2011年08月23日

役所の登録で台湾人いじめが来年7月に終了・・・。

 こちらの動画は、一昨日の21日のフジテレビへの抗議デモ(21日のブログ記事をどうぞ!)の全体が分かるチャンネル桜の報道です。是非、ご覧下さい。


 雨があがり、夏らしい暑さが戻りつつあります。

 さて、先日、区の戸籍住民課長に、「台湾人」の登録について確認しましたので、今後の是正の内容についてお知らせいたします。

 日本に住む外国人は、「外国人登録」をされます。その際に、中華人民共和国の支配下に一秒たりとも入ったことも無い、「台湾国」から来た方が、不当にも国籍欄に「中国」と書かれてきました。

 これは台湾国という独立国に対する侮辱であり、ご本人にとって実に屈辱的なことです。

 この表記を「台湾」にすべきという運動が、台湾人と義憤を感じた日本人によって続けられてきました。

 そこでやっと、変化が生じたのですが・・・。表記は「中国(台湾)」という形。しかもこれは外国人登録証明書での表記のみであり、外国人登録原票記載事項証明書では相変わらず「中国」として登録。

 改善というよりも、「中共に飲み込まれた台湾」のようなイメージすら感じさせ、強い反感を生んできました。

 そうした異議申し立ても続けられました。

 平成21年7月の関連法改正によって、日本に住む外国人が「外国人登録」から「住民基本台帳(日本人と同じ)」への登録へと抜本的に変えられることになりました。

 法施行は平成24年7月。

 その際には、やっと台湾国の方の国籍表記が「台湾」という当たり前の形に是正されます。事前申請は平成23年12月から可能だそうですが、多くの台湾人が歓迎しています。


 こうした問題以外でも、役所が絡む台湾人いじめは多数あり、一つづつ是正していかねばなりません。例えば、学校で使う地図帳では中国共産党支配地域と国境線が引かれてないものばかり、ということなどなど。これだけ近い隣国なのに、友好姉妹都市提携を台湾国内の都市と結んでいる自治体は実に少ないことも。

 また、この機会に「外国人登録証明書」は廃止され、順次、「在留カード」(入国管理局で発行)又は「特別永住者証明書」(区役所で発行)(どちらもICチップ入り)に切り替えられます。

 小坂の認識としては、この機会に「通名」という犯罪に悪用されまくっている異常な制度(こちらの記事をご覧ください)や存続する意味が無く有害な特別永住制度は廃止すべきと考えています。

 入国管理局と自治体の情報共有も進む形になります。以上は、荒川区に限らず全国一律の対応となります。

 この外国人登録制度を廃止して住基台帳に組み入れる制度改正は良い面と懸念を感じる面の両方が有りますので、今後も、ブログ等にてご報告をして参ります。

small_ribon.gif台湾人いじめを止めるという、当たり前の改善がここまで遅れるような日本政府の姿勢は異常!、と考える方はこちらの2つのボタンを押してください。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感


posted by 小坂英二 at 11:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
物凄い勢いで黒くなって行く日本において、こういう改善は嬉しい限りです
しかし中国(台湾)とはあまりにもひどいですね
そもそも中国というのは、世界の「中」心の「国」と勝手に言ってるだけなので、日本でもシナまたはチャイナと呼ぶべきです
Posted by 日本人A at 2011年08月23日 16:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。