2009年01月30日

自衛隊を知る機会を区立学校で

PICT8329.jpg
 1月25日の日暮里駅前でのつくば市イベントの後、娘と駅の裏を歩いた際に撮影した「陸軍少年飛行兵慰霊の碑」。法光寺西日暮里3−8−6)の門前に有ります。碑文建立当時の住職が従軍経験のある方で縁が有って建てられたそうです。

 陸軍少年飛行兵についてはこちらのページをご覧ください。

PICT8330.jpg
「ノモンハン事変以来終戦に至るまで
 陸軍少年飛行兵として戦野に赴きし者
 四萬五千にして空陸海に散華せし者数うるに限り無し
 依って生存者遺族有志相い集いて
 慰霊の誠を捧げんとして是を建立す
 行き交う人々心あらば一遍の回向を賜らんことを」
と碑文には有ります。感謝の誠を捧げさせていただきました。

 こうした方々がいらして今の日本が有る、その歴史の繋がりを決して忘れてはならないと思います。国を守る方への感謝の気持ちを失った国家は必ず乱れると思います。

 現在の学校において、消防や警察と児童・生徒が接する機会はそれなりに有りますが、自衛隊の方と交流する機会は極めて限られているか存在しません。区立第三中学校においては、様々な仕事の経験を聞く「校内ハローワーク」で自衛官の方の話を聞く機会は有ったようですが、本当に限られています。

 この現状が良いとは思いません。国家防衛の任に当たる方と接し、話をする機会、仕事について知る機会を教育の場においてもしっかりと設けるべきと考えます。そうした取組みをモデル校から区内の全学校に広めていけるように、先の予算要望書(参考ブログ記事)への盛り込みに続いて2月の本会議等で質問をしていこうと考えています。

 今日は日本の為に活動をされている方や防衛の任に当たられている方と意見交換をする機会を頂戴して参加して参りました。そうした方々の日々の努力で日本の安全が守られていることに感謝しながら、国防の任にあたられている方のお役に立てるような取り組みを荒川区においても行うことを誓って参りました。

small_ribon.gif国の為に殉じた多くの方がいる上に現在の日本があることを忘れてはならない、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif


posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小坂先生

私も2歳の息子を連れて靖国神社に煎ったりしますが、こういった小さなところにもいろんな慰霊碑があるのですね。

下記のコメントお返事いただきありがとうございました。
北区の図書館に購入要請について問い合わせましたら、既に入荷しており6人待ちでした!
私も毎日通勤電車で読んでいます。
共感する人が増えるといいですね!

>>最初のコメントの方
 もちろん、お薦めの著書です!多くの方に読んでもらうべき書籍は、皆様の地元の公立図書館に「購入要請」をしていただけると嬉しいです。ご自身のみならず、多くの方に読んでいただるきっかけを増やすことも重要だと思います。

Posted by 小坂 英二 at 2009年01月16日 14:56
Posted by 小坂さんのマイミク at 2009年02月04日 01:34
>>小坂さんのマイミク 様
 こうした慰霊碑などももっと知っていただく機会を作りたいと思います。
 私も図書の購入要請、先日もさせていただきました。全国の図書館で「良書」の購入良要請をして参りましょう!
Posted by 小坂 英二 at 2009年02月06日 15:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。