2016年03月09日

人工芝のゴムチップの危険性が米国で指摘されている。最新情報を踏まえ、先んじた対応を

12799345_1327637543928567_8836623716235328264_n.JPG
 着物が届いたので早速、試着。睦月、人生初の着物!羽ばたいているみたいです。

600704_1327368167288838_4002143331243680620_n.JPG
 さて、昨日の小坂の質問の2点目は上記の表題の通りです。写真は区立尾久八幡中のゴムチップを使った人工芝のグランドです。これで持ち時間は全て使い尽くしました。

 質問の冒頭に委員会室の全員に配布していただいた資料はこちらのニュース報道になります。

 教育委員会の答弁としては「区立学校におけるグランドのゴムチップに含まれる成分は把握していない。こうした指摘を受けて、しっかりと調べ、対応をしていきたい。」というものでした。

(小坂からの質疑)

小坂:人工芝におけるゴムチップの危険性についての報道記事について資料配布をお願いしたい。

小坂:配布資料にある通り、米国では人工芝の充填材に使われているゴムチップが口に入ることで健康被害に繋がっているのでは無いかという指摘、事例が相次ぎ、消費者製品安全委員会、環境保護局、疾病対策センターが共同で調査を始めている。荒川区の学校においても尾久八幡中を始め、こうしたゴムチップを使った人工芝があるが、そこに含まれる化学物質の現状について把握しているのか?また、米国で指摘されているような危険性についての認識は?

小坂:記事にある通り、発がん性が指摘されており、また、ガンに至らずとも呼吸器疾患など、過去20年間で60件の健康被害が報告、報道されている。今後のグランド改修や防災公園整備なども含め、区全体で情報を共有し危険性を正確に把握としながらリスクを避ける選択を強くお願いしたい。

small_ribon.gif健康被害が出ないように対応を求めたい!という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。