2009年03月18日

細菌性髄膜炎ワクチンの定期接種化を求める意見書、全会一致で可決!

DSC00033_1.jpg
 今朝は区立尾久第二幼稚園の修了式に出席。19名の園児の新たな旅立ちを祝福して参りました。写真は式を終え花のアーチを作り見送りをしているところです。
 我が子の成長をこうした節目で実感し、涙を流す親御さんと緊張しながらもしっかりと式に臨むお子さんの姿を見て、とても清々しい気持ちになると同時に「この子達の未来の為に頑張るぞ」と決意を新たにしました。

 さて、昨日の本会議で下に引用した「細菌性髄膜炎ワクチンの早期定期予防接種化を求める意見書」が全会一致で可決されました。小坂と有志の議員で呼びかけを始めさせていただき、党派を超えて賛同をいただいて成立をしたこと嬉しく思っております。
 こうした各自治体の議会からの意見書に積み重ねで定期接種化への道筋が早まればと思っています。もちろん、ワクチンの生産体制の拡充など解決すべき課題は沢山有りますが・・・。
 恐ろしい細菌性髄膜炎について是非、お読みいただきたいページをご紹介しておきます。

・細菌性髄膜炎の予防策充実を訴え続けて来た「細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会」のHP

・現在の地域での取り組み状況を纏めた「費用助成・定期接種化を求める活動等の一覧」のHP
荒川区で補助を決定!(ブログ記事)


(昨日、本会議で全会一致で賛成をいただいた意見書の内容です)

細菌性髄膜炎ワクチンの早期定期予防接種化を求める意見書

 重い後遺症や死亡の恐れがある子どもの細菌性髄膜炎の日本での患者数は、日本外来小児科学会によると、5歳までの子どもで全国に少なくとも年間600人以上に上っています。このうち約6割がインフルエンザ菌b型(「Hib」)によるもの、約3割が肺炎球菌によるもので、この二つの原因菌によるものが全体の約9割を占めています。

 抗生物質による治療を行なっても、約5パーセントが死亡し、約15から20パーセントに後遺症が残っています。細菌性髄膜炎は、発症後の治療には限界があり、罹患前の予防が非常に有効であるといわれています。

 近年では、抗菌薬に対するHibの耐性化が急速に進展しており、Hib感染症がさらに難治化する傾向にあります。またHibは飛沫感染することから、乳幼児における集団生活機会の増加により、小児がHib感染症に遭遇する危険性はさらに高くなると予想されています。

 Hibと肺炎球菌による細菌性髄膜炎は、ワクチン接種により効果的に予防することが可能であり、ワクチンを定期予防接種化した国々では発症率が大幅に減少しています。

 わが国においては、Hibワクチンが昨年12月に発売され任意接種が始まっており、区としても来年度から公費補助を行なう予定ですが、幅広い導入にはいまだ壁がある状況です。また、現在、日本で承認されている23価多糖体肺炎球菌ワクチンは乳幼児には使用できず、乳幼児に使用できる7価結合型肺炎球菌ワクチンは日本では未だ治験段階である。

 Hibワクチンと肺炎球菌ワクチンの定期予防接種化により、国内の細菌性髄膜炎の多くを防ぐことができるとともに、医療費の削減に貢献する度合いが極めて高いことから、細菌性髄膜炎の予防に関する早期定期予防接種化が急がれるところです。
よって荒川区議会は、国会及び政府に対し、下記の項目について、早期に実現するよう強く要請します。
   記
1 速やかに細菌性髄膜炎を予防接種法による定期摂取対象疾患(一類疾病)に位置付けること。

2 早期に7価結合型肺炎球菌ワクチンの薬事法承認及び導入のための手立てを講じること。

(衆議院議長・参議院議長・内閣総理大臣・厚生労働大臣)

small_ribon.gif細菌性髄膜炎ワクチンの早期定期予防接種化を望む、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実にすばらしいことです。
話は変わりますが、参加コミュでの母親の相談を読みますと、世界中で実績があるHIBワクチンについて無知であり、予防接種を受けさせる事に危機感を抱いている人もいるという事実に唖然とするものであります。
更なる啓蒙が必要だと感じた次第です。
Posted by う〜 at 2009年03月19日 19:40
>>う〜 様
 ご指摘、その通りだと思います。正しい知識の啓蒙についても、強く主張して参りましたが、今後も働きかけを強めて参ります。
Posted by 小坂 英二 at 2009年03月19日 22:40
小坂先生のブログを拝見して感じることは若い人でも日本のために貢献できる人材がいる!
日本は戦後、連合軍により作られた憲法で
日本を駄目にするために、占領軍の政策により日本の昔のすばらしさをすべて忘却された。
ハローワークには日本の若者の失業者がたくさんいます。小生も解雇され、ハローワークに行ってました。
でも お店に行くと、レジの子は中国人が多いです。なにか日本はおかしい!! 
小坂先生 日本のため、荒川区の区民のために尽力してください!
小坂さんみたいな若い政治家が多く出てきて日本を守っていただきたいです!
Posted by 区民 at 2009年03月20日 18:34
ワクチン早期定期予防定期接種化実現 他人事とは思えず一刻も早く実現して欲しい
私が4歳の時母が肺結核で亡くなり1週間後妹が亡くなった 父親は私の事も諦めていたのだと聞いていた、病弱な子供で肺炎 骨髄炎70年経って人工骨頭の良いものが出来る様になり3年前手術し股関節癒着から開放された 例え命ながら得ても幼児の病は一生付き纏う 医学の進歩恩恵を多くの人の理解で恩恵にあずかる子供が一人でも多くと心から祈る
Posted by 荒川躍進 at 2009年03月21日 19:55
>>区民 様
 激励とても励みになります。今後とも初心を忘れずに尽力して参ります。

>>荒川躍進 様
 認識を同じくして、今後も取り組んで行きたいと考えています。日本のワクチンギャップを改善できるようにそれぞれの持ち場で声を挙げていきます。
Posted by 小坂 英二 at 2009年03月22日 11:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック