2016年09月04日

質問通告を提出!14項目の質疑・問題提起!

質問通告.jpg
 一昨日の8月31日が本会議質問通告の〆切でしたので、以下の3つの大項目にて小項目が14個という盛りだくさんで質問通告を出しました。

 大会派が問題提起をしない、しかし、大切な問題を粘り強く質疑し続けていきます。是非、以下の質問項目をご覧いただき、共に考えていただければ幸いです。

 小坂の本会議質問については体一つで来ていただければ現場で傍聴をすることができますし、当日の夜以降なら荒川区議会のHPで動画をご覧になれます。

 以下の項目について質問を致します。鋭意、準備を進めております。

1.日本国の自治体として義を尊び、筋の通った政策を

・標準の形を大切にする区政を。例えば「色覚が異常」と同様「同性愛は異常」であることをまず踏まえ、圧力に臆せず議論し、例外的存在へは例外的な対応をすべき。行政の施策は「標準の形」を基本に構築を。

・精神医療が貧困ビジネスの温床になっている実態があるが、行政が実態を把握した上で、指導強化を。

・ギャンブル依存症について学校教育、大人への啓発を進める答弁が有ったが、その後の進捗と今後について。

・朝鮮大学校の元幹部のスパイ行為が明るみに出たが、氷山の一角の一角に過ぎない。それらと一体の存在である朝鮮学校への警戒心を強く持つべきである。再度、外国人学校保護者補助金の廃絶を求める。

・政党機関紙の役所内での販売行為はパワハラかつ政治活動であり禁止すべき。また、認めるにしても、規則に照らして他の業者同様、勤務時間外、カウンター外でのみしか認められない筈だが現状と認識は?

2.本質的な少子化対策・子育て支援策の実現を

・家庭で子育てに専念する親への支援拡充を。0歳児自宅養育家庭に手当を支払い、収入確保のための就労による保育園(0歳児一人当たり月額約50万円の運営費用がかかる)利用者増加に歯止めを。

・女性を賃金労働の場へ引きづり出す誘導策を進めれば、必然的に少子化へのベクトルへ誘導することになる自覚は有るのか?そうした誘導策は止め、女性管理職や女性職員採用の人数などの数値目標も設けることなどしない旨を確認したい。

・男性と女性の本質的な違いを理解しないことが、多くの不幸を生んでいる。家庭教育はもちろん、学校教育においても、その違いをしっかりと教えることこそ、将来の幸せの元になるが、その認識を持っているか。

・子供を生み育てることの素晴らしさをあらゆる場でしっかりと伝え広げることが何よりの少子化対策である。金銭的に豊かになれば子供が増えるのであれば、バブル期に子供が増えている筈であるが、そうなっていない。また、戦後の貧困・混乱期に子沢山であった。それは価値観の問題だからである。

3.時代に即した施策実行、適正な判断基準・情報の提供を

・極めて危険な歩きスマホ禁止の条例整備を。自転車危険運転の罰則適用を警察に強く求め、安全確保を。

・地域との新たな接点としてスマホを活用した情報収集とやり取りを通じて地域の課題解決を。

・骨髄又は末梢血管細胞移植ドナーへの助成制度導入を。

・区主催の人権事業、平和事業等における上映映画選定における恣意・誘導性に強い疑問。史実と錯覚する悪しき刷り込み効果のある事実もどき「フィクション」映画、一方的視点の作品の利用は止めるべき。

・執行部から出される同意人事案件等において、提供される情報が過少であり、判断基準とならない。教育委員候補などに所信表明や質疑をする機会を作り、人物を知った上で同意するかどうか判断できる場を。

 以上の指摘について認識と対策を問う。
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする