2010年06月25日

共用自転車(富山市)利用1万回突破!

 今朝は福祉・区民生活委員会。今日は3つの委員会が同時開催という珍しい日でした。

 さて、2月5日のブログ記事に書いた、富山市で今年から導入された共用自転車「シクロシティ富山」が累計利用回数1万回を突破したと関係者からお聞きしました。
 
 シクロシティーについてはこちらをご覧ください。

 こうした共用自転車の仕組みは国としても整備をしていくべきで、交通手段の選択肢を増やすことはもちろん、走行環境の整備も加え「良い公共事業」にもなります。時間ができたら一度現場を視察にいきたいと考えています。

(報告書より以下、転記します)
―ワールドカップ開催中の南アフリカにも到達!?―

 シクロシティ株式会社が、2010年3月20日より富山市で開始したサービス、「シクロシティ富山」の利用回数が2010年6月8日に1万回を突破しました。走行距離は推計で15,695.7kmに達しており、2010FIFAワールドカップが開催されている南アフリカ(富山-ヨハネスブルグ間13,358.9km*)にまで到達したことになります。

★ステーション数: 15箇所

★自転車台数: 150台

★累計登録数: 759件(2010年5月末時点)

★サービス開始日: 2010年3月20日(サービス稼働日数:81日間[3月20日〜6月8日])

★終日雨の降らなかった平日: 14日/81日間(気象庁「天気概況」より[3月20日〜6月8日] )

★累計利用回数: 10,154回

★累計利用時間: 1,569時間33分55秒(65日9時間33分55秒)

★推定走行距離: 15,695.7km (平均移動速度を10km/hとして計算)
 富山から東京まで: 255.9 km*
 富山から北京(中国)まで:1,847.7 km*
 富山からパリ(フランス)まで:9,521.1 km*
 富山からヨハネスブルグ(南アフリカ)まで:13,358.9 km*
 (*すべて直線距離です。)

シクロシティ富山とは・・・ 簡単な利用者登録を済ませると、市内中心部15ヵ所に設置された「ステーション」から、自由に自転車を利用し、また任意のステーションに自転車を返却することができる、全く新しい公共交通サービスです。

 シクロシティ社はステーション管理、ユーザー登録などのシステム管理、自転車の修繕やメンテナンス、ステーション間の自転車の台数調整等の業務を行い、ユーザーが快適に自転車を利用できるようサービスを提供します。

 シクロシティ富山の情報とサービスの登録はこちらから

small_ribon.gif共用自転車の導入・環境整備に国としてしっかりと取り組むべき、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
梅雨で、降ったり止んだりなので、このような自転車が借りられれば、止んでいれば自転車を借りるし、
雨が降り出したら、自転車を返して、都電などを利用するという選択ができるので便利ですね。
出かけるとき利用する駅と帰ってくるとき降りる駅が違うと言う時にもとても助かります。
Posted by ととと at 2010年06月28日 01:20
>>ととと 様
 そうなんですよ!御指摘の通り、とても利便性が高く、交通体系の一つに位置付けることもできると思います。こうした仕組みを是非、東京都レベルで導入をすべきと思います。単独の区で行うと非効率になるので、都として取り組むか、または23区全体でといった形が効果的だと思います。
Posted by 小坂 英二 at 2010年06月29日 05:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック