2009年02月06日

馬鹿げたIT事業3つ、廃止へ

 今日、第一回定例会の議案や平成21年度予算案の説明書(詳しい資料で予算特別委員会の質問の元とします)が届きました。じっくりと読みこんで持ち時間をフル活用して質問をして参ります。

 さて、4日の総務企画委員会での報告から。5年前から小坂は「こんな事業、馬鹿げた税金の浪費だ」と本会議や委員会で繰り返し指摘をしてきた「あらかわ遊園で使える電子マネー(住基カード)事業」。やっと廃止をすることになりました・・・。

 住基カードでの利用はほとんどなかったのは小坂の予想の通り・・・。何でそんな簡単なことが役所は予想できないのか!

関連記事
平成16年10月14日 本会議での反対討論

総務区民委員会の報告(平成17年1月19日)

 導入から5年が経過ましたが、これからさらに5年間同じサービスを提供する為には最低でも4700万円が必要となることと、今後の広がりの可能性を考えて廃止を区は決断したようです。遅きに失したとは言え、馬鹿げた事業が停止できて良かった。

 他にも、住基カードを使って区の申請書を自働作成(といっても自働で記入されるのは住所、氏名、年齢、生年月日のみ・・・)する機能も廃止へ。6年間継続すると1400万円かかるが、利用実績は極めて低い為廃止に。

 テレビ電話行政相談システムも今年3月に廃止します。自治体としては10キロ平米程度の狭い自治体ですし、相談しても結局手続きは役所でするわけですから来庁したほうが早い訳です。使用実績は13件のみで平成18年11月からは利用はゼロ・・・。

 小坂はパソコンにかなり前から親しんでいるのですが、そうした一利用者の立場からも上記のような事業は、ITを実際に使わない人が「IT推進なら何でもやっちゃえ」と頭だけで考えて始めていると感じていました。それ故、反対を唱えていた訳ですが、案の定失敗に終わりました。役所には利用者の感覚をもって事業が適正なものか考えて欲しいと切に願うと同時に、利用者としての感覚をきちんと議会でこれからも述べていく必要を感じました。
 
 夜は政務会合に参加後、自宅事務所でも本会議質問の準備を進めました。その概要は9日の記事でご報告致します。

small_ribon.gif無意味なIT化で血税を浪費するな!、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>ITを実際に使わない人が「IT推進なら何でもやっちゃえ」と頭だけで考えて始めている

まったくもってその通り、そうしたIT化も無意味、馬鹿げた計画がなければ、廃止のための働きかけも不要なわけで、不勉強な人がいるために、何倍もの無駄が生まれてしまいますね。

ひさびさに荒川区のホームページを見てみたら、“荒川区ホームページ音声認識ソフト ARAVOICE(アラボイス)”の配布も終了していました。

原則的にはIT関連の自治体サービスは一切不要だと思います。まぁ、ホームページくらいはあった方がいいと思いますが。
Posted by kumin at 2009年02月09日 08:36
IT推進は区役所職員の技量を高める事からと思う パソコンに馴染む事は大切なことだが 生活に必要不可欠なものではない
区役所の窓口で待つ間見た限りでは 私とポチポチの人が大半の様だ 30年先取りの感がある 10年かな 荒川区はIT利用先端を行っているのに無理が有るのかな
Posted by 五十嵐 進 at 2009年02月09日 09:50
>>kumin 様
 率直なご意見、ありがとうございます。ITサービスで役に立っているものももちろん有るのですが、「何これ?」というものも沢山あるのが実情です。これからもそれらを峻別してきちんと指摘して参ります。

>>五十嵐 進 様
 必要なサービスと現時点ではそうでないサービスをきちんと分けて、導入の可否を判断できない雰囲気(国からの補助金が有るから使っちゃえとか、こうした新しいIT施策なら予算を取れるだろう、など)を糺していかねばと思っています。御指摘のように生活に直結したことにもっと重点を置くべきだと思います。
Posted by 小坂 英二 at 2009年02月12日 06:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック