2015年08月15日

大東亜戦争停戦から70年の日に。卑怯な「不戦の誓い」ではなく、「大切なものは戦ってでも守る」覚悟を誓いました。

11887871_1186929404666049_7290573177323837473_n.JPG
 今日は70年前に大東亜戦争停戦の詔勅がラジオを通じて流された日です。

 靖国神社に参拝する地方議員の会の一員として今年も同志と共に集い、海ゆかばを斉唱した後、靖国神社にて英霊への感謝の誠を捧げさせていただきました。

 日本は以下の4つの縦糸が二千年以上に渡って途切れることなく引き継がれてきた世界で唯一の奇跡の国です。

 「天皇陛下を中心とした日本人としての血筋」
 「民族の物語である神話」
 「日本人の生き方そのものである神道という信仰」
 「やまと言葉を中心にし続けた日本語という言語」


 こうした世界でも類例のない長期に渡る縦糸の継続が日本社会の土台となり、成熟した日本文明を形作り、その上で日本人は故郷や家族を大切にしながら幸せに力強く暮らして来ました。

 そうした縦糸を根底にもつ日本を守り、その持ち味を活かしてアジアの民族自決と平和をもたらすために日本が先頭に立って戦ったのが大東亜戦争です。

 戦闘行為には残念ながら負け、東京大虐殺、広島大虐殺、長崎大虐殺を経て降伏に至り、7年間に及ぶGHQの占領で上記の大義は歪めて世間に流布されてしまいました。その歪んだ風潮の上で利益を貪ってきたマスコミ、政治屋、官僚等による「敗戦利得構造」が長く続いてきました。

 占領期間が終わってから既に63年が経つのです。今こそ、歴史を取り戻し、先人の生き様を正面から見据え、「敗戦利得構造」を打破し、その掲げた大義と実現したアジア各国の独立の事実を踏まえて先人に感謝をすべき時です。

 大東亜戦争の現場の指揮や国の方針について、様々な分析をすることは、教訓として有意義だと思います。しかし、限られた選択肢の中で、先人が苦渋の決断をしたことを、後の世の人間が
「こうすれば被害は防げた、負けなかった。あいつの決定が悪い」と断罪することは極めて卑怯で傲慢なことと思います。

 宝くじの当選番号が発表された後で、他人に対して「この番号のくじを買えば良かったのに!」と後付けで批判することに何の意味が有るのでしょうか?ましてや上記の歴史の上での決断はそれぞれが命や名誉をかけた上でのことなのに、後付けの分析で得意げに「批難や断罪」をしている人を見ると心から軽蔑します。

 必要なことは歴史の事実を正確に知り教訓も学び、先人の志や想いを引き継ぎ、英霊に尊崇の念を持ち感謝をし続けることと考えます。そして、先人がしたように、「一旦緩急あれば、義勇公に報じる」覚悟を持つことです。

 「不戦の誓い」などという、英霊に無礼な誓いなど間違ってもするべきでは有りません。日本を守る為に戦った方々の御前で「平和大好き。俺は戦わないよ〜。」と腰抜けの宣言をするのが正しいでしょうか?また、それで平和が守れるのでしょうか?

 大東亜戦争はアジア地域を見ても独立国は日本とタイ王国のみ、他は全て白人支配の植民地。そうした中で、実質的に黄色人種最後の砦となった日本を白人世界支配体制の継続の為に徹底的につぶそうとした動きに対して、戦わざるを得なかったのです。その大局観を忘れてはならないと思います。

 英霊の御前では「戦ってでも大切なものをそれぞれの持ち場で守る覚悟」を誓うことが大事だと思います。その覚悟を持ちつつ、日々の生活において自らを手始めに家族、周りの人達がどんどん幸せになるような人生を送ることを誓い、周りに幸せを広げていきたいと考えています。
 先人の無念と想いを引き継ぎながら、素晴らしい縦糸の中で生かされているという気持ちを持って生きていると、とても幸せで安心な気持ちで様々なものに向き合っていけます。

 これからも「日本の縦糸を護り引き継ぐ中で、自らから幸せを周りに広げていく役割」を果たす存在となるべく尽力していきます。


11870896_639461852857316_6091957878161554675_n.JPG
 同志と共に。靖国神社に参拝する地方議員の会で参拝の後、日本会議の地方議員連盟で靖国神社の昇殿参拝へ。

11863487_1187102641315392_515301233162608890_n.JPG
 午後、家内と合流し、西村塾(西村眞悟前代議士のもとで学ぶ仲間の会)の昇殿参拝に参加させていただきました。

small_ribon.gif英霊に対して、志を引き継ぎ、戦う覚悟を誓うべきである、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする