2010年04月30日

進まない「議会改革」は既存政党の限界の表れ!

DSC04677.jpg
 昨日、墨田区の「鯉のぼり公園(娘と勝手に名付けました)」(白髭橋を渡ってすぐの公園)から撮影した東京スカイツリーです。

 今日、午前10時から議会運営委員会に「提案者説明」をする為に出席しました。

 「各会派から出された議会改革の要望について議論をする」という話で委員外議員として出席し「ある課題について」説明をするように求められたものです。
 
 小坂は議運の委員には一度もなったことは無いのですが、各会派から出された「議会改革の要望」の中から、「時間をかけて」どの項目を取り上げるか以前から「議運で検討」をしてきた結果、小坂から出した多数の問題提起のうち、わずか1項目のみが取り上げられるだけでした・・・。

 小坂から提出した「議会改革の申し入れ書」に盛り込んだ著しく高い議長・副議長報酬昨年9月24日に決算特別委員会で提案をした議員定数を32から24に削減することは議題にすらならないのが荒川区議会の現状です。

 昨年の2月19日にこちらのブログ記事に記載した通り、13項目の問題提起をしたのに、「本会議場に既に設置された大型ディスプレイの活用」という1項目しか取り上げられなかったことは、「議会改革」というお題目の「空疎化」を如実に表しています。

 今日の議会運営委員会の録音(こちらから聞けます)の20分25秒から1時間13分55秒までが「本会議場に既に設置されたディスプレイの活用」についての趣旨説明や質疑です。

 音声のみですので、何かをしながらでもお聞きいただければ幸いです。

 ★小坂から「議場における大型ディスプレイの活用」について委員外議員として提案の趣旨を述べた概要を転記しておきます。文中リンクも参考にしていただければ幸いです。

(以下、小坂からの趣旨説明です)
 本会議場における大型ディスプレイ活用の提案について趣旨を話をする。

 本会議場のマイクシステム改修に伴い、大型ディスプレイが3つ本会議場に設置されたが、現在は発言者の会派名と議員名の表示程度にしか使われておらず、更なる活用の余地が大いにあると考え提案したもの。

 活用の具体的な提案については以下の事項を考えている。

・一般質問に関連する図表、写真、文字での要点項目表示などを、予め質問する議員からデータを受け取り、事務局のパソコン操作により、随時表示すること。

・一般質問の持ち時間の残りを明示することで、質問や答弁がスムーズになる。

・行政の側も必要に応じて、先ほど述べたような事項を表示することで活用する。

・傍聴者やネットでの録画中継を見る方にも、ディスプレイ表示内容を適宜表示すること。

・平成18年から本会議場に65インチの大型ディスプレイを設置した我孫子市議会では区の総務課が主催する職員研修等に活用している。
詳しくはこちらをご覧下さい。)

・同じく我孫子市議会で検討中と聞いている事項として、地域住民への本会議場の活用とも絡め、地域住民がディスプレイを活用できるように検討をすることも考えて欲しい。

 以上、「ディスプレイが十分に活用され、議会審議の活発化に資する形」に進めていただきたい。
(以上、小坂からの趣旨説明です。)

 「公益の観点からディスプレイ活用を進めるべきか否か?」ではなく、枝葉末節の揚げ足取りや論点のすり替えを通じて否定的姿勢を示す「大会派の著しいやる気のなさ」が伝わってきます。

 活用をする気が無いので有れば、最初から大型ディスプレイなど設置しなきゃいいのに・・・。

 今日の議運では「現時点でディスプレイの活用は時期尚早。各会派の意見も一致せず。今後、調査検討をしていく」旨の結論となる始末・・・。

 「議場のディスプレイの活用」という単純な事項でさえ、活用の目途も決める事が出来ない状態、「地方議会って一体何を決められるの?」という疑問が出てくるのは当然の状況です。悲しいことですが・・・。

 「議場の大型ディスプレイの活用」という小さな話かもしれませんが、このようなことですら、古い発想で決めることができない体質。これこそが正に既存政党の古い硬直化した体質を如実に表していると思います。

 しかも、審議をすることに決めた10個の項目のうち、4項目しか議論をしないうちに、委員会は午前中に早々に終了。何の為に議運があるのでしょうか・・・。

 議運に寄せられた地方議員年金を廃止する陳情についても、朗読のみで継続審議・・・。

 多くの方に今の議会の状況を知っていただき、「変えねば!」という意識の方が増え、共に変えていかねば、地方分権や地方主権はかえって危険な状況をもたらすものだと痛感しています。

small_ribon.gif議場に設置した大型ディスプレイを活用するのは当然でこうしたことすら結論を出せない議会の在り方に大きな疑問を感じる、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感


posted by 小坂英二 at 15:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

日本創新党、党大会は5月30日!

DSC04656.jpg
昨日の少年野球連盟の壮行会の様子。大会出場の3つのチーム、頑張れ!
 壮行会の懇親会では「日本創新党」への様々な御意見を寄せていただきました。総じて期待は大きいことを実感。

DSC04657.jpg
 今日は南千住野球場で「川の手荒川まつり・商業祭」に開会式から娘と参加。好天に恵まれ多くの方が来場されました。
 地元の商店街・団体や全国の友好都市からも多数の出展が有り、地域の方と交流が進みました。交流自治体との昼食会では様々な首長とお話する機会も。

DSC04663.jpg
 来場者は約6万人。各ブースには知り合いが多数。多くの来場者とも話をする機会ともなりました。毎年必ず昭和の日に開催されるこのイベント、来年も楽しみにしております。

DSC04664_1.jpg
 自然の豊かな交流都市からは「トンボのヤゴ」「イモリ」「タイコウチ」などを触ったり持ち帰ることができるブースも。

 さて、表題の通り、

 日本創新党の党大会を5月30日(日)午後に開催します。

日本創新党HPも是非ご覧下さい

日本創新党の公式ツイッターページもフォローをお願いします!

 詳しいことはまだここに書けませんが、日時については山田宏党首が既に発言の中で触れていますので、ここで告知させていただきます。

 日曜日ですが、是非、日程を空けて参加をいただければ幸いです。詳細が発表できるようになったら、改めて告知させていただきます。

 日本創新党の目指す理念は、昨年4月に出版された「日本よい国構想」に書かれていますが、5月13日にその内容を平易に書きおろした山田宏党首(杉並区長)の著書が出版されます。詳細は以下の通りですが、こちらも是非、お読み下さい。

第三の道 日本人が豊かに暮らせるための答え
 山田 宏 日本創新党党首
 マガジンハウス刊 1200円

 また、週末の「朝まで生テレビ」に日本創新党の齋藤弘政策委員長(前山形県知事)が出演しますので、是非、御覧下さい。出演情報を齋藤弘政策委員長のHPから転記しておきます。

●曜日:4月30日(金)
●時間:25:25〜28:24
●チャネル:テレビ朝日
●番組:「朝まで生テレビ」
●内容:激論!出でよ!平成の龍馬
   〜平成鎖国・日本を打破するのは誰か〜

***************************************

●曜日:5月4日(火)
●時間:23時台〜(約15分)
●チャネル:東京FM(FM山形、等)
●番組:「高野孟のラジオ万華鏡」
●内容:日本創新党の理念と政策等(その1)

***************************************

●曜日:5月11日(火)
●時間:23時台〜(約15分)
●チャネル:東京FM(FM山形、等)
●番組:「高野孟のラジオ万華鏡」
●内容:日本創新党の理念と政策等(その2)


 昨日、昭和27年に日本が主権を回復した「主権回復記念日」ですが、この日に中央区議会議員の二瓶文隆議員が所属会派として「日本創新党」を届け出られました(二瓶区議のブログ記事を参照下さい)。

 26日のブログ記事に書いた四十七士はもちろん、今迄名前が出て来なかった方も、さらに名乗りを上げることとなりますので、皆様のご指導をお願い致します。

small_ribon.gif日本創新党に期待する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

保育園全園で歯磨き、図書貸し出し実施!

 今日も雨ですね。夜は少年野球連盟の壮行会ですが、それまでに止んでくれると良いのですが・・・。

 明日は昭和の日。荒川区では毎年恒例の「川の手あらかわ祭り」がこちらに記載の通り開催されます。皆様、是非お越し下さい。

DSC04648.jpg
 写真は東尾久保育園に新たに設置された「歯ブラシ殺菌保管箱」昨年度は園内で歯磨きをする保育園としない保育園に分かれていましたが、平成21年9月30日の予算特別委員会での小坂からの問題提起やその後の念押しを通じ、全園で実施をすることになりました。
 東尾久保育園では5月の歯科講習を経て5歳児から実施予定です。保育園での図書貸し出しも拡大をし、保護者の皆様から好評です。

DSC04653.JPG
 上記画像をクリックすると4月27日の都政新報記事を読むことができます。日本創新党の地方議員47人決起についての都内議員に関連した報道です。

 小坂のコメントも一部掲載されていますので、ご紹介します。

「荒川区の小坂英二区議は無所属だったが、13日付で会派名を「日本創新党」と変更している。参加の動機について「ここしかないと思っていた」と説明。夏の参院選は「区議の立場で候補者の支援に回る」と話した。」

 入党を決断したことについて、記者さんに詳しく話したものの、誌面の都合で「ここしかないと思っていた」と書かれていますが、参考にこちらをご覧下さい。

 あと、会派を「日本創新党」にした日付が4月13日となっていますが、23日のブログ記事に書いた通り、23日の間違いです。党名の発表や立党が18日ですから・・・。
 
 参考までに、25日の記者会見の報道記事をリンクしておきます。 

 ・産経新聞の記事

 ・東京新聞の記事

 ・時事通信の記事

 ・産経新聞の記事(土屋都議の日本創新党会派設立)

 ・日刊スポーツの記事

small_ribon.gif日本のあるべき姿を考えながらも地道な問題提起を今後も期待する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

荒川区防災無線システムにおける地域WiMAX

DSC04624.jpg
 4月23日の震災対策・危機管理調査特別委員会の現地調査としてブログ題名に書いた、荒川区に導入した地域WiMAXの現状を御報告します。

DSC04625.jpg
★機能
 発災時に地域WiAMXを活用することで、映像による被災情報を送受信することが可能になり、音声が主体であった従来に比べ、災害対策本部において正確な状況把握ができるようになった。

 また、可搬型ノートパソコンを活用することにより、屋外の映像を車や徒歩で移動しながらの映像通信が可能となり、現地の情報が迅速かつ正確に入手できるようになった。

DSC04628.jpg
 23日は尾久の原公園と汐入公園にいる「現地班」と通信を体験させていただきました。電話をかけるのと同じ手軽さで1対1、複数の方への伝達が可能。映像も音声もとても明瞭。

★運用システム 
 1.画像・音声伝送システム
  (1)1対1による通信
  (2)複数端末による通信
 2.メールシステム

★設置場所
 本庁舎、防災センター 2ケ所(端末19台)
 区民事務所 5ケ所(端末6台)
 小中学校 19ケ所(端末19台)
 総合スポーツセンター、サンパール荒川等 6ケ所(端末6台)
   計32ケ所 端末計50台

★訓練は毎月第三水曜日に実施
 (1)1対1による映像・音声の接続通信
 (2)複数端末による映像・音声の接続通信

★基地局は8ケ所

small_ribon.gif地域WiMAXが発災時に活用されることを願う、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 17:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

日本創新党の志に決起した四十七士記者会見の動画や全議員名!

 今日は、保守系言論ムック「撃論ムック」の原稿(3200文字)の〆切日。なんとか書き終え添付ファイルで送りました。

 5月発売予定の撃論ムック最新号は「民主党政権の行く末〜見破れなかった日本人に未来はあるか〜」がテーマで小坂は「子供手当(子ども手当)の異常性」について書きました。皆様是非お読み下さい。
220425kisyakaikenn1.jpg

 さて、昨日の「日本創新党応援決起自治体議員」の記者会見動画を以下御紹介すると同時に、賛同議員の一覧も併せて公表致します。

 今日の夜の政務会合で皆様の前で日本創新党の目指す国家像について話をさせていただきましたが、多くの方に強く共感をいただけて嬉しく思いました。









 山田宏党首のインタビュー動画もどうぞ。


 以下が日本創新党 応援・決起自治体議員四十七士 一覧です!
 皆様のご地元や近隣の自治体議員がいれば激励をしていただき、いなければ、決起を促す声掛けをお願いできれば幸いです。
 敬称は省略致します。

氏名 所属自治体 都道府県
1 高井俊一郎 高崎市 群馬県
2 鈴木正人 埼玉県 埼玉県
3 安田真也 吉川市 埼玉県
4 田沼隆志 千葉市 千葉県
5 久野晋作 我孫子市 千葉県
6 山中けいじ松戸市 千葉県
7 清水哲し 印西市 千葉県
8 中村容子 習志野市 千葉県
9 中澤裕隆 柏市 千葉県
10 土屋敬之 東京都 東京都
11 松浦芳子 杉並区 東京都
12 岩田いくま杉並区 東京都
13 五十嵐千代杉並区 東京都
14 二瓶文隆 中央区 東京都
15 犬伏秀一 大田区 東京都
16 山本閉留巳港区 東京都
17 榎秀隆 新宿区 東京都
18 小坂英二 荒川区 東京都
19 大西宣也 町田市 東京都
20 岡本浩一 渋谷区(前職)東京都
21 佐々木浩 杉並区(前職)東京都
22 工藤裕一郎 横浜市 神奈川県
23 山田桂一郎 横浜市 神奈川県
24 飯沢清人 横浜市 神奈川県
25 小菅基司 秦野市 神奈川県
26 佐賀和樹 藤沢市 神奈川県
27 星崎健次 南足柄市 神奈川県
28 太田祐介 海老名市 神奈川県
29 添田隆晴 伊勢原市 神奈川県
30 小林哲雄 開成町 神奈川県
31 込山伸一 甲斐市 山梨県
32 桑原圭美 南魚沼市 新潟県
33 三井田孝欧柏崎市 新潟県
34 尾崎剛司 静岡市 静岡県
35 松浦俊介 清水町 静岡県
36 新村和弘 浜松市 静岡県
37 来本健作 蒲郡市 愛知県
38 森脇和徳 名張市 三重県
39 倉本崇弘 桑名市 三重県
40 豊田恵理 亀山市 三重県
41 清水隆司 岸和田市 大阪府
42 福丸孝之 茨木市 大阪府
43 北岡隆浩 高槻市 大阪府
44 大前春代 兵庫県 兵庫県
45 和田有一朗兵庫県 兵庫県
46 加藤修 兵庫県 兵庫県
47 千住啓介 明石市 兵庫県

内訳
群馬県 1   埼玉県 2
千葉県 6   東京都 12 ※前職2人含む
神奈川県 9  山梨県 1
新潟県 2   静岡県 3
愛知県1   三重県 3
大阪府 3   兵庫県 4
47人

small_ribon.gif日本創新党の活躍に期待する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

日本創新党を支持する四十七士の地方議員が名乗り出ました!

 まず、冒頭にお詫びです。昨日のブログ記事で、「今日の記者会見は日本創新党のHPから動画生中継を見られる」と書きましたしメールやツイッターで告知をしました。

 しかし、動画生中継は日本創新党HPでは無く、日本志民会議のHPにリンクをされてそこから見る形になっていたようです。

 日本志民会議のメルマガを信頼して情報を転載したのですが、その元情報自体が間違っていた為に、読者の皆様にもご迷惑をおかけ致しましたことをお詫び申し上げます。

DSC04643.jpg
 今日は午前中、事務作業を行い、午後は気持ちの良い好天の元、六本木1丁目駅直結のビルに有る地方議員打合せ・記者会見場へ。

※報道記事はこちらです。

 まず、日本創新党を応援する地方議員打合せ会。日本創新党代表幹事の中田宏前横浜市長から

「直近の「よい国日本」の研修会において、新たに首長の応援者が増えた。
 日本はこのままで良いのか?という問題意識を持つ者だけで同志が集まり始めている。後先は別にして同志を増やしていきたい。」といった話も有り。

 山田宏党首の著書が2冊新たに出版される旨の報告も事務局から有りました。他には事務的なことや、今後の運動方法などの話。

中田宏常任幹事から「今週水、木、金の三日間だけで10県をまわってきた。18日に創新党を立党したことを各地で報告に伺い、直接話をしてきた。
 各地で地方議員や首長経験者を中心に広く公募をかけている。それぞれの地域で、命をかけてやっていこうという方が増えることを望んでいる。
 理念を我々は共有しており、その理念に連なる政策を今、取りまとめている。」との話も

 山形県の前知事である斎藤弘政策委員長からも「山形県知事選挙で地方議員が勝手連的に応援をしてくれたのが大きな力となり、4選目を目指す現職に勝った。
 立党宣言で5つの柱を掲げた。「依存から自立へ」を元に政策を纏めているので地方議員からも意見を様々な形で挙げて来てほしい」との話。

 杉並区長の山田宏党首からは
「今度の参院選で声を挙げねば、3年間は選挙が無く、正しい民意を伝えることができない。

 来年の国債発行は50兆円を超えることと思う。

 中国の日本への示威行為についても、「日本は世界から侮りやすい相手と思われている」。米国からも「日本の政治は幼稚である」と言われている。

 2年後、中国、米国、台湾の指導者が変わったり指導者を選ぶ選挙が有り、それぞれの国で愛国心が高まり日本への態度も変わることも考えられる。

 現在の自民党も民主党も日本という船に空いている大きな穴を埋めることもせずに、船の中のレストランのサービス合戦をしてきた。

 昨年8月の総選挙では「サービス」の良い民主党が勝った。穴の存在には薄々気付きながらも、船長が「新たなメンバーの我々がレストランで良いサービスを続けます。安心して下さい。」とのことで「大丈夫」と言ってているから、乗客もそう思っている。

 しかし、本来は、乗客に「レストランで呑気にしている場合ではない。皆で腕まくりをして協力して穴を塞ぐ努力をしようではないか!」ということを訴えるべきで我々はそうした姿勢で臨んでいく。

 依存心の政治から自立した政治へ。政治が分配を行うだけのものから変えねばならない。依存心はまともな国家であることを止めたこところから始まった。 

 大事なことは、自分のしがらみや過去を捨てて、公の為に捨て石になることを決意することである。

 自分は先頭に立って動く。本気でやれば、その時に勝てなくても、必ず後に続いてくれる人がいる。」

 とても真剣な心からの訴えを多くの方に見て頂きたいのでの、事務局には「是非この動画をユーチューブに掲載を!」と強くお願いをしておきました。

 また、山田宏党首からは「日本創新党の英語名を「The Spirit of Japan Party」と決めたとの報告も有りました。
 
DSC04646.jpg
 打合せの後、多くの報道陣の前で「日本創新党を応援することと明確化し名乗り出た地方議員応援団」の記者会見。

 そのリストは後日公表致します。今後さらに増えることは確実ですがが、4月25日時点で「公表」をしたのは47人。

 吉良邸に討ち入りした赤穂浪士四十七士と同じ数です。都内でも土屋たかゆき都議を始め、一騎当千の高い志の議員が入党を確定しています。

 記者会見の後で、党所属となる議員を中心に懇談をし、今後の活動について議論をして参りました。

 小坂は「日本の誇りを守り国柄や正しい歴史をきちんと次の世代に引き継いでいくこと」「正直者が馬鹿を見ない社会にすること」「生き抜く力を損ねない政治」この3つを区議会議員としての信念として持って続けてきました。

 これは日本創新党が掲げるものと正に一致しており入党して党所属地方議員として活動することを決断し、4月23日に区議会の会派を「日本創新党」としました。

 幕末から明治維新にかけて時代を切り開いてきたのは下級武士です。

 平成の御代において下級武士の役割を果たすのは地方議員だとの自覚のもと、危機に瀕している日本の国柄を守りながら、旧弊打破と創造を進めていきたいと思います。

日本を守る為に命を捧げて来られた全ての英霊に対し、誇りを持って示せる国、日本にしたいと考えています。

 日本を守る為に命を捧げてこられた全ての英霊に対し、感謝と誇りを持って示せる国、日本にしたいと考えています。

 また、民主党が進めようとしている外国人参政権付与、夫婦別姓、人権擁護法案のような危険な法案を日本創新党の同志と団結して阻止していく決意もここでお伝え致します。
 「日本創新!」頑張ります!

small_ribon.gif日本創新党が日本を護る大きな力になることを期待する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

25日(日)16時〜ネットで生中継「日本創新党を応援する地方議員記者会見」に出ます!

 まず、明日のご連絡です!「日本創作新党」の理念に共感し、決起する地方議員の記者会見が有ります。

 小坂も記者会見に登場しますので、ネットでの生中継、是非、御覧下さい!

 明日4月25日(日)午後4時から、日本創新党と共に日本再生に取り組む全国の志民自治体議員による決意表明の記者会見が開かれます。

 この模様は Ustream(ユーストリーム)で生中継します。当日、日本創新党の公式HP にリンクを貼りますので、お見逃しなく!


