2015年04月30日

日本の縦糸と文明の周期


 本日、公開されました、チャンネルAjer「シリーズ 地方議員の切り込み隊長、小坂英二の国護り」の第54回動画です。
 『日本の縦糸と文明の周期について』と題して語らせていただきました。クリックしてご覧いただければ幸いです。

11206016_1113923471966643_5250197253402245706_n.JPG
チャンネルAJERの収録二本。四君子の小紋を着て。
「選挙カー、選挙事務所、連呼行為、事前ポスター無しで戦った想い」
「統一地方選結果の分析」

 と題して語りました。
 次の収録は5月19日になります。こうした場での問題提起をさせていただけること、本当に幸せです。

small_ribon.gif4期目も小坂の活躍に期待する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月29日

多くの出会いに感謝!川の手あらかわ祭と日本サイコー!

11180309_1113115295380794_106590645585194896_n.JPG
 6時起きで始動。裏面の文面も新たにして名刺を250枚、印刷中。初当選前から、名刺は手作りです。

11188406_1113145972044393_1577826850495896868_n.JPG
 川の手あらかわまつりで多くの方と御縁を深め、新たな御縁もいただきました。毎年とても楽しみにしている場です。
 友好・交流都市の物産市も大人気でした。着物で行こうかと思ったのですが、友好都市の産品を毎年、沢山買い込むのでリュックを背負いスーツで行きました。
 会場では沢山の方から当選への祝福の言葉をいただきました。
 初対面の方からも「小坂議員ですよね?選挙公報を読んで共感して投票しましたよ!」「いつも情報発信、注目してます。応援してます!おめでとうございます!」
 とのお声をいただき、おおいに勇気づけられました。

10404218_1113326698692987_2922281865746042128_n.JPG
 川の手荒川祭りの友好都市との交流昼食会へ参加。地方からいらした顔なじみの方も沢山!ようこそ、荒川区へ。小櫃市郎秩父市議会議長と再会。秩父市に視察に伺った時に大変、お世話になりました。
 各地の友好都市と有機的な繋がりを深めて行きたいと思います。

1908206_1113329485359375_7253775552340628114_n.JPG
 川の手荒川まつりで小中学生が書いた選挙の重要性を説く啓発ポスターが展示されていました。
 何れも力作でしたが、この作品に共感しました。これを書いた中学生は将来、必ず投票に行く事でしょう!

21781_639873909479923_8704140228321577994_n.JPG
 夜はネットラジオ「日本、サイコー!」の公開収録・懇親会に参加。杉並区政に挑戦され4年後に再挑戦をされるヒクさんこと栗林寿行さんと語り、多くの方とも交流ができてとても有意義でした。
 過去最高の40人を超える参加者。御縁が広がり、深まること、とても嬉しい限りです。多くの方のご協力で素晴らしい場になっています。

small_ribon.gif4期目も小坂の活躍に期待する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月28日

当選証書の重み。大局観を持ち各政策課題と向き合います!

11182129_1111933698832287_3303322072202261768_n.JPG
 昨日15時に和服を着て、当選証書授与式に出席し、選管委員長から当選証書を受け取りました。
 職責の重さとご縁の有り難さを噛み締めております。

11173376_1112006642158326_6437586180466024051_n.JPG
 誇れる日本を荒川区から!大切なものを守り、変えるべきものをしっかり変えて行きます。常に大局観に基づいて1つ1つの政策課題に向き合って参ります。

11168004_1111899068835750_4992175640242661980_n.JPG
 地元の荒川ケーブルテレビでの開票速報にて、当選者として紹介された際の画像です。
 全てのご縁をいただいた皆様、本当にありがとうございました。

11169752_1112128738812783_7504830190928512469_o.JPG
 選挙活動中、この標記を丸めて駅前に持参し、そこで自ら開いて持ちながら演説をしていました。
 南千住での街頭演説を除き、全て一人で、標記持ち、街頭演説を行っていました。
 そんな訳でこの標記といつも一緒にいて、何か戦友のようなにすら感じる思い入れが有ります。
 性質上、二度と使えない標記ですが、感謝の念を持って、もう少し一緒にいたいと思っています。

11188310_1112630795429244_6372023362151878758_n.JPG
 朝は事務を進めてから、地域周り中。春を通り越して夏の陽気です。
 地域の方々が心を込めて育てた花の美しさに癒されます。良い、香り! 

11150173_1112721615420162_432438110698227519_n.JPG
 地域周りの後、家内と待ち合わせ、選挙のお疲れ様ランチ。繊細な味付けのフレンチに癒されました。
 懇意にしている店のマスターがサプライズで「ご当選 おめでとうございます」と書かれたデザートプレートを出してくれました。感激です。こうした気持ちに支えられ、日々邁進して行きます。

10891612_1112911608734496_3020950349105744806_n.JPG
 夕方は212回目の献血に。秋葉原の献血ルームは地域柄を反映した展示がされています。
 健康のお裾分けができる身体であることに感謝です!

11169964_1112913602067630_2707040143009288860_n.JPG
 夜は消防団の訓練に参加。少人数でみっちり教えていただきました。大震災に備えて、日々、研鑽に励みます。

small_ribon.gif4期目も小坂の活躍に期待する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

2417票(6位)で4期目も当選!区議選開票結果ご報告。御縁をいただいた皆様に感謝!

11169096_780113655428931_1667291937_n.JPG
 昨日26日に投票が行われた荒川区議選は翌日の27日、本日が開票日です。

 先ほど開票結果が確定しました。

 小坂英二 2417票

 小坂は36人の候補者(定数は32人)中、6番目で当選をさせていただきました。

 本日の開票結果は荒川区HPこちらのページで見ることができます。

 投票率は前回の46.23%から0.77%下がって45.46%となりました。
omoishirokuro.JPG

 参考までに過去の選挙結果もご報告致します。荒川区議会の議員定数は小坂の初出馬の頃から変わらずに32人です。

 ※4年前(三期目)の選挙結果はこちらです。小坂の得票数は2,449票で38人の候補者のうち4位。

 ※8年前(二期目)の小坂の得票数は2,751票で42人の候補者のうち3位

 ※12年前(一期目)の小坂の得票数は1,674票で41人の候補者のうち22位

 地元で末永く小坂を支えて下さった皆様、様々な媒体を通じて知りってそこから応援をして下さった皆様、そして一度もお会いしたことがなくても、想いや言霊、政策に共感して応援して下さった皆様。本当にありがとうございました。心から感謝申し上げます。

 選挙カー、選挙事務所、連呼行為、大勢で気勢を挙げること、それら全て無しで戦いきった7日間。こうした選挙活動でも、多くの方に共感を広げていけるんだ、そうした先例にもなれたことにも喜んでおります。
 
 政治家が自らの選挙活動で、どのような手法で有権者に向き合うか、それはその政治家が議員になった際の有権者への向き合い方を暗示していると思います。 
 「他の候補がやっているから選挙カーでの連呼をやる。有権者がそれを迷惑に思っても、選挙期間は7日間しかないんだから我慢してもらうしかない」という発想や行動をする人は、当選後も「議会内では他の議員も●●をやっているんだから、自分もそうしよう。その為の理屈はなんとでもつけられるし・・・」ということになるんじゃないの?と小坂は思います。

 「他の候補が選挙活動でやっていることを、自分はやらない」ということは少し、勇気がいります。しかし、その程度の勇気が無い人間が議員になって、一体、どのような「公に資する政治活動」ができるのでしょうか?


 先人の無念や想いを受け継ぎながら、今を生きる人々の幸せの為に尽力し、未来に責任を持てる、そんな大局観をもつ政治家として、4期目も邁進して参ります。

 平成10年に初めて荒川区の住民となった、そんな新参者に多くの御縁をいただき、その御縁の輪がさらに広がり、こうして4期目に進ませていただきました。

 同時に政治活動の在り方、選挙の進め方について、謙虚に見つめて更に改善をしていくことを忘れないようにします。多くの方の様々なお力をお借りできたからこそ、信念を貫く活動ができたことを、しっかりとかみしめながら邁進をする決意です。

 今日は15時から当選証書の授与式が荒川区役所3階で有ります。日本国の地方議員として和装にて当選証書を受け取って参ります。

 皆様から4度目の負託を上位当選でいただいた誇りと同時に、謙虚さを忘れずに今後も尽力して参ります。

 取り急ぎ、ご報告をさせていただきます。身が引き締まる想いです。

small_ribon.gif4期目も小坂の活躍に期待する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

荒川区議選の投票日!開票は翌日4/27(月)!良い結果がご報告できると確信!

11160588_1111303892228601_7551990210771073081_n.JPG

 今朝は消防団の操法大会の練習に参加。好天の下、救助活動の一番員として汗を流し、清々しい気持ちになりました。

 夜は政務会合に出席し、皆様に改めて志をお伝えし、選挙活動のご報告をさせていただきました。

 近所への買い物や政務会合へは久々に着物で行きました。やっぱり、しっくりきます。

 20時に投票箱が閉鎖され、あとは明日の開票を待つばかりです。

 荒川区議選の最終の投票率は45.46%で前回の46.23%を0.77%下回る数字となりました。

 統一地方選の前半戦では4%や5%も前回から投票率が下がったという自治体が多い中、そこまでの減少ではないにせよ、減少したのは残念です。

 写真は近所の投票場の赤土小学校です。

 統一地方選の後半戦の開票が各地で行われています。全国の同志の朗報、惜敗の知らせを悲喜こもごも注目しています。
 荒川区議会議員選挙は翌日開票です。当日開票でかかる様々なコストがかからないこと、深夜に急いで結果を出さねばならないことではないと考え、何度も翌日開票に変えるべきと議会質問もしてきました。

 平成20年3月11日のブログ記事「即日開票にかける費用があるなら・・・」

 27日(月)の昼過ぎには大勢が判明するかと思います。遅くとも13時には開票は全て終わっていると思います。

270421taiwa.JPG
 7日間の選挙戦の中での地域の方とのやり取り、多大な激励を多数いただいた反応、更に遡り今までの12年間の活動の中で繋がってきた御縁を考えると、必ず、良い結果がご報告できる、そう確信しております。
 
 明日、結果が出ましたら、速やかに報告させていただきます。全ての御縁に感謝です!

small_ribon.gif小坂の志に共感し応援していきたい、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月25日

選挙戦を終えて。御縁と共感の拡大に感謝!

11170361_968320896524969_839302866193594750_n.jpg
 町屋駅前での最終演説(写真)ではネット上での事前告知を見て多くの方がお越しを下さいました。その多大な激励がどれだけ力を下さったことか!

 最終演説を1時間半した場所は京成線の町屋駅前なのですが、町屋地域の期日前投票の会場の近くでもあり、「今、期日前投票に入れてきた。選挙公報を読んで一番共感したから」と親子で声をかけて下さった方、「これから貴方に投票してきます」と声をかけて下さった初対面の方も何人がいました。
 日頃の問題提起を、しっかりと見て下さっている方が多いなあ、ありがたいなあ!と強く思いました。

 20時のマイクを使える時間、ギリギリまで全く連呼行為は行わず、自らの志と政策をじっくりと語り続け、最後に感謝の言葉を述べました。動員は全くしていない中、書き込みを見て集まって下さった皆様方から拍手をいただき、なんて幸せな選挙戦を戦えたのだろうと喜びでいっぱいになりました。
 その後、20時から政務会合で皆様方から沢山の激励を賜り、意見交換を行った後、先ほど帰宅致しました。

 荒川区議選は明日26日(日)が投票日、そして、開票日は翌日の27日(月)となります。27日(月)の13時頃に皆様に結果をご報告できるかと思います。
 あと10分したらでネットでの情報発信が一時、禁止される時間帯となります。

 明日、投票箱が閉鎖される26日(日)の20時以降からネットでの発信が再び可能になります。

 責任ある投票を通じて明日の夜に「投票率が上がった!」とその際にご報告できると良いなあと思っています。区議選における「投票の価値がある候補」となることを通じて投票率を挙げて行きたい、そんな気持ちで取り組んで参りました。

 参考までに、選管に確認したところ、24日(金)までの統計で期日前投票が行われた数は12,158人で4年前の区議選の同時期と比べて32%増えたとのことです。

 最後に、選挙カー無し、連呼行為無し、事務所無し、大勢で気勢を挙げることもせず、1人で志と政策を訴えて行く選挙活動に徹することができたのも、支えて下さる皆様の温かいご理解があってのことです。本当にありがとうございました。
 本当に楽しい、充実した選挙戦でした。多くの方との御縁を再認識すると同時に新たに縁が広がった機会でもありました。
 「正直者が馬鹿を見ない社会に」「日本の素晴らしい縦糸を地域で守り引き継ぐことが地域の一人一人の幸せの基礎。それを守り引き継ぐ」という小坂の行動の柱について、多くの方に共感していただけて幸せです。

1959305_1110552272303763_2599714923462352570_n.JPG
 選挙戦、最終日の昼食は新三河島駅前のアジアンスパイスダイニングの持ち帰りインドカレーとチーズナン。カレーを食べて、華麗に勝利する!とゲンを担いでみました。

11169885_1110601092298881_6387062630171007554_n.JPG
 今朝の西日暮里駅前での街頭演説(写真)、昼過ぎの田端駅前での街頭演説もぶっ続けでそれぞれ約2時間。

 言霊を込めて語ると、立ち止まって聞いてくれる人が必ずいます。また、後ろをむいていても、こちらの話を聞いて下さっているのが、分かる方が沢山います。

「演説を聞いて、共感をした!応援するよ!」と言いながら握手を求めて来る方もいます。
「貴方の姿勢を見て、演説を聞いて自分の人生で初めて投票場にいくことにした。」

 宮城県の塩竈市から東京にいらした方にも演説を聞きに来ていただいたり、仕事前にわざわざ激励に来てくれたり。

 こうした方々に励まされ、7日間訴えかけ続けました。本当に小坂は幸せ者です。ありがとうございます!

small_ribon.gif小坂の志に共感し応援していきたい、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 23:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

「選挙カー、連呼行為、選挙事務所、大勢で気勢を挙げること」全て無しでの選挙戦。志を語り共感を広げることのみに専念!

11116187_780104652096498_1085307813_n.JPG

 荒川区議選の活動最終日で、表題の通りに行ってきた選挙活動ができる期間もわずかになりました。こうした形で選挙活動を進めることが、可能なんだ、そして良い結果を出すことができるんだという先例になれるようにしっかりと訴えていきます。

 そうした先例を作って行けば、同じような姿勢で取り組む候補者が増えてくれるのではないかと期待しています。
 何より、自らの政治や有権者への向き合い方として、自然で簡素でかつ、迷惑をかけない形で行えたことはとても良かったと思います。

◆選挙カー=「ガソリン代」「運転手代」「レンタカー代」は公費負担という形で税金で賄われています。こうした公費を使わないで選挙カーをまわしている候補が一部、いますが、大多数は公費負担の制度を使って税金で運営される形となります。

 その税金を使って選挙カーがやっていることは、「候補者の名前を連呼し、有権者の頭に刷り込み、あわよくば当選してもらおう」ということです。

 税金で賄うことでしょうか?公費負担の制度は全く必要ないと思います。また、こうした街宣車が10キロ平米しかない荒川区内を30台前後がくるくる周ると実に迷惑この上無いです。有益な情報を伝達するならともかく、名前の連呼ばかり。

 有権者の「政治離れ」、いや、「政治への軽蔑」を増すばかりです。

 平成15年の初当選した選挙から一貫して、自分の選挙で選挙カーを使わないできました。このことで、「そうした選挙への向き合い方が良い。政治家としての区民への向き合い方の象徴であり、応援したい」との声も度々、いただき、とても心強く思っています。

◆連呼行為=連呼で名前を叫ぶ。それを数十名の候補があちこちでやっているのですから、地域の方はうんざりするでしょう・・・。当たり前の話です。

 特に住宅街における選挙カーによる連呼行為は完全な「音の暴力」、「騒音の押し売り」です。昼寝している赤ちゃんを起こしてしまう大音声で「子育て支援に全力!●●です!」とか連呼していたら、最早ブラックジョークです。

 夜勤明けの方など、昼間寝ている方もいますし・・・。

 小坂は4年前の選挙でも今回も、連呼行為は一貫して行わずに来ました。住宅街においての遊説(?)はマイクのスイッチを切って、たすきをかけただけの姿で歩き回り、行き交う方、玄関先で花に水をあげている方、井戸端会議をしている方に挨拶をし、対話を自然にできる方と話を深め、自らの想いを伝えながら、地域の皆様のお声もお聞きしてきました。

 マイクのスイッチを切ると、自然な言葉のやりとりができます。

◆選挙事務所=応援して下さる方が集まる場としての意義は大いにある、それは感じています。しかし、前回、今回と選挙事務所は無しで取り組みました。

 それは選挙事務所を運営するために沢山のパワーが必要です。それを賄えないと選挙自体ができない、そうしたことがハードルとなって政治の世界に入ってくることを躊躇する「候補者予備軍」の方々に、「選挙事務所無しで、自らが街に出て訴えることに徹する、そんなやり方でもできるんですよ」と実例を示したかったのです。

◆大勢で気勢を挙げること=まず、公職選挙法でこの行為は禁止をされています。しかし、判断基準があいまいなため、違反の適用というのは余り聞いたことが有りません。

 そもそも、選挙活動は「自らの志や大局観、政策」を街頭演説で時間をかけて訴え、その話に共感をして下さった方に票を入れていただく、という共感を広げる作業だと思います。

 それは自らの言霊を込めた声があれば十分です。周りの陣営が賑やかに活動をしているから、自分も一人で活動していると「みすぼらしく見えるのでは?」「仲間がいないと見えるのでは?」と思われるのが心配な候補もいるかもしれません。

 しかし、1人での街頭活動をやってみると、地域の方との距離が縮まり、気軽に声をかけてもらえる、演説も「あたかも対話をしているような感覚」でじっくりと聞いてもらえる傾向が高まります。大勢で気勢を挙げていると、有権者の側からは「何か押し付けられているような感じへの拒否感」が出てきて、候補者が発する言葉に対して心を閉ざしてしまう、そんな感じがします。

 大勢で賑やかに商店街や駅前を練り歩く「桃太郎」などは今回も前回もやりませんでした。

 駅前、商店街、スーパー前など「人が流れている場所」でしっかりとした街頭演説をテーマをいくつか変えながらお話をして、自らの志と政策を語る、とてもシンプルな共感の拡大、これに徹すると選挙への自分自身の向き合い方も「特別なこと」ではなく「自然な形であり、日常の自然体の活動の拡大版」といった位置付けとなり、有権者とも自然に向き合えます。

 長文になりましたが、選挙活動に関して思うところを書かせていただきました。最終日も、各地での街頭演説と地域での対話でしっかりと志と政策を訴えて参ります。

 今日の街歩きや街頭演説で、「日頃からの活動をネットで見てるよ!応援しているよ!」といった声を沢山かけていただきました。

20488_1110526778972979_7713744638473365692_n.JPG 
 夜の町屋駅前での街宣に、和光市長である松本武洋さんが応援に来てくれました。保守改革派の立場で財政論にも詳しい市長の応援、心強く、嬉しかったです。

small_ribon.gif小坂の指摘に共感し応援していきたい、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月23日

くじ引きで地方議員の当落を決定!一票の重み!

 好天に恵まれ、各地での言霊を込めた街頭演説、マイクのスイッチを切っての地域の歩きの中で多くの出会いと激励をいただいております。心からの期待の声をいただき、勇気が湧きます。
 夜には社会保険労務士会の足立荒川支部の総会懇親会で挨拶させていただきました。その前のギリギリの時間まで街頭演説を町屋駅前で続けていると、事前の告知をみて遠方からも激励にいらしていただいたり、地元からも応援に来ていただいたり、御縁に感謝することしきりです。

 さて、「チャンネルAjer」の「シリーズ 地方議員の切り込み隊長、小坂英二の国護り」の第53回は『くじ引きで議員が決まる:一票の重さ』と題して語らせていただきました。
 自らの持つ一票の重みを感じていただければ幸いです。


  今月の統一地方選の前半戦でこんな事例がありました。

★相模原市議選(南区選挙区) 定数18人に29人が立候補。最下位当選は3304票。
惜しくも次点はなんと2人で同じく票数の3303票。

★ 熊本市議選で南区選挙区で最後の1議席を争った2人の男性候補の得票が8位で同数。定数8人に11人が立候補。 4515票で同順位。開票確定の翌日、くじ引きで当選者を決めました。

※公職選挙法では、開票結果が判明した当日か翌日に選挙結果を確定する選挙会を開くことが規定されている。誰が当選者かを決めるためにくじ引きをする、と定められています。

 最下位当選者をくじ引きで決める。実はこうしたことは決して珍しくありません。

 市区町村の議会選挙でこうした事例は枚挙にいとまがありません。

★昨年11月の舞鶴市議選(定数28人に31人)
28人目に1057票を獲得した人が2人。くじ引きでで一人が当選、もう一人は落選に。

★平成19年の厚木市議選では0.059票差で当落が分かれました。
当選:1616.059票 井上 武
落選:1616    票 松前 進
 これは案分票(同じ苗字の候補者がいる際など、下の名前が書かれていない苗字だけの票が投票された場合に、それぞれの候補者の得票数の割合に応じて割り振られます。その積み重ねで小数点以下の票が加わるのです)で生じた小数点以下の得票数で当落が別れた事例です。
 
★平成16年1月25日の新島村長選挙(首長選挙ですよ!)の当落は1票差で分かれました。
当選:1169票 田中 英二
落選:1168票 出川 長芳

★平成22年3月14日の宮若市議選(福岡県)では当落線上の2人の得票数が564票と同数となり公選法の規定によってくじ引きで当落を決めました。

★平成20年の丹波市議選(京都府)で1084票、平成19年4月の富岡市議選(群馬県)で854票、松本市議選(長野県で1783票、伊達市議選(北海道)でも808票と当落線上で同数となりくじによる抽選で当落を決めた事例が有ります。
 
★更には数を省きますが、北海道の美瑛町議選(同14)や大樹町議選(同12)、愛知県豊山町議選(同14)、長崎県東彼杵(ひがしそのぎ)町議選(同12)、福岡県古賀市議選(同20)などでも同様に最下位当選者をくじによる抽選で決められました。

 統一地方選の終盤だからこそ、こうした一票の差で大きな違いが出てくるということを改めてお伝えしたく書かせていただきました。

 選挙戦に無関係で暮らしていける人はいます。しかし、選挙で選ばれた議員が決定する政治の影響を受けずに暮らせる人は一人として存在しません。

 統一地方選挙の後半戦の真っ最中です。各地の選挙で、しっかりと候補者を吟味して1票を投じていただくことを願うばかりです。

small_ribon.gif小坂の指摘に共感し応援していきたい、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月22日

区議選でも「パチンコ屋の建てられない形の土地の用途制限へ」「パチンコを害悪のある存在として床面積比例課税を!」という問題提起!

donaudoori.JPG
朝の街頭演説は地下鉄日比谷線の南千住駅前とララテラス、都営住宅前と3時間、演説を続けていました。
 同じく、ぶっ続けでその間、標記を持って下さったボランティアさんに感謝です。
 街頭では多くの方から激励や共感、もう期日前投票してきたよ!との声をかけていただきました。
 初夏の陽気の汐入地域、ハナミズキが満開で、ツツジも咲き始めて美しく、愛でながら演説しておりました。

270422osakikosaka.JPG

 その後、南千住地域を歩いて周り、15時から汐入のララテラス前でJAGOの大崎代表にスピーチをいただきながら街頭演説を行いました。
 
 JAGOはギャンブル依存症の被害者や家族の方々が助け合いながら、パチンコなど有害なギャンブルを廃絶すべく活動している団体です。

 今回の選挙戦での街頭演説で、小坂から繰り返し語らせていただいている課題の一つは、パチンコ依存症による不幸を減らすための
「地方自治体でできる土地利用規制の変更によるパチンコ屋というギャンブル場が増えることを防ぐ」

「パチンコを国が違法化するまでの暫定措置として地方自治体でできる「特別課税」の制度を使い、床面積比例の重課税を行いパチンコを社会に有害な存在として縮小していく」

 という荒川区で実現が可能なことを問題提起をしています。

 JAGOの集まりに何度も参加させていただき、パチンコ依存症になって「家庭崩壊」「犯罪に走る」「人間としての人格が破壊される」そうした事例を見聞きすることが多く有りました。
 この問題に対して、見ないふりをするなど政治の責任として有り得ません。
 小坂の認識を述べた動画を再掲致します。パチンコは「不幸を量産するシステム」として廃絶することが日本のため、地域の一人一人の幸せのために不可欠です。



 平成24年11月18日(日)の午後に都営新宿線船堀駅前で開催した街宣での小坂の演説です。JAGO(JAPAN ANTI GAMBLE ASSOCIASSION )の大崎大地会長、会員の方々と共に参加し、パチンコ違法化・大幅課税を求める議員と国民の会の代表世話人として街宣で訴えさせていただきました。

11182192_1110224335669890_1822304529630437732_n.JPG
その後も南千住駅近くのララテラス前で演説した際に、脚が朽ち果てて倒れた立て看板が。南千住警察署が設置したものでした。強風で飛んだりする前に対処をお願いしました。
その場で南千住警察署に電話したところ、当日の夜には先づ撤去をしていただきました。
普段も気づいた際にこうした働きかけをしていますが、選挙期間中も変わらず行っています。
 夜は常磐線の三河島駅前での街頭演説を一時間。あっという間の選挙戦四日目でした。 

small_ribon.gif小坂の志に共感し応援していきたい、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

自然な選挙活動の先例に!明日22日(水)の街頭活動の予定も。

270421kosakanippori.JPG
 まず、明日4月22日(水)の選挙運動予定です。全て、徒歩での遊説です。自宅から南千住駅前駅への往復は自転車での高速移動ですが・・・。街中でみかけたら声をかけていただければ幸いです。

 8:00〜12:00 南千住駅からララテラスの間で街頭演説を数ケ所

 13:00〜15:00 南千住地域 歩いて地域の方と対話

 15:00〜16:00を目途 南千住駅前からララテラス周辺で街頭演説(JAGO代表 大崎大地氏の応援演説有り)

 16:00〜18:00 南千住地域と東日暮里地域 歩いて地域の方と対話

 18:00〜20:00 南千住駅前からララテラス周辺で街頭演説

 昨日の朝の田端ふれあい橋での街頭演説、雨も降る中でしたが、多くの方に激励をいただきました。
 「FB見てるよ!投票するよ!」と握手して下さる方
 「ツイッター見てるよ!応援してます!」と会釈と共におっしゃる方
 「いつも一貫して主張されていること、すごく共感してます。」との言葉をかけて下さる方。
 「少年野球の卒団式で会いましたね。頑張ってください!応援してます。」と声をかけてくれた野球少年の高校生。
 他にも「応援してます!」と声をかけてくれた方が何人かいました。
 また、嬉しかったのが「のど飴」の差し入れ。小坂の姿を見かけて、駅前のコンビニで買ってきて下さったようです。「喉を労わりながら頑張って!」というお気遣いがとても心に沁みました。
 「FBで見て共感しています。応援してます!」との言葉に大きな力をいただきました。

 今日は町屋駅前の街頭演説に始まり、町屋2丁目、東尾久6,8,5,4丁目を歩いて周らせていただきました。商店街の辻々での街頭演説も、多くの方に足を止めて聞いていただけてとても張り合いが有りました。
 昨日の西日暮里駅前での街頭演説では立ち止まって20分間位、小坂の話を聞いて下さった方がいました。演説終了後、「あんたの言っていることはその通りだ。今まで、他の議員に投票してきたが、それを止めてあんたに投票するよ!」と真剣なまなざしで語り掛けて下さった年配の男性の言葉に大きな力をいただきました。

 また、今日の街頭演説や地域を歩いての対話の際も多くの方に声をかけていただきました。

 「今まで、投票に行ったことが無いけど、今回はあなたに入れます!」
 「尖閣諸島に上陸したの、覚えてるよ。共感してるよ。上陸のニュースを見た時、すごい、やった!と思った。こうした姿勢を示す日本人がいないとだめだ。あなたに投票するよ」
 「ツイッターをみて町屋駅前で街頭演説していると知って来たよ!」
 「尖閣上陸や日頃の活動を見ていつも共感してました。会えて嬉しい」
 「いつも頑張っている姿は見てるよ。応援するよ!」
 「街宣車を使わずに周るのは良いね。新しいやり方、大変だろうけど頑張って!」
 「あんたは3期12年頑張ってきたベテランなんだから、しっかりと訴えて行くんだよ。期待してるよ。応援しているよ!」と言葉をかけて別れた後、「これ舐めなよ!」自宅からのど飴を持って追いかけて来てくれたおばあちゃん。
 などなど。何十人もの方から「頑張れ!応援しているよ!」との声援をいただきました。
 
 駅前や商店街など、人が流れる中で多くの方に聞いていただける場で演説を正面から行う。名前を連呼するのではなく。

 それ以外の場ではマイクを切って歩き回り、行きかう人達と挨拶を交わし、対話の兆しが有りそうな方と言葉を重ねていく。

 どちらも一人での行動です。はたから見るととても地味な活動です。

 他の陣営が区内で三十台前後、街宣車に多数のスタッフが乗り賑やかに名前を連呼している、そうした風景を見ている方からすると、地味な活動で目立たな過ぎると心配して下さる方もいます。

 しかし、マイクを切っての相互交流の中で突っ込んだ話ができたり、自らの志を落ち着いて聞いていただけたり、このやり方はとても自然で心になじむもので、このまま進めて行こうと思っています。

 大勢で気勢を挙げるのではなく、マイク一本を通して自らの身体1つで政治に対する志や政策を言霊を込めて語る。そうしたシンプルな形だからこそ、演説自体にスーと抵抗なく耳を傾けていただける。

 今回の小坂の選挙に臨む在り方は「自然な形の選挙」に徹しています。こうした形で選挙に臨むことも可能である、という一つの先例として世に示して行きたいと思っています。

270421taiwa.JPG
 本日の夕方の日暮里駅前での街頭演説。2時間続けました。
 連呼行為ではなく、政策的主張の「演説」です。FBでの事前告知を見て、激励に来て下さった方が数名おられ、とても勇気づけられました。
 また、偶然通りかかった知人からの激励とともに、新たな出会いの方からも
 「新聞折込の活動報告読んだよ!今度、本(小坂の書いた「タブーなき告発」)を読みたいと思っていたんだ。主張に賛同して、応援してるよ!」
 「FBで見ていつも応援してるよ!」
 「日暮里生まれだけど、今は都外に住んでる。でも街頭演説を聞いていてとても共感した。娘が荒川区内に住んでいるから、こんな良い候補がいるって伝えておくよ。こういう人に活躍してほしいと思った。」
 といったお声掛けもいただき、とても心強く、幸せに思いました。小坂はこうして共感をして下さった方に支えられているのだ、ということを強く感じました。
 日暮里駅前は風が強く、街頭演説の標記を一人で持って演説をしている際は体に沿わせて、はためかないようにしていました。それが冒頭の写真です。演説を始めるとあっという間の2時間でした。

 2枚目の 写真は昨日の日暮里駅前で演説を聞いて下さった方から激励の言葉をいただいている瞬間を撮影してもらったものです。寿ぎの言葉は力を与えてくれます。

IMG_8790.JPG
 歩いて地域の方々との対話、とても有意義でした。路地裏まで歩いていると、様々な出会いや発見が有ります。
 西日暮里1−50で「国威宣揚」の石碑と出会いました。揮毫は当時の東京市長の大久保氏で昭和16年7月に建てられたものです。
 先人の想いが込められた石碑、そして2つのお社(豊川稲荷と興楽地蔵尊)に頭を垂れ、歩いての対話を続け、日暮里駅前に向かった次第です。

small_ribon.gif小坂の志に共感し応援していきたい、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

徒歩のみの選挙戦、二日目!経過報告と本日の予定です。

11116187_780104652096498_1085307813_n.JPG
 まず、本日、4月20日(月)の選挙活動日程です。

 8:00〜10:00 田端駅前(駅前と田端ふれあい橋上の各所)
 
 10:20〜13:00 東尾久4丁目、5丁目、2丁目、1丁目
             
 14:00〜17:40 東尾久 4丁目、5丁目、7丁目、8丁目
             6丁目、3丁目
 18:00〜20:00 町屋駅前各所

 全て、徒歩です。基本、1人での遊説となります。初日の昨日も全て徒歩で周っていました。
 朝と夜の駅前は街頭演説を徹底的に行います。

 日中の東尾久各所は適宜、スポット演説を行い、それ以外はマイクを切っての地域の方々との対話を行う形で行脚します。マイクを切って歩いているからこそできる自然な対話、とても有意義で楽しいものです。

 街中でみかけたら激励いただけるととても励みになります。

 昨日の街宣でも、「ツイッターで見て応援しているよ!」と駅前で声をかけられたり、「主張も賛同してます!応援してます。」と車の中から声をかけてもらったり、そうした機会が多く有り、とても勇気をいただきました。

270419.JPG
 写真は昨日の荒川区議選の立候補届け出の一場面です。
 朝8時半までに仮受付をすると、その順番で番号が割り振られます。一番右側の数字です。
 小坂は36人中35番目の到着で8時半の5分前でした。
 その仮受付の順番に今度は「本籤をひく順番を決める籤」を引きます。この籤、不要な気がしますが・・・。仮受付の順番に引けば良いのに、と思いませんか?
 それが真ん中に書いてある数字です。小坂は34番とかなり後ろでしたが、まあこの数字も特段の意味は有りません。
 この数字の順番に籤を引き、出た数字が基本的にポスターの貼り付け番号となり、立候補の受け付けをする順番にもなります。
 その数字はこうして張り出されるのです。
 
IMG_8781.JPG
 選挙活動で路地裏まで歩いて周っていると、様々な現場や気付くことが有ります。路上に貼られた「駐輪禁止区域」の分厚いペイントが剥がれ、躓きの原因になっているところ。

IMG_8776.JPG
 また、写真のようにごみ屋敷となり、「迷惑を規制する条例の発動の為の地域からの申し出」をしていただいた方が良いような現場など。
 前者のようなすぐに区で対処できる問題は本日にでも役所に連絡をして改善します。後者のような対処に時間がかかる件は現場訪問を何度かしながら、区と地域の方々と連携して、住環境が改善するように働きかけていきます。

small_ribon.gif小坂の志に共感し応援していきたい、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感

2015年04月19日

荒川区議選、始まりました!「小坂の志、主張」、こちらからご覧下さい!

kokorozashi.JPG
 荒川区議選が本日、始まりました。届出は今朝の8時半から開始、小坂は抽選で13番の届出番号となりました。
 ポスターの公営掲示板のその番号に、ボランティアの方が小坂のポスターを貼り始めて下さっています。


 今日から七日間、基本的な行動は一人で、荒川区内の各地を順次、辻説法してまわります。

 選挙期間中も候補者自らのネット媒体での情報発信が自由にできる「ネット選挙」解禁から初めての荒川区議選となります。期間中、積極的に発信していきます。
 今までの取り組みや政策を書いた過去のブログ記事もお読みいただきながら、選挙期間中の情報発信にも注目いただければ嬉しいです。

 さて、選挙は自らの言霊を込めて語る「志」、「目指すもの」、「政策」に共感を広げていくということに尽きると考えています。

 大勢で気勢を挙げる必要も無く、街の辻辻で地道に訴え、人としての在り方も見ていただきながら、対話も進めて行く。それに特化して七日間、活動ができること、とても有意義で嬉しくも有ります。
 
 街中でみかけたら声をかけていただければ幸いです。

 選挙カーを使わずにほとんどを徒歩(一部、自転車)で周ります。

 選挙事務所も置かずに、自宅から出陣し、荒川区内の各地を周っていく一週間になります。

 本日、19日(日)の予定は大方、以下の通りです。時間はおおむねですが、お近くにおられる方は是非、激励にお越しいただければ幸いです。小坂が現在いる場所は選挙期間中、時々、facebookやtwitterでご報告します。

11:00 町屋駅前の各所(6ケ所位、適宜場所を移動)で街頭演説=第一声
 〜13:00

13:30 町屋駅前各所で 街頭演説
 〜14:30

14:30 荒川地区を徒歩で遊説・地域の方と対話、適宜街頭演説
 〜19:00 (6丁目〜5丁目〜4丁目〜2丁目〜1丁目〜3丁目の順)

19:00 京成電鉄 新三河島駅近く(3ケ所)で街頭演説
 〜20:00

 名前を繰り返し叫ぶ連呼行為も行いません。自らの志、政策をしっかりと演説を通して語らせていただきます。

 明日、20日(月)は東尾久地区を徹底的に歩いて周ります。
 
 さて、選挙期間前に、街のあちこちに貼られていた事前活動ポスター。二人位の名前と顔写真が入ったポスターがそこらじゅうに溢れていました。小坂はこうしたポスターは今までの選挙でも貼りませんでした。今回も貼っていません。
 現職の荒川区議31人のうち貼っていないのは3人だけのようです・・・。

 「街の景観を向上させよう!」と言っている議員がこうしたポスターを街に溢れさせているのは矛盾を感じざるを得ません。

 小坂の上記のようなこだわりは、「選挙はこうあるもの」「選挙なんだから仕方ない」という政治家自身の発想、有権者の発想、その両方を変えて行く「先例」になりたいと思っているからこそなのです。

 大切なものを守るために、変えるべきことは変えねばならない。
 しかし、その「変えること」を議会の議場や有権者の前で主張をしながら、自らの政治活動・選挙活動のやり方は「既存のやり方を踏襲し、様々な迷惑や不合理がそこで生じても、「選挙だから仕方ない。」「選挙はこういうものだ」という開き直りをしてしまう」という事例がとても多いように感じます。
 
 「選挙カーで大音量で御訴えをするのが選挙。そういうもの。」
 「選挙は連呼行為で候補者の名前などを有権者の頭に叩き込むのが当たり前。演説なんてしてもどうせ聞いてないし・・・」
 「事前のポスター貼りは皆がやっているのだから自分もするのが当たり前。美観を損ねると言われても、選挙なんだから仕方ない。」

 こうした「悪しき慣例」に自らの在り方として糺すことができずに、議会人として「これはこう変えるべき!」と言っても、全然、説得力が無いと思いませんか?

 冒頭の写真は林英臣政経塾の林英臣塾長の色紙です。日々、この色紙、そして全国の同志から寄せられた為書きを見ながら活動を進めて来ました。議会では一人会派でも、全国に師や先輩、同志がいる心強さ。
 地域の方々から寄せられる激励と叱咤の声に育てていただいた小坂英二の4期目に向けての選挙戦。下記ポスターに書いた通り、「誇れる日本を荒川区から」を一言集約として訴えて行きます。
2704posterkannsei.JPG
 
 明日、20日(月)から22日(水)にかけて全戸配布される選挙公報。その原稿の限られたスペースに小坂の想いや政策の一部をお書きしました。是非、ご覧いただき、様々な候補のものと比べて考えていただければ幸いです。
270419sennkyokouhou.JPG
 
 また今月、配布を続けていました小坂の渾身の活動報告。目指す政策や志を書かせていただいております。

 下記の画像をクリックしていただき、出てきた画像をさらにもう一度クリックすると画面で読める大きさに拡大できるように掲載致しました。

★活動報告、第一弾(4月6日発行 表面と裏面です)
2704katsudouhoukokuyouhuku.jpg

2704katsudouhoukokuyouhukuura.jpg

★活動報告、第二弾(4月10日発行 表面と裏面です)
2704katsudouhoukoku2omote.jpg

2704katsudouhoukoku2ura.jpg

 区議選の期間・投票日(4月19日(日)〜26日(日))には一切、こうした新聞は配布が許されていません。選挙期間中こそ、志や政策を伝えたいのに・・・。

 だからこそ、ブログに再掲させていただいたのです。ネット上で公開するのはOKなんです。

 また、選挙に向けての想いや重視していることなど、地域の情報サイトのARAKAWA102の候補者アンケートに答える形で詳しく書かせていただいております。以下のリンクからご覧下さい。

 ★「ARAKAWA102」の候補者アンケート 小坂英二の回答

 更に、政治のポータルサイトの「政治山」の小坂英二のページにも端的に小坂の活動を理解していただけるように情報を盛りこんでおります。併せてご覧いただければ幸いです。

 ★「政治山」の小坂英二のページ

small_ribon.gif小坂の志に共感し応援していきたい、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

「日本の縦糸を守り幸せを増やす」それが行動の根本です!

