2011年05月04日

ギャンブル依存症で年間死者三千人から一万人

 今朝は4時起きで作業開始。昨日、JAGOの事務所に伺い、大崎大地代表からギャンブル依存症の恐ろしさについて話を伺い、認識を共有しながら、5月25日の「パチンコ違法化集会」への打ち合わせも行った件についてのご報告です。

DSC_59.jpg
 都営新宿線の堀船駅から地図を頼りに、JAGOの事務所へ。自宅の一室を開放して、ギャンブル依存症患者と家族へのカウンセリングをしておられます。

DSC_58.jpg
 通り沿いのフェンスにはこのような、告知ポスターを貼って下さってました。ありがたい限りです。
 
DSC05499.jpg

 ★JAGO ギャンブル依存症と戦うNPO法人のHP
 
 ★ギャンブル依存症という日本社会を蝕むウィルスと戦っておられる大崎大地代表のブログ
 ご自身もギャンブル依存症で家庭を破壊し、自殺未遂をされた経験をお持ちで、その経験を活かしながら「ギャンブル依存症」

 3時間近く事務所でギャンブル依存症の実態についてお聞きし、意見交換した後、夕食を食べながら更に打ち合わせ・意見交換。

 日本社会が如何にパチンコという麻薬のようなギャンブルによって国益を損ね、国民が劣化させられているかの危機感、未来に向けて立ち向かわねばならないという決意を共有している方との話は実に心強く、また、有意義でした。
 
 5月25日18:30の「パチンコ違法化大幅課税を求める議員と国民の会設立大会!」にゲストスピーカーとして講演(約20分)をいただく、大崎大地代表との話の一部をご報告いたします。

★日本のギャンブル市場が30兆円を超えているのは異常。米国でさえ、ギャンブル市場は8兆円程度。

 特に21兆円産業と言われるパチンコが日常空間にいつでも・どこでも・誰でもできる状態で蔓延しているのは世界的に見ても極めて異常。

★ギャンブル依存症に関わる死者は、年間自殺者統計だけで見ても、その一割の年間3000人。これは自殺者の中で理由が判明しているものだけの統計であり、「数字に表れない部分」や「依存症により持ち金をすべてギャンブルに使い、食べ物すらまともに採らずに体を壊し亡くなる者」を入れると10000人位はいるという実感を持っている。

★今までに約480件のギャンブル依存症の相談を受け、依存症の克服の為に面談を繰り返し尽力してきた。

★本人はもちろん、家族が依存症の治療に全面協力して定期的にカウンセリングを受けて真摯に取り組めば、8割は克服してきた。

★逆に、家族の協力も無い、一人だけ孤立した状況では200人に1人しか克服できなかった。家族の協力が大切。

★テレビ局からの取材が多数あった。しかし、ギャンブル依存症の恐ろしさについて、真剣に訴えると
 ・NHK教育のテレビ番組では、取材撮影終了後、ボツに。番組責任者がギャンブル愛好家だったから。
 ・TBSテレビでも、取材前日の夜間に、撮影キャンセル。
  その理由は、番組のスポンサーであるパチンコ企業からの「クレーム」か?
  出演を予定していた依存症者本人に平身低頭。

★今まで相談を受けてきた、「ギャンブル依存症」の原因の92%はパチンコ。

★ギャンブル依存症はどの事例を見ても「人格を破壊されている」。犯罪を犯すことも、自らの身の破滅にすら躊躇をしない精神状態になる。
 犯罪を繰り返し、前科1犯,2犯の頃はギャンブル依存症の自覚もないことが多く、3犯、4犯になって、やっと、本人・家族にギャンブル依存症ではないか?という真剣な心配をするようになる。

★行政も保健福祉センターといった機関でギャンブル依存症への対応をしているが、あくまで「距離を置いた形での日常業務の一環としての対応」で踏み込んだ対応をしていない。今の行政でできることは、残念ながら限られている。

★新聞記者と話をしていると、「犯罪者を調べると、ギャンブル依存症であることが実に多い」。ギャンブル依存症は本人、家族が苦しむだけでなく。そこで引き起こされる犯罪によって、被害者になり、「幸福」や「命」を奪われる事例が多数出る事実を政治は踏まえて行動すべき。

★ギャンブル依存症の者が行う、企業における「売上金等の横領」は報道や行政の発表よりもはるかに多く発生している。企業はそうした事実を「企業の信頼を失うことを恐れ」敢えて隠す事例が多い。

★ギャンブル依存症患者に教師も多くいる。子供達に授業で自習をさせ、校長には虚偽の外出の届け出をしてパチンコに興じていた事例も有る。

★さらには、ギャンブル依存症にかかっている「学校長」もいる・・・。

★JAGOという名前には「ジャパン・アンチ・ギャンブル・オルガニゼーション」という意味が込められている。

※詳しく書けば切がありませんのでこの位で・・・。

DSC05501.jpg
 ご自身の経験を書かれた「ギャンブル人生末路と希望」を頂戴いたしました。 

DSC05502.jpg
 有りがたいサイン入りで。

 ギャンブル依存症に苦しんだ本人・家族の方が大崎代表の尽力で克服され、今はJAGOの活動を担う側として尽力されている方が多数おられます。
 そうした方々が5月25日18:30の「パチンコ違法化大幅課税を求める議員と国民の会設立大会!」にも20〜30名、駆け付けて下さるとのことです。

 ブログ読者の皆様も是非、5月25日の集会に足を運んでいただきますよう、重ねてお願い申し上げます。

small_ribon.gifパチンコ違法化は日本人の幸せの為に避けて通れない道、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 08:18| Comment(18) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
応援してます。
どこの町にもパチンコという賭博が存在しているこの国は異常です。
そんな国他にありませんよね。
Posted by イヌ at 2011年05月05日 03:37
本当に応援しています。
今の日本の状況は異常です。
身を滅ぼす入口となるものが日常生活のすぐ横で堂々と日本全国いたるところに存在しているわけですから。
私はパチンコで身を滅ぼした一家を見ました。
パチンコに対して小坂先生のように声をあげない政治家は何を見ているのでしょう?
パチンコ屋の駐車場で子供が熱中症で死亡する事故やパチンコ代目当ての犯罪など目に入らないのでしょうか?
小坂先生のような立派な方が議員をされてる荒川区を羨ましく感じます。
Posted by ほほ at 2011年05月05日 16:09
被災地仙台でついにパチンコ屋のCMが流れました。
ボランティアじゃなくてパチンコしろってことかと思いました。
テレビ局狂ってます。
Posted by 太郎 at 2011年05月06日 00:28
わが区にはパチンコ屋がたくさんあります。

個別のことを言うのはいけないでしょうが、演奏会(日本語に翻訳してます)なるパチンコ屋が近所にありますが、噂では半島系それも北?とか。北千住でも大きな店がありました。石原都知事もパチンコ屋は高尚な遊びではない云々と言いましたが、パチンコはまさしく賭博です。それも 利益が経営者(朝鮮人が9割とか)に莫大な利益をもたらし、それで遊ぶ日本人は中毒となり、家庭崩壊、育児放棄等ろくな事がありません。韓国でも、パチンコは韓国人によからぬ物で禁止をしたとか!! 半島人は日本から良いことはすぐ真似し(盗む?)戦後 それで 日本を凌駕するほどになりました。かの マルハンは年商が兆とか! ネットの情報ですと、創業者は密入国者とか!半島人に甘い日本人は恩を仇で返されている事を知っているのだろうか??
Posted by 区民 at 2011年05月06日 15:29
いつも拝見させていただいております。我が市にも沢山のパチンコ屋があります。数か所の工業団地にあるパチンコ屋●ハンは 知らないうちにできておりました。駅前にも演奏会場なる英語名のパチンコやにゲームや。昼間からいつも満杯です。ここに集まってくるひとは収入はどうしているのやら?国道沿いに、18禁・美少女・下着AVなどと黒い文字で大聞く書いた真っ黄色の大きな建物、どう見ても異常な風景です。
パチンコ、それに連なる風俗店、売春業、風俗ホテル、どう見ても、まともな国ではありません。
Posted by 千葉都民 at 2011年05月07日 10:45
先日、弟を亡くしました。パチンコによる借金を苦に自殺しました。パチンコ歴は25年にもなります。その間家族は弟の借金に苦しめられ続けました。今までパチンコ屋とサラ金に投じた金額は2000万円位になると思います。借金は家族が払ったり債務整理させたりして、説教しましたが、ことごとく裏切られました。依存症という病気を治さなければ借金を払ってあげたり時間をかけて説教しても無駄なんですね。それはわかってましたが、親の預貯金も底をつき私も夫に内緒でキャッシングして実家に仕送りするほどになってしまって、何処かの施設に入所させるとか、精神科に通わせるとかの選択肢はありませんでした。嫁とは離婚していて残されたのはまだ未成年の子ども2人と年老いた母のみです。弟は私にとって頭痛の種でした。このままでは回りがうつ病にでもなってしまうと感じてましたが、かけがえのない弟だと、亡くなって初めてわかりました。パチンコが憎いです。あれは殺人機です。これ以上大切な命、大切な財産、大切な家族の平和なひと時、大切なetcを殺人機の犠牲にしたくありません。5月25日、参加させていただきます。弟の供養にもなるかと思いますので。





Posted by 苦労人 at 2011年05月10日 03:30
この度の区議選より応援させていただいております。今後もさらなるご活躍を期待しております。
さて、私はかれこれ十数年ほどパチンコを週2〜週3趣味でやっている者ですが、パチンコ・パチスロ税導入には賛成します。

理由はうまく言えませんが、
・製造メーカーが低レベル。→1パチでも金がもったいない。
・稼ぎ時の夜でも客が5割くらいしか入っていない店が潰れないのが許せない。→商売が成り立つのが不思議。

私は少ない小遣いの範囲でかつ儲かるわけないと割り切ってやっていますが、売れない製造メーカーが潰れ、流行らない店が潰れるべきだと思っています。いっそのこと全部潰れたら案外すっきりするのではとさえ思っています。

あと、依存症ではオンラインゲーム(ネトゲー)も大問題ですからそちらも念頭にいかがですか。
パチンコなどオンラインゲーム上での課金が賭博行為にあたらないのは理解できません。仮想社会だと正当化されるのでしょうか。

今回は興味深いテーマでしたので、意見を述べさせていただきました。駄文失礼しました。
Posted by 趣味人ですが at 2011年05月13日 01:02
ほかの方のコメントを拝見しまして、内容が一部不適切だったことを反省し、お詫び申し上げます。
趣味でやっている(いた?)者でもパチンコ屋はいらないという意見があると書きたかっただけです。失礼しました。
Posted by 趣味人ですが (追伸) at 2011年05月13日 01:15
「年間死者三千人から一万人」の出典はどこでしょうか?
検索しても、噂しかヒットせず、政府などの信頼のおける発表は出てきません。
この数字は低すぎです。むしろパチンコをやった方が自殺予防につながることになります。
Posted by ノシ at 2011年05月15日 23:44
>この数字は低すぎです。むしろパチンコをやった方が自殺予防につながることになります。

日本の年間自殺者が3万人だとしたらそのうち1万人がパチンコが原因で自殺してるってことでしょ。
パチンコがなければ2万人に減るってことでしょ。
予防につながるとか意味がわからない。
Posted by at 2011年05月16日 00:35
あなたには聞いていません。
Posted by ノシ at 2011年05月16日 07:44
>ノシ

だったら直接メールすればいいのに。
自殺予防につながる(笑)とかわけのわかんないこと聞かれても困るだろうけど。
Posted by at 2011年05月16日 09:32
「年間死者三千人から一万人」が低過ぎる。
つまりパチンコによる死者はもっと多く発生するべきってこと?
なのに「パチンコをやった方が自殺予防につながる」?
意味不明です。
Posted by nekoham at 2011年05月16日 19:14
パチンコが旬だから叩いてるだけに見えますね。
理屈がオカシイ。メタボになるのはファーストフードが原因だから潰せと言ってるレベルです。
年間死者3千人というソースは何処なのでしょう?因果関係が立証された3千人ですか?

風適法を遵守して営業している企業まで、ソースも曖昧な資料と一部の嫌韓派の応援で潰そうという事が恐ろしい。
パチンコ根絶した後は他業種をネタにされるのですか?