 また、、日本創新党の公式HP に記載の通り、参院選挙候補者の公募も行っています!

DSC04632.jpg

 今日は好天の元、自転車で東京大学の山上会館へ。NPO法人修学館が主催する勉強会で区議会議員の立場から政治・議会や教育の課題について話をさせていただく機会をいただきました。

DSC04641.jpg
 小坂からの話の後、質疑応答をして意見を交わすことも。こちらから長い話をしすぎた気もしますが・・・。

 ここで話をするにあたって、会場で配布したメモを転記しておきます。大方、どのような話をしたか、理解していただけると思います。

 夕方に地域で聞き取りや「日本創新党へ所属する」旨のご報告まわりなどをした後、2つの政務会合へ参加。

 夜の政務会合も昼の勉強会ででも、じっくりと「日本創新党」へ何故参加をするのか話をさせていただき、多くの方に共感をしていただけました。ありがたいことです。

(今日の勉強会で配布したメモ)
※一部加筆済

★自己紹介
・縁から現在に繋がっていることに感謝。日本新党学生ボランティアから政治活動へ入り、新進党秘書、代議士秘書と続く。

・台湾の離れ小島(小琉球)で会った少数民族(ヤミ族)の元村長宅で自虐教育に疑問を感じる。

・平成15年初当選で現在二期目。17年頃から愛国心強くなる。人権擁護法案、外国人参政権、真の歴史を見つめる必要性を痛感。

・国があっての地域。歴史を引き継いでいく重要性。議員にとって歴史観、人間観、国家観は必須であり、それが無い議員は「誰かの使い走り」に成り下がるのみ。

・日本創新党に所属となる熱い愛国地方議員は明日25日16時から記者会見。党HPのリンク先から生中継。

★議会での主張・取り組みの一端

◎正直者が馬鹿を見ない社会
・良好な環境を守る為の条例制定。
・職員の懲戒処分の厳格化。

・議会の綱紀粛正(費用弁償廃止、政務調査費=領収書添付、情報公開、議員定数32を24へ主張、報酬適正化、議会のお手盛り予算1200万円に修正案)。

◎生き抜く力を損ねない政治を
・生活保護チェック厳格化を主張。母子加算廃止。復活してしまったものの、甘えの現況。

・子供手当のような依存心を高める政策は撤廃を。制度設計の異常性も指摘。

◎日本の誇りを取り戻す
・教科書、教育プランで正しい歴史、愛国心を。

・歴史を事実に基づかず冒涜することは、先人への精神的なレイプであることを踏まえ、雑音に惑わされず歴史を直視する必要が有る。

・平和学習は著しい偏り。戦争の悲惨さを知ると同時に、大切なものを守る為に戦う気概を忘れてはならない。

・皇室、神話を幼児教育の段階からしっかり教える。

★教育を中心に

・NHKの特集で「関係性を築けない、一人で食事できない学生」は戦後教育の一つの帰結。

・自己肯定観=歴史の中の自分。先祖が苦労する中、血が引き継がれてきた=大切な存在を認識=自殺も減らせる。

・教育における体罰は必要。現場は押さえがきいておらず、学級崩壊は5年生頃に起きる例が多い。

・教員志望者も減少中。正直者がつぶれてしまう現場を見ているからでは?

・担任の当たり外れによって児童の運命が変わる。

・保育園を含む幼児教育から内容も規範徹底の充実を。それをしないのは国益を損ね子供の未来も損ねること。

・学級崩壊防止と言って小学校に入ってから現場で右往左往しても遅い。

・教育現場を覆う「偽善」が社会全体でもまかり通る思考停止の風潮を糺す政治が必要

★日本創新党(党名=日本新党とは無関係)

・国益と国柄をしっかりと守っていく。財政再建と経済振興。今迄の国会議員にできなかったから志の高い国民、地方議員、首長で立ち上げたのが日本創新党。それぞれの政党の現状も申し述べる。

・日本の自立=国民の依存心を高める政策は撤廃することを明確化。愛国の山田宏党首。保守に間違い無い。

・自民・民主の流動化後に「保守の芯の有る政治家」の受け皿となる核とすべく、まず数議席でも確立を。

small_ribon.gif日本創新党が日本を守る核心となっていくべき、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

区議会での所属会派を「日本創新党」に!

 今朝は震災対策・危機管理調査特別委員会荒川区と区内三警察署との防犯の覚書締結に関連する議論や荒川区が導入した「地域WIMAX」(関連ブログ記事:敦賀市の実例視察)の現場視察(といっても役所の4階ですが・・・)や実際の操作体験(下記写真)など。

DSC04630.jpg

 委員会で小坂から「不法滞在外国人への区(外国人登録窓口や子供の就学など)の対応」について複数の観点から問題提起をしましたが、答えが出なかったので後日、回答を受け取るということになりました。その回答が来たら詳細をご報告致します。

 委員会終了後、

 平成15年の初当選以来使ってきた無所属会派の「尚志会」という一人会派の名前に別れを告げ、本日付けで所属会派を「日本創新党」として議会事務局に届け出ました。

 荒川区議会HPにも議員名簿の欄に会派「日本創新党(にっぽんそうしんとう)」として変更が既になされています。

 日本創新党は「志」の有る国民・地方議員・首長を核に、日本が連綿と受け継いできた大事なものを次代にしっかりと受け継いでいくと同時に、国民が自立しながら心豊かに暮らせるあるべき日本を明確に打ち出しています。

日本創新党公式HPを是非、御覧下さい★

 以下もご覧下さい。できれは、お気に入りに登録していただければ幸いです。

★山田 宏 党首HP(杉並区長)

★中田 宏 代表幹事HP(前横浜市長)

★齋藤 弘 政策委員長HP(前山形県知事)

 mixi(ミクシー)をやっている方は、「日本創新党」のコミュに是非、ご参加下さい!

 明日、日本創新党代表幹事の 中田宏氏(前横浜市長)のテレビ出演の予定です。

 4月24日(土)11:00〜11:30
 「週刊ニュース新書」
      テレビ東京  
      【続々誕生!新党結成の真の狙い】

 参院選挙後、自民党も民主党も程なく流動化を始めることと思います。両党の組織には何も期待をしておりませんが、その中の国会議員には素晴らしい方がおられます。

 そうした「保守の信念」を持つ方が、その際に結集することができる「保守政党の核」となる政党を、この参院選挙の際にしっかりと確立をせねばなりません。その政党が小坂は「日本創新党」だと確信しております。

まずは「数議席」であっても「高い志」を持つものだけで構成される核をまず確立することが肝要なのです!
 
 昨日は雨天で中止になった、消防団操法大会に向けての訓練が今夜はできそう。小坂は選手なので5月23日の大会に向けて頑張ります!

 地域からの問題提起について調べたり、「激論ムック」という本の原稿執筆の〆切も近いので書かねばならず、日本創新党の応援地方議員の決起に向けた準備も・・・。こうして取り組むことが多数有るのは、とてもありがたいことです(^^)。

small_ribon.gif日本創新党の小坂英二の活躍に期待する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 16:34| Comment(7) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

日本創新党(山田宏党首)に所属し、国民・地方議員・首長と日本を守っていく決意!

 今日は午前中に政治課題の調査を行い、午後はACC(荒川区地域振興公社)の評議員会に出席。議題は理事や監事の就任に加え、荒川遊園で起きた事故の報告書の修正について(荒川区の関連報告記事をお読み下さい)。

 小坂からは、

「幼児が遊ぶフアフアという遊具で重大な事故がおきたことの詳細(重りを結ぶ紐が緩んでとれてしまった経緯など)を、遊具の製造元や業界団体に詳しく伝え、全国の遊園地等にその情報が伝わり注意喚起がなされるように情報伝達を確実にして欲しい。」

 といったことなど数点の問題提起を致しました。 

 その後、障害者就労の現状の聞き取り。
 
 程なく、ネットでブログや動画サイトユーチューブを活用して情報拡散・報道をしている方からインタビューを受けました。ユーチューブに後日その動画を見ることができるようになると思います。

 今年の1月から様々な関係者とお会いし、情報を集め、同志と準備をしながらも、ずっと熟慮をしていたことに結論を出しました。

 日本創新党に入党し所属をする形で全面的に党勢拡大に向けて尽力をしていく決意を致しました。

 日本創新党には明確かつ共感できる「国家観」「歴史観」「人間観」が示されており、日本が連綿と引き継いできた大事なものを次の世代に引き継いでいく決意が結党宣言からも山田宏党首(杉並区長)からも強く伝わってきます。


日本創新党の公式HPを是非ご覧下さい。★

 約7年の無所属議員としての立場に別れを告げ、党人として日本の国柄と国益を地域から守る地方議員として活動をしていく所存です。

 西川太一郎荒川区長(西川区長が代議士時代の平成10年から15年に私は荒川区担当秘書をしており、荒川区議会議員として活動を始められるようになった最大の恩師)に日本創新党の所属議員となり活動をしてくことを、今日の夕方にご報告いたしました。

 ちょっぴりの不安と同時に、志の高い国民と地方議員、首長で新たな政党を作り上げていくことに熱い血が燃えています。

 現在の政党への認識は4月13日のブログ記事に書いておりますので、是非、御覧下さい。

 4月18日の日本創新党立党記者会見の動画を以下、ご紹介しますので、是非、御覧下さい。お金や組織の準備が無くても「志」の有る国民・地方議員・首長で新たな政党を作り上げていくリーダーとしての決意が明確に伝わってきます。





 また、昨日のブログ記事で書きましたが、西日暮里のルノアールで小坂が「動画インタビュー」を受けた「小坂の政治への道筋」や「日本創新党を応援する理由」などを述べた動画も以下、ご紹介しますので、御覧いただければ幸いです。



small_ribon.gif日本創新党が大きく育ち国柄・国益を守り、旧弊を打破することを期待する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

ネット選挙解禁に向け与野党協議機関設置!

DSC04619.jpg
 一昨日から荒川区役所前で開催されている「さくら草」展示会。区内外の有志の愛好家が育てた様々な品種のさくら草が美しく咲き誇ってました。
 かつて尾久の原公園周辺がさくら草の名所だったそうです。

 今日は、朝から「とある準備活動」を続け、夕方に西日暮里ルノアールで、愛国政治家を目指す田口圭氏と「高校生の歴史」ブログを主催する田代照夫氏と打合せ。その際に今までの経験や現在の政治について語って欲しいとのことで、動画撮影インタビューを受けました。
 ユーチューブに掲載して下さるので、後日ご報告します。
 その後、急いで社会保険労務士・足立荒川支部総会懇親会(綾瀬駅前のマリアージュ綾瀬で開催)で挨拶をし会員の方と対話をさせていただき、終了後、また西日暮里ルノアールへ。

 本日2度目のルノアールは、昨日の午前0時にブログ記事で告知をした「小坂と夜のお茶会」の会場なのです。前日からの告知なので、何人いらっしゃるか分かりませんでしたが、区内外から8人の熱い方が集まり、様々な分野の意見交換ができました。

 ネット上でのみの直前の告知にも関わらずブログ、mixi、ツイッターで告知を御覧になり参加をして下さるかたがおられることに感謝をすると同時に、ネットを通じた「意思疎通や絆作りのきっかけ」の有効性を改めて感じている次第です。

 今年の通常国会で、選挙活動でのネット活用を解禁する法案が今日の産経新聞の報道の通り、5月末までの法案化し委員長提案による全会一致での成立を目指すことになりました。メール利用の利用解禁は見送る方向との事で残念ですが、まずは一歩前進といったところでしょうか。

(以下、産経新聞の記事から転載します)

与野党がネット選挙解禁法案を国会提出へ、今夏参院選から適用

今夏の参院選からインターネットを利用した選挙運動を解禁するため、参院の与野党実務責任者が21日午前、国会内で会合を開き、23日に全会派でつくる正式な協議機関を設置することで合意した。5月末までに与野党一致の委員長提案で、公職選挙法改正案(ネット選挙解禁法案)を国会提出することを目指す方針も確認した。これで、夏の参院選からネット選挙が解禁されることがほぼ確実となった。

 この日の合意について、民主党の桜井充参院政審会長は会合後、記者団に対し「各党ともネット選挙への意識が高まってきたのではないか」と述べた。

 候補者や政党になりすました虚偽の電子メール対策が難しいことから、今回は電子メールの使用解禁は見送り、選挙期間中のホームページ(HP)などの更新を認める方向だ。

(以上、転載終わり)

 「お茶会」はルノアールの閉店時間の23時まで、とても有意義な話が伺えました。また開催したいと考えています。

small_ribon.gif今後も「小坂とのお茶会」のような場を設けて欲しい、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

21日は「小坂と夜のお茶会」へどうぞ!

DSC04616.jpg
 写真は昨日午前中の地域まわりの際に見かけた満開のマリーゴールド。暖かくなって来ました。

 さて、初めての試みですが、明日の夜、小坂とお茶を飲みながら気軽に意見交換等を行う場を設けてみます。

 今回は仕事帰りの方に、参加しやすい時間帯を選んで見ました。日中、子育て世代の方に参加していただく場も今後作りたいと考えています。

 明日の「小坂と夜のお茶会」のご案内は以下の通りです。小坂と会ったことの有る方も無い方も、区内在住・区外在住に関わらずお越し下さい。

 
 日時:平成22年4月21日(水)
    20:15〜23:00
    お茶をしながらの意見交換ですので、
    途中参加、途中退出自由です。
    

 場所:喫茶室ルノアール 西日暮里第一店
    JR山手線の西日暮里駅前です。
    西日暮里第二号店とは別の店ですので、
    地図を確認の上、お越し下さい。
    禁煙席のエリアにいますので、席を見渡して探して下さい。

 内容:政治の話を中心に対話をする気軽に参加できる場です。自由な対話を集まった方と行えればと思います。
 例えば・・・
  ・区政全般・各分野についての意見交換、問題提起。
  ・政治の在り方について話をしたい。
  ・区議会や市議会議員に立候補したいが、
   地方議員の現状や選挙について聞きたい。
  ・現役の議員と様々な意見を交わしたい。
  ・小坂がブログに書いている内容について意見交換したい。

 費用:ご自身のお茶・軽食代等をお支払い下さい。

 備考:人数を動員している訳では有りませんので、何人いらっしゃるかは不明です。ノートパソコンを持ちこんでおりますので、来場者がいない場合はパソコンで仕事をしておりますので、声をかけて下さい。

 禁煙席を見渡してみて、姿が見えない場合、何かの理由で中座をしているのかもしれませんので、電話(090−1432−9069)をいただければ幸いです。

 基本的に気軽に参加をしていただくべく、事前連絡無しでの参加を大歓迎としておりますが、事前に「行くよ!」という連絡を、右上に記載のメールアドレスか、この記事のコメント欄ででもいただければとても心強く思います。
 
 それでは、お待ちしております。宜しくお願い致します。 

small_ribon.gif「小坂と夜のお茶会」のような場をもっと設けて欲しい、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(9) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

外国人参政権の危険性と1票の重みを街頭演説で!

 4月17日の外国人参政権反対1万人大集会(こちらの報告ブログ記事を参照下さい)の後に行われた有楽町駅前での外国人参政権反対の演説会をご報告します。

★何度も引用していますが、外国人参政権が如何に異常で国益を損ねることか、こちらをご覧下さい。★

 小坂も演説しました。手短に、冷静にお話を演説をしようと思っておりましたが、ついつい熱が入りました・・・。

 既に多くの地方議員から憲法違反、国益を損ねるという点からの演説が有ったので、小坂からは別の観点として1票の重みとその思い1票を、非常識な「外国人参政権付与」の対象にして良いのか?という問題提起を致しました。

DSC04594.jpg

 写真は兵庫県の加西市から反対集会の為に上京をされ、街頭演説にも参加された丸岡弘満 加西市議。外国人参政権反対の意見書を取りまとめた中心人物で愛国系一人会派。mixiのマイミクでもあり、以前から連携を深めようと話をしていましたが、昨日、初めてお会いして意気投合。今後の連携を約束しました。

(以下、小坂からの演説の概要を思いだしてご報告)

 世界の160ケ国は外国人参政権付与を認めてません。EUなど共通の議会や通貨を設けるような中でなど特殊な状況にある極一部の国のみでしか付与されていないのが現状です。

 地方議会や首長の選挙では一票の重みは実に大きなものです。

 例えば、平成18年7月1日の厚木市議選では0.059票差で当落が分かれました。

当選:1616.059票 井上 武
落選:1616票 松前 進
(演説では具体的な票数は省きましたが、参考に投票数を書いておきます。以下に記す選挙にも得票数を書いておきます)

 平成16年1月25日の新島村長選挙(首長選挙ですよ!)の当落は1票差で分かれました。

当選:1169票 田中 英二
落選:1168票 出川 長芳

 平成22年3月14日の宮若市議選(福岡県)では当落線上の2人の得票数が564票と同数となり公選法の規定によってくじ引きで当落を決めました。驚く方もおられるかもしれませんが、こうした状況は決して珍しく有りません。以下、事例は多数有ります。

 平成20年の丹波市議選(京都府)で1084票、平成19年4月の富岡市議選(群馬県)で854票、松本市議選(長野県で1783票、伊達市議選(北海道)でも808票と当落線上で同数となりくじによる抽選で当落を決めた事例が有ります。
 
 更には数を省きますが、北海道の美瑛町議選(同14)や大樹町議選(同12)、愛知県豊山町議選(同14)、長崎県東彼杵(ひがしそのぎ)町議選(同12)、福岡県古賀市議選(同20)などでも同様に最下位当選者をくじによる抽選で決められました。


 そうした状況を踏まえて、私の住む荒川区を例に考えていただきたいと思います。

 荒川区では昨年11月現在、特別永住者は3,361人、一般永住者は3,061人の計6,422人です。この内、何と5,862人が韓国・北朝鮮・中国の人たちでした。参政権が与えられると、試算では5,454人が有権者になります。

 先程述べたような地方議会・首長選挙における一票の重みを考えると、有権者が15万人余りの荒川区における、この5454票という数が、どれだけ大きな圧力となるか容易に想像できます。

 その結果、日本の議会、行政が今も外国人の工作によってゆがめられ国益を損なっている現在の状況がますます、ひどくなります。

 5454票の外国人票が新たに生まれることがどれだけ、国益を損ねる方向に動くか、それをしっかりと国民は踏まえていかねばならないと思います。

 私は日本が大好きです。その日本の国柄を壊す、夫婦別姓、人権擁護法案などを推し進める民主党に参院過半数をまず阻止し、その後、志の高い日本の国柄を守る政権ができるように同志と共に尽力していきます。皆様と共に闘って参ります!

small_ribon.gif外国人参政権は絶対に認められない、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

尾久初空襲を忘れないコンサート

DSC04596.jpg
 今朝は荒川河川敷の運動場で行われた少年野球連盟の大会開会式に出席して、野球少年への激励とグランド利用の課題などをお聞きして来ました。開会式には格好の好天。
 
 その後、小坂の所属する尾久消防団第五分団の操法大会の訓練会場(遅れての到着でしたので、終わってしまいましたが・・・)へ行き、その後、分団の打ち合わせへ。

 操法大会の練習会場である東京電力の敷地が工事中で日曜日や祝日は5月2日、3日を除いては使えないとのことで、区の施設や学校を使えないか、区へ打診を早速しようと考えています。夜の練習日は確保されているのですが、日中の明るい状態でホースの先まで見渡せる状況での練習も欠かせませんので・・・。

 午後は各新聞(毎日新聞の記事読売新聞の記事等)に報道された「第二回 尾久初空襲を忘れないコンサート」に地域の歴史を知るべく出席。新聞での報道も有り、関心も高く、600人近くの方が集まりました。
DSC04602.jpg

DSC04603.jpg

DSC04605.jpg
 この場にもポメラ(ポケット・メモ・ライター)を持参し、話の内容など記録してきました。

DSC04607.jpg
 開会挨拶に続き、67年前の今日、昭和17年4月18日午後0時15分に米軍により行われた「尾久初空襲」の慰霊や今日のコンサートへの経緯について、実行委員長の田村正彦から語っていただきました。

DSC04608.jpg
 西川区長、尾久小学校同窓会長の挨拶に続き「尾久初空襲」荒川区制作ビデオより一部抜粋して上映。

 大東亜戦争における日米開戦から4ヶ月経過後、初めて米軍機が東京を空爆したのです。荒川区史によると尾久では死者9人、重軽傷者38人。

 日本近海の米航空母艦ホーネットから飛び立ったジェームス・ドリトル中意率いる米軍機(B25)による爆撃。空襲警報も無かったとのこと。爆撃の目標であった旭電化の工場を外れ、東尾久8丁目の民家を直撃。
DSC04610.jpg
 続いて元荒川区立第2峡田小学校長の村田英三郎氏から、当時の生活の現状の話や尾久初空襲の概略説明がなされました。写真は出征兵士の国旗寄せ書きを見せる村田氏。

 尾久初空襲を行った際には、米軍の爆撃機は16機航空母艦から出撃し、1機を除く15機は中国の基地へ着陸したとのこと。爆撃機は大きいので航空母艦には帰れない。日ソ不可侵条約が有ったため、堂々とソ連に寄ることもできなかったとの話。

 当時の常識では爆撃機が航空母艦に搭載されるようなことは想定されていなかったので、奇策であったそうです。

 尾久初空襲の事実を次世代にも伝えていきたいとのこと。
 
 米国で作られた映画「パールハーバー」で尾久初空襲も描かれていると、司会者から紹介が有りました。

DSC04612.jpg
 続いて、東京荒川少年少女合唱隊から4曲披露。

 休憩に続いて、以下に欠いた通りの後半の部が有ったのですが所用により中座。

・実行委員からの報告。
・尾久初空襲及び戦争体験について、地元で体験をされた方にインタビュー。
・区立尾久小学校6年生による「研究発表 平和への願い」
・次に区立尾久八幡中学校器楽演奏。
・終わりの言葉の後、戦争体験者を囲んでの座談会。

small_ribon.gif戦争の歴史の事実を知ることは重要であり、同時に様々な側面も学ぶことも必要、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 17:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

外国人参政権反対大集会、10、257人が日本武道館に集う!

DSC04585.jpg
 4月14日のブログ記事で改めてご案内をした、外国人地方参政権付与に反対する大集会が行われる日本武道館へ。移動はもちろん自転車(約40分程度)

 DSC04577.jpg

 国歌斉唱に続き、初代内閣安全保障室長 佐々淳行氏から主催者代表の開会挨拶。

 以下、電子筆記具ポメラを持ちこんでいたので、弁士の発言内容を大まかにですが記録しておりますので、参考までのご紹介します。

★亀井静香 国民党代表・金融担当大臣

 日本は悪くなった。殺人事件の半数は親子や夫婦の間で起きている。欧米流の改革を無批判に受け入れた結果である。

 昨日の産経新聞記事に驚いた。非正規社員を正社員にすることに8割の国民が反対している、との報道。同一労働、同一賃金を喜ばない国民が8割となってしまった。

 参政権付与は日本を滅ぼす。その際には選挙は自殺者まで出る状況になると考える。事態は深刻だが、国民新党が拒否をしているから防げている。

 政治は言葉遊びではなく、国家・国民を命がけで守ることである。


★大島理森 自由民主党幹事長・衆議院議員

 日本の主権を守らねばならない。その為に参政権に断固反対していく。3点申し上げる。

 第一点は、我々の参院選公募に応募した候補の中に外国系の日本国籍保持者がいたが、彼は「参政権は国籍を取ることで得るべきもの」と話していた。

 第二点は、外国人参政権付与は離島や小規模自治体のみならず、大規模自治体でも大きな影響を及ぼすということ。

 第三点は主権という言葉を、今一度、国民全員が認識し直す必要が有る。
 我が党は外国人参政権付与の動きに反対し、断固として戦っていく。

★平沼猛夫 立ち上がれ日本代表・衆議院議員
 体験談をかいつまんで話をする。昨年、日本神話にも登場する対馬に数名の議員団で訪問をした。

 自衛隊員が700名程度駐在している。現在、3万6千人が住んでいる。

 海上自衛隊の基地の隣接地5000坪が韓国資本に買収をされていた。その敷地内に真珠工場の行幸記念碑も有るが、日本人は自由にその記念碑を見ることができない。

 海栗島に航空自衛隊のレーダーサイトが有るが、そこに渡る船は、民間の渡し船であった。案内をしてくれた責任者が「自衛隊の船が無いので民間船で渡ってきた」と言っていた。航空機も無い。

 「攻められたらどうなるのか?これでは守れない!」対馬の港祭はアリラン祭りとなっている。その際には、韓国の国会議員が「対馬は韓国領」と示威活動を揃いのTシャツで行うような現状。

 日本の安全保障は自らの手で守る姿勢を持たねばならない。今日のように国民から声を挙げていただくことで、阻止できた、または進められたことが多い。今回の集会での皆様の力もそう考えている。

★松原 仁 民主党衆議院議員

 何故、反対なのか申し述べる。政治とは我々の先人と子孫と現在の我々の為の共同作業である、と考えると、今、この瞬間に日本にいるというだけで、参政権が得られるということはあり得ない。

 欧州における地方参政権付与が行われているのは、日本とは異なる。欧州は宗教、民族的に混ざり、共通の土台が有る。しかし、日本は海に囲まれ、世界で8つの大きな文明の一つとして位置づけられるような国には到底、なじむものでは無い。

 民主党の中にも、こうした声は確実に有る。現実の政治の中にいる立場も有るが、反対の姿勢を示す議員もいることを理解していただき、支援をおねがいしたい。

★渡辺喜美 みんなの党党首

 みんなの党は外国人参政権に反対する。

 民主党の欺瞞の第一は「生活が第一」と言いながら、選挙が第一となっている。外国人参政権付与もその一つ。
 民主党の欺瞞の第二は地方主権といいながら、中央集権政治を進めていること。

DSC04579.jpg
★参加国会議員の紹介が有りました。全て記録できなかったのですが、書けた範囲で・・・。

 民主党議員ながら、我が地元の荒川区・墨田区が選挙区の木村たけつか代議士がこうした場に反対の姿勢を示すべく、来てくれてたことをとても嬉しく思っております。会場でも本人にその意を伝えました。

★衆議院議員 森英輔、小池百合子、下村博文、金子やすし、城内実、木村たけつか、渡辺義彦
 
★参議院議員 亀井郁夫、山谷えり子、佐藤まさひさ、中川正春、金子洋一、森田高、亀井亜希子、

★前・国会議員 保坂三蔵、土屋正惟、赤池雅章、松本洋平

 引き続き、各界からの提言
★加戸 守行 愛媛県知事
 (慎重姿勢を示す551自治体の首長の代表として挨拶)
 先日の全国知事会で3知事は外国人参政権付与に理解を示したようだが、残りの大多数の知事は絶対反対、反対、または慎重に取り扱うべきという消極的な意見ばかりであった。
 それぞれの首長には濃淡は有った。心配は共通している。基地問題や領土問題を抱える自治体も多い。
 愛媛県での事例を一つ挙げる。愛媛県では歴史教科書に関わる訴訟を起こされたが、その原告は日本人が209名、残り3250名は外国籍。熱心な活動家に促され外国人も参加をいているのだと認識しているが、このような事例も有る中で、地方参政権は危険性をはらんでいる。

★森田千葉県知事からもメッセージ有り。

★小杉 直 熊本県議会議長
 県警のノンキャリアのOB。熊本県議会では反対決議が全国初で10月8日に可決。熊本県は反対署名議員数も全国1。
 参政権は国民固有の権利であり、最高裁判例でもはっきりしている。賛成決議をした地方議会でもそれが覆った議会も多い。大会を契機にさらに、この機運が高まるように尽力していく。


 次に、主催者からの発表で、

★首長、地方議員が715名が本日、会場にかけつけてきた。★

とのことで、首長と地方議員が起立して皆様に存在を示しました。

DSC04581.jpg
★石田 一夫 UIゼンセン同盟 副会長
 UIゼンセン同盟が組織として「反対で有る」との立場を表明する為に来た。

 参政権付与と人権問題は別の問題であると認識している。参政権は主権の問題である。

 納税は行政サービスの対価であり、参政権とは無関係。納税で得られるという理屈が成り立つのであれば、日本国民でも納税を免除されている方は選挙権が無いという、おかしな理屈が成り立つ。

 次に、歴史的経緯と参政権は別物で、それを持ち出して付与すると、一般永住者を差別することになる。

★エドワーズ 博美 メリーランド大学講師

 メリーランド州の一部の自治体では外国人参政権を付与しているが、その広がりは出ていない。
 2000年に1000票差で大統領選挙が左右される事例があった。もし、ここで外国人に参政権が付与されていたら、米国民はこの選挙結果に重大な疑義を持つに違いなかった。
 外国人は愛国心を持ちアメリカ文化を受け入れ、初めて帰化申請認められる。

 その条件は、5年以上米国に在住、道徳的人格を保持すること(過去5年に遡り、具体的犯罪歴が無いか、FBIが調査する)、英語能力、国旗に敬意を払い、国家に忠誠を誓い、戦没者に敬意を表する、そして、かつての母国への忠誠を捨て米国への忠誠を誓うことになる。母国と米国が戦う段になっても、米国に忠誠を誓えるものが米国籍をとれる。
 移民国家の米国でさえ、国籍のバーゲンセール、安売りは絶対にしない。しかし、現在の日本で何故、そのようなことをしているのか?

 日本において国籍付与は、国家への忠誠を絶対条件とすべく法改正をすべき。
 外国人参政権付与と国籍のバーゲンセールは絶対に防ぐべき。

★ノンフィクション作家 関岡 英之 氏
 日本での外国人は中国人が現在最多で、かつ若手が多い。今後、永住者予備軍を含め、膨大な数の中国人永住者が増える。

 法務省の中に移民を進める勢力が有る。「移民国家ニッポン」の著者はかつての法務省高官。こうした人間が法務省を牛耳っていた。
 

★大会事務局総計では、本日の来場者総数10、257人となった、と発表。

 百地章日本大学教授から外国人参政権反対の運動方針案が発表された。全国で推進していく。

DSC04583.jpg
 全国各地からの「外国人参政権反対」の地方議員署名を各党代表に渡す。


DSC04587.jpg
 反対集会後、チャンネル桜の呼びかけで有志による靖国神社参拝。多数の地方議員も参加。英霊への想いを込め、「海ゆかば」を皆で斉唱。

DSC04591.jpg
 その後、自転車で一路、有楽町駅前の交通会館前へ。外国人参政権反対の街頭活動に参加。

DSC04592.jpg
 多数の地方議員が車上から反対の演説をしました。小坂からももちろん演説をしましたが、記事が長くなるので、その内容は後日ご報告します。

 1万人が集まった反対集会を弾みにして、この声を更に広げていきたいと考えています。皆様も、ご協力を宜しくお願い致します。

small_ribon.gif外国人参政権付与には絶対反対、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(9) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

全世界で例の無い「血税流出策」=子供手当の委員会質疑をご報告!

 今日は建設環境委員会と小坂の所属する文教・子育て支援委員会が開催されました。文教・子育て支援委員会は3つの議題が有りましたが、その中で特に「子供手当の支給について」と小坂からの質疑等・答弁をご報告します。

 この問題については、まず2月25日に荒川区議会予算特別委員会で小坂から質疑した内容を報告したブログ記事(必見です!)をご覧下さい。非常識な形で莫大な血税が海外流出する「子供手当の問題の一つ」が分かると思います。

 子供手当、本当に異常な制度です・・・。詳細な報告を後半にしていますが、以下のような質疑も行いました。これだけでも異常性が分かります。

小坂:日本に住む外国人について、その子供が日本国外にいても子供手当が支給されるが、そうした対応をしている国は世界200ケ国の中に存在するのか?

子育て支援課長:外国の事例について調べたが、昨日までの時点でそうした例は確認できない。

 委員会終了後、大局からの政治分析をする方を囲んでの勉強会に参加し、終了後も意見交換をし、その後、地元の政務会合へ。それにしても寒い雨でした・・・。

◎子供手当の支給について

★「平成22年度における子供手当(子ども手当)の支給に関する法律」が、平成22年4月1日から施行され、子供手当が支給されることとなった。

★目的:少子化が進展する中、安心して子育てができる環境を整備するため、次代を担う子供の育成を社会全体で応援する。

★内容:区内に住民登録、外国人登録をし、中学校終了前までの子供を養育している者(所得制限無し)

★受給世帯数:約15,000世帯

★対象子供数:22,000人

★支給額及び支払い月
 子供一人当たり月額1万3000円。年3回(6月、10月、2月)に4ケ月分を支給。
 (平成22年度の6月は4月、5月の2ケ月分を支給)

★児童手当との関係
 従来の「児童手当」の対象者及び支給額を拡大して、「子供手当」として支給する。
(1)3月まで「児童手当」を受給していた世帯については、そのまま「子供手当」へ移行する。
   (約10,000世帯、14,000人)
(2)これまで児童手当を受給していない所得超過世帯及び中学生のいる世帯は、新たな対象となる。(約5,000世帯、約8,000人)

★経費
 手当額=28億8756万円
 事務費=2377万円

★財源
 国庫負担金 24億58万円(特例交付金含む)
 都負担金 2億5666万円
 区負担金 2億5408万円
※子供手当のうち、児童手当分については、従来と同様に地方自治体及び事業主が一部費用を負担することになっている。

★外国人に係る事務の取り扱い
 (1)児童手当同様、日本人・外国人共に手当を受け取れる

 (2)海外に居住する子供の状況等に関しては、適正な支給を実施する観点から、次の通り、事実関係の確認等について厳正を期すこととされている。

 @少なくとも年2回以上子供と面会が行われていることをパスポートで確認

 A生活費、学資資金等の送金が概ね4ケ月に一度は継続的に行われていることを銀行の送金通知等により確認すること。

 B来日前は、親と子供が同居していたことを公的機関による居住証明書等により確認すること。

 C支給要件への適合性を判断するために、提出を求める証明書類について統一化したこと。

 D日本国内に居住している翻訳者による日本語の翻訳書の添付を求め、その者の署名、押印及び連絡先の記載を求めること。

(小坂からの質疑・答弁)

小坂:子供達に莫大な借金を残す、選挙目当てのばら撒き制度である子供手当自体に強い疑問と違和感を持っているが区の認識は?

子育て支援課長:担当課の認識としては、国の制度であり、支給がスムーズに問題無く行われるようにしっかりと対応をしていきたいと考えている。


小坂:区としてのこの制度への認識を示すべきと考える。支給の案内が郵送され各家庭に届いて3日程度たったが、問い合わせ等はどのような状況か?

子育て支援課長:おおむね申請書が届く前までは一日あたりの問い合わせは20件程度。14日以降、1日の問い合わせは100件を超え、昨日200件を超えた。


小坂:学校給食の不払いが有る場合そこにも充てられるようにすべきという指摘もあるが、それは可能なのか?区としての認識は?

学務課長:現時点では難しい。子供手当は本人に支給されるとされており、本人を通さず給食費の不払いに充てるのは難しい。


小坂:外国人からの問い合わせはどうか?

子育て支援課長:細かな統計はとっていないが、それほど無いと認識している。


小坂:子供が海外に住む外国人で支給対象となる人数の見込みは?
子育て支援部長:新たな支給対象となる「子供が海外に住む外国人」は現時点では登録をしていないので不明。請求を受けて認定をすることとなる。


小坂:年に2回会っていないと支給されないという条件は堅持するのか?

子育て支援部長:いつから遡って1年間かは明確にされていないが、条件に従って認定の可否を決める。日本に来て半年なら1回で良いと解釈できる。国に子供手当の対象についてコールセンターが有るので、判断に迷うような事例は1件ずつ確認する。

小坂:私は子供手当自体、またこうした海外在住児童への支給について反対の立場だが、帰国が年に2回できればOKで、仕事が忙しく1回しか帰国できない場合は支給されないような対応では窓口でかえってトラブルを生まないか?

子育て支援課長:個々のケースについてトラブルになることは予想される。

小坂:予算特別委員会において「外国に住む外国人の子供、という存在を確認するのが極めて難しい対象」に対して現地の通貨価値から考えて莫大な手当を毎月渡すことの異常性や、国益を損ねるという問題提起をしたが、今回、国から確認の厳格化と称する方針が示されたが、これで、不正は完全に防げると考えるのか?

子育て支援課長:事実関係の確認について、厳密に示されているが、かなりの部分で防げると認識している。

小坂:日本に住む外国人について、その子供が日本国外にいても子供手当が支給されるが、そうした対応をしている国は世界200ケ国の中に存在するのか?

子育て支援課長:外国の事例について調べたが、昨日までの時点でそうした例は確認できない。


小坂:外国においてそうした制度が無いのは、それは有り得ない異常な制度であるからではないか?外交上で「互恵関係」という言葉が有るが、その外交上の「常識」とはかけはなれた片務的な制度に。その整合性が取れない、不平等な制度だと認識するがどうか?
 また、「数十名の孤児を養っている」とし、上記に示された条件もクリアする形をとっていればやはり支給をされると理解して良いのか?

子育て支援課長:書類がそろっているが、その要件が疑われる場合は国の相談室に連絡をして検討をする。想定できないものについては、全国的な実施を確認すると同時に、海外に対する取り扱いについて早急に内部検討をして、方針を示していただけると考えている。


小坂:国益を損ねる血税の海外流出であり、低リスク高リターンの詐欺の格好の材料となる外国人の海外監護児童への支出について、2月25日の予算特別委員会での質疑からも、23区の課長会などで問題提起をしていく方向であると認識しているが、その点について現状と今後の予定は?

子育て支援課長:子供手当については様々な課題が有る。「制度上の課題」、「財政負担の課題」が有り、指摘のように海外在住の監護児童への支給の点についても児童手当制度の時代から30年間もから対象としてきた。国においては23年度において、子供についても国内の住所要件を付すことを検討している。財源についても問題提起をした。制度についての改善を求めるのはこれから行う。

小坂:両親が不在で施設に入っている子供などには支給をされないと聞いているが、区内でそのような対象の児童はいるのか?いるとすれば件数は?

子育て支援課長:区内における指摘の件数は把握していない。


小坂:「子供手当」を受けることが「権利」とされるのであれば、義務も同時に親に対して課さねばならないと思う。先日も児童虐待で死亡したお子さんの親が乳幼児健診を受けさせていなかったことが報道されていたが、乳幼児健診や「親学の受講」など、親として受けるべきことを、子供手当受給継続の条件としてそれを怠った者に対して、警告の後、支給を留保するといった取り組みを考えるべきと思うが認識は?

 子供手当の支給継続の条件として節目節目に行政と親、子供が接点を持てる場を設ければ、虐待などの異常を察知する機会を増やせると考えるがどうか?

 自治体独自で無理であれば、国にそうした点を要望すべきではないか?ただ、お金を受け取る権利を保障するだけで、子に健診を受けさせるなど、当然のことを怠る親の義務には触れないのは著しいバランスの欠如と考えるがどうか?

子育て支援部長:国からはそうした点までは示されていない。その点について区独自で課すことができるかというと、それは「法定受託事務」という「本来国で行うべき制度を自治体が代わりに行う」という位置づけであることを考えると難しいが、国に対して小坂委員の指摘のような観点で改善を求めていくことは検討していきたい。

small_ribon.gif子供に莫大な借金を背負わせる手当の制度化に反対する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

新規施策等、ご報告

 今日は総務企画委員会と福祉・区民生活委員会の2つの委員会が同時刻である10時から開会。小坂はどちらの委員でも無いので、発言の機会は有りませんが資料から福祉・区民生活委員会の案件について簡単に報告します。

@ 荒川区特別区税条例の一部改正に係る専決処分の報告について
 法改正に伴い「65歳未満の公的年金等に係る所得を有する給与所得者について、公的年金等の所得に係る区民税所得割の額を、給与所得に係る区民税額に加算して、給与から特別徴収(いわゆる天引き)する」ことを執行部で決め、後で議会に報告したという件

A 特定非営利活動法人による「生活支援付き住宅」の開設について
 町屋8−14−11に自立援助ホーム「ふるさと町屋荘」が5月1日に開設予定。事業主体は「NPO法人 自立支援センターふるさとの会
 台東区や墨田区で事業を展開してきたNPO法人で、今回、中程度の要介護高齢者に生活支援や訪問介護のサービスを提供し、日常生活や社会生活の自立を支援する。
 月額利用料は139,800円(家賃69,800円、共益費40,000円、給食費30,000円)

B 荒川区特別永住者等福祉給付金制度の創設について
 国民年金制度改正後も年金が支給されていない特別永住者の福祉の増進を図るとのことで創設。
 同様の給付制度が有るのは23区中10区、全国では平成20年1月現在で623自治体とのこと。
 支給対象者は大正15年4月1日以前に生まれた特別永住者(帰化者を含む)。
 かつ、荒川区に2年以上住んでおり、公的年金、生活保護を受けていないこと、荒川区障害者福祉給付金を受給していないこと、所得が一定額以下であること。
 対象者は区内に100人。月額15,000円支給。

※こうした救済制度は日本国民向けにも既に有るので、創設したとの説明でしたが、一般永住者は対象外。この制度を特別永住者に限ることについて、納得の得られる説明は担当課長に確認しても示されませんでした・・・。民団などの主張する「強制連行などのでっち上げ物語」に引きずられている訳ではないと言ってはいましたが、それなら、何故、特別永住者だけに制度を創設するのか理解ができません。


C 障害福祉サービス等に係る利用者負担の軽減について
 障害者自立支援法の廃止までの措置として、障害者福祉制度の利用量を無料とする政府提案が閣議決定された為、区もそれに従うもの。

D 本庁舎清掃業務における障害者の就労促進について
 障害者の一般就労を促進するために、本庁舎の清掃業務委託において障害者の就労を導入する。国・都の助成制度を活用する。

E JR三河島駅のエレベーター整備補助について
 JR常磐線の三河島駅において平成22年度中にエレベーターを設置するとともにバリアフリートイレを設置する。
 費用負担は荒川区7400万円(半額は都からの補助金)、国土交通省4440万円、JRが2億7959万円。

F 対面音訳者派遣事業の実施について
 視覚障害者に対し、日常生活に必要な情報を読み伝える対面音訳者派遣事業を新たに実施し、資格障害者のコミュニケーションの充実を図る。
 派遣回数は月2回以内、1回について1時間程度。利用者負担無し。
 都内では千代田区と三鷹市で実施されている取り組み。

G 荒川区国民健康保険条例の一部改正に係る専決処分の報告について
 国民健康保険料の上限を59万円から63万円にする。介護保険上限は10万円のまま変更無し。
 非自発的失業者の前年度の給与所得はその3割と見なして保険料算定を行う。
 国保の旧被扶養者について、後期高齢者医療制度の被保険者と同様に、保険料軽減期間を当分の間延長する。

H 荒川区福祉部国保年金課保険料徴収嘱託員(非常勤職員)による保険料に関する不祥事について
 横領をした職員を刑事告訴。現金管理の厳格化を徹底する。

 以上、本当に簡単に概要を書いて見ました。疑問点等有りましたら、ご連絡下さい。

small_ribon.gif今後の荒川区政に期待する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

外国人参政権反対の日本武道館集会(4月17日)

 午前中は自宅事務所で調査や事務。午後は区役所で打合せや陳情対応、調査など。毎日、時間が経つのが早いです。
DSC04409.jpg
※4月初旬に撮影した満開の桜。近所の公園にて

 さて、3月5日のブログ記事でご案内をした4月17日の「外国人参政権に反対する大集会」がいよいよ、今週末の土曜日に開催されます。

 ★外国人参政権が如何に馬鹿げた、また国益を損ねることかはこちらをご覧下さい

 小坂ももちろん参加をする予定ですが、改めて皆様に参加をお願いを致します。以下、こちらの開催予定記事から引用を致します。記事中には「事前登録をして来て下さい」と書かれていますが、これは事前の人数把握等の為であり、飛び入りでの参加ももちろん大歓迎です。


 当日は国民集会前に、街頭活動やデモも予定されています。(以下の動画をご覧ください)



(以下、開催概要です!)
●外国人参政権に反対する一万人大会にご参加を!!

おかげさまで、4月11日現在、参加申込み数は7千名をこえましたが、まだまだご入場できますので、皆さんの知人・友人にお誘いいただければ幸いです。事前申込みがなくても参加できますが、座席の確保などの関係で、できるだけ事前申込みにご協力願えれば幸いです。

もちろん、事前申込みをなさらなくても、ご参加は可能です。その場合は、Dゲート「当日受付」にお越しいただき、受付をしていただきますので宜しくお願いします。

【事前申込み方法】 主旨に賛同される方でしたら、どなたでもご参加できます。できるだけ事前に下記のFAXまたは電子メールまで、「武道館大会参加申込書」と明記し、@氏名、A住所、B年齢、C電話番号、Dご参加人数をご記入の上、ご送信下さい。当日は、事前にFAXまたはメールで送信された「参加申込書」を印刷してご持参の上、「Dゲート(南東口) 事前受付」までお越しいただければ、スムーズにご入場できます。プリンターをお持ちでない場合は、名前と連絡先を書いた紙をご持参ください。

●お申込みFAX  03−5157−5657(24時間受付中)

●お申込みメール kokuminforum@gmail.com

【要 項】

日時 4月17日(土) 開場12:30 14:00〜15:30頃 

会場 日本武道館

各界有識者と政治家が提言(予定)

佐々 淳行(初代内閣安全保障室長)

亀井 静香(国民新党代表、金融担当大臣)

大島 理森(自由民主党幹事長)

平沼 赳夫(たちあがれ日本代表)

石田 一夫(UIゼンセン同盟副会長)

百地 章(日本大学教授)

関岡 英之(ノンフィクション作家)

エドワーズ 博美(メリーランド大学講師)

ほか、民主党議員、都道府県知事、議会議長などが挨拶予定

主催 永住外国人地方参政権に反対する国民フォーラム

電子メールkokuminforum@gmail.com  ブログhttp://k-forum.iza.ne.jp/blog/

本活動は皆さんの浄財によって運営されています。ご協賛(カンパ)の送り先は、郵便振替口座 00190-4-632864 名義 国民フォーラム 通信欄に「ご協賛(カンパ)」と明記して下さい。

 関連して、外国人参政権問題についての啓発チラシが以下のサイトからダウンロードできます。是非とも知人の皆さんにお配りいただければ幸いです。

http://www.nipponkaigi.org/0000/sanseikent01.pdf

http://www.nipponkaigi.org/0000/data-news220224g.html 

● ご来場の皆さんへのお願い

 事務局の方に、会場の日本武道館及び北の丸公園で、「参政権反対のチラシを配布したい」「参政権反対のプラカードを掲げたい」という問合せがきています。

 しかし、北の丸公園及び日本武道館では、チラシ配布もプラカード等も禁じられています。皆さんのご協力をお願いできましたら幸いです。

small_ribon.gif外国人参政権に絶対反対、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

首長・地方議員・国民で作り上げる新党!

 今夜の尾久消防団の有志の打合せで消防操法の練習を来週から十数回開催する日程を決めました。小坂も選手の一人として頑張ります!

 さて、「新党」や参院選についての報道が様々な媒体でなされていますが、小坂は表題に書いたような「新党」を応援しようと考えています。国会議員の離合集散では無く、新たに真に保守の理念を正面から掲げ、その旗の元に集う者だけで作られる「理念がまず先にしっかりと有る」新党です。

 現在の政党や今後出てくる予定の「新党」についての小坂の認識を書きます。

 ※まず総選挙を受けての、昨年8月30日のブログ記事をご覧下さい※

★自民党
 「日本の国柄」や「国益」をしっかり守る役割を担うべきで、また党綱領にはその旨が明記されているのに、それをせず「目先の利益」や「事なかれ主義」に徹して「守るべきものを守ってこなかった」
 また、金権腐敗や様々な不合理な利権といった「変えるべきこと」を変えて来なかった。
 昨年の総選挙後も、上記のような点を踏まえて、原点に戻ることをせず、「単なるイメージアップ策」を弄したり「過去の誤りの総括=保守理念を忘れ去ったこと」も今日まで怠ってきた。

 ※荒川区議会においても、小坂から「過剰な議員定数を24名まで削減を!」との提案に、汚い怒号を浴びせてきたのは自民党席から。(9月24日のブログ記事をご覧下さい。)
 地方でも国でも、この政党の体質を表していると思います。

 この期に及んで、根本的な見直しを行うことのできない政党には、日本の国益や国柄を守る役割を期待し得ない。

 所属の国会議員の中には素晴らしい方もいるが、この政党の中ではその見識を活かしきれない。所属議員も右から左まで理念がばらばら。

★民主党
 法律上、「政党」とされていますが、小坂は「政党」だとは思っていません。政党には立党の目的や目指すものを明記した「綱領」が有ります。
 ところが、民主党には「綱領」が存在しないのです。驚くべきことに・・・。マスコミはほとんどこの事実を報道しませんが、政党としては致命的、いや、これが無いと政党とは呼べません。

 何故、無いか?それは、民主党は何かの理念に基づいて設立された政党ではなく、「自民党では衆院選に出馬できない、また、公明党でも共産党でも無い人達が、選挙で看板を借りて当選をする為の組織」つまり単なる「選挙互助会」だからです。

 自民党の所属議員も右から左まで様々ですが、民主党はその幅がさらに広く、極左から右まで本当にバラバラ。

 かつ、現職国会議員を見ても「自ら歴史や政治を学び、磨き上げたものが有り、それを元に国会で論陣を張り、党内でも反対の意見も踏まえ徹底的に議論をする」議員はごく僅か。

 ばら撒きや人気取りが目立つ、「自立した日本民族」を駄目にする政策が羅列されている。

 何よりも決定的なのは、不勉強、または党幹部の言いなりの議員が圧倒的多数の中、小沢一郎を始めとする一部の利権勢力が国柄を壊す、国益を損ねても、私利(権力拡大)の為に売国政策を次から次へと打ち出している、恐ろしい政党だということです。

 このような政党に7月の参議院議員選挙で過半数を取らせては絶対にいけないと考えています。

★公明党、共産党、社民党
 国内外への凄まじいばら撒きと国家意識・国柄の尊重を欠く国益を大きく損ねる政党。日本人が自立しない社会へ進んでしまう。

★国民新党
 民主党を中心とした与党の中で「外国人参政権」「夫婦別姓」といった売国政策を阻止する強い意志を示していることは評価。
 ただ、民主党と連立を組んで、「子供手当」のようなばら撒き政策を共に推進していく姿勢には大きな疑問を感じる上、郵政利権(参考記事を是非お読み下さい)には納得がいかない。

★新党日本、新党大地
 上記の民主党補完勢力。

★みんなの党
 「第三極」として人気が上がってきているが、「公務員制度改革」や「地域主権」といった個別の政策だけで集まった、国家観が根底に無い政党。

 小坂の考える政党や政策についてここで一つ述べておきます。単純化する為に三層構造とします。

 まず、根柢の一番基本となる台の部分に「国家観」「歴史観」「人間観」に基づいた理念や政策の方向性が無ければなりません。これが政党や政策の大本であり、これが無い「政党」や「政治家」は、そう呼ぶに値しません。
 その上に第二段として、経済政策や環境政策、福祉政策など部門別の政策が有り、さらにその上の第三段に個別の具体的な政策が乗るといったイメージです。

 そうした認識の下で、このみんなの党は根底の部分が不明確で、第二層、第三層の部分ばかりで耳触りの良いことを主張している体質が信用できない。「何を変えるか」を声高に主張をしているが、「何を守りぬくか」が不明。ポピュリズム政党の匂いが強い。


★「舛添新党?」
 まだ、旗揚げもしてませんが、マスコミで良く話題に上がるので・・・。舛添要一参院議員は、「外国人参政権賛成」ですから、「日本の国柄を守る気概を持つ新党」には成りえず、期待する価値は無し。


★たちあがれ日本

 綱領も目指すものも共感ができる。何を守るかが明確に書かれている。(公式HPはこちらですので、御覧下さい

 平沼赳夫代議士とは何度か個別にお会いしたことも有り、素晴らしい理念と揺るがぬ姿勢に感銘を受けています。

 その平沼赳夫代議士が、与謝野馨代議士のような「靖国神社からA級戦犯を分祀すべき」といった歴史的事実や伝統を無視した主張を行う議員と共に政党を立ち上げたのが残念・・・。

 新党を立ち上げるのであれば、日本の国柄や国益をしっかり守る気概を持つ者だけで立ち上げて欲しかったですし、そうでない故に、保守の心を持つ者が「この政党を中心に集結しよう」と決断できるだけの存在にならないことが悔しい・・・。

 それにしても結党時の報道で「年寄新党」だの「立ち枯れ」だの、そうした言葉で揶揄するものが目立ったのは実に不愉快、かつ非常識。

 小坂は人間を年齢でレッテルを張ることは恥ずべきことと考えています。

 20代、30代、40代の年齢が若い国会議員で民主党所属議員を見ても「不正や売国と戦う若さや気概を失い、あるいは最初から持たずに上層部の言いなり、投票するロボット」として、しなびた議員生活に唯唯諾諾と従っている一方、「立ちあがれ日本」の結党を決断し「国益や国柄を守る理念」を掲げ結党を実現した平沼代議士を始めとする70歳前後の国会議員がいらっしゃる。

 どちらが「真の若者」かは言うまでも無いと思います。

 自民党内で中身の無い国会議員が「執行部の世代交代を!」などと言っているのを聞くと、「本当にこの党は駄目だな・・・」とつくづく思います。党の執行部が若いかどうかではなく、「結党の理想に基づき、日本の国柄や国益をしっかり守る不動の信念と人望が有る人物を執行部に!」と言うべきです。
 
 有権者も「若くて期待できる議員(候補)だから」ということで、票を入れるのは止めて、先の政策の話で述べた「第一層の根底にある理念」やそれに基づく政策を考えて投票をしないと、結果的に自分の首を絞めることになりますので、投票の際は熟慮をお願いしたいと思います。

★山田宏杉並区長を中心とした新党 「日本よい国構想」に書かれた理念に基づき国民運動体「日本志民会議」を平成21年10月末に設立し、共感する国民、地方議員、首長で政党を立ち上げ、来る参議院議員選挙にも、堂々と理念を掲げ挑みます。

 山田宏杉並区長の政治姿勢を下記の動画から知っていただければと思います。



 この政党の理念は「日本の国柄と国益をしっかりと守る政治」が大前提であり、「日本志民会議」の理念に共感するものだけが集まり、地域から国会へ攻め上る、国会議員の離合集散とは超然とした姿勢をとります。

 「自立」がキーワードで有り、現在の民主党政権が進める子供手当や高校無償化のように「自立」とは逆の方向に進んでいる政治に真正面から勝負を挑む気概を持っています。

「日本よい国構想」に書かれた理念に基づく国民運動体「日本志民会議」の理念は以下の通りです。

★全ての国民が「誇りをもって自らの天分を活かしきる」ために、これらの実現をめざします

● 「自由」「責任」「相互尊重」の行き届いた国
● 正しい日本の歴史と伝統を守り、次世代に伝える国
● 自らの国は自らの手で守るという気概をもった国
● 「和をもって貴しとなす」の精神に基づき,
  世界の平和と繁栄に貢献する国
● 「今さえ、自分さえよければ」ではなく、
  「今も将来も、自分も社会全体もよくする」ため、

 国家百年の計に立った政策を実行する大人の民主主義の国

 昨日、自民党を離党する議員2名を含む地方議員数名が、一番に声を挙げて、記者会見を行いました。



 今後、多数の地方議員がこの新党に大きく呼応し、マスコミで言われている「首長新党」ではなく、「首長・地方議員・国民」で日本の国柄・国益を守りながら、しっかりと国民生活も守っていく政党になりうる可能性を持つと認識しています。

 党名も決まっていない状況ですが、近いうちに綱領や党名を含め具体的なものを示すことができるかと考えておりますので、ご期待下さい。

 小坂としては、この政党が大きく飛躍をできるように応援をし、有志の皆様にもご理解をいただければと思っております。

small_ribon.gif首長・地方議員・国民で作り上げる新党に期待する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

痴漢冤罪から自殺へ…。情報提供呼びかけ拡散をお願い致します。

 2月28日の小坂のブログ記事で情報提供をお願いした「痴漢冤罪、そして自殺。目撃者を探しています。」について、独立したページを自殺された方のお母様が開設されました。このお母様は、事件が起きた時間帯に情報提供を呼びかけるべく、現場において連日、呼びかけを行っておられます。

 ブログはこちらです。 
 「目撃者を探しています!平成21年12月10日(木)午後11時頃新宿駅での出来事です。」

 小坂のブログのリンク集にも加えますので、皆様、是非、情報提供の呼びかけをネット上、また、新宿駅を通られる知人にもお願い致します。

 以下、内容を転記致します。

平成21年12月10日(木)午後11時頃、新宿駅での出来事です。


私の息子(当時25才)は、平成21年12月10日(木)午後11時頃、新宿駅の15/16番線ホームに行くため階段を登りかけたところ、痴漢に間違われ見知らぬ大学生らから暴行を受けました。

なぜ、息子が暴力をふるわれたのか、どのようにふるわれたのか、その事実が知りたくこのブログを用意いたしました。

どのような些細な情報でもかまいません。目撃された方、何か情報をお持ちの方、どうぞお知らせください。



●暴行を受けた現場


写真左:暴行を受けたのは15/16番線のホームにつながる階段です。
当時は工事中で、この階段の3〜4段目あたりを登りかけたところで、背後から襲われました。
写真右:現在は工事も終了し、写真のように綺麗になっています。


●傷ついた携帯電話

息子が使っていた携帯電話は、機種変更して間もなくのものでした。でも、その携帯電話も暴力を受けた結果、ご覧のように塗装がはげるほどのものでした。



●ボイスレコーダーに残された記録

息子はいつもボイスレコーダーを持ち歩いていたようで暴行を受けたこの日も、無理矢理連れて行かれた新宿西口交番でのやりとりや、新宿警察署で受けた取り調べの様子を録音していました。

ここで、ボイスレコダーの内容を詳しく書くことはできませんが、息子が警察から先入観のもと、一方的に取り調べられた様子を知ることができます。

例えば、息子はこんなことを話しています。
・「15番線と16番線の階段を登っていたら、突然3段目か4段目から下に落とされ馬乗りになられた。『おまえだろう、おまえだろう』と暴力をふるわれ、身の危険を感じ相手を反転させて、自分が上になってもみくちゃの状態になった」
・「駅員には『暴行を受けたので助けてください』と言ったが、『おまえだろう、おまえだろう』と一方的に詰め寄られた」
・「帰らせてください。暴行をふるわれているんですよ」

こんな息子に対し、警察の方はこう言っています。
・「お前、詰め所に行けない理由があるんだろう」
・「女性の方は何であなただと言ったのかね」
・「女の方が確認しているんですよ」
・「真実は一つだけですから、女性の方は真正面から来ているのであなたの顔を見ている」

こうしたやりとりの後、息子は「後日出頭」という確約書を書かされて、翌朝6時前に新宿警察署を出ることができました。
しかし......


自殺前に息子がノートに書きなぐった無念の言葉。「こうなちゃった人生 事件 どういう訳で!」


●悲観して自殺した息子

当時、息子は再就職したばかりで、その日は職場の先輩の皆さまによる歓迎会があった日です。いつもと違い、お酒も飲んでいました。そうした状況の中で受けた暴行と、一方的な取り調べです。悔しさや、様々な感情が入り交じっていたのだと思います。思い詰めた息子は自ら命を絶ってしまいました。

私は息子を信じています。なぜ、その日暴行を受けなければならなかったのか?お心あたりのある方、ぜひ情報をお知らせください。

原田尚美
携帯:090-3234-8196
メール:harada-n@excite.co.jp


small_ribon.gif多くの方がこのブログを目にして目撃情報が集まることを願う、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(65) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

東トルキスタン国の現状を知るシンポジウム(他人事では有りません)

 小坂は今迄度々、支那共産党による血塗られた支配地域(いわゆる、中国)の一部である「苛烈な植民地支配下に有る」東トルキスタン国を日本国としても、また日本国民も支援・協力関係を深めるべきと訴えて参りました。

 その東トルキスタン国における支那共産党による恐るべき虐殺や血塗られた支配について、シンポジウムが開催されます。

 残念ながら、小坂は地元の会合の為、参加はできませんが、皆様には是非、ご参加をいただければと思いご紹介させていただきます。

東トルキスタンの現状についてはこちらをご覧ください

シンポジウム開催のご案内

日本ウイグル協会では、私共の上部団体である、世界ウイグル会議のラビア・カーディル総裁、セイット・トムトルコ副総裁、ドルクン・エイサ事務総長を招請する運びとなりました。これに際し、東京と大阪にてシンポジウムを開催致します。

今回を契機として、ウイグル民族の現状を、一人でも多くの日本人に知っていただき、日本人とウイグル人が文化や宗教、あらゆる相違を超えて危機感を共有しあい、「平和」と「自由」を志向していく、大きな一歩となればと考えております。

つきましては、下記の要領でシンポジウムを開催いたしますので、ふるってご参加賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

日本ウイグル協会主催シンポジウム
「ウイグルの未来と日本の役割」
〜日本からウイグルへとつづく自由と平和の回廊を〜


(東京会場)
日時:平成22年5月22日(土) 18:45〜 (18:00開場)
場所:四谷区民ホール  東京都新宿区内藤町87番地
料金:2000円(協会会員の方は1000円)

(大阪会場)
日時:平成22年5月23日(日) 15:00〜 (14:00開場)
場所:社会福祉会館   大阪市中央区谷町7丁目4番15号 
料金:1500円(協会会員の方は500円)

 詳細はこちらの宣伝用チラシ(表面裏面)、または日本ウイグル協会のこちらのページをご覧ください。

small_ribon.gif東トルキスタン国の現状を知り、日本は東トルキスタン国を支援し関係を深めるべき、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする