2015年09月30日

国保医療費のデータ、「外国人」「日本人」を区別した統計にならず!それ故、統計上の比較が困難・不可。多くの自治体の現状・・・

12019986_1219845344707788_3191705211915659951_n.JPG

 写真は荒川区の国民健康保険における外国人の加入状況です。外国人の被保険者数は増加中。

 一方で写真の表に記載をしていませんが、国保加入者全体は減少の一途をたどっているのです。

 例えば、平成22年度には国保加入者数は日本人、外国人合計で68,210人だったのが、平成26年度には63,282人に減少しています。

 国保全体の加入者数が減少する中、外国人の加入者数の絶対数が増えているということは、外国人比率が上がっているということです。

 国保における外国人比率平成22年度には12.3%だったのが、平成26年度には15.4%になっています。

 それでは、外国人と日本人の保険適用分の医療費の比較をしてみよう、と考え、数年前、区の担当課長(当時)に聞くとそのような区分をしたデータは無いとのこと。

 無い理由は、国保の医療費のデータには「外国人」「日本人」の区別が無い状態で入力されているからとのこと。それ故、医療費のデータを「外国人」「日本人」で区分けするには医療費データを全て加入者情報と照らし合わせ分類せねばならず、何万件もそんな照合はできないとのこと・・・。

 何故、そんな杜撰なデータ作りをしているのか尋ねると、国の定めたデータの様式にそうした区別を入れると定めていないからとのこと。多くの自治体で同様に、外国人と日本人の区別無く医療費のデータが作られているとのこと・・・。

 国保の制度改正が予定されていますが、政府においては是非、新たな制度のもとではそうした「区分」をしたデータにするように要望致します。

 因みに、昨日のブログ記事で「荒川区の国保加入者が平成26年度に出産育児一時金42万円を受け取ったのは333件。そのうち、海外での出産は52件(外国人49件、日本人3件)と多数」ということについて詳しく書きました。

 ここでの外国人、日本人の区別も、最初は統計が無いため、海外分52件の申請書類を抜出して一件ずつ調べ、手作業で出したとのことです。

 それでは、333件から海外での出産分52件を除いた281件(国内出産分)のうち外国人の割合は?と聞くと、これもデータが無いとのこと。

 281件の申請書類を全て引き出して、外国人を見つけ出し、件数を手作業で数えるので時間を欲しいとのことで返事待ちです。

 外国人と日本人は位置づけが明確に異なるものです。日本国と運命を共にする存在の日本人。一時的な「御客様」である外国人。その差が有る前提で、行政においても現状を把握、調査できるようにするのが当然かと思いますが、そうした意識が無い制度。極めて歪です。

 こうした惨状は荒川区に限ったことでは無く、全国の自治体で同様の状況です。そして、国保のデータの件
だけでなく、あらゆる分野に蔓延しています。是正していかねば!

small_ribon.gif外国人の実態について様々な数字でしっかりと把握すべきである、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

偽造簡単な紙切れ1枚で42万円の出産育児一時金ゲット!国保加入の外国人が海外で出産した際の「出産証明書」役所は記載内容と事実の照合もせず。書類の真贋の判断も不可

12063401_1220170828008573_531936474777976990_n.JPG
 昨日の記事に書いた国民健康保険加入の外国人が海外で出産した際、日本の自治体を窓口としている国民健康保険からの出産育児一時金=42万円。

 その申請に必要なのは、国民健康保険証とパスポートと「出産証明書(和訳文書も)」のみ。


 その記載内容について、本当にその病院で出産があったのかの事実確認も役所はしません。また、記載内容は写真(コピーに墨塗りですが・・・)の通り、一枚の紙切れのみで、パソコンが有れば誰でも偽造可能な代物。

 荒川区の国保では中国人の加入者は4,083人、韓国人の加入者は2,860人です。この人数比と比べて異様なのが、この両国の国籍の加入者が外国で出産し出産育児一時金を受け取った数の差です。

 中国で41件もあるのに対して、韓国では5件のみ。この8倍の違いは何でしょうか?

 以前、松戸市でこの出産育児一時金の海外での偽装がばれて逮捕された事案がありました。

 こちらがその報道記事です。 

 兄夫婦の子供を自分の子供と称して生んだ今年にして書類も偽造したのがばれて逮捕されています。

 背景には中国の一人っ子政策もあり、二人目に生まれた子供を別の家族の子供に登録してしまうということです。そうしたことを取り扱う業者、証明書を偽造する業者が堂々と横行しているのが中国です。逮捕されたのは氷山の一角のそのまた一角に過ぎないでしょう。荒川区の数字もそうした背景が有ってのものと考えざるを得ません。

 出産証明書は現地の言葉で書かれていますので、和訳をつけて提出しますが・・・。出産したという「証拠」として役所が受けるのは現地で発行された、紙切れ一枚だけ。

 なんと杜撰な。


 そして悪意のある輩からすれば、何と簡単で率の良い詐欺ビジネスの種でしょうか!こうしたザルの制度を是正すべく、しつこく問題提起を続けます。

small_ribon.gif小坂の問題提起は大変大きな問題である!、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

荒川区の国民健康保険加入者の外国人が海外で出産して出産育児一時金(42万円)を受けた件数=49件。不正摘発は極めて困難なブラックボックスに出すべきではない!

12072780_1219542428071413_7039752559930018621_n.JPG
 区に資料請求して出た「国民健康保険加入者の外国人が海外で出産して出産育児一時金(42万円)を受けた件数の表です。

 この制度全体では年間333件の支払いが有りますが、そのうち52件が国外での出産です。

 その52件のうち、49件が外国人!チャイナが8割。

 何度か書いてますが、外国人が僅か3カ月超の滞在資格で国民健康保険に入れ、保険証を受け取ってしまえば、保険料を払わず最大2年間、医療受け放題。母国に帰られてしまったら、保険料は回収不能。

 国民健康保険制度は日本国民の為の制度に正常化すべきです。

small_ribon.gif小坂の問題提起は大変大きな問題である!、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月26日

精神医療が貧困ビジネスの温床に!

12047087_1218062071552782_710792997542439124_n.JPG
 25日の決算特別委員会と夜の政務会合の間に219回目の献血。肝臓の数値も改善、健康のお裾分けができることに感謝です。



 さて、チャンネルAjer「 シリーズ 地方議員の切り込み隊長、小坂英二の国護り」の第75回は『精神医療が貧困ビジネスの温床に!』と題して語らせていただきました。上記画面をクリックして是非、ご覧下さい。

small_ribon.gif小坂の問題提起は大変大きな問題である!、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

渾身の総括質疑!区立大門小学校で発生した「外国人保護者による日本人児童への長時間の罵倒事件」

12011298_1217869398238716_4628740137041605644_n.JPG
 本日から決算特別委員会が始まりました。ほぼ全ての議員が参加する形で、持ち時間の範囲内で各分野で喧々諤々の議論ができる場所です。

 初日の冒頭には各会派から総括質疑が行われました。それぞれの持ち時間は会派所属人数×3分40秒です。小坂は一人会派ですので、3分40秒(答弁時間を含む)です。
その限られた時間を使って、冒頭に書いたテーマについて質しました。是非、下記の質疑内容をお読み下さい。酷い話です。

 小坂からの質疑への区教育委員会の答弁は「裁判で係争中なので個別の件については答えられない」「学校の安全管理はスクール安全ステーションなどを拠点に行っている」と述べるにとどまり実に無責任な答弁でした。

 一体、誰のための教育現場なのでしょうか?そもそも、この外国人保護者がチェック無しで、教室前まで入り込むことができる状態について安全管理上、問題意識を持たないのでしょうか?現場での判断が歪んだ根底には何が有ったのか?

 区や教育委員会全体でこの件について根本からの検証を行うべきです。引き続き問題提起を拡大していきます。

 各会派からの総括質疑が終わってから、今度は各項目別質疑に入りました。そこでは各議員が48分間の持ち時間を持っています。この持ち時間を活用して本質に迫る問題提起を複数、していきます。

(以下、小坂からの総括質疑の内容です!)

 区立大門小学校で発生した「外国人保護者による日本人児童への長時間の罵倒事件」は学校における安全管理の面で大きな問題であります。

 この事件は昨年7月10日、前日に発生したものの、既に仲直りがなされた子供同士の諍い、言い争いに介入すべく、外国人児童の保護者が日本人児童に対して教室に怒鳴り込んできたものです。

 そのような場合、先ずは両者を引き離し、会議室など場所を移し、落ち着いた環境の下で双方の言い分を十分に聞いた上で対応をするのが当然であります。

 しかし、教師が2名いる現場で外国人保護者が実に15分間も日本人児童への大声での罵倒を続けることを許し、それだけでなく、その場を納める為に現場の教師は日本人児童に一方的に謝罪を強要したのです。前日の諍いについて客観的な事実把握をしないままに。

 一体、荒川区の学校での安全管理はどうなっているのでしょうか?教師が2名いる場所において、公衆の面前で日本人児童が罵倒しつづけられるような学校現場では、子供を安心して通わせられないという声が私に寄せられています。

 公衆の面前で大人から15分間も一方的に怒鳴られ罵倒しつづけられた児童の受けた恐怖感は極めて大きなものであります。15分間の間に「教育委員会に訴える」「弁護士に依頼する」とも脅されたと聞いています。

 その結果、その日本人児童は登校拒否に至りました。本来、児童を守ってくれる筈の教師が二人もいながら、守ってもらえるどころか、外国人保護者に求められた謝罪強要を唯々諾々と受け入れ、日本人児童に強要したのです。どれだけ、心細く裏切られた気持ちになったことでしょうか!

 この件についての教育委員会の説明では「日本人児童は外国人保護者が罵倒をしている間、神妙に聞いておらず、壁に寄りかかりながら挑発的な態度をとっていた」と日本人児童の態度を批判していますが、酷い表現です。

 このような状況に陥った児童は大人という圧倒的に力関係が上の存在から長時間の罵倒を受けたら、「ニコニコとお話を態度良く聞く」という形になる筈が有りません。

 後ほど確認したら恐怖感のもと固まっていたというのが実態です。そうした状況を教育委員会が悪意を持って「挑発的な態度であった」と決めつけて自らの責任回避をすることは許されません。

 また、日本人児童は、通常児童に比べて発達度に遅れがある児童であることを親御さんから聞いています。

 そうした発達の遅れがある児童の受けた恐怖感に寄り添うこともせず、大人と子供の圧倒的な力関係の差も考慮することなく、謝罪強要で事態を収めるようなことは間違いであると認め、児童の状態に応じて寄り添う姿勢の学校現場とすべきと考えます。

 この件を踏まえ、学校の安全管理、発達の遅れがある児童への向き合い方について明確な認識をお示しください。

(以上が小坂からの質疑です)

small_ribon.gif不適切な対応、許すまじ!、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

公立小学校の職員室に偏向政治ビラ入りティッシュ!管理職クラスの教師の机に数十個山積み!それがまかり通る「教育」現場・・・

IMG_1188.JPG
 現物を受け取り、話を聞きました。船橋市立小学校(千葉県)の職員室。写真は、そこで大量に置かれているポケットティッシュに織り込まれた偏向政治ビラです。

 公立小学校という教育現場にこうした偏った政治ビラ入りティッシュが大量に置かれ、PRされているのは到底、許すことができません。

 このチラシを受け取った方のお話では「こうした内容のチラシなら問題無しとされるのが、教育現場の実態。仮に「憲法改正!」「平和安全法制賛成!」といった内容のチラシを同じように置いていたら、問題になり大騒ぎになる。」とのことです。

 選挙権の年齢が18才まで引き下げられた今、こうした偏向ビラが蔓延する教育現場であってはなりません。

 全国の教育現場でのチェックを今すぐにでも、それぞれの持ち場で進めていかねば!

small_ribon.gif小坂の問題提起は大変大きな問題である!、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

公共施設を反日左翼のアジトにするな!区が31.5平米を月額1万5千円の破格値で貸出中!

12038327_1211243792234610_5998380003065577614_n.JPG
 「東京都教職員組合荒川支部」(以下、荒川支部と記載)は全教(全日本教職員組合)という教師が加入する共産党系労組の下部組織です。

 その荒川支部が荒川区の管理する公共施設の一室に間借りをしています。西尾久の旧小台小学校(廃校)の31.5平米を月額1万5千円の破格値でです。区の説明では「減免」はしていないと言いますが・・・。

 平成25年4月にこちらに移ってきたとのことですが、極めて偏った団体への区施設の賃貸しは止めるべきです。

 全教は「労組」の看板を掲げながら、反日左翼活動を活発に行っており、その拠点となっているのは明らかです。

 以下、区に対して一昨日、問題提起をした点です。いずれの問いに対しても、区側は「明確な判断を避ける」形でしか答えませんでしたが、強く是正を求めて行きます。

 ・全教の下部組織である荒川支部。その全教のHPや発行している新聞を見ると、正に「政治活動団体」。「戦争法案反対の声を挙げろ!」という趣旨の記事が紙面の多くを占めています。

 例えば最新号の一面には「教え子を再び戦場におくるな 都教組旗、国会前にひるがえる」「都教組からは800人が参加」といった状況です。

 極めて偏った反政府、反日的な組織であり、政治活動を激しく行っている組織の荒川支部の事務所が、そうした政治活動のアジト同然になっていると考えるのが普通。そうした組織に便宜を図るべきではない。

 ・七百数十名いる荒川区立小中学校の教職員のうち、この組合に入っているのは1割いるかいないかの数字。大多数の教職員の代表ではない組織に「破格の安値」で何故、貸し出すのか?区政に関わる様々な団体が有る中で、この「ごく一部の人達の代弁者の組織」に敢えて貸し出すべきではない。他に優先順位が高い団体がある。
 (参考までに荒川区立の教職員の中で日教組(民主党系)の下部組織に加入している人数は一桁まで減少しています。)

 ・この区施設の部屋を政治活動の拠点にしていることが判明した場合、即座に退去させるべき。「労組活動は政治的主張を伴うものだから、判断が難しい」などという逃げ口上ではなく、実態を把握する努力をした後、毅然とした態度で臨むべき。

small_ribon.gif小坂の問題提起は大変大きな問題である!、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする