2010年03月29日

「あら坊」誕生会

 明日のブログ記事は溜息が出るような内容を書かざるを得ないのでせめて、今日は楽しいニュースを。

DSC04317.jpg
 今日の午後に、荒川区のシンボルキャラクターに選ばれた「あら坊」の誕生会がムーブ町屋で行われました(産経新聞報道)。約300人が入るムーブホールはほぼ満席。ちびっ子も大勢来てました。私も娘を連れて行きました。

DSC04315.jpg
 全国の5歳から95歳まで幅広い年代の方から寄せられた828件の応募作品から長崎市の広告デザイナー、草野敬一さん(54歳=写真)がつくった、区の頭文字「a」を元にしたキャラクターが「末永く愛されそう」と選ばれました。
 子供達に本当に大人気でした。

DSC04326.jpg
 その後、同じムーブ町屋内で26日から開催されている「ムーブ町屋楽LAC市スペシャル」にも足を運び、楽しみながら状況を見てきました。

 様々な伝統遊びやオンリーワンのもの作りなどを体験できるイベントです。娘は「世界唯一の飴細工専門店」を千駄木に開いている「あめ細工 吉原」の吉原孝洋さんの手ほどきで「飴細工作り体験」をしてきました。

DSC04329.jpg
 丸い飴玉(柔らかいうちは熱い!)を潰してハサミで切れ目を入れて・・・。熊さんを作りました。こうした体験が町屋駅前という身近な場で体験できるのはとても素晴らしいことです。他にもパネルシアターや手作り紙芝居披露などなど。来年の開催が楽しみです。
 ムーブ町屋における紙芝居披露(平成21年9月23日のブログ記事をご覧下さい)も好調とムーブ町屋の職員の方からお聞きし、とても嬉しく思っております。 

DSC04334.jpg
 夕方は区立尾久八幡中学校吹奏楽部の第一回演奏会に娘と共に参加。本当に素晴らしい演奏で、来年も楽しみになりました。3年生にとっては最後の演奏会となり、「吹奏楽部の卒業式」もこの機会に舞台で行われましたが、素晴らしい演奏の根底には「一つの目標に向かって尽力する心」と「先輩・仲間との強い絆」がしっかりと存在していることが強く伝わってきました。
 1000人規模のサンパール荒川大ホールがほぼ満員というステージで新たな道へ旅立っていった3年生には今日の節目で素晴らしい演奏を行ったことは一生の誇りであり支えとなることでしょう。小坂も感動をいただきました。ありがとうございました。

 関連の報告として尾久八幡中学校の卓球部は、一昨日3月27日(土)と3月28日(日)の両日、山梨県甲府市で開催された「第11回全国中学校選抜卓球大会」に東京都代表として出場し、見事、三位入賞しました!
 
 本大会は、各都道府県の同一中学校の1・2年生で編成するチーム、計48チームが出場する全国大会で、尾久八幡中卓球部は、今回、平成17年度以降、連続5回目の出場。

 大会当日は、過去、2度にわたり、三位入賞を果たしている実力を発揮し、勝ち進み、準決勝に進出。準決勝では、残念ながら、高知県代表の明徳義塾に3−2で惜敗しましたが、見事、三回目の三位入賞!なお、優勝は青森県代表の青森山田が獲得したとのことです。

small_ribon.gif「あら坊」が荒川区への関心や親しみを高めてくれることを願う、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感


posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。