2704posterwahuku.JPG
 私の行動の中心軸は、幸せの基礎に当る「日本が培ってきた素晴らしい縦糸」を守ることです。

日本は、

「天皇陛下を中心とする日本人という血筋」
「民族の物語として引き継いできた神話」
「やまと言葉を中心とする日本語という言語」
「神道という日本人の在り方の根本の信仰」


 の四本の縦糸が途切れることなく、二千年以上に渡って続いて来た、世界に例の無い奇跡の国です。

 多くの国を見ると「血筋」「神話」「言語」「信仰」が争いの歴史の中で途絶えている例が極めて多いです。しかし、日本ではその四つの要素が引き継がれてきました。その結果極めて安定した社会が築かれ、「察する」ことを通してお互いが快適に暮らすというとても「幸せな」社会となったのです。

 私はこの四つの要素を破壊しかねない政策とは断固戦っていきますし、守り引き継ぐ政策をおおいに推進することが、幸せを増やしていくことに繋がると考えています。

 枝葉の議論を先に行うのではなく、建物の土台にあたる「幸せの基礎」について、議員、行政、区民三者の認識により、守るべきものをしっかりと引き継ぎ、同時に変えるべきことはしっかりと変えて行く。

 その上で、個々の政策の決定や理解を進めていくということが何より大事だと考えます。

 今さえ良ければいいという近視眼的な風潮に流されず、過去・現在・未来の日本人から負託を受けて議員を務めているとの自覚を持ち、下記のような「当たり前のこと」について、全力で実現すべく取り組んで行きます。

・日本の国柄を踏まえた政策や意思決定を行う区政への転換

・タブレットパソコン頼りの学校授業を是正、身体と五感を活用した教育に

・権利意識偏重の教育から「公における役割」をしっかり伝える教育へ

・日本の縦糸を尊重する教科書の採択実現

・国語教育の区独自の充実強化(国語は全ての学びの基盤であるとの位置付けで考えます)

・神話の継承を幼少期から公教育で

・和装を含む伝統文化を引き継ぐ教育の強化

・修学旅行は就農体験など実体験中心に

・外国人学校保護者補助金(九割が朝鮮学校)の廃絶、朝鮮学校の学校法人認可取消運動推進

・弱者を騙る利権団体と行政の関係断ち切り

・不幸を量産するパチンコを区独自で床面積比例課税、都市計画を整えパチンコ屋の新規出店規制を

・男女の自然な在り方・特性を踏まえた政策実現

・家庭で子育てに専念する母親への緩やかな支援拡充

・三世代近居・同居の推進補助策拡充

・木造密集市街地での私権を制限し、共同建て替えを促進

・荒川決壊等に備え小型ボートを防災倉庫に備蓄

・警察と連携し車乗り入れ禁止の路地拡充

・自転車専用レーン整備で全ての通行者の安全性向上

・補助金上乗せで都電電停前に民間駐輪場誘致

・「発言規制だらけの議会」から「言論の府」へ

・区議定数を三十二人から二十四人に削減断行

・選挙管理委員(年間実働百四十四時間)の高額月額報酬を日額に是正

2704nekutai.JPG 
 明日から七日間、「共感の拡大」活動です。届出の準備は書類から現場で必要になる小物まで細かく終えました。

 昨日、地図に落とした街頭演説場所100ケ所を中心に、更にこまめに角々で随時、演説をする計画を作成中です。葉書は書き終えたものを明日、まずは差出し、残りは後日出そうという感じで進めています。 

 街頭演説で話をさせていただく事柄を、10種類位、纏めておき、場所柄に応じて関心を持っていただけることを組み合わせてお話をしようと思っています。

 写真は家内のアドバイスで選んだ七日間の「勝負ネクタイ」。明日は一番手前の臙脂色の斜め縞のネクタイで出陣します。

small_ribon.gif小坂の活動に賛同し縁を広げて行きたい、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感

2015年04月17日

1人の問題提起から毎年13億円の節減に!

 「一人の地方議員であっても愚直に共感の輪を広げ、その力が臨界点を超えた時に想いは実現する」

 私が荒川区議となって二年目の平成十六年から追及してきた、区職員の三つの福利厚生団体への過剰な補助金問題を是正できたことで、それを実感しました。

 荒川区の職員は「東京都職員共済組合」「特別区職員互助組合」「荒川区職員互助会」の三つの団体に入っており、全ての組織は区から高額の補助金を受けて来ました。

 「おおやけ」への信頼を損ねかねないこうした厚遇について、区当局に対し、いずれかを廃止すべきと主張し続け、ホームページにおいても問題提起を行ってきました。
PICT2232.JPG
 平成十七年の本会議でこの問題を取り上げる直前に、ホームページを見たテレビ朝日の記者が当事務所まで取材に来て、本会議前日、この問題が『ワイドスクランブル』で特集として十七分間流されました。
PICT2241.JPG   
 テレビ放送の影響は極めて大きいものです。三重の補助金は二十三区全てに渡って存在する問題であることから、これを是正するべきだとの声が各区民から挙がり、各区議会でもこの問題について質問が相次ぎました。

 私も様々な場や媒体を使い、更に問題提起を続けました。

 その結果、質問から半年後に二十三区の特別区区長会で、三つの補助金のうちの一つである特別区互助組合への「公費助成全廃と事業の大部分の廃止」方針が示されました。

 そして平成十七年度予算では「職員互助会補助」に三六七八万九〇〇〇円が計上されていましたが、決算では実際に使った額はゼロとなり無駄に使われずに済みました。粘り強く取り組めば、こうして節減できたお金は翌年に繰り越して区民生活に役立つ形にできるのです。
  
 同様の節減が二十三区全体では毎年十三億円、十年間で換算して百三十億円が他の有効な用途に使えるようになりました。

 詳細な情報提供に基づく問題提起、今まで質問項目にすらなってこなかった盲点を正面から追及したこと、それをメディアが大きく報道し、その問題提起を支持する声が高まり、行政を動かすに至りました。
  
 この「愚直な問題提起が誰かの共感を呼び、課題解決に結びつけることができる」経験は、議員となり間もない私に大きな自信をもたらしました。
  
 現在、職員互助会、東京都職員共済組合への重複する補助金が残っており、それを一つに絞るよう問題提起を継続中です。

PICT7699.JPG
 また、平成二十年には繰り返し現場訪問と議会質問で問題提起をしてきた「無責任な餌やりやゴミ屋敷への全国初の迷惑行為防止条例」の制定に結び付けられました。この問題に一貫して取り組み、四回にわたってテレビの全国放送に出演し、条令制定の必要性を強く訴えて来たことが、成立の大きな力になったと確信しています。

 同様の条例は京都市でも制定されるなど、全国に広がっていることを何よりも嬉しく思います。

 これらの事例は、共感の拡大の契機にテレビメディアが大きな役割を果たしました。
 当時とは比較にならない位、現在はネットメディアの力が拡大しており、私も縁を広げる手段としておおいに活用しています。

 様々な現場で出会う方々と連携するのはもちろんのこと、同じ志や問題意識を持つ仲間と様々な媒体を通じて連携を深め、前に進んでいきます。

 さて、本日は七日間の遊説場所を地図に書き入れる作業中を進めました。今回はほぼ全て徒歩で荒川区内を周ります。一部、自転車も活用。

 街宣カーは平成15年以来、一度も使わずに来ました。勿論、今回も使いません。10キロ平米しかない荒川区を三十数台の街宣車ががなり立てて周っていたら、迷惑以外の何物でもないですから・・・。
 駅前や商店街、スーパーの前など人が流れる場所での「志、理念、政策」を共感を持って聞いていただけるような演説をあちこちで行います。

 平日は地域を絞って「今日は東尾久地区」を周ると決めて、そこをひたすら歩き、街角で演説を繰り返しながら、歩いて地域の方との対話も行います。

 ポスターも全てボランティアの世話人の方にお渡しし終わり、段取りも進み、遊説計画と葉書の準備、最終ポスティングなど進めています。

 多くの方の協力をいただき、事務所無し、街宣車無し、連呼行為無しでの形で、荒川区を細かく周って訴えていけそうです。本当にありがとうございます。
10847590_1105241196168204_2799419224280346897_o.JPG
 写真は4年前の様子です。雨が降っていたので合羽を着ていますが、今回もこうしたスタイルで各地に出没します。今回は好天の日が多いようで、助かります。

small_ribon.gif小坂の活動に賛同し縁を広げて行きたい、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感

2015年04月16日

愚直力・芽を出しています!

11027129_1104530446239279_4227207007673465874_n.JPG
 ポスターを貼って下さる同志お二人にセットをお届けした後、荒川区役所に。
 選管で書類の擦り合わせ、幾つかの陳情対応など。
 区役所前の公園は春爛漫。陽気は初夏のようです。
 小坂の活動報告、ボランティアの方々が配布してくださっています。ご自宅の郵便受けに入っていたら、是非、ご覧下さい。静岡県から来た同志にもポスティング、協力していただきました。
 夜のJR西日暮里駅前では小坂の活動報告を配布。その後、本戦に向けての準備を明け方まで。

11159970_1104691782889812_7316440251717721793_n.JPG
 地域周りの道中、あちこちで見かける八重桜に目を奪われます。


 チャンネルAjer 「シリーズ 地方議員の切り込み隊長、小坂英二の国護り」の第52回では『愚直力・芽を出しています』と題して語らせていただきました。本日、動画公開です。
 宜しければご覧下さい!

small_ribon.gif小坂の活動に賛同し縁を広げて行きたい、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感

2015年04月15日

共感を広げる活動、進めてます。準備も着々!

11130173_1103574919668165_1663116132544397579_n.JPG
 雨天が続く中、荒川区内244ケ所に荒川区議選の公営掲示板が設置されています。いよいよです。
 事務所無し、街宣車無し、連呼行為無しで、荒川区内を縦横無尽に各所で演説を続け、区民と対話をする七日間がとても楽しみです。

 言霊を各所で放ち、心に届けていきます。基本的な動きは一人での歩き、自転車での移動です。遊撃手のように自由にあちこちに現れますので、見かけたら声をかけていただけると嬉しいです。

11138580_1103578719667785_2722348789925000772_n.JPG
 昨日、チャンネルAJERの収録の後、雨が降っていましたが春のお堀沿いの景色が好きなので、永田町駅近くから有楽町駅まで傘をさして一人、歩きました。
 道中のほぼ全て、荒川区にお住まいで小坂の活動報告を新聞折込で見て読んだ方からいただいたお電話へのお答えをしていました。
 同和利権の話、侵略と世間で言われている大東亜戦争の実際の構図、戦わざるを得なかった背景など区政と国政、歴史の流れが入り混じった話をお互いにするに至りました。
 その多くを受け止めていただけたようで、じっくりと二十数分お話をして良かった!活動報告を配ると、こうした反応が有り、対話が進むのが嬉しい限りです。
 写真は昨日の皇居のお堀の様子です。菜の花と大根(?)の花の競演でとても美しい雨の中の景色でした。

kazann.JPG
 昨日、お堀沿いを歩いた際に撮影。最高裁判所の脇のお堀寄りの公園に渡辺崋山生誕の地が。家老であり、蘭学者で画家でもある渡辺崋山の残したものを、今度、調べてみたいと思っています。

10478641_1103930252965965_4586994277282010782_n.JPG
 本日、晴天の下、地域周り中に撮影した八重桜、満開です。

 11160579_1103901212968869_1561556686505822464_n.JPG
 ポスターが完成!貼り付けをしてくれる同志の下に届けて参ります。踏み台も付けて。自転車で縦横無尽に。
こうしたタイミングで晴れていると、晴れ男だな、と思います。

small_ribon.gif小坂の活動に賛同し縁を広げて行きたい、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感

2015年04月14日

統一地方選!自治体から朝鮮学校への実質的補助金!それぞれの候補に認識を問うて下さい!

10475589_1103326499693007_4515984436600651209_n.JPG
 チャンネルAJERの収録、前倒しで二本、行いました。
「くじ引きで議員が決まる。一票の重み」「日本の縦糸と文明の周期」について語りました。
次の収録は月末。楽しみです。

1522197_1103366229689034_8123865269287578456_n.JPG
 チャンネルAJERの収録の帰途、秋葉原の献血ルームで211回目の献血をさせていただきました。
 肝臓の数値も改善する中で、健康のお裾分けが出来ることに感謝です。

270414hagaki.JPG
 自宅の宅配ポストには葉書が2000枚届いていました。自分の分身のような葉書がしっかりと志を届けてくれるように念を込めて作成した葉書です。

 さて、 気付いたら3年半前に書いた小坂の平成23年10月24日のブログ記事「チャンネル桜に出演し全国に問題提起!国益を損ねる「外国人学校保護者補助金」の惨状」、ツイッターで3,434人に引用していただいてました。多くの方々に拡散していただけて嬉しいです。

 是非、記事をご一読の上、動画もご覧いただければ幸いです。

 こうした異常な反日補助金が東京23区で全てまかり通り、廃絶に向けた声を挙げる議員が極めて少数なのが残念です。
 荒川区議会でもこの補助金の完全廃止を求める議員は小坂だけ・・・。

 23区内にお住まいの皆様、是非、ご地元の区議会議員に対して、選挙を前に、この問題について、どのように考えているのか?地元有権者として問い質していただければ幸いです。

 尚、この記事を書いた当時、江戸川区は年間192,000円を外国人学校(ほとんどが朝鮮学校対象です)に通う親に対して補助金を支給していました。
 幼稚園、小学校、中学校にそれぞれ相当する年代の合計12年間、この補助金は受給できます。

 12年間 × 192,000円 =2,304,000円

 朝鮮学校に通う子供が一人いれば、その親は上記補助金が12年間合計で受け取れたのです。

 朝鮮学校に通う子供が三人いれば、合計で6,912,000円を江戸川区では支給をしていたのです。眩暈のするような金額です。血塗られた悪辣な北朝鮮の出先機関に対して!

 23区最高の支給額。この異常性を繰り返し様々な場で指摘し、賛同して下さる方が江戸川区へも抗議を繰り返して下さった結果、江戸川区は支給額をこの半分程度に減らしました。

 表向きの理由は「行政改革に伴う見直し」と江戸川区の担当者に聞くと答えていましたが、抗議の声が効いたのは間違いないと確信します。

 小坂の主張はこのような補助金の全廃ですが、最初の小さな一歩を形にできたと思っています。

 統一地方選の後半戦という皆様がそれぞれのご地元で選択をされるこの機会に、23区(一部、統一地方選と別の時期の議会も有りますが・・・)に共通するこの問題について、争点として取り上げていただければ幸いです。

 あと、関連記事として以下のブログ記事も是非、お読みいただければ幸いです。 

 平成24年4月3日「荒川区内の朝鮮学校の選抜メンバー、平壌で「金正恩忠誠」歌劇出演!毎年、区から補助金=千数百万円!」

 23区全てで朝鮮学校に通う親に対して補助金を支給。そこで「学んだ」生徒の中から「選抜メンバー」が北朝鮮で「血塗られた独裁者」を賛美する舞台劇に出演しています。

 なお、この動画の中で1:45頃に出てくる生徒は荒川区東日暮里に有る「朝鮮第一幼初中級学校」の「生徒」です。

 荒川区は年額84,000円を朝鮮学校に通う子がいる保護者に補助金を支給しています。

 最長で12年間受けられるこの補助金、通算で考えると
 84,000円 × 12年間 = 1,008,000円

 を支給しているのです。

 区の言い分は「親の負担軽減に支給しているだけ。幼稚園・小学校・中学校の教育に類する内容の筈だから支給している。でも、教科書等は精査したこと、有りません!」という支離滅裂なもの。

 正に天に唾する反社会的補助金。荒川区から先頭に立って廃絶すべく、声を挙げて行きます。

small_ribon.gif小坂の活動に賛同し縁を広げて行きたい、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感

2015年04月13日

荒川区のお知り合いをご紹介下さい!葉書を出します!

10929206_1101703853188605_2160384685579509948_n.JPG
 昨日のご報告。朝一番に荒川河川敷へ。荒川区少年野球連盟の春の大会の開会式に出席させていただきました。
好天で良かった!いくつか現場で陳情のお話をいただきました。週明けに解決に向け、取り組みます。

11150304_1101739726518351_7970038230844447696_n.JPG
 荒川河川敷での開会式も終わり、すぐ近くで工事中の荒川区が使う少年野球ができるグランドの整備状況を確認。その後、陳情の現場に向かいます。荒川の河川敷、サイクリングをしたいような陽気でした。

11156265_1101884759837181_7641046323666433047_n.JPG
 一度、帰宅して事務作業を進めた後、午後にあらかわ山吹ふれあい館の屋上で開催されていたチューリップ鑑賞会での写真です。盛りは過ぎていましたが、荒川区高年者クラブ連合会の方々が育てたチューリップはとても美しかったです。
 ここでも区の施設の指定管理の中で生じる現場の課題を、教えていただきました。

 その後、人生の大先輩から各分野に渡るアドバイスをいただき、じっくりとこちらの志も語らせていただきました。町屋駅前のデニーズで。着物の有る風景を作りながら、西日暮里駅前まで歩いて街のパトロール。

11082505_1102026599822997_6925268756812705409_n.JPG
 小坂の活動報告を西日暮里駅前でお配りしている様子です。
 一人での活動は写真を残す機会がなかなかないので、今朝、シンガポールから帰国した、日本新党の学生ボランティア(20年前ですね・・・)時代の同志である吉田寛明氏に撮影してもらいました。
 和服での街頭活動、周りから見ると珍しいかと思いますが、心と体と言葉が一致しての活動になっていると本人は感じています。とてもしっくりとした感覚です。
 活動報告を受け取るなり、掲載されていた顔写真と本人を見て「小坂議員、ツイッター、フォローしてますよ!応援してます!!」と熱い激励をいただいた時は、心強く幸せな気持ちになりました。

 その後、吉田氏と大局を踏まえた懇談に。ご支援に感謝です!

 さて、来るべき戦いの際に、荒川区のお知り合いに葉書などで自らの志や政策を伝えて行きます。ブログ読者の皆様から是非、荒川区のお知り合いを下記の画像の用紙に記入いただき、ファックス等で寄せていただければとても助かります。
syoukaigazou.JPG
 用紙内に書いてあります電話番号に「用紙に書いたよ!」と連絡をいただければ取りにも伺います。また、この用紙を使わずとも、メールやメッセ等で同様の内容をこちらにお伝えいただければ幸いです。 

 ※上記画像は小さ目なのですが、A4サイズの用紙はこちらからどうぞ!
syoukai.pdf

 さて、今晩は消防団の分団会議でした。5月17日(日)が尾久消防団の操法大会ですので、それに向けての打ち合わせ。小坂は救助・救急の部門でレスキューツールを使っての活動をする1番員をさせていただくことに。目の前に被災者がいるという想定で真剣に練習に励みます。来るべき震災に備えて。大切な人を守るために。
 
small_ribon.gif小坂の活動に賛同し縁を広げて行きたい、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感

2015年04月12日

本日(4/12(日))の新聞折込チラシ(荒川区内)!「小坂の活動報告 第二弾」と「あらかわ区議会だより」の両方が入ってますよ!

 あれ、こういうタイトルの記事、先日、読んだよ?という方もおられるかもしれません。それは「活動報告の第一弾」のことなんです。今日の記事は第二弾。連発です。

 本日(4/12(日))の荒川区内の新聞折込チラシの中に、先日のブログ記事でご案内した小坂の活動報告の第二弾が入っています。

 「ネット上で、既に読んだよ!」という方もおられるかもしれません。

 でも、折角の機会なので、本日の折込チラシを手に取り、一読いただいた後、周りの方にお渡しいただいたり、「そうそう、今朝の新聞折込に活動報告が入っていた「荒川区議 小坂英二」ってこんな議員なんだよね〜」という形で話題に挙げていただければ、とても心強い限りです。

2704katsudouhoukoku2omote.JPG

2704katsudouhoukoku2ura.JPG
 渾身の力を込めて作り上げた活動報告です。一人でも多くの方にお読みいただければと願っております。

 お読みいただいた感想などもお寄せいただければ嬉しい限りです。


 上記画像は縮小されていて読めないかと思います。下記の画像をクリックしていただき、出てきた画像をさらにもう一度クリックすると画面で読める大きさに拡大できるように掲載致しました。

2704katsudouhoukoku2omote.jpg

2704katsudouhoukoku2ura.jpg
 二種類の活動報告は様々な形で配布をしていくのですが、荒川区内の個別の郵便受けに投函していく、いわゆる「ポスティング」のボランティアを18日(土)までの間にお願いできれば大変助かります。

 ご都合のつく日時に、お手伝いいただける方には、地図と活動報告をお渡しして説明をさせていただきます。
 
 お願いできる方はメールやメッセージ、お電話( 090-1432-9069 )まで寄せていただければ幸いです。

 区議選の期間・投票日(4月19日(日)〜26日(日))には一切、こうした新聞は配布が許されていません。選挙期間中こそ、志や政策を伝えたいのに・・・。

 だからこそ、冒頭にお伝えした期間に、ポスティングでお手伝いをいただければとても助かるのです。小坂にとって一番、力を貸していただきたい点です。どうぞ、宜しくお願い致します。

 また、偶然ですが、本日の朝刊には荒川区議会全体の広報紙である「あらかわ区議会だより(こちらから各号読めます)」が折り込み広告の中に入っています。

2704arakawakugikaidayori.JPG
 上記写真は8ページある中、小坂の本会議質問の一部が掲載されている欄です。各議員の質疑等もお読みいただき、区政について考えるきっかけにしていただければ嬉しいです。

small_ribon.gif小坂の活動について情報拡散をしていきたい!、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感

2015年04月11日

小坂への活動資金ご支援のお願いです。

DSC09908.JPG
 さて、メールなどでの問い合わせで、小坂に献金をして下さる旨のご連絡をいただきましたので、改めて具体的にご案内とお願いをさせていただきます。

 日々の政治活動の資金となる資金の寄付を、このブログ上でも改めてお願いを致します。

 日々の活動は多くのボランティアの方々に支えられていますが、活動をすればするほど、お金がかかるのが現実ですので、どうぞ、宜しくお願い致します。

 大切に使わせていただきます。

※いずれも、日本国籍の「個人」の方からの寄付をお願いしております。外国人からの寄付は法律で禁止されています。

※公職選挙法において、御寄附は住所・氏名を確認できる形で受けることと定められておりますので、お手数ですが、御寄附いただいた方は、「お名前」「御住所」「電話番号」をメール(kosakaeiji@1995.jukuin.keio.ac.jp)、FAX(03-5692-5383),郵便(〒1160012 荒川区東尾久4-2-8-604)等でお知らせいただければ幸いです。

 併せて、「私は日本人」という旨の一文も加えていただけると幸いです。

★「小坂英二後援会」への御寄附

 寄付口座の名義:小坂英二後援会(読み コサカエイジコウエンカイ)

・ゆうちょ銀行 記号:10050 番号:84449321

・他行からは ゆうちょ銀行 店名:〇〇八(読み ゼロゼロハチ)
       店番:008
       預金種目:普通
       口座番号:8444932

iwahorikosaka.JPG
小坂の活動報告の各戸配布(ポスティング)に同志の応援、いただきました。

 介護福祉士の視点から問題提起を続ける岩堀けんし松戸市議が京成町屋駅を基点にして密集市街地での各戸配布を一気に800枚!さすがプロです。林英臣政経塾で共に学び行動する仲間の応援、嬉しいですね!

 本当にありがとうございました。地域の仲間や先輩方からも各戸配布の協力をいただいています。御縁の素晴らしさを日々、感じています。

 こうした活動報告が配布できるのも、本日を含め、あと七日間。

 「自分も配るよ!」という方、是非、メッセ等でご連絡いただければ幸いです。

 本日はボランティアさんへの資料配布・相談や課題のある現場の視察、活動報告をお店などに置かせていただきに周ったり、地域の方との対話を重ねたり。
 雨が止んでから自転車を漕ぎ、止まって様々なやり取りをし、漕ぎ出すという繰り返しをしていました。

11133684_1101352186557105_1893467363336006978_n.JPG
 地域周り中に撮影。荒川区内でキャッチボールが出来る場を増やすべく、何度も議会質問を繰り返して来ましたが、常磐線の三河島駅南側にこうした形で整備され、とても嬉しく思っています。
 
small_ribon.gif地域から日本の縦糸を守る覚悟を持つ政治家を支え増やしていかねばならない、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感