2010年06月27日

杉並区の行政改革に学べ!

 今日は2600枚の選挙葉書印刷をやっと終えました。それにしても連日、多くの方から支援の申し出の連絡をいただくので嬉しい限りです。

 今日は、杉並区の行政改革や勇気ある行政について今日はご紹介をしたいと思います。是非、リンク先をご覧ください!
 
・首長自らの給与10%カットを始め、徹底した財政改革を行い、平成11年に942億円有った借金を平成24年には完済する目途をつけました。

・民間への業務委託、NPOとの協働、新規採用者数抑制等により、公務員数を11年間で4700人から3700人へ減らしました。

・就学前の子供がいる家庭に、子育て支援サービスに利用できるチケットを交付。サービス事業者は10倍に増え、子育てしやすい街づくりを実現しました。

・行政サービス調査では全国7位(平成18年)、同12位(平成20年)を達成。(日経リサーチ)

日本の歴史の事実を正面から見据えるという「あたりまえの教科書」である「新しい歴史教科書」を反日外国人や左翼の妨害をものともせず採択

・志高い教師を杉並区独自で要請する「杉並師範館」を設置。素晴らしい教師育成を続けて来ました。

杉並区独自のコールセンターでいつでも区民の疑問に答えます。

 娘が料理教室でピザを焼いて、持って帰ってきました。夕食にいただき、成長を実感。おいしかったです。

 ブログ読者のオフ会は明後日、29日の19:45から西日暮里駅前の和民で開催予定です(概要はこちらに記載の通り)。飛び入り参加も大歓迎ですので、是非、お越しください。

small_ribon.gif杉並区の行政改革を評価する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
杉並区の山田宏・前区長が行った数々の行革は、本当に独創的で論理的で実効性のあるものが多かったと思います
居住者ではありませんが杉並区に頻繁に訪問しているため、他の区との差異を色々と感じることがありました
特に教育改革に対しては本当に素晴らしい自治体だと思いました

選挙葉書印刷ご苦労様です。
ところで日本創新党の公式サイトなのですが、街頭演説日程などが掲載されていないのが非常に残念です。

自民党、国民新党、公明党などは、それぞれ遊説日程、スケジュール・街頭演説、演説予定などという表題で更新・発表がなされています。

日本創新党公式サイトに置かれましては・・・・
と、ここまで書いてから「平成22年 06月23日事務局 日本創新党 党幹部予定(応援弁士:田母神俊雄氏」をクリックしてみたら29日の演説予定が載っていました…。

ちょっと表題が伝わりにくい気が致しました…。苦情を申し上げて申し訳ございません。
※街頭演説スケジュール、という表題の方が大勢に伝わりやすいような気がしました。
新橋SL広場の街頭演説を聞きに行きたいのですが、ちょっと無理そうです残念です。
ブログ読者のオフ会が盛会であることをお祈り申し上げて失礼させて頂きます

連日、猛烈に湿度の高い暑さが続きますが、どうぞお体にお気をつけください
頑張ってください!
Posted by kita at 2010年06月29日 00:13
>>kita 様
 杉並区政改革、全国の自治体にとって参考になることが多いですね。
 日本創新党のHPについて、党本部に話をしてみます。御指摘感謝です!
Posted by 小坂 英二 at 2010年06月29日 05:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック