2010年03月06日

北朝鮮の出先機関である朝鮮学校無償化は論外

 今日は日中は溜まった事務を済ませ、夕方に政務会合へ。更に夜には、国会において保守の新たな担い手となる方の右腕として働いている方から、様々なご教授をいただきました。

 さて、ここ数日、マスコミで話題に出ている「高校無償化に伴う朝鮮学校の無償化の是非」について。

 小坂は言うまでも無く、「朝鮮学校の無償化など論外。」という立場です。

 朝鮮学校と日本国・自治体との関係についての見解は、何度もHP・ブログ記事として意見を書いてますのでまず、以下の記事を御覧下さい。

・平成17年2月16日 「廃止すべき補助金=「外国人学校保護者補助金」」

・平成17年6月23日 「全体の97%が朝鮮学校向け 外国人学校保護者補助金は廃止すべき!」

・平成18年5月29日 「朝鮮学校に関連する保護者補助金の範囲拡大!違法行為に対して区から1人あたり年間8万4千円の補助金」

・平成21年9月20日 「朝鮮学校に金日成の肖像画が今日も掲示!」

 上記の記事にも記載の通り、朝鮮学校とは、単に「朝鮮人を対象にした民族教育」を行っているだけの学校では有りません。

 テロ主催集団の北朝鮮が日本国内における出先機関として設置をした朝鮮総連の設けている「学校」です。

 法律上、朝鮮学校の法的位置づけは、学校教育法第12章雑則の134条の「各種学校」です。

 学校教育法第一条で定められたカリキュラムをきちんと行う「一条校」には敢えてならないのは、朝鮮学校の意思です。それは、「民族教育」の名のもとに、「自由な」教育を行いたいからとの理由からのようです。

 でも同じ「民族教育」を行っている韓国系の「金剛学園」はちゃんと学校教育法に基づくカリキュラムを行いながらも民族教育を行っており、一条校としてオープンな形で運営をしています。朝鮮学校がそうしないのは、何故なのでしょうか?

 また一条校よりも設置基準が緩やかで、文科省でなく都道府県の認可で設置される、昭和50年に新たに位置付けられた「専修学校」という制度にも、与することに朝鮮総連や朝鮮学校は反対の姿勢を示し続け、未だに「各種学校」として、「北朝鮮の意向を受けた民族教育」を行っています。

 更に特筆すべきことは、産経新聞の2月11日のこちらの記事に記載の通り、朝鮮学校は今迄に460億円もの資金援助を母国たる北朝鮮から送金を受けて運営をされているのです。

 このような学校に対して、日本国の税金を使って授業料無償化など狂気の沙汰です。

 今迄、各種学校の位置付けを自ら望んでいたにも関わらず、授業料が無償化される話が出て、そこから除外される話が出ると「民族差別」などと叫ぶのは、「ご都合主義」以外の何物でも有りません。良識有る国民は、「高校授業料無償化」自体に反対すると同時に、特に朝鮮学校無償化に反対の声を挙げるべきと考えます。

small_ribon.gif朝鮮学校無償など論外、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感


posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。