2009年05月16日

新型インフルエンザは東京にも絶対来ている!

 ★サンパール荒川で6月26日に田母神俊雄前航空幕僚長と防衛問題の専門家である潮匡人氏をお招きして講演会を開催します。こちらをご覧になり、是非、お越し下さい!★

DSC00561.jpg
DSC00564_1.jpg
 写真は昨日、西尾久を周っていた際に撮影した「都電とバラ」。美しく咲き誇っています。
 荒川区の「花のみどころページ」にバラの見どころや品種が書いてありますので、御覧下さい。

 さて、昨日の時点で「プレミアム付き荒川区内共通お買い物券(4月15日に発売)」は35.5%が既に買い物で利用された(商店街連合会で換金済みのもの)との集計が出されました。換金事務に回されていないものを加えるともっと割合は高そうです。

 ※「プレミアム付き荒川区内共通お買いもの券」については、こちらをご覧ください。

 有効期限が半年の商品券が一か月で3分の1以上使用されているのは、好調だと思います。

 今日は、自宅事務所で事務作業を終えた後、マンションの管理組合総会に出席。小坂は管理組合の初代理事長を務めさせていただきましたが、今日の総会において理事としての任期2年を終えました。最後の挨拶で、「理事長職は下りても、皆様の役に立てるように今後も努力していきたい。」と申し上げました。夜は政務会合を二つかけもちで出席。

 新型インフルエンザの患者が水際での発見を除き、本日初めて確認されました。検疫に従事されている方々は努力されていますが、潜伏期間であればすり抜けてしまうのを避けられないチェックで有る為、必ず、患者は検疫の外でも発見されると思っていました。

 海外渡航歴の無い患者が関西で発見されたということは、もう日本全国に相当蔓延していると思って間違いないでしょう。ただ、「確認」されていないだけで・・・。

 今迄の記事に書いたように、新型インフルエンザに対して個人で気を付けることは変わらずです。

 荒川区においても、今まで様々な対策を講じてきましたが、さらに看護師3名、保健師2名を新たに雇用し態勢を増強しました。

 新型インフルエンザについて、荒川区からのメッセージをお読み下さい。また、区報においても特集号(5月10日号)を発行しております。
 東京都で患者をゼロにすることは当面、不可能だと思います。可能な限り感染者を減らし、増加のスピードを落とす、その間にワクチン開発を急ぐという形を取らざるを得ません。

small_ribon.gif新型インフルエンザ蔓延の速度を落とし、感染者も低く抑える努力を官公庁と共に民間企業・団体・個人もなすべき、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif

スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック