2009年01月21日

長野市営無料駐輪場を視察

 昨日のブログ記事に書いた「あらかわエコセンター」の概要や記念行事が今日の荒川区報こちらの記事に掲載されていますので、お読みいただければ幸いです。

PICT8271.jpg
 今日は建設環境委員会の3日間の視察の一日目です。長野駅前駐輪場をまず現地視察しました。

 委員会の視察についての小坂の認識・問題意識はこちらのブログ記事に書いた通りですので、予めお伝えしておきます。

PICT8279.jpg

長野市営自転車駐車場は

・市内鉄道駅沿線上に33ケ所(15駅)
 バス停留所に1ケ所 合計34ケ所
・総収容可能台数 9,674台
・全施設無料開放!これがポイントです。

PICT8281.jpg
長野駅自転車駐車場の概要
・供用開始 昭和59年

・事業費 2億7、228万円

・収容台数 945台

・開場時間 6時30分〜20時30分(3〜11月)
      7時〜20時(12〜2月)
 時間外は、夜間スペース(268台)を利用可能。

 現在71%の利用率。

 17年4月から市営駐輪場の全てが無料に。

PICT8273.jpg
 夜間は一部の区間にのみ出し入れができるようになり、その他の区間は閉鎖して管理人もいなくなります。

PICT8280.jpg

PICT8284.jpg
 3階建の最上部は主に周辺の高校生が利用しているそうですが、駅前の駐輪場に置いておいた自転車に乗って学校に行くといった使い方をしているので、昼間はこのようにかなり空いています。

PICT8287.jpg 
 現地視察後、長野市議会において担当の方から説明を受けた後、それぞれの議員から質疑を行いました。

(説明の中でポイントをいくつか書いて見ます)
・駐輪場管理業務・駅前自転車撤去は業務委託で行っている。

・無料化前の自転車駐車場利用率は40%前後であったが、無料化後は80%前後まで上昇した。(篠ノ井駅東口自転車駐車場)

・長野駅前の自転車撤去台数は現在は6割減少している。

・駐輪場利用の無料化後にチケット発行代、定期利用者への連絡葉書代のみならず、管理人を常駐させる必要が無くなったので大きく委託費用(平成12〜15年度の平均は865万円だったのが平成19年度は384万円に)を削減できた。(篠ノ井駅東口自転車駐車場)

・平成12〜14年度の収支(有料の時代なので使用料収入から経費を差し引いたもの)がマイナス451万円であったものが、無料化後はマイナス102万円と赤字も削減できた。(篠ノ井駅東口自転車駐車場)

・駐輪場対策委員会(協議会)を設置して問題解決に取り組んでいる。長野市内に4団体有り、4万円を上限に補助金を交付している。

・顕著な数字の事例(長野駅前の東急百貨店前の平日10時の放置自転車が172台だったのが32台)

★無料化したプラス面
  ・駐輪場利用者が大幅に増加するため、放置自転車が減少する。
  ・自転車の利用促進に繋がる。

★無料化して生じたマイナス面
  ・稼働率の高い自転車駐輪場を無料化すると経営が難しい。
  ・自転車駐車場が満車状態となることが多く、駐輪スペースが不足するようになった。

◎放置自転車のリサイクル利用について

 長野市内駐輪場への放置が年間1000台有り、一部は再利用して市役所内で使っていた。また自動車の自転車巻き込み事故の研究などに使っていた。しかし、多くが処分されていたので再利用を広げる方策を検討した。保管期限を半年余りから2ケ月余りに短縮して、すぐに対処できるようにした。長野市の自転車組合(5組合のうち2組合)と協定を結び1台1000円で自転車店に譲渡している。点検整備と防犯登録をして1万円未満で市民に売ることが条件。

平成17年度  52台   平成18年度 202台
平成19年度 264台

 自転車店で引き取りの無かった自転車については長野市清掃センターにリサイクル施設に無償譲渡をして再生し安価に市民へ譲渡している。
18年度 100台  19年度  80台

 それ以外の自転車は全て廃棄している。

(小坂からの質問)
小坂:無料化は素晴らしい英断だと思う。各自転車駐車場の収支を事例として教えていただいたが、長野市の自転車駐車場全体での駐輪場運営と駅前指導の経費総額の変化のデータが有れば教えて欲しい。
(長野市)過去の資料が今手元に無いが平成20年度の予算では、放置自転車対策(整理区域での費用がほとんど)364万円余と自転車駐輪場運営経費で1243万円。この合計が自転車対策費全額となる。

小坂:無料化を行うにあたって議会での意見はどのようなものが出たか?
(長野市)条例改正の際にも特段無かった。

小坂:駐輪場に人がいる時間が短くなったことで、防犯面での問題や心配の声などは出ていないか?市民の声は?
(長野市)無料化後、人の配置を減らしてから、女性から「夜間の犯罪が心配」との声を寄せられたことに応え、夜間巡回をするようにしている。

小坂:先ほどバスから見えた市役所前に置かれていた、「緑の自転車」とは何か?レンタサイクルか?
(長野市)民間のNPO団体が実施しており、長野市は場所の提供をして協力している。事業実施当初は各ステーションに誰でも自由に鍵無しで使えるようにしていたが、盗難が多かったため、現在は鍵を管理する形で自転車を貸し出している。利用希望者は長野市役所であれば窓口で受付をしていただければ使える。貸出・返却ステーションは5ヶ所程度有り、長野市からその運営団体へリサイクル自転車を譲渡している。

小坂:満車状態の駐輪場の付近には新たに駐輪場を設置する方向で考えているのか?
(長野市)新たな場所の確保と考えているが、駅前の用地確保が困難なのが現状。

PICT8291.jpg
 市内の自転車専用道。自転車利用者が荒川区ほど多くないので、快適に利用されていました。

 荒川区においては町屋駅前、南千住駅前の駐輪場が既にフル稼働している状況ですので、一律の無料化は現時点では無理です。しかし、日暮里駅の地下駐輪場はまだまだ空きは多いですし、西日暮里駅前、赤土兆学校前駅前、熊野前駅前は無料化は可能です。可能な場所から無料化して、町屋駅前などは京成電鉄高架下が活用できる状況になって十分な収容スペースが活用できるようになれば無料化することも可能かと思います。

 撤去に費用をかけるよりも駐輪場をより利用しやすくすること、また環境に優しい自転車の利用促進の観点からも荒川区においても駐輪場の無料化は進めるべきと考えております。
 
small_ribon.gif駐輪場の料金体系を見直すべき、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif


posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>撤去に費用をかけるよりも駐輪場をより利用しやすくすること、また環境に優しい自転車の利用促進の観点からも荒川区においても駐輪場の無料化は進めるべきと考えております。

 同感です。四半世紀前あたりは、駐輪場は無料だったと思います。20年ぐらい前から有料化されるようになった記憶があります。
Posted by アンチ△専用 at 2009年02月01日 18:46
>>アンチ△専用 様
 共感のコメント、ありがとうございます。区内全ての駐輪場で一斉には無理でも、モデル地域から始めれば良いと思います。自転車の利用促進に少しでも資すれば良いですね。
Posted by 小坂 英二 at 2009年02月03日 00:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。