2015年03月31日

チャンネル桜に出演、小坂の志を語りました!動画を是非!

11050138_1093984047293919_5047850839717799063_n.JPG
 日本文化チャンネル桜のスタジオで地方議員のビデオレターを撮影していただきました。早速、youtubeで動画を公開していただきましたので、ご紹介致します。ニコニコ動画にも掲載されました。


 日本の縦糸を守る地方議員としての志、今までの取り組み、行動の軸について語らせていただきました。
 是非、上記画像をクリックしてご覧いただければ嬉しいです。拡散も是非!

17653_1093992660626391_7173057444893912712_n.JPG
 チャンネル桜のスタジオから歩いて程ないところですが、表参道交差点近くに善光寺の別院が有ります。
そこに陸軍経理学校生徒隊の慰霊碑が。英霊の想いと無念を引き継ぐ事を誓いながら感謝と決意の祈りを捧げました。


 youtubeに陸軍経理学校生徒隊の慰霊碑の詳細を撮影した動画が掲載されています。宜しければこちらもご覧ください。

11052880_1094045483954442_6706198770726780836_n.JPG
 善光寺の東京別院で出会った猫ちゃん。可愛かった。この後、境内で弁当を食べている人の所に様子を見ながらソロリソロリと近づいてました。

small_ribon.gif小坂の語った内容について共感する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感

2015年03月30日

選挙カー、選挙事務所、連呼行為、すべて無しで戦います!

26senkyokosaka.jpg
 過去三回の選挙で「選挙期間中は議員を選ぶ判断材料とは無縁の名前の連呼ばかりで迷惑な刷り込み行為に過ぎない街宣車は使わず、駅前での街頭演説と商店街等で歩きや自転車での遊説を中心に行う」という姿勢を貫いてきました。
 
 街の景観を汚す事前活動ポスター(弁士二、三人の名前と写真が掲載されたもの)は今回も張りませんでした。 
 現職の議員が31人いますが、こうしたポスターを張らずにいたのは今回、小坂を含む3人のみです。

 ネット媒体での情報発信、実際にお会いする方との対話、議員としての活動や理念を詳しく書いた活動報告を事前に徹底的に配布(近日中にお手元にお配りします)することを通し、有権者の判断材料としていただく姿勢を貫きます。

 連呼行為は「政治への無関心、あきらめ」を生む要因になると考えます。有権者を愚弄、あるべき選挙の姿と異なると考え「連呼行為」は住宅街、駅前等も含め一切行わなかった。議員として自らの理念、活動実績、これから目指すことを演説で訴え続けるのは、議員本人が正面からすべきことであり、駅前等で大人数で気勢を張ったり、大勢で騒ぐべきではないと考えます。

 街宣車(選挙カー)は選挙区が広い地区はまた別と考えることもできますが、少なくとも10.2キロ平米しかない狭い選挙区で三十台前後の選挙カーが音をあたりかまわずまき散らすことが、「正しい訴え方、選挙の戦い方」だとは小坂にはとても思えません。

 そうした考えのもと、今までの選挙戦では一貫して、スポーツタイプの自転車で移動をし、他の候補者と重複しない場所を探しながら、機動的に街頭演説は一人でマイク、スピーカー、演説用標記を自己完結で運び、言霊を込めた演説を各地で続けました。3年前は選挙事務所を設置せず、浮かせた経費は全て被災地への寄付に充てました。

 街宣車には一台あたり二四万円の税金による公費負担(平成19年4月26日のブログ記事「問:街宣車の費用は誰が負担? 答:税金」をお読み下さい。)があることも広めてきました。住宅街で対話を繰り返しました。移動は自転車で徐行し、タスキをかけた私に関心を持ってくれたと感じた方に話しかけ、政策を語り、要望や疑問をお聞きし答える「対話」を住宅街の中で特に心がけました。

 4年前から小坂は「NO!選挙カー推進ネットワーク」の賛同者(議員)65人のうちの1人として名を連ねております。

 事前の政治活動で繰り返し、活動報告をボランティアの方のご協力で各戸配布(ポスティング)を広範囲に行い、今までの活動や理念、問題提起や目指すものを伝えてきたのです。

 応援してくださる方には、「選挙事務所がなくても、それぞれのお知り合いに小坂の今までの活動や政治姿勢を口コミで広げてほしい。それが一番の力に」とお願いし、力を貸していただいたのが心強かったです。

 面識のない方への「電話での投票依頼」はしない。ポスター、葉書、選挙公報に直通携帯電話番号を掲載し、関心を持った方から直接電話をいただき、対話をできるようにした。実際に数件の電話をいただき、政策や理念について質問を受け、お答えしました。

 日本創新党公認での出馬したのであり、山田党首をはじめとする党幹部や林英臣政経塾の同志の地方議員から、期間中に応援に来てくださるとの申し出をいただいたが、その時間を、三回目の選挙に臨む私の応援でなく党や塾の仲間で初出馬などの候補のために時間を充ててほしいと応援はあえて辞退しました。

 選挙戦では具体的な事例として「年間一四四時間勤務で月額二八万円余の報酬を議員OBが得続けてきた」(平成19年2月の参考記事「年間144時間勤務で月額28万円余の報酬」)事実、先述の議長報酬の件など具体的に大会派が是正の意思を持たない課題を知っていただくように努めました。

 「議長室の応接セット等に四二五万円! 議会費の無駄!(平成19年3月5日の参考記事「応接セットに425万円!議会費の無駄!」)」「『議員のみ無料人間ドック』を企てたがブログでの情報公開を契機に中止!」といった事例も紹介しながら、それを変える強い意志を持つ議員を選ばねば腐敗は続くことを訴えました。

 こうした区民の常識とかけ離れた古い体質がいつまでも残るのは「非常識な利権を温存し、区民感覚からかけ離れていても、落選する恐れが少ない」という緊張感のない選挙が荒川区議選では行われているからで、その原因は議員定数が多すぎるからと考えます。

 こうした体質を変えるために、投票所に足を運び、有効な一票を投じてほしい。ベストの候補者がいればもちろんその候補、いなければ、ベターな候補者、それもいなければ一番ましな候補へ投票を是非。

 有効な形で投票用紙に名前を書いてほしいと思います。「棄権」や「白票・無効票」は全く意味をなさず、むしろ有害。棄権や白票・無効票が多ければ多いほど、組織票・利権票を持つ議員・候補が幅を利かせ、「常識の通じない議会」「劣化、腐敗の進む議会」へと進んでしまう。そのつけはすべての区民が負うことになるのです。

 そうした具体例と理念を「辻説法と対話を繰り返す」中で問題提起する活動こそが、「選挙の原点」であり、一貫してその姿勢で選挙戦を貫けたことに、大きな充実感を感じています。

 七日間の選挙期間中に本当に多くの出会いが有りました。駅前で演説をしていると、必ずといっていいほど、「ネット媒体を通して活動をずっと見て共感している」と声をかけてもらうことが驚くほど増え、本当に勇気づけられた。わざわざバイクを停車して降りてきてその旨を伝えに来てくださった方も。
 また、地域で以前から応援をしてくださっている方々が口コミで支援を広げていただけたことが、様々な方から伝わってくる度に、愚直に筋を通しているからこそ、そこまで応援をしてくださるのだと実感しました。
 
 4月の決戦に向けても、こうした姿勢を変えずに貫いて参ります。

small_ribon.gif選挙においてもしっかりと軸を持って進んでほしい、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感

2015年03月29日

同志、柿沼たか志氏を埼玉県政に!

kakinuma.JPG
 心から信頼する同志、柿沼たか志氏が行田市から埼玉県政に挑戦します。行田市の教育文化センターでの決起大会に応援に行きました。

 林英臣政経塾 塾長、松尾崇鎌倉市長からの激励も魂のこもったものでした。地元の応援弁士の方も、心の底からの言葉で応援をされているのに感動すら覚えました。実に多くの方がいらしてました。

270329kakinumakosakaaisatsu.JPG
 小坂(写真でマイク握ってます)も林英臣政経塾の仲間と共に、壇上から応援の挨拶をさせていただきました。

 「日本は素晴らしい縦糸を持つ国であること」

 「その素晴らしい縦糸があるからこそ、成熟した日本文明が育まれ、その安定的な基盤の上に幸せな社会が存在すること」

 「幸せを守ることの大前提は、その基盤を守ることであり、即ち、日本の縦糸を守ることが大切と確信しているということ」

 「自分はそうした観点で活動をしているが、柿沼氏も同じ大局観を持ち、熱い気持ちで日々行動をしていることがとてもわかり、こうした同志に埼玉県政の一翼を担ってもらうべきと確信して、地元の皆様にご支援を広げていただくお願いに来たこと」

 といったお話をさせていただきました。

 全国に志高い地方議員が点在しています。一つ一つの地方議会の中では大多数は「サラリーマン的」な議員だと認識しています。
 そうした現状を変え、各地の地方議会選挙で、志高い地方議員が増えれば、その地域が良くなり、日本も良くなります。そうした議員同士、相互に連携を取り合いながら。

 だからこそ地域のため、日本の為に、行田市(埼玉県)のお知り合いがいらしたら、皆様からお声がけのほど、よろしくお願いします!

small_ribon.gif柿沼たか志氏の活躍に期待する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感

2015年03月28日

活動報告公開しました!ポスティングボランティア募集!4月6日(月)〜18日(土)の可能な日に、是非!

2704katsudouhoukokuyouhuku.JPG 2704katsudouhoukokuyouhukuura.JPG
 小坂の活動報告の原稿、ほぼ完成しました。印刷の準備を進めています。多くの方に手に取っていただき、読んでいただければとても嬉しいです。

 A3で両面印刷、それを二種類です。写真はそのうちの一種類です。

 上記画像は縮小されていて読めないかと思います。下記の画像をクリックしていただき、出てきた画像をさらにもう一度クリックすると画面で読める大きさに拡大できるように掲載致しました。是非、宜しければお読みいただき、感想など頂戴できれば幸いです。

2704katsudouhoukokuyouhuku.jpg   2704katsudouhoukokuyouhukuura.jpg

 二種類の活動報告は様々な形で配布をしていくのですが、荒川区内の個別の郵便受けに投函していく、いわゆる「ポスティング」のボランティアを4月6日(月)から18日(土)の間にお願いできれば大変助かります。

 ご都合のつく日時に、お手伝いいただける方には、地図と活動報告をお渡しして説明をさせていただきます。是非、お力をお貸しいただければ幸いです。 
 お願いできる方はメールやメッセージ、お電話( 090-1432-9069 )まで寄せていただければ幸いです。

 区議選の期間・投票日(4月19日(日)〜26日(日))には一切、こうした新聞は配布が許されていません。選挙期間中こそ、志や政策を伝えたいのに・・・。

 だからこそ、冒頭にお伝えした期間に、ポスティングでお手伝いをいただければとても助かるのです。小坂にとって一番、力を貸していただきたい点です。どうぞ、宜しくお願い致します。

 取り急ぎ、ご助力のお願いとして呼びかけさせていただきました。お読みいただき感謝です!

small_ribon.gif小坂の活動について情報拡散をしていきたい!、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感

2015年03月27日

議員は「皆様の代弁者」では有りません!

syasinntwshiyou.JPG

 議員を選ぶということは「皆様の代弁者」を選ぶのでは無いと考えています。

 例えば、ある課題について世論調査をしたら、9割が賛成していたとします。また自らの支持者にアンケートをとったら9割が賛成したとします。しかし、荒川区全体のこと、日本という国の在り方に照らして反対すべきと考えれば、反対の意思を明確に示し行動する、そうした役割を担っているのが議員だと思います。

 その際、何故反対をするのか、分かりやすい言葉で説明をし、大局的な観点と目の前の小さな論点の両方を示しながら、自らの意思判断の正しさを理解していただくように尽力すべきことは言うまでも有りません。

 もし、議員が「代弁者」であるのなら、地域住民、あるいは支持者の9割が賛成していたら、それが荒川区や日本にとって正しくないと議員自身が思っても、その9割の意見に従わねばなりません。

 でも、それで良いのでしょうか?それは議員の役割では無く、ただの「使い走り」に過ぎないと考えます。「使い走り」は議会に不要です。

 議員の役割は、自らの志を立て、様々な課題に対して周知を集めながら見識を磨き、大局的な見方で自らの軸に基づいての判断を下すこと。そして啓蒙と説明責任を果たすことと考えています。

 「議員を選ぶ」ということは「世論の賛成や反対に耳を傾けつつも、最終的には世論では逆の意見が多くても、自らが正しいと考える決断を下すことができる見識・識見をもつ人物を選ぶ」。ということだと確信しております。

 そして、議員は周知を集める、つまり周りの意見に耳を傾けつつも、最終的には自らの見識で堂々と決定を下すことを負託されていることを自覚して臨むものであると。

 また、もう一つ申し上げたいのは、地方自治と国の政治は一体不可分であり、「この課題は国の問題」などと除外するのは責任ある地方議員のとるべき態度ではないと考えます。

 地方議員は日本全体を見据えた大局観のもと、地域で何をなすべきか、地域の現状をしっかりと把握しながら行動するべきと信じております。

small_ribon.gif小坂の指摘に共感する!、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感

2015年03月26日

いざ統一地方選!政治家の選び方実践編!


 好天ですね。まだまだ花粉症と格闘しながらの戦いに向けての準備中です。

 さて、チャンネルAjer 「シリーズ 地方議員の切り込み隊長、小坂英二の国護り」の第49回『いざ統一地方選 政治家の選び方実践編』と題し、語らせていただきました。是非、ご覧下さい。

nunotahissyou.JPG
 泉佐野市(大阪府=関西国際新空港が有るところ)の同志、布田拓也市議からいただいた為書きはタオル。味のある色合いが素敵です。感謝、感謝!
 泉佐野市は今治市と並んでタオル生産量が日本一の街だそうです。必勝と地方創生への想いを込めて特注のタオル為書きを作られたとのことです。
 捺染という地域の技法で染められた柄は、かすれ具合と、濡れたら色濃くなる味わいが有るとのこと。
 自宅事務所のデスク正面に貼らせていただきました。込められた想いを受け止め、しっかりと戦いぬいて参ります!

small_ribon.gif小坂の指摘に共感する!、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感

2015年03月25日

「同性カップルを夫婦と同等と認め、証明書発行」?社会を歪めるこうした動きを止めねば!

 渋谷区で唐突に議論が始まった 同性カップルを「結婚に相当する関係」と認める条例案。以下の報道にある通り、それが全国の自治体に広げられようとしています。

 小坂はこのような条例に絶対に反対です。こうした動きが広がらないようにすべきと考える同志と共に反対の声を挙げて行きます。
 
(以下、毎日新聞のこちらの記事から転載)
 兵庫県宝塚市の中川智子市長は24日の記者会見で、LGBT(性的少数者)支援策として、同性カップルを夫婦と同等の間柄として認め、証明書を発行する条例の制定に向け、検討を始めることを明らかにした。4月に検討会を設置する。既に東京都渋谷区が同性カップルを「結婚に相当する関係」と認め、証明書を発行する条例案を3月区議会に提案しており、今月末に採決される見通し。

 検討会は十数人の課長級職員で構成。条例制定への検討のほか、LGBTへの理解を求める冊子の作成や相談窓口の設置にも取り組むという。中川市長は「渋谷区の動きがきっかけとなり、議論を進めることにした。行政にできることを考えたい」と述べた。【釣田祐喜】
(以上、転載終わり)

 同性愛者等の方々の存在を否定するつもりは有りません。

 しかし、「公」の地方自治体や政府などにおいては、家族の基本的な形である「男女の縁が深まり結婚」をすること「子を設けるかどうか、また授かるかどうかは様々な選択や可能性があるにしても、それが想定される男女の結びつき」に対して制度的な保証を付与するという形であるべきです。

 様々な例外的な存在を認めない訳では有りません。しかし、「公」が保証をするのは「標準的な形」で子孫を残し繁栄をしていける可能性のある「男女の結びつきで構成される夫婦」に対してに限るべきです。

 「何でも存在を認めるから、制度的保証もどのようなタイプにでも行う」というのは、一見、優しいようですが、社会の在り方を歪め、日本の繁栄の根底を壊すことに繋がると確信します。結果、不幸な社会に繋がって行きます。

 これは「差別」ではなく、「当然」の区別です。合理的な理由が有るのですから。「差別」と「区別」の見分けがつけられない、トチ狂った自治体が相次いで出てこないように、しっかりと声を挙げて行きます。

 古来、日本では同性愛というものは、存在し続けてきました。歴史上の人物でもそう指摘される方々が沢山います。しかし、それはいずれも、制度的な保証の上に成り立っていたという話では無いのです。今と同じように。

 同性愛者の存在を否定するものでは有りません。しかし、制度上、男女の夫婦と同等の扱いをするという「公での扱いの形」にするという、日本史上でも有り得なかったことを、まともな議論もなく、軽薄な平等主義に流されて進める、そんなことは許されません。

 「外国では同性婚も認められているのに、既にそうしているのに、日本は遅れていて恥ずかしい」という声には失笑を禁じ得ません。いびつな劣等感の裏返しなのでしょうか・・・。小さいときに親に言われませんでしたか?「よそはよそ!うちはうち!違うのよ!」と。
 「外国は外国のやり方や考え」があるのでしょう。でも「日本は日本として家族、社会のあるべき姿と照らし合わせて考えるべき」ではないでしょうか?当たり前の話だと思います。

small_ribon.gif小坂の問題提起に共感する!、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感

2015年03月24日

素晴らしい卒業式。小坂からの問題提起。

270324akadoseimonn.JPG
 快晴の下、和装にて区立赤土小学校の卒業式に参列させていただきました。87名の卒業生が一丸となった門出の言葉と歌、素晴らしいものでした。

 挿入歌4曲のうち、「旅立ちの日に」に込められた気持ちにグッと来ました。

 それぞれが様々な想いを胸に、更に広いステージで活躍してくれることを心から願い校庭でのお見送りもさせていただきました。

 今日の卒業式、昨年と違ったのが、卒業生に和装がゼロだったことです。昨年は十数名いて、6人に1人位、つまり90人弱のうち十数人が和装だったのに・・・。毎年、一定人数は和装でしたが・・・。

 式が終わってから、控室で来賓出席者同志で懇談をしている際に、地域の方が「今年は羽織袴とか和装の卒業生がいなかったね」「あっ、それは学校が禁止したらしいよ・・・」という話が流れていました。

 ええっ!懇談の場の片隅で校長に確認しました。校長の話では「華美な服装、似つかわしくない服装での出席をしないで欲しい」という注意事項は出したが、和装自体は禁止していないとのこと・・・。

 どのような文面の文書で出したかは後程確認するとして・・・。地域の方に上記のように捉えられている事実、実際に和装がゼロになっている事実を踏まえると、少なくとも卒業生の父兄にとって、「和装は止めておいた方が良さそう・・・」と取られるような状況になっているのではないでしょうか?

 日本の縦糸を引き継ぐ場である学校において、式典の場において和装を躊躇するような文書や雰囲気を作って行くことは有ってはならないと強く想い、再度調べて参ります。

 ただでさえ和服を着る機会が極端に少ない昨今、貴重な機会のこうした式典などですらその機会を奪う、または、躊躇するような雰囲気を作っちゃ駄目です!和服産業衰退を加速することになりますから。

1622783_1089507901074867_2482055390472952007_n.JPG
 チャンネルAJERの収録をしました。今日は

「さあ、統一地方選!政治家の選び方 実践編」

「日本における魂の位置付け」

の二本を収録しました。

 それぞれ、今度の木曜日、来週の木曜日に動画公開になります。宜しければご覧下さい。

11076244_1089513237741000_7420543184591281547_n.JPG
 靖国神社で4月の戦いに向けて感謝と覚悟の参拝をさせていただきました。
 靖国神社では今日から桜祭りだそうですが、かなり冷え込んでました。その後、自転車を飛ばし、お通夜と政務会合に。政務会合で多大な激励をいただき、大いに勇気づけられました。御縁に感謝です。

small_ribon.gif小坂の問題提起に共感する!、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感

2015年03月23日

日本の素晴らしい縦糸を守り、幸せを増やして行きます!

DSC06348.JPG
 幸せの根本には日本が培ってきた素晴らしい縦糸が有ることに気付き、それを大切にしながら個々の政策を立てて行くことが重要であるという認識を広め、政策に活かしていくこと。

 それが荒川区議会議員として行動の中心軸となっています。

 枝葉の議論を先にするのではなく、パソコンで言えばOSにあたる「幸せの基礎」について議員、行政、区民が認識をして、守るべきものをしっかりと自ら守り引き継ぎ、大事なものを守るために変えるべきことはしっかりと変えて行く。

 その上で個々の政策についての決定や理解をしていくということが何より大事と考えています。

 日本は「天皇陛下を中心とする日本人という血筋」「民族で語り継いできた物語である神話」「やまと言葉を中心とする日本語という言語」「神道という信仰」の4つの要素が途切れることなく、二千年以上に渡って一貫して続いて来た、世界に例の無い奇跡の国です。

 多くの国を見ると「血筋」「神話」「言語」「信仰」が歴史の中で途絶えたり、破壊されたりで続いていない例が極めて多いです。しかし、日本はその4要素の中心が全て続いて来たのです。だから極めて安定的な社会が築かれ、相互の信頼関係も成り立ち、「察する」ことを通してお互いに快適に暮らすことすらできるというとても「幸せな」社会となったのです。

 この4つの要素はパソコンで言うOSにあたる部分で、こうしたものを壊す方向の政策決定には断固戦っていきますし、守り引き継ぐような政策や雰囲気を作るための個々の取り組みを行うことこそが、幸せに繋がると考えるからです。

 そのために
「日本の縦糸を大事にする教科書の採択実現」
「国語教育の区独自の充実強化」
「幼い頃からの神話の継承を学校でしっかりと行うこと」
「日本で引き継がれてきた男女の幸せの在り方。性差、特性を認めた社会への理解。それに基づく政策実現」
「あらゆる分野で根無し草の国籍不明の、風潮に流された意思決定をするのではなく、日本の国柄を踏まえた政策、意思決定をする区政への是正」


 といった具体的な政策を実現していけるように、日々、尽力して参ります。

small_ribon.gif小坂の認識に共感する!、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感

2015年03月22日

「学ぶ」は「まねぶ」から。

10544385_1088177704541220_5736401666495864884_n.JPG
 荒川区役所前の枝垂れ桜が美しく咲き誇っています。硬式少年野球チームの荒川ジュニアシャークスの卒団式に和装で参加。好天の下の開催で良かった!おめでとう!

10403343_1088383344520656_6521010301240149024_n.JPG
 毎年、出席している「荒川ジュニアシャークス」の卒団式に出席し、挨拶(下記のような内容)をさせていただきました。

 子供達と指導者と親御さんの強い絆を感じる卒団式でとても心に残りました。

 二人の卒団生は中学校に行っても野球を頑張るそうです。ファイト!

 また、既に卒団し、高校三年生になったOBから「お久しぶりです!こんにちは」と爽やかな挨拶をしてくれたのもとても嬉しかったです。

 卒団したのは6年前の計算になりますが、覚えていてくれたんだ〜、と思って。みんなの未来が素晴らしいものになると信じています。こうした門出の場に立ち会わせていただくのは本当に嬉しいですし、好きです。

(小坂からの挨拶)

 「ご卒団おめでとうございます。今日はお二人の卒団をお祝いすると同時に、こうして卒団できるまで育てて下さった指導者と家族に感謝の気持ちを持ちを伝える日でもあります。

 荒川ジュニアシャークスで一つの目標に向かって努力する大切さをしっかりと学んでこられた卒団生に、この機会に一つ、是非、やって欲しいことを一つお話します。

 それは志、目標を建てること、その為に、目標になる人を1人選んで下さい。それはイチロー選手のように有名な人でも良いですし、歴史上の人物でも、身近な先輩でも良いです。そしてその人が10代の頃にはどのようなことを考え、努力し、志を実現してきたかを、直接聞いたり本を読んで徹底的に研究して、それを実現できるように自分も努力してみて下さい。その目標となる人のまねを徹底的にするのも良いかもしれません。

 もともと「学ぶ」という言葉は「まねぶ」つまり真似をすることから来ています。目標とする人のまねをするという形から入ることで、その人の気持ちや苦労を知り、自己を磨くことに繋がり、目標にも近づいていきます。

 「目標となる人を決め、徹底的に調べて真似をすることを通じて学ぶ」ことを今日からでも考えてくれることをお願いし、これから中学校に進まれる2人の卒団生の益々の活躍を願い、お祝いの挨拶とさせていただきます。」

kannryuukousaka.JPG
 卒団式終了後、サンパール荒川2回の「1−1−1ギャラリー」で江戸文字の勘流亭の展示をじっくりと拝見致しました。伝統的なこうした様式美もしっかりと地域に根差した形で引き継いでおられること、お話を聞いてとても心強く思いました。
 こうした展示ができる場も増やしていけるように尽力して参ります。

small_ribon.gif小坂の言葉に共感する!、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感

2015年03月21日

柿沼たか志氏(行田市から埼玉県政に挑戦!)の決起大会(3/29(日)17:30)!小坂も駆け付けます!市内外から支援の輪、拡大を!

270329kakinuma.JPG
 さあ、今度の週末は柿沼たか志氏(行田市から埼玉県政に挑戦!)の決起大会(3/29(日)17:30)です。林英臣政経塾の同志としておおいに志を共有し、信頼しあい、共に戦って来た仲間です。もちろん、駆け付けます!

 埼玉県議会の行田市の選挙区は定数が1人で、長年、無投票で自民党系の議員に決まってきたようです。そこに若く、愛国心・郷土愛に溢れ、幸せの根底となる縦糸を守る覚悟と胆力をもつ柿沼たか氏が無所属で戦いを挑む、一騎打ちの構図です。
 
 行田市の皆様!また、ご地元で無い方も行田市に知り合いのいらっしゃる方!支援の輪、拡大を!お声掛けを是非、宜しくお願い致します!

270329kakinumaposter.JPG
 林英臣政経塾から同志もそれぞれ駆け付けますし、決起大会の弁士として林英臣政経塾の林英臣塾長も熱い言霊を放たれます。

日時:平成27年2月29日(日)17:00受付17:30開会

場所:行田市教育文化センターみらい ホール(地図はこちら

10815190_789206217825193_1599404326_o.JPG 
 11月にポスター貼りのお手伝いにかけつけた際の写真です。埼玉県政で柿沼氏が活躍する様子を目に浮かべながら、それが行田市はもちろん埼玉県全体の幸せに繋がることを目で訴えながらポスターの依頼をして周りました。
 支援の輪が確実に広がりつつあるのですが、現職に一騎打ちで戦いを挑んでいる構図、更なる後押しが不可欠です。どうぞ、全国から支援の輪を広げていただきますことをお願い致します。

small_ribon.gif小坂の益々の活躍に期待する!、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感

2015年03月20日

この写真で戦います!志を目で語る!

11044994_1086712421354415_2584916079072403492_o.JPG
 昨日撮影した写真、多数の中から家内と共に選んだベストの写真です。ポスターや公報で使います。この写真をご覧になり、どのような印象をお持ちになりますでしょうか?

 言葉で語る志や理念、政策で自らを知っていただき、共感を持って広げていただこうと思っております。それと同時に、自分自身の姿(写真も含む)、在り方、雰囲気からも政治家としての向き合い方を感じ取っていただき、共感を持ってもらえるように心がけていきます。

1620362_1085921478100176_7771728830975406047_n.JPG
 ポスター用の写真撮影風景です。家内が多岐に渡り沢山アドバイスをしてくれて、良い写真が撮れました。
撮影風景を家内がパチリ。使うのが楽しみな写真ばかり!

11080503_1086831514675839_1196441222224025318_o.JPG
 4年前のポスター、葉書の画像です。前回はポスターも葉書も全く同じ内容で作っていましたが、今回は別立てで作成予定。
 4年前は「縦糸を守り引き継ぐ志の強さ」を前面に出して訴えた形でした。今回は、「自らが幸せになり、その幸せな雰囲気を持った者が縦糸を守り引き継ぐことの大切さを周りに共感を持って広げて行く心」を大切にしました。
 今回の葉書、ポスター、公報のデザインを一気に決めて行かねば!

small_ribon.gif小坂の益々の活躍に期待する!、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感

2015年03月19日

女性が楽をして暮らせる社会で男性も幸せに!

11073321_1085781291447528_5780878163878409403_n.JPG
 区立尾久八幡中学校の卒業式に参列し、158人の卒業生を祝福させていただきました。未来に幸あれ!


 さて、チャンネルAjer「シリーズ 地方議員の切り込み隊長、小坂英二の国護り」の第48回は『女性が楽をして暮らせる社会で男性も幸せに』と題して語らせていただきました。ご覧いただければ幸いです。

IMG_8341.JPG
 関東の同志から激励の文と為書きをいただきました。小坂は選挙事務所を置かずに自宅から出撃する形で選挙戦を戦うため、自宅事務所の一室に貼らせていただきました。感謝、感謝!
 同志の久野晋作氏(前我孫子市議)の言霊が込められた手書きの書を日々、見ながら熱意発奮、祖国の縦糸を護り引き継ぎ、幸せを広げて行きます。

IMG_8342.JPG
 関西の同志からいただいた為書き。自宅事務所に貼らせていただきました。多くの方の目に触れる場所では有りませんが、日々、込められた想いを受け止めながら精進していきます。
 石川勝氏(前吹田市議)も同時期に戦います。共に、大義を堂々と掲げ戦い、素晴らしい日本を地域から護って行きましょう。合言葉は「ええがな〜、ええがな〜!」。

small_ribon.gif小坂の主張こそ幸せな社会への提言だ!、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感

2015年03月18日

素晴らしい修了式。歩いての気付き

11082339_1085276664831324_6974464043024422428_o.JPG
 今朝は区立尾久第二幼稚園の修了式に、お気に入りの明るいグレーのお召しの着物を着て参列させていただきました。

IMG_8386.JPG
 23人のいるか組の修了児はとても立派で可愛く、気持ちを素直に出されていたなあという印象で、こちらまでウルウルしてしまいました。

IMG_8383.JPG
 23人の修了児のうち6人が和装。和服好きの小坂としては4分の1以上が和服を着て修了式に出られているのがとても嬉しく思えました。

 繰り返しの区議会での実施を求める質疑を通じて実現した、区立幼稚園の修了式、入園式での「国歌斉唱」。それが式次第に入って何年か経ちました。式典に出席している子供達がお腹から声を出して国歌斉唱をしている様子を見て、「質疑を通じてしつこく実施を求めてきて良かったなあ」と心から思いました。

★詳しくは平成24年3月19日のブログ記事「幼稚園の修了式、入園式で国歌斉唱、実施へ!」を参照下さい。★

 4月からランドセルを背負って小学校に自分で通うようになる23人の新一年生の前途に幸あれ!こうした場に同席させていただくと、祝福をさせていただくのは勿論ですが、いつも自分が励まされて明るい力を貰っているような、そんな感じを受けます。

11083672_1085299681495689_4579164363720759173_n.JPG
 区立尾久第二幼稚園への和服での往復は徒歩で。片道30分弱ですが、帰りは地域周りの訪問をしながら、そして、地域のパトロールをしながらの行程となりました。

 その一環として、あらかわ遊園近くの都営住宅2棟が建っている西尾久8−11の北側路上(船形神社の向かい)の歩道が根上がり(街路樹等の成長によって根が大きくなり、道路が盛り上がったり段差ができること=写真)していたので、担当課長にすぐに電話して、危険性が無い形に対処をしていただくことに。

 歩いての移動の際は歩行者としての気付き、また和服ということは足が大きく上げにくい状況での気付きなどが有り、日頃の足の自転車での移動とは別の気付きが有り、こうした時間も大切にしたいと考えています。
 移動中、ネタが新鮮で家内も大絶賛の大好きな天ぷら屋さんの「天ふじ」で沢山の天麩羅を買い込み、我が家への御土産に。

11081181_1085303158162008_7336998542089711963_n.JPG
 今日も暖かい日中でしたね。区立あらかわ遊園の近くで既に満開になっていました。桜もあと10日位で咲きますかね。楽しみです。
 夜は二ヶ月に一度開催する政務会合。そこで使う品々を沢山昨日買い込んでおり、三つのカバンや入れ物に分けて自転車にて運びました。行商をしているような感じ。
 この会合で次にお会いするのは5月18日、つまりは区議選が終了後となります。今までの12年間の区議会での活動やその想いをしっかりと訴え、共感をもって広げていただけるように言霊を込めて語って参りました。会場でいただいた激励に勇気づけられて帰って参りました。

small_ribon.gif地道な気付きも大切にすべき、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感

2015年03月17日

英霊への寄せ書きを御遺族へお届けする活動に是非、皆様のご協力を!クラウドファンディング(インターネット上での活動周知と寄付金の募集)!

unnamed.JPG
荒川区にご縁のある方の遺品返還を何としても進めたいです。上記写真の荒川区の地番が書かれた慰問袋を見ると番地(尾久町5丁目884:現在の西尾久4丁目付近)が明示してあるので、荒川区の区民課で調べていただきました。

結果としてはその場所に「聖橋中・高等学校」(昭和26年に校舎新設移転〜46年閉校)があったことがわかりました。この私立学校は芸能人の萩原健一(ショーケン)の母校のため、男子高だとか。

 つまり江本さんは、その前に住んでいた可能性があると思われます。今は都営住宅(団地)がそこに建っているので、大東亜戦争当時の方はそこには住んでいませんので、現地での聞き取りから手がかりを得るのは難しそうです。

住居表示は38年頃に改正したので、持っている地図の古さには限界があります。そこで、荒川区のふるさと文化館にも調べてもらいました。

 残念ながら手がかりが得られない状況です。写真に書かれたお名前に心当たりのある方、是非、ご連絡下さい。

さて、この写真は、アメリカで英霊の遺品を御遺族にお戻しする活動を熱心に続けられている以下のプロジェクトの主催者の方からの話の中でいただいたものです。

 素晴らしい活動です。下記、ご覧いただき、是非、ご支援を賜れれば幸いです。

◎プロジェクト名:70年の時を経た奇跡の再会「寄せ書き日の丸」を故郷へ!

 アメリカに住むレックス&敬子様が中心となって自費で英霊の遺品を収集し、御遺族を探してお届けする活動をしておられます。数年前に来日された際に荒川区議会の控室で詳しく話をお聞きして、連携して活動を進めることを約束し、その後もやり取りをしております。

 今までの実績もリンク先に有る通り、多数です。御遺族のもとに多くの遺品が帰りました。レックス&敬子様の自費の活動で・・・。この活動を更に実りあるものにするために皆様の浄財をお寄せいただければ幸いです。

 その概要はこちらのサイトに詳しく書いてあります。

目標の寄付金額:150万円

目標の締切日:5月12日(火)までの60日間
使用できるクレジットカード:VISA, Master, American Express, Diners

* 寄付を申し込んで頂いた方は、5月12日(火)プロジェクト募集が終了した時点で目標の150万円に達成した時にのみ、寄付の申し込みをされた金額がクレジットカードへ引き落とされる仕組みとなっております。

 もしも、5月12日時点で、目標金額に達成しなかった場合、寄付を一切受け取ることができない会社の規則となっておりますので、その場合には、寄付を申し込んで頂いた方のクレジットカードへも金額は引き落とされません。

 どうか、ご支援、ご協力のほどを宜しくお願い申しあげます。

 レックス&敬子さんの活動について荒川区議会の控室でお聞きした際のブログ記事も併せてお読みいただければ幸いです。

11076205_1084460268246297_5214274161477185338_n.JPG
 今日は地域周りを活発に。我が家から徒歩で2分位、田端新町交差点のレンタルバイク田端の南隣りにモンゴル料理屋さんが開店しました。
今度、行くのが楽しみです。親日国のお店だと一層、親しみを感じます。大平原の国、モンゴル、行ってみたいなあ!ランチ営業は無く、夜のみ店を開くようです。

small_ribon.gifこうした活動を支援していきたい、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感

2015年03月16日

嬉しいですね!「政治関係の本を買ったのは、タブーなき告発が初めて!」 とても励みになる言葉!更に広げたくて再度、拙著のサイン本の告知!

270310tabunaki.JPG
 3月10日の日本、サイコー!の公開収録後の懇親会にて、拙著「タブーなき告発」にサインをしてほしいと自宅からお持ち下さった浅沼研太さん。

 政治関係の本を買ったのは「タブーなき告発」が初めてとお聞きして、とても嬉しくて思わず一枚パチリ。ちょっとほろ酔い。

 杉並区政に挑戦をする栗林寿行さん(ヒクソンさん)の応援活動を地元から本当に熱心にされている浅沼研太さんの心に、拙著から何か良いものが残れば嬉しいです。

 拙著「タブーなき告発」は同和利権、朝鮮学校を取り巻く自民党を含めた腐敗、不幸を量産するシステムであるパチンコの害悪の実態と対策、尖閣上陸の真相、放射線敵視による国益毀損と思考停止、反社会カルトの統一教会との対決、同調圧力に歪められた自治体の実態・・・をはじめとするタブーについて率直に書かせていただいております。
270102taboo.JPG

 既に読了された方から、「こうした問題提起は是非、広げねば!読んで良かった。」とのお電話やメールをいただいたり嬉しい反応が多く心強く思っております。

 サイン入りで拙著を送付させていただいておりますので、是非、お気軽にご連絡下さい。

 様々なSNSのメッセージやメールででも、サイン入り著書希望の旨と、郵便番号、ご住所、お名前を記載いただき、代金は1300円(書店と異なり消費税は不要ですので、本体価格のみ)+360円(レターパックライトの送料)の合計1660円を以下の口座に振り込みただければ幸いです。

 三井住友銀行 町屋支店 普通口座6499742 コサカ エイジ

 悪筆ですが、心を込めてサインをしてお送り致します。拙著を通じて、日本を守る為に戦う同志と認識共有を広め、深めていければと思っております。どうぞ、宜しくお願い致します。

small_ribon.gif拙著に書かれた内容を広げて行きたい、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感

2015年03月15日

小中学校での教育は直接的に体を使い、機器を通さず五感をフル活用して行うを基本にすべき!

10995691_1081589838533340_5487604347346852681_n.JPG
 今回で36回目になる荒川区産業展に開会式からに出席。緑の結城紬で急ぎ徒歩で自宅(東尾久4丁目)から南千住の荒川総合スポーツセンターまで早足で約35分位ですね。113のブースが出展。好天の下、多くの方にお越しになり、嬉しい限りです。産業展の各ブースを見るにつけ、荒川区は職人の街ということを実感しています。

11054419_1081966855162305_1343739976922271510_n.JPG
 産業展の展示で新たなものの中で素敵だなと思ったのは、生糸を巻いて作ったナイトランプ。

1382957_880377995357793_3939755456830069736_n.JPG
 日本の縦糸を仕事としても日々の活動でも守る為に尽力している同志と昼食。南千住三ノ輪商店街に有る「砂場」の美味しいお蕎麦。

11011244_1082068331818824_6345146172204199735_n.JPG
 夕方、荒川区少年野球連盟の総会で挨拶させていただきました。

 地域の少年への指導の尽力への感謝を述べると共に、荒川区が進めるタブレットパソコンの学校での全員へのばら撒きは教育を劣化させる事態であること、それに反対し、汗を流し体や五感を使った教育こそ大切な事を語らせていただきました。

 そうした意味で少年野球の指導者の方も同じ意識をお持ちと推察し、同じ方向で活動する旨を誓いました。
挨拶の後、様々な方と語らせていただきましたが、その際に、「あなたの指摘はその通りで賛同、共感する!」と何人かから言葉を頂戴しました。とても心強い限りです。

small_ribon.gif小坂の指摘に賛同する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感

2015年03月14日

美辞麗句に惑わされ日本の安全を考えない無責任な意見書可決。自虐に基づき日本から核廃絶の声?思考停止に喝!小坂からの反対討論!

10374846_1081097251915932_5290597339619386260_n.JPG
 昨日は本会議終了後、和服から洋服に着替え、自転車で地域周りで走り周り、そのまま消防団の分団会議に団員として参加。

 今月から全ての分団に油圧式のレスキューツールが配備され、使用方法を教えていただきました。

 震災に備え、これからも益々、配備が充実していきますので、使い方や覚悟をしっかり心していきます。

 来月からは月例の訓練も新たに始まりますので、震災に備えて、しっかり学んで行きます。

11052511_1081128231912834_3391826123343084348_n.JPG
 その後消防団の仲間と語らいへ。近くの東京女子医大病院にはDMATの救急車が。初めて見かけたので、パチリ。

kakuheiki.JPG
 さて、昨日の本会議で写真に添付した脳内花畑な意見書が自民党、公明党、民主党・市民の会、あらかわ元気クラブ、改革の会の賛成多数で可決されてしまいました。小坂からは以下のような反対討論を本会議で行いました。

 意見書の内容は添付の画像の通りです。問題点についいて詳しくは討論の内容を読んでいただければ幸いですが、「日本を取り戻す」というフレーズを繰り返している自民党すら賛成してしまう体たらく・・・。

(以下、小坂からの反対討論です。)

 議員提出議案第38号「核兵器のない世界に向けた法的枠組み」構築への取り組みを求める意見書提出について反対討論を致します。

 先人を貶め、美辞麗句に惑わされ日本を危険に晒し続ける意見書など有害極まり有りません!

 意見書に「大戦中、自国民やアジアの人々に多大な苦痛をもたらした事への反省」と有りますが、「アジアで独立国が日本とタイしかない状態で他の地域が白人国家に血塗られた支配を受けていた当時の現状」、更に「大きな力を持っていた黄色人国家の日本を潰そうと多方面の謀略戦を仕掛けられた歴史の流れ」「戦わなければ、言語を始めとする民族性を破壊され、略奪される一方の植民地に本自体がなりかねなかった現実」「日本が戦ったからこそ、アジア諸国の独立に繋がったこと」「そうした危機感と想いをもって日本全体が団結してそれぞれの持ち場で大事なものを捧げて戦った先人を悪しざまに総括し、敬意が全く感じられないこと」を無視、あるいは反対に捻じ曲げていることは根本的な認識の誤りがあると言わざるを得ません。

 また、「唯一の被爆国」と書かれていますが、全くの事実誤認です。支那共産党の血塗られた植民地支配下にある東トルキスタン(ウイグル)は何度も原爆を無警告で落とされ多数の死者を出していることが明らかになっています。米国、支那共産党の悪行はいずれも人の道に反した悪行であり決して許してはなりません。

 更に「被爆国だから核兵器廃絶に積極的取り組みをせねばならない」と書いていますが、自らの国が原爆で大量虐殺をされたのであれば、そのような攻撃を受けることが無い、国民を守る覚悟と力を持った真っ当な国になることをまず目指さねばなりません。

 自衛隊に手枷、足枷を沢山つけて動けない状態にし、多くの国民も危機から目を反らし、頭を砂の中に隠すだけで安全な場所にいる気になっているそうした現状こそをまず、変えねばなりません。国防の面で手足を縛られた現状の日本が核廃絶など唱えても所詮は負け犬の遠吠えで一体どこのお人好しの核保有国が耳を傾けるでしょうか?国際政治は御飯事(おままごと)では無いのですから。

 本質的な指摘をすると核兵器が一度開発された以上、それは無くせません。多くの国が保持し、多数の技術者がいて、情報が世界中に点在する中で、各国が仮に核兵器を廃絶することを決めたとして、どれだけの実効性が有るのでしょううか?

 核兵器は既存の技術の組み合わせで成り立ってに過ぎず、一度廃絶しても作る気になれば再度、作れるでしょう。それに関する技術を全て抹消し、技術者も全員殺しつくしたとしても、再開発を不可能にすることは徹底できません。

 そのようなことはもとより不要ですし、許されないことですが。

 そのような中で核兵器の無い世界が一時的にできたとしても、ISISのようなテロ集団や数々のならずもの国家が核保有を宣言したら、それこそ、そうした連中の思う壺です。

 必要なことは核を世界で均衡状態に置き、安定的な状況に保つことです。核兵器を一度、人類が開発してしまった以上、無くせません。均衡を保っていかざるを得ないのです。

 国際情勢において核兵器保有の有無は交渉力を段違いにさせます。北朝鮮や支那共産党といった核兵器を日本に向けているゴロツキ集団に周りを囲まれている日本が「自分だけ核を持たずに平和に努力している」といっても失笑をかうだけではなく、拉致被害者も救えず、韓国の竹島侵略にも北方領土強奪、尖閣侵略にも何もできず、守るべき国民を見殺しにし続ける国家であり続けるだけです。

 このような環境を考えると、日本が検討すべきことは、核兵器保有で日本国をしっかり守ることであると考えます。その検討すら封じ、議論を呼びかけた防衛政務次官を首にするような、ダチョウが首を砂の中に隠すが如き姿勢の日本の在り方を変えるべきと考えます。

 核兵器の保有について、議論すら許されない、思考停止状態の政治こそ、日本を貶め、危険に晒すことであると確信を持って申し上げ、極めて無責任なこの議案への反対の討論と致します。

small_ribon.gif小坂の指摘に賛同する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感

2015年03月13日

本会議で予算案に反対討論!朝鮮学校への資金援助、タブレットで教育破壊!議会軽視の姿勢!

DSC09908.JPG
 全員協議会に続き、本会議!今日は和装にて都バスで登庁。区役所前の河津桜が満開。

 本会議で多くの議案の議決を行いました。平成27年度一般会計予算案に対して、小坂は先日の予算特別委員会で反対を致しました。

 今日の本会議では反対する理由を改めて討論で申し述べました。以下、お読みいただければ幸いです。

 結果として、自民党、公明党、民主党市民の会、改革の会が賛成し賛成多数で可決されてしまいましたが・・・。
 反対をしたのは小坂の日本創新党とあらかわ正論の会(浅川喜文区議)、あらかわ元気クラブ(斉藤裕子区議)、日本共産党(6名の区議)の9名のみでした・・・。

(以下、小坂からの討論です。)

 私は、日本創新党として議案第九十号、平成二十七年度荒川区一般会計歳入歳出予算につきまして、反対の立場で討論を行います。

 反対する最大の理由は、学校教育全体を道具頼りで自律性の無い方向に劣化させるタブレットパソコンの全校運営予算約6億円が計上されていることです。

 小中学校における教育は自らの体と五感をフル活用しての学びを中心にすべきであります。しかし、その大原則を外れ、タブレットパソコン全校の全児童への配布継続を強行した次第です。

 自虐的で反日的な教科書を平然と使い続け、日本人としての軸を育てる教育で誇りを持ち自ら前に進んで学ぶ児童・生徒を育てることを怠る。

 その一方で、後年度負担を極大化し、様々なリスクを伴う道具に頼った教育へと突き進む。実に本質を見失った迷走と言わざるを得ません。今からでも教育の本来の有るべき姿に立ち戻るべきと申し上げます。

 また議会費においては、指摘し続けていることについて、改善が進んでおりません。議員定数32名から24名への削減断行をすることもなく次の区議選を迎えるに至りました。

 また、議長、副議長の異常な高額報酬の引き下げ、理由が不明の辞任を繰り返すことによる役職たらい回しの根絶、議会及び全員協議会での議論を活発に行えるように本会議や全員協議会での時代錯誤の発言規制を撤廃し、適正なルールを作らねば区民の付託に応えることができません。

 今まで繰り返し予算特別委員会等で異常性を指摘した朝鮮学校が9割を占める外国人学校保護者補助金を今回の予算案でも廃絶しない区の姿勢は何を護るべきかの本質が理解できていないか、それを見ないよう逃げているとしか言えません。

 学校教育法の第一条から外れた教育を行うことを選択し、更に朝鮮学校においては、「拉致問題は右翼が極大化しているといった記述のみならず、嘘の歴史、特に日本を貶める記述のオンパレード」「血塗られた独裁者賛美教育」「チュチェ思想なる歪な思想」「竹島を朝鮮の領土と教え、教室内で日本と朝鮮が繋がった図面で描かれた一連の地図で日本のみを小さく描くものを使うような嘘で歪んだ教育」・・・。

 具体例を挙げればきりが有りませんが、こうした日本を敵視している集団に日本国の自治体が保護者に補助金を出すなど有ってはならないという私からの問題提起に対してひたすら耳をふさぐのみで正面からの議論や説明が何一つなされません。

 北朝鮮の出先機関である朝鮮総連と朝鮮学校では頻繁に人事が行き来しており、朝鮮学校は朝鮮総連の一部であるということが実態であります。

 日本を敵視し、歴史を捏造し続け数限りない日本人を拉致して居直りを続ける許しがたい北朝鮮と朝鮮総連、朝鮮学校は一本の線で繋がり、一体であるとも言える状況を指摘する声にも何故、耳をふさぎ、公金を垂れ流し続けるのでしょうか?

 左翼政党や反日利権政党は言わずもがなですが、保守を標榜する政党もだんまりを決め込み、行政も植え込まれた自虐史観と事なかれ主義で現状を維持しようとする。

 長年の論戦で正面からの議論で逃げ惑うばかりで、本質から目を反らし続けた区の姿勢が反対の大きな理由の一つでも有ります。この絶望的で魂を失った状況を打破するために同志と共に真っ当な議論を広げ深め、力にしていくことを改めて申し上げます。

 最後に、荒川区当局が区議会に向き合う姿勢について苦言を申し上げます。区議会議員の指摘や質問に対して、例え見解の相違は双方に有っても、質問をしたことに対して、正面から答えるのが最低限の礼儀であり、選挙で選ばれた議員に対しての正しい向き合い方だと思います。

 しかし、9月会議でも2月会議でも私からの本会議質問に対して、聞いていることに対して答えず、私が質問の中で指摘した事実関係を、おうむ返しして言葉を羅列してごまかすという極めて誠意の無い答弁を度々行っていたことを、この本会議の場で指摘をしておきます。

 更に国旗掲揚関連の質疑では事実と異なる答弁をしたことも指摘して置く。その点は公式には未だに訂正をされていない。

 議員からの本会議質問という極めて重みが有る筈の場で、そうした姿勢を平然ととれる荒川区当局の姿勢は、予算案の根底にある区当局の価値観への信頼性を損ねるに余りあるものであります。

 基礎的自治体の政策決定については、国益を常に考え、歴史の縦軸の中で、何をしっかり引き継ぐべきかという大局観を持たなければならないことは、言うまでも有りません。

 国あっての地域であり、地域あっての国で不可分の存在であります。その点が益々蔑にされた予算である以上、反対をし、各会派の皆様にも反対をすることを呼び掛けて反対討論と致します。

small_ribon.gif小坂の指摘に賛同する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感

2015年03月12日

許容の範囲を超えた危険性の放置、一方で過剰規制!

sanamigoukaku.JPG
 写真は先日、大学に合格した佐波優子さん(戦後問題ジャーナリストでありチャンネル桜キャスター、予備自衛官でもあります)の合格お祝いの会でのものです。合格、おめでとうございます!同じ想いを持つ仲間と楽しい時間を過ごさせていただきました。

 さて、午前中は明日の本会議での小坂からの2本の討論の準備!明日の本会議で今季の予算議会の会議は実質的に〆になります。

 小坂は荒川区の一般会計予算案に反対の姿勢です。相変わらず年間6億円も出して区立小中学校の全員にタブレットパソコンを一台づつあてがって、教育向上とか教育格差是正と区は言っているのですが、全く本質を外れた有害なばら撒きです。体や五感を使っての地に足のついた教育をしないで、機械がなければ授業が成り立たない学校にしてしまうという愚策。他にも様々な指摘をさせていただきます。


 さて、チャンネルAjer「シリーズ 地方議員の切り込み隊長、小坂英二の国護り」の第47回は『許容の範囲を超えた危険性の放置、一方で過剰規制』と題して語らせていただきました。上記画像をクリックしてご覧いただければ幸いです。

small_ribon.gif小坂の指摘に賛同する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感