2009年10月09日

外国人参政権付与実現の恐怖を知る動画!

 日本に住む外国人に選挙での投票権(まずは地方自治体の首長・議員)を与えようという、朝鮮半島や支那などの反日勢力による日本への影響力が増大し、日本の国益を損ねることが、実現されようとしています。

 世界の常識でも極めて異常であり、日本の国柄、伝統、文化、国益を損ねる危険なことです。

 外国人参政権について、小坂からは度々危険性を指摘してきました。過去のブログ記事で関連する記事を以下、ご紹介しますので、まず、お読みいただければ幸いです。

・平成20年3月29日のブログ記事
  (外国人参政権反対集会での小坂の演説)


・平成19年11月27日
  (外国人参政権は危険極まりない!)


※関連動画(小坂からの在日特権についてのスピーチ)※




 「チャンネル桜」で6つの動画になっていますが、「外国人参政権の危険性」を知るのにピッタリな討論動画が公開されています。驚きの数字が多数出てきますので、是非、じっくり御覧下さい。

 様々な立場の方からの重い指摘、必見です!













small_ribon.gif外国人参政権は絶対に認めてはならない、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif

スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感


posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(9) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
外国人に地方参政権今までは驚く実態でしたが動画を見まして恐怖を感じます今現在のままでも在日の中国人は高齢の両親を日本に呼び寄せ生活補助を受け日本で暮らすと云っている人が多いとあちらの方の話、焼け野原から今の日本に復興させた人と同じにはできない、ドイツは27%外国人に悩む同化しない、家族制度の違い在日韓国人は帰化したとしても祖国の家族の籍は残る日本の国会議員の中にも何人かハッキリさせないが元韓国籍の血を引き影響を受けているのでは 在日韓国人は毎年一万人帰化しているから少なくなっている様だ、帰化すると直ぐに参政権を得られる、実際三年で国会議員に成った人が居る、これは私の考えだが日本の義務教育を九年間受けた人にのみ権利を受けられる事にしない限り
ドイツのトルコ人の様に顔をそっくりまとい目立つ格好で母国語を喋り、馴染まない人達が多くなると、益々日本の狭い国土が住みづらく勤勉な日本 治安の良い日本 伝統文化を大切にする日本で無くなる 日本を批判しながら自分らの家族を呼び寄せる これらの行為を許す方達 知らないのかな、政治家にこの動画を見て頂き感想を聞きたい 如何反論するか 安心させてくれるか
Posted by 荒川躍進 at 2009年10月11日 18:59
フィンランド出身のツルネン・マルテイ氏など、民主党には「外国人」の参議院議員が3人います。変な言い方ですが、日本国籍に帰化するという条件付きで「外国人参政権」は実現しています。もっとも、チャンネル桜の番組内で、「帰化に際しての審査は甘い」という指摘もありましたが。

一方、ペルーのフジモリ元大統領が単なる(日本人を祖先に持つペルー国民という意味の)「日系人」ではなく、実は正真正銘の「日本人」(正しくは、日本とペルーの二重国籍)である事には驚きました。「日本人」なので、ペルー本国で逮捕状が出ていても、同国との間に犯罪人引き渡し条約が無い以上は身柄を拘束する事ができず、フジモリ氏は自主的に出国するまで日本国内に「亡命」していた訳です。

以前、ブラジル出身の某サッカー選手が日本国籍に帰化した(そしてすぐ日本代表に加わった)というニュースを聞いて、試しに図書館で官報を見たら、日本国籍への帰化を認められた「外国人」の名簿がズラリと載っていました(もちろん件のサッカー選手も)。予想通り、「金○○」とか「朴△△」とか、在日コリアンらしき名前が大半です。

このような色々な出来事を考えれば、(チャンネル桜の番組でも話されていますが)日本国籍に帰化する「外国人」や、海外を生活の拠点とする「日本人」(いずれも二重国籍者を含む)の存在、さらには国籍のある国への帰属意識‥こういう問題を無視しての外国人参政権議論は、賛否どちらの立場に立つにせよ、とても空しく聞こえます。
「外国人にこの国を乗っ取られたくない」
という心情は、生粋の日本人なら誰でも持ちたくなるでしょう。しかし、議論するなら、「そもそも『日本人』とは何か?」「では『外国人』とは何か?」という所から始めるべきです。
Posted by 風林火山 at 2009年10月12日 02:44
>>荒川躍進 様
 動画を御覧いただき、嬉しく思います。本当に、私も、「外国人参政権賛成」の議員にこの動画を見ていただきたいです。是非、この恐ろしい状況を広く伝えていただきたいと思います。

>>風林火山 様
 コメント、ありがとうございます。まず、日本国籍取得には「日本国に忠誠を誓う」宣誓が不可欠だと思いますし、資格の厳格化も必要です。その上で、帰化をしても被選挙権は10年程度は与えてはならないと思います。帰化してすぐに衆議院議員選挙に立候補をすることなど認めてはならないと思います。そうした「権利の留保」が必要です。
 選挙権については、「登録された資格」で判断をするしか有りませんので、上記のような適性化をした上で、その条件を満たしたら日本人、そうでなければ外国人と区分けするべきと考えます。
 以前から日本国籍を保持している「反日的日本人」もいますが、そうした連中から「国籍を除籍」することもできません。ただ、そうした連中が国を害することを防ぐのは、日本人の中で解決をしていくことで、存在を認めざるを得ないと思います。「日本人の定義」と「日本国籍の保持」は一致させるのは、理論上は可能でも、実際は無理ですので、これ以上、その乖離を生じさせない為にも「外国人参政権」など認めてはならないと考えます。
Posted by 小坂 英二 at 2009年10月12日 08:39
応援しています。テレビなどで問題点について報道がされればよいと思うのですが。人権問題などで難しいのでしょうね。
Posted by なお at 2009年10月12日 10:10
小坂様の考えに概ね賛同しております。
この問題に関して、国民に周知徹底がなされないままであるのに、既に議論がなされたかのように進める現政権に強い危機感を感じています。
ところで小坂様は確か鎌倉市長に立候補した松尾崇氏を応援されていたかと存じますが、
松尾氏はこの問題についてどのような認識でらっしゃるかご存じですか?
Posted by さと at 2009年10月12日 14:57
>>なお 様
 激励、ありがとうございます。現実に気付いた方が、身近な方に対してしっかり伝えて広げていくことから始めましょう!反日思想に汚染されたマスコミには期待はできませんので・・・。 

>>さと 様
 鎌倉市政に挑戦する松尾崇氏はしっかりとした国家観をお持ちの方です。この問題についても小坂と同じ認識です。
 外国人参政権の問題については、国民にマニフェストで示すことをせず、規定路線で進めようとする民主党の詐欺的手法は決して許せないことです。
Posted by 小坂 英二 at 2009年10月13日 18:09
小坂様、回答ありがとうございます。
実は、推進派の神奈川県議会・寺崎雄介氏が日記にて松尾氏を応援する趣旨の記載をされていた為、(曰く、応援するにあたっての基準を松尾氏はほぼ全てクリアしているとのこと)少々、疑問に思ってしまった次第です。
Posted by さと at 2009年10月13日 22:55
連投申し訳ありません。前の投稿に一緒に記入しようとするとエラーが出てしまうので。
ところで、NHK-BSのジェネレーションYで外国人参政権が討論されました。問題点にはほぼ触れず、賛成派の意見ばかりが強調され、反対は考え方が古い…とゆう流れ。法案成立に向けて積極的に刷り込みを開始したように感じ、危機感が増してゆきます。
小坂様のような政治家が増えることを切実に願っております。
Posted by さと at 2009年10月13日 23:10
>>さと 様
 本当に報道の偏りにはうんざりしていますが、おかしさに気付いた一人一人が声を広めていくしかないのかもしれません・・・。
 今の政府もマスコミも「金儲け」が全てに優先していますので、支那や朝鮮におもねって商売に繋がるのであれば、そうしてしまうのがほとんどのようです。こうした悪弊を断ち切れるように尽力して参ります。それぞれの持ち場で尽力して参りましょう!
Posted by 小坂 英二 at 2009年10月18日 10:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。