2014年12月10日

同志、田沼隆志氏(千葉一区(稲毛区、中央区、美浜区))支援へ!全国の皆様、比例代表は「次世代の党」へ!

261210tanuma1.JPG
 12月4日(こちらのブログ記事も是非、お読み下さい!何故、小坂が応援しているのか書いております)に続いて、同志、田沼隆志氏の応援に行って参りました。

 写真はポスティング部隊と連携しながら田沼隆志氏の志を語らせていただいた様子です。「届け、言霊!」と念じながら。

261210tanuma2.JPG
 田沼隆志氏の支援街頭を時間の許す限り続け、帰途に。前回同様、田沼候補とは別の動きをサテライト事務所を拠点に担当していたので、会えるとは思っていませんでしたが、幸運にも本人とお会い出来ました。
共に戦って行きます。田沼氏とは志が重なる部分が極めて多く、マイクを握って我が事の様に田沼氏の想いを訴えられたと感じています。
 朝一番からあっと言う間に夜になった感じでした。荒川区へ戻り地元で消防団の分団会議に団員として出席して参りました。消防団の募集活動推進に分団のHPやSNSの活用を提言する意見なども会議では出されていました。

 さて、日本の縦糸を護る観点を持つ方の意見で「比例代表も自民党に入れるのが、安倍政権の「日本を取り戻す」ことへの応援になるので、次世代の党よりも自民党に入れるべき」という内容をお聞きすることが有ります。

 小坂はそうは考えておらず、全国で「次世代の党」の票を積み重ね、自民党より日本の縦糸を護る覚悟が明確な政党への国民の支持がこれだけ有るのだということを明確にすることが大事だと考えています。

 比例代表において自民党に入れられる票は「有権者の意図」が余りに多様で、はっきりと方向性は掴めません。しかし、次世代の党に入れられる票は、かなりの割合で「日本の縦糸や国益を守って欲しい」という意思を明確に示したいという方の票であると考えられます。その広がりを日本の国内外に明確に示すことは、広義の国防にすら繋がると考えます。

 また、自民党にも愛国系のしっかりした議員が一部いますが、大半は利権や世間の風潮にふらふらする軸の無い議員と感じられる現状です。大切なものは守ってでも戦う覚悟を持つ議員は一部分に過ぎないと感じます。

 一方、次世代の党は一部に覚悟の無い国会議員が見受けられますが、大半は「大切なものは戦ってでも守る」覚悟を持つ議員や候補であると感じます、
 比例代表において、次世代の党の「覚悟を持つ議員」に当選していただくことが、日本の国護りに絶対必要なことです。次世代の党の火を消してはなりません。小坂は次世代の党の政策全てに賛同している訳では有りませんが、目指している方向やその根底にある覚悟には大いに賛同、共感しています。

 今までに二十数名の規模の国会議員がいる政党において「パチンコ換金違法化」を政策として纏めて、法案提出へ動いていた政党が有ったでしょうか?次世代の党のみです。

 外国人への生活保護の支給が、受給率の比較で日本人の8倍であることを国会の質疑で暴き、それを本来の形、つまり日本人に限った制度に糺すための法案を作成した政党が有ったでしょうか?次世代の党のみです。

 河野談話の撤廃を党として明確にした政党が有ったでしょうか?次世代の党のみです。

 次世代の党の綱領では、「世界最古の皇室を戴(いただ)く『一国一文明』とされる日本の伝統的価値や文化に立脚し、国家と個人をつなぐ社会の最小単位としての家族や地域の『絆』の再構築を支援する」と明記されています。こうした観点は極めて重要なことです。
 
 皆様、比例代表は「次世代の党」へご支援を賜りますよう、心からお願い申し上げます。


 上記は次世代の党の選挙公約発表の際の動画です。

small_ribon.gif田沼氏には絶対当選してほしい、比例代表は次世代の党を応援するぞ!という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感