2006年06月08日

親水式の瑞光橋公園、開園

 今朝、荒川区立瑞光橋公園開園式が開かれ出席して参りましたので、公園の紹介を兼ねてご報告致します。

 新しく開園した瑞光橋公園は南千住の汐入地区の隅田川の入り江を活かした公園です。複合遊具や堤防の斜面を利用した滑り台などの遊び場ゾーンと汐入水門跡を記念碑とした水辺テラスの有る入り江ゾーンで構成されます。公園整備費は約2.7億円(財源の大半は都)。場所は南千住8丁目(こちらの地図の中央の隅田川から入り江になっているところ)。

 瑞光橋公園の概要図。
PICT2738.jpg

 白髭橋(明治通りが隅田川に架かる橋)から隅田川沿いに続く2.7キロの遊歩道の途中に
PICT2712.jpg

 瑞光橋公園が完成しました。荒川区立公園では、荒川自然公園(56,925平方メートル)、荒川遊園(50,841平方メートル)、荒川公園(14,708平方メートル。区役所前の公園)に次いで4番目に広い約13000平方メートルの広さです。
PICT2713.jpg

 斜面を利用したローラー式滑り台
PICT2715.jpg

PICT2720_1.jpg

 複合遊具
PICT2716.jpg
 
 式典。主催者挨拶、来賓挨拶、来賓紹介に続き、テープカット。
PICT2717.jpg

 その後、南千住第二幼稚園の園児によるお祝いの歌の披露。かわいい・・・。
PICT2719.jpg

 こちらは親水式の入り江ゾーン
PICT2721.jpg
 
 上記の写真の左右に見えるコンクリートの塊は汐入水門の一部を残したモニュメントです。その経緯を書いた説明文が掲示されています。
PICT2722_3.jpg

 当時の運河は国鉄貨物線隅田川駅まで長さ1.5km、幅20m以上あったそうです。
PICT2723.jpg


PICT2726.jpg

 瑞光橋の下をくぐると隅田川に河川敷に出ます。その先は東京都の管轄ですが、自転車やテレビ、布団などの不法投棄が川の中にされているのを発見、引き潮で目立っていたため、区の責任者から都へ撤去や清掃の徹底等の対処をするように働きかけておきました。
PICT2729.jpg

PICT2730.jpg

 北側の壁の下にはツタが植えられており、このツタが上に伸びることができるように、特殊な繊維と針金が設置されています。ツタが伸びると壁面緑化されるわけです。
PICT2731.jpg

PICT2725.jpg

観察デッキの周辺は、水生植物がこれから生えることができるように泥が残されています。潮が引いて水溜りになったところには小さなハゼが沢山跳ねてました。潮が満ちると、観察デッキのコンクリート土台の所まで水が来るそうです。
PICT2732.jpg

PICT2734.jpg

 どの遊具も大人気です。公園全体はもちろんバリアフリーですし、西側に有るトイレには、ベビーシートも設置してあります。
PICT2735.jpg

PICT2736.jpg

 ばねのついた遊具やブランコ、砂場も大人気。
PICT2737.jpg

small_ribon.gif瑞光橋公園の開園を歓迎する、と考える方はこちらを押してください。
ninkiblogbanner.gif
posted by 小坂英二 at 13:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スポンジボブが大好きですw
Posted by 名無し at 2006年06月08日 14:03
可愛いキャラクターですね。初めて見ました。
Posted by 小坂英二 at 2006年06月11日 01:19
可愛いキャラクターですね。初めて見ました。
Posted by スポンジボブが大好きですw at 2006年07月05日 19:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック