の独裁体制が独裁者の健康状態悪化とともに何時無秩序化して動乱に陥るか、同様に台湾海峡を何時中国が扼するのか。

 言うまでもなく、中国と北朝鮮の核は、我が国に落とすために造られている。
 このように、我が国を取り巻く情勢に目を転じれば、その厳しさは肌に寒気が走るほどである。この状況下で、我が国内では国家が置かれたこの状況に一切関わりなくご覧の通りの「マニフェスト選挙」をやっている。まさに、驚くべき国政選挙ではないか。

 同時に、未熟児の党は、「東アジア共同体」を公約している。これは具体的には、人口の六パーセントが豊かになり残りの十二億余の人民が暗黒大陸に閉じこめられた共産党独裁国家の中国と天皇陛下を戴く我が国が「共同体」になるということである。そして、この者は友愛の精神に満ちあふれて「日本は日本人だけのものではない」と言っている。思わず、こいつ頭がおかしいのかと思ってしまう。そして、これを中国はどう解釈するか。言うまでもなく、日本は中国のもの中華の支配下に入ると受け取る。従って、この驚くべき選挙から聞こえてくるものは、中国の高笑いである。

 さて、この度の国政選挙の歴史的意義は、「戦後体制最後の選挙」となりうるということである。つまり、戦後体制の馬鹿らしさの窮まった選挙であるから、選挙後、国民は真夏の夜の夢から覚めて耐え難い惨状に直面する。

 かつて社会党の委員長が総理大臣になってから直面した阪神淡路大地震における不作為の虐殺といってよい無策や戦後五十年謝罪決議、また、国を辱める村山富市談話を遙かに超える耐え難い惨状だ(外国の一紙は「政府の無策による大虐殺」との見出しで神戸の大地震を報道した)。つまり、この意味で戦後体制は終わり「属国体制」が目に見える形で始まる。

 そこで、この惨状を国家再興のバネとしうるか否かが我が国の運命を決することになる。この惨状の中で、今からでも遅くはないと立ち上がる国民が「国のために何ができるか」と問い実践し始める時、真の独立自尊の国家日本が再興できる。

 そして、このプロセスは、第一次世界大戦後のイギリスとフランスの辿った破綻と再興への道と似てくることに気付くのである。
 言うまでもなく、第一次世界大戦後のイギリスとフランスは、平和を謳歌し、ヒットラーが権力を握った後のドイツの本質を観ようとはしなかった。そして、謳歌している平和を維持するには、軍備増強を続ける独裁者と妥協することが必要と思い込んで妥協を繰り返した。つまり友愛の精神を以て接すれば相手も友愛を以て応じてくれると思っていた。しかし、事態は反対の結果を生み出し遂に第二次世界大戦勃発に至る。そして、この戦禍の中でイギリスとフランスは塗炭の苦しみを受ける。

 この課程を振り返ってチャーチルは、第二次世界大戦を「無益な戦争」と呼び、「前大戦の戦禍を免れて、世界に残されていたものを破壊尽くしたこんどの戦争ほど、防止することが容易だった戦争はかつてなかったのだ」と書いた(同人著「第二次大戦」、以下引用)。つまり、ドイツの軍拡を正しく認識してそれに対抗し、独裁者には妥協してはならなかったのだ。ただそれだけで、第二次世界大戦の惨禍を防ぎ得たとチャーチルは判断している。
「過去を振り返って見るとき、私はわれわれに与えられた時間の長さに驚く。一九三三年なら、あるいは一九三四年でさえも、まだイギリスにとってはヒットラーの野心に必要な抑制を加えるだけの空軍、あるいは恐らくドイツ軍部の指導者たちに、ヒットラーの暴力行為を制止させるだけの空軍を作ることが可能であったろう。しかしわれわれが最大の試練に直面するまでには、さらにまる五年の歳月を経なければならなかった」

 では、このチャーチルは、イギリスが「最大の試練」に直面するまで何をしていたのか。
 彼は懸命に軍備を増強するヒットラーの危険性を警告しイギリス空軍の強化を訴えていた。しかし彼は「戦争屋」と言われてイギリス政界から疎んじられた。
「労働党と自由党の両党は相変わらず平和の名において、イギリスの軍縮を進め、これに反対する者は全て『戦争屋』、『人騒がせ』と呼んだ。彼らの気持ちは、もちろん何が起こりつつあるかを理解しない人々には、賛成されているようだった。」
「私は絶望の気持ちだった。祖国の生死の問題で完全な確信を持ち、また立証したにもかかわらず、議会と国民にこの警告に注意を向けさせることができず、またこの証拠によって行動を起こさせることもできなかったことは、最も苦痛な経験であった。」

 また、フランスにおけるド・ゴールも同じ戦いをしていた。彼もフランス陸軍から「戦争屋」、「危険人物」と呼ばれて窓際に追いやられていた。ド・ゴール大佐は、フランスが誇るマジノラインが機械化部隊の前には無力であるから数個師団の機械化部隊の創設を提言していたからである。そして顧みされなかったド・ゴールの予測通り、ドイツの機械化部隊はマジノラインを簡単に突破してパリに雪崩れ込み、フランスはヒットラーの前に屈服した。

 このイギリスとフランスの「最大の試練」に直面する直前の情況は、現在の真夏の日本と同じである。「何が起こりつつあるかを理解しない人々」が国政を牛耳り「マニフェスト選挙」という平和の祭典を謳歌している。そして、中国共産党の軍隊と北朝鮮の独裁者を抑止する方策を何ら考えてはいない。

 しかし、我々は絶望することなく、このイギリスとフランスの事例から国家再興の切っ掛け、起点を摘出しなければならない。それは、チャーチルやド・ゴールの存在である。彼らは不遇であった。しかし、「何が起こりつつあるかを理解しない人々」の大勢のなかで、孤軍奮闘、警告を発し続けていた。彼らがいなければ、「最大の試練」に直面したとき、彼らの祖国はその試練を克服できなかったであろう。パリに続いてロンドンもヒットラーの軍門に下ったはずだ。

 よって、今現在において、我々の祖国である日本の再興の為に戦う日本人がいなければならない。それは、読者諸兄姉であり、私だ。

 今現在、「何が起こりつつあるかを理解しない人々」は、「生活第一」と囃し立てている。しかし、違う。「国防第一」である。この旗を掲げて、チャーチルやド・ゴールのように孤軍奮闘しなければならない。そして、この孤軍奮闘が我が祖国の国家としての存在感と抑止力を確実に維持する。私は、チャーチルを常に念頭において奮闘していると自負している。

 北朝鮮に拉致された日本国民の救出が国政最大の課題である。北朝鮮と中国の核とミサイルから如何にして我が国を守るのかが国政最大の課題である。従って、如何にして強い国民の軍隊を創設し、核抑止力を如何にして獲得するのか。この課題に直面する勇気と覚悟無くして、「生活第一」もへっちゃくれもない。拉致された被害者が身を以て実証しているように、国防が無ければ国民の生活は蹂躙される。国民の生活を成り立たせる国防を考えない政治家は、暑さにぼけて夢でも見ているのか。それどころか、祖国への裏切りに匹敵する無責任な俗物である。
 
 今こそ、戦後体制において、国民から意識しないように遠ざけられていた「国民の義務」に目を向けよう。それは「国防の義務」である。祖国を守ることは国民の神聖な義務である。
 スイス連邦政府は、「民間防衛」という読本を約七六〇万の全国民に配布している。何故か。全スイス国民は「国を守る義務」を有するからである。その「まえがき」に曰く。

「国土の防衛は、我がスイスに昔から伝わる伝統であり、我が連邦の存在そのものに関わるものです。そのため、武器を取りうる全ての国民によって組織され、近代戦用に装備された強力な軍のみが、侵略者の意図をくじき得るのであり、」

 スイスの軍隊は「武器を取りうる全ての国民」によって構成されている。戦後の日本にこの発想はない。
 次に「まえがき」は言う。「我々は、いま、脅威に直面しているわけではありません。・・・しかしながら、国民に対して、責任を持つ政府当局の義務は、最悪の事態を予測し、準備することです。」さらに、「戦争は武器だけで行われるものではなくなった」と述べた上で、「陰険で周到な宣伝は、国民の抵抗意思をくじく」と警告を発し、「我々は、生き抜くことを望むのかどうか。国土の防衛はもはや軍だけに頼るわけにはいきません。我々全てが、新しい任務につくことが要求されています。今からすぐにその準備をせねばなりうません。」と国民に呼びかけている。

 脅威がないと自ら述べるスイスが、「最悪の事態を予測し準備する」のが政府の義務として「国民皆兵」を全国民に呼びかけ、内外の脅威に迫られ、核爆弾を世界中で一番落とされやすい国となった日本では、選挙で議論すらなく何の抑止力を持とうとしない。やはり、今、我が国は異常な状況下にあると言わざるを得ない。しかも、この事態は、スイス政府が国民に警告しているように、特定の外国の、外からと内からのルートを使った「陰険で周到な宣伝」による日本国民の精神に対する武器によらない攻撃から生まれ、この「宣伝」に荷担する国内の政党によって担われている。

 しかし、私は与えられた郷里の選挙区で、絶望することのなかったチャーチルやド・ゴールを思い、誇りある日本再興の為に、国家防衛と国民救出を掲げて奮闘する。
 八月十五日には、早朝、靖国神社に参る。願わくば、麻生内閣総理大臣。正々堂々、靖国に参拝されんことを。八月十三日朝記す。
(以上、転載終わり)

small_ribon.gif西村真悟前衆議院議員の指摘に共感する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif

スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(17) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

田母神元航空幕僚長演説(8月15日)

 今日は敗戦を告げる「天皇陛下の詔勅」が玉音放送としてラジオで流されたいわゆる「終戦記念日」。

 今年は11日から13日の林英臣政経塾の合宿や妻の実家の新島へ墓参・里帰りする際の船の空席状況の兼ね合いから自分自身はこの日に靖国神社へ参拝できなかったことがとても残念です。

 7月の「七夕の集い」や「みたま祭」で感謝の誠を捧げて参りましたが、近いうちに参拝させていただきたいと考えております。

 正午には新島の方々と黙祷をし、夕方に新島の戦没者慰霊塔の前で感謝と国を守る為に地方議員として尽力する決意を英霊に捧げました。

 さて、本日の靖国神社での第23回戦没者追悼中央国民集会に於ける田母神元航空幕僚長演説がユーチューブに掲載されています。是非、御覧頂ければ幸いです。





small_ribon.gif田母神俊雄氏の主張を支持する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif

スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

荒川区、2年連続e都市ランキング1位

 京都からの深夜バスは6:40に新宿駅に到着。昨日は長時間歩いた事も有り、バス内でよく眠れました。
 バス内にも、トイレ休憩で隣に泊まったバスにも深夜に関わらずやたらテンションの高い人達がいました。そうした方の会話を聞いているとどうやら東京で行われるコミケ(コミックマーケット)に関西から行く人達のようでした。

 さて、嬉しいニュースをご報告致します。日経BP社が毎年発表していいる「e都市ランキング」が8月10日に発表されましたが、荒川区が全国の自治体(1798自治体のうち回答を寄せた1361自治体の中での順位)の中で昨年に続いて第一位になりました。報道記事をご覧下さい。

 平成19年から21年の過去3年間の荒川区に対しての評価の推移を各項目と総合得点で見ると以下の通りです。
・情報サービス(35.8〜37.1〜36.6)

・アクセシビリティー(8.0〜10.0〜9.1)

・庁内情報化(14.2〜13.9〜13.4)

・情報化政策(15.9〜18.2〜17.8)

・セキュリティー(14.4〜15.0〜15.0)

★総合得点(88.3〜94.2〜91.9)

 2年連続の一位ですが、総合得点が下がった理由等、いくつか担当に確認をせねばと思っております。

 参考までに総合得点によるランキングで2位は昨年と同じく千葉県市川市で91.2点、3位が昨年10位だった東京都三鷹市で91.0点。

 以下、第4位〜台10位までは、神奈川県藤沢市、神奈川県厚木市、山口県下関市、千葉県浦安市、兵庫県西宮市、岡山県岡山市、東京都足立区の順です。
 なお、町の最上位は全体で第84位の埼玉県小鹿野町で、村の最上位は、全体で第300位の秋田県東成瀬村でした。

 e都市ランキング2009の詳細は日経BP社の「日経ガバメントテクノロジー」誌の秋号に掲載される予定です。

 このランキングについての小坂の見解は昨年の8月5日のブログ記事に書いておりますので、是非、御覧下さい。

DSC01367_1.jpg
 写真はお薦めのイベントです。多数のフリマも出ますので掘り出し物が有るかもしれませんよ!

small_ribon.gif行政サービスの向上を評価するが、無駄なIT投資には大いに警戒すべき、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif

スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

志士の京都合宿3日目

 今朝は、服部匡成氏からの文明法則史学の講義の後、林英臣塾長から総まとめの講義「織田信長に学ぶ林塾「天下布武」への道!」をもって三日間の夏合宿は終了。
 織田信長が持っていたものは・・・

原点:「天下布武」への強固な意志力
   合理主義=中世の常識を徹底打破!

大局:日本全体を視野に長期ビジョンを展望
   世界地図を眺め、地球が丸いことも理解

本氣:既得権益の徹底打破
   悪名を残してでもやる意思

徹底:有るものを生かしきる豊かな構想力
   信長によって近世の扉が全て開かれる

 こうした姿勢が次の時代の日本を担う志士に不可欠だと教えていただきました。林英臣政経塾の塾長、林英臣先生のメルマガ、是非、皆様にも登録して読んでいただければ幸いです。

 東京への帰途は深夜バス(京都〜東京で4300円!)を予約しておきましたので、それまでの時間、京都の公共施設や商店街、景観条例に関係する現場を見て参りました。そのうちの一つをご紹介します。

DSC01407.jpg
 京都市学校歴史博物館。公式HPによると廃校となった番組小学校(明冶2年開校)を中心に,京都の教育と学校の歴史を,教科書,教具・教材や古文書などの歴史資料により展示するとともに,学校ゆかりの作家から母校に寄贈された美術工芸品等(学校文化財)を展示する全国に例を見ない施設です。校門は明治34年に建築され,高麗門の様式をとり入れています。石塀も白川石を使った間知塀で,大正7年代に築かれています。

DSC01410.jpg
 展示品の撮影は禁止とのこと。特筆すべきは、明治の学制が敷かれる前から地域の町民の寄付で京都市内の各地で学校が建設された、地域に支えられた学校としての歴史が積み重ねてこられたことです。そのことに関連する資料も多数展示されてます。

DSC01412.jpg
 館内には日本画が多数展示されていました。それは京都市の学校を卒業した絵師からの寄贈です。京都の市立小学校においては、地域の伝統を知り、受け継ぐべく日本絵画の基礎的な描き方を学ぶそうです。そうした土壌も有って卒業生も日本画の世界で多数活躍しておられるとのこと。それでこちらのギャラリーに示されているように、多くの寄贈作品が存在する訳です。

small_ribon.gif平成の志士の活躍に期待する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif

スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

平成の志士が集う京都合宿2日目

 昨日に続いて林英臣政経塾の京都合宿二日目。午前中は「安岡正篤に学ぶ経世帝王学 昭和の歴代首相が師と仰いだ教えの根本に迫る」と題した林英臣塾長からの講義をいただきました。
 安岡正篤氏についてはこちらを御覧下さい。

 午後は国是議会。地方議員を主体とした政治活動体を国を動かすまでの力に育て上げていく為に時間をかけて練り上げた戦略、宣言文、国家運営方針を決議。三期生の先輩方(小坂は四期生)が塾員としてその中心として参加をしていく決断をした旨を連判状に署名押捺する儀式も。
 そのうちの一人、松尾崇神奈川県議は9月の鎌倉市長選挙に無所属で立候補予定。地域での地道な活動と明確な国家意識に基づいた政策が鎌倉市政で実現されるように小坂も全力で応援したいと考えています。鎌倉市に在住の方がいらしたら、是非、松尾県議のHPをお知り合いにご紹介戴きますようお願い致します。
 
 その後、林英臣政経塾を支えて下さる政経倶楽部の幹部の方を交えて懇親会の後、五條英徳館(林英臣政経塾の関西での拠点)でも明け方まで議論。とても学ぶところの多い、密度の濃い一日でした。

small_ribon.gif林英臣政経塾の志士達の活躍に期待する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif

スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。