2010年03月07日

自衛隊弾圧の北沢防衛相に地方議員有志で抗議!

 まずは、以下の報道をご覧ください。

北沢防衛相が陸自幹部の処分を検討 「信頼してくれでは同盟は維持できない」発言で

【主張】陸自幹部処分 本質的な議論を封じるな

石破氏「当たり前のこと言っただけだ」陸自幹部処分受け

 これは、民主党政権による自衛隊への言論弾圧、しかも文民統制という言葉を全く理解していない「文民暴走」による弾圧に、有志の地方議員で抗議をしよう、ということで、三井田孝欧柏崎市議(新潟県)から呼びかけが始まり、小坂ももちろん同意して以下の文書をもって抗議をすることに。

 賛同者はまだ増えることと思いますが、この動きについて、まずご報告致します。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
北沢俊美防衛大臣殿

 自衛官の不当処分に関する抗議文


 平成22年2月10日、陸上自衛隊王城寺原演習場における米陸軍と
我が自衛隊との共同訓練開始式にて、陸上自衛隊第44普通科連隊隊長
・中沢剛一等陸佐(以下 中沢一佐)からの「『信頼してくれ』という
言葉だけで(日米同盟は)維持できない」という発言に対し、貴殿は中沢一佐に注意処分を行った。これは、文民統制(シビリアン・コントロール)を自衛官の一挙手一投足を縛るものと誤って認識して行った処分であり不当なものである。

 国家防衛への中沢一佐の現実的な発言を理解せず、その真意を恣意的に曲解し、政治的な駆け引きのなかに引きずり込んだ貴殿の罪は大きい。

 さらに、平成22年2月13日、貴殿は長野市内での会合で「クーデ
ターにつながる極めて危険な思想だ」と批判したが、こういった曲解を
行い、我が国の防衛の任にあたる自衛官を一方的に処罰、社会的な制裁
を与えること自体が、より危険な思想である。

 一日も早い処分の撤回、そして中沢一佐の名誉回復することを要望し、ここに強く抗議する。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

陸上自衛隊第44普通科連隊隊長
      中沢剛連一等陸佐 殿


 平成22年2月10日、陸上自衛隊王城寺原演習場における共同訓練
開始式にて、貴殿が発言したことに対し、北沢俊美防衛大臣は処分を行った。

 しかし、貴殿の発言はしごく真っ当な内容であり、我が国の防衛を担う人間のみならず、多くの良識的な日本国民、そして米軍関係者にも
勇気を与えた。

 ここに我々は貴職の発言への賛同を表明するとともに、貴職のいち早い名誉回復を図るものとする。

<賛同者>

東京都荒川区議会議員 小坂英二
東京都大田区議会議員 犬伏秀一
東京都杉並区議会議員 松浦芳子
東京都杉並区議会議員 吉田あい
東京都豊島区議会議員 吉村辰明
東京都港区議会議員 水野むねひろ
東京都町田市議会議員 大西宣也
埼玉県会議員 鈴木正人
埼玉県議会議員 田村琢実
埼玉県座間市議会 佐藤 弥斗
埼玉県吉川市議会議員 安田真也
神奈川県議会議員 小島健一
神奈川県横浜市会議員 工藤裕一郎
静岡県函南町議会議員 植松和子
前大阪府八尾市議会議員 三宅博
新潟県佐渡市議会議員 大桃一浩
新潟県柏崎市議会議員 三井田 孝欧

small_ribon.gif民主党政権による自衛隊への言論弾圧を許さない、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感


posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。