メタボもパチンコ依存も自己責任ですよ。誰も強要している訳ではないのですから。
Posted by 通りすがり at 2011年06月02日 19:10
>風適法を遵守して営業している企業まで、ソースも曖昧な資料と一>部の嫌韓派の応援で潰そうという事が恐ろしい。

話のポイントがずれています。風適法ではなく刑法違反だと反対派は思っているんですよ。
Posted by at 2011年06月02日 23:00
ギャンブルが「悪」と言う問題と、「合法?・違法?」の問題と、ゴチャゴチャになっている。
もしも、「ギャンブル=悪」ならば、合法であっても「悪」との主張を聞きたい。
無論、競馬・宝くじも含む、公営ギャンブルも否定すべき問題・・・かと。

「パチンコ=違法ギャンブルだから不要」と、ギャンブル依存症の話は、全く別問題だと感じます。
Posted by at 2011年06月05日 01:13
パチンコ屋なんて、消えてなくなってほしい
あんなものが、コンビニエンス・ストアーみたいにあって
何万 何十万もの人間が不幸になってるのは嫌だ

人間を依存症にして、蛾を光であつめるような
動物を餌で釣り上げるような 罠を仕掛けるような
お金を使って そんな やり方で人を騙して
本人も その人の家族も 友人も 皆不幸にしてしまう。
あんなものにお金を使って結婚出来ない人
死んじゃう人、親が依存症で不幸になる子供達
不幸になる妻 不幸になる旦那 不幸になる本人
依存症の人が泥棒になるのも、当然だとおもう。

結局この、負のスパイラルはパチンコ屋を無くさないと消えない

皆苦しいんだ

多くの人を不幸にする産業なんて無くていい
天下りや癒着の最も最悪なのが、このパチンコで
こんなの人殺しとたいして変わらないよ。

俺は勝ってるんだって自慢している人達がいる。
だけど、その人達は人の不幸の上に成り立ってるだけ

あの人達は人間としての重大なものが欠落している。

余り言わない方が良いのかもしれないけど
私は某桜なんか信用していない、国会議員も
もう、信用出来ない パチンコ如きを無くせない
パチンコ屋を無くす気もない、そんな議員ばっかり

小坂英二さんと西村慎吾さん頑張って欲しいですが
この問題は根が深くて、難しい
Posted by D at 2012年05月19日 19:49
それとトイレや駐車場での自殺者を出しても平気で営業する。
そんなの許して良いのかと、私は本当に疑問で理解に苦しむ

その自殺者を実際に目の当たりにしても
パチンコ屋に通い続ける人の心境も全く理解できない
布を被せられて、トイレから運び出される遺体を横目に
平気でパチンコやパチスロをする心理状態というのが
どれだけ異常な事か、どうして そうなったのか
私は専門知識はないけれど、そういう人間に仕立て上げるように
パチンコやパチスロは出来ているとしか思えない

パチンコは現代の奴隷制度というとわかりやすいかもしれない
今日は何万負けた、俺は何万だぞ!って平気でそういう話しをする。
ご主人様にこんなに貢いだんだ!って自慢してるのと大差ない
今日はこれだけ勝ったとか、飴を貰って喜んでる奴隷みたいなもの。
綺麗な首輪を嵌めてもらって自慢してるのとたいして変わらない

依存症にして、ご主人様から褒美の飴を貰おうと通い詰めて
ご主人様に気に入られようとして、通い詰める。

パチンコ屋というご主人様に貢げなくなったらポイッ

また新しい奴隷を依存症したら良いぐらいにしか思っていない
あの表面的に客をもてなす態度に騙されちゃいけない

お姫様や王子様にでもなった気分になるのかもしれないけど
実際は奴隷にしか過ぎない、ボロボロにされた時に気が付いても
依存症という病気は厄介なもので、もう手遅れで普通は抜け出せない
精神力の問題ではなく、そういう病気なのだと認知する人が少ない

メディアが最近は全然伝えないから、新聞をみると
なんだかパチンコ屋のチラシがいっぱい
最近は『出玉爆発!』とかは禁止なんですよね?
射幸心を煽るのは禁止だからか『店長就任4年目の覚悟!』とか意味不明なチラシが毎日入ってる。
どんな覚悟だ?と小一時間 問うてみたい いやマジで店長アホかと

パチンコとかスロットに通い詰める人間は
メディアが全然伝えないのは広告費の関係だろう?というと
陰謀論だと言うが、実際全く否定できる根拠はない

パチンコやスロットは素晴らしい産業として成り立ってる!という
何を生み出す訳でもなく、ただただ収奪するだけの産業
その人は、そんなお金がある訳でもなく現在無職のオッサンだけど
自己責任とは余り考え難い、規制は必要だけど
本来賭博としてあってはいけないものだね。

金が欲しくてやる遊技なんて有り得ない話だからね。
Posted by D at 2012年05月19日 20:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/199133633

この記事へのトラックバック