2011年09月05日

アイヌ利権が全国に拡大する恐れ!まずはアイヌを知ることから!

 8月31日のブログ記事に書いた「アイヌ利権と戦う当事者の話を一緒に聞きませんか?」でご案内をした、第3回有本香セミナー「アイヌとは何か」に参加して参りました。消防団員としての訓練を終えてから、荒川区から自転車を飛ばして約40分で到着。

 ★アイヌ利権についてはこちらのブログ記事でご紹介した動画を是非、ご覧下さい★

 アイヌ利権と在日特権・利権、同和利権は構造がとてもよく似ており、衰退しつつある同和利権にかわってアイヌ利権を全国に広げようとする動きすらあるのです!
 

 講師は以下の方です。

工芸家:砂澤 陣 氏 ツイッター HP 

文化人類学者:河野 本道 氏 著書等

北海道議会議員:小野寺 秀 氏 ツイッター HP

コーディネイター:有本 香氏 ツイッター 著書

 セミナーで語られた、驚くべきアイヌ利権の現状について、小坂のパソコンからツイッターでツイートし続けました。

 そこに若干手を加えて、昨日の講演の要点を以下、ご報告いたします。会場での写真撮影などは禁止されておりましたので、講演内容のみにて。

河野本道氏(文化人類学者)
 「そもそも、アイヌは一つではない。南下してきた人々、北上してきた人々が交わったのが北海道でありアイヌとなった。1万年以上前に北海道から本州を渡り、南下してきた人々が本州に定着してきている実例も有る。」

 アイヌは先住民族なのか?北海道のアイヌを日本人が侵略したという物語が有るがそれが真実か?実はずっと以前から交流?「国会がアイヌを先住民族であると決議したが、実質審議無しに決めた。津軽海峡を挟んで1万年以上前から本州と北海道は行き来している。」

 「アイヌが一つで会ったことは無い。様々な起源を持つ民族が併存していたが、それを無知ゆえにひとからげにしてきた。歴史的な墓標を見ても起源が異なるものが併存している。「えんちゅう」という民族を樺太アイヌなどと勝手に読んでいる例が有る。」

 「江戸幕府はアイヌを弾圧してきたように言われるが、実際は自らのところに抱え込んできた。アイヌ差別と言われるが、過酷な労働など有った。千島樺太交換条約の際に北海道に移住してきた「えんちゅう」を樺太アイヌと勝手に名付けた。」

 「北海道の鮭が採れなくなってきてから、今度は樺太からかつて移住をしてきていた「えんちゅう=他称は樺太アイヌ」が北海道から樺太へ移住して鮭を取っていた。」

 「旧土人保護法は北海道の農地開拓のため。本州から来た者に土地を与え、アイヌ、本州人が働けるようにしていた。明治時代には既に漁場が開拓されていたが、北海道の内陸では開発はされていなかった。」

 「北海道を一律に考えると認識を誤る。江戸時代に松前藩がアイヌの人々を雇ったりと抱え込む態度をとっており、弾圧をしていたというのは違う。「江戸幕府」「松前藩」「出入りの商人」の3者で立場は異なっていた。」

 「松前藩の中心部に近いアイヌは藩と仲が良い。一方、東部のアイヌ(今の根室などを中心にする勢力)は松前藩と距離をおいていた。その両者で対立が有った。」

 「松前藩と戦ったシャクシャインの娘婿は倭人。このように1600年代にはアイヌと倭人は大規模に混交。本州の人間が大量に北海道に入っており、アイヌ系の人々と同じ位いた。その後、100年、200年と続くと混交はさらに進んでおりアイヌと倭人は不可分に。」

有本香氏
 「北海道の学校で配布されている副読本では「アイヌ」という固有の民族と倭人がいて対立し、倭人がアイヌを滅ぼしてきたというストーリーになっている。アイヌの定義は民族の血と言っているが、先述のように血で分けられる状況出なかった筈。」

 「アイヌを先住民族とする国会決議はアイヌの定義も先住民族の定義もなされずに決議されてしまった。国会議員4名に聞いたが、4人ともこの決議について何故賛成をしたかその材料すら持たずに賛成してしまったと話していた。それが実態で、政治的駆け引きの中で、満場一致可決された」

 「アイヌという特別な人がいて、その他を倭人と一括した表現はおかしい。アイヌ系と言われる人々、何百年も前に本州から北海道に渡った人々、江戸時代以降に渡った人々が混交して来た筈」

河野本道氏(文化人類学者)
 「第二次大戦後のアイヌについての議論や動きは「まがい物」。祖先をダシに商売の道具に使っているようなもの。日本が発祥のものをアイヌ独自のものと勝手に定義づけたりと捻じ曲げられたものが多い。一部を取り出して独自の文化と言ってしまうと認識を誤る」

 「北海道は混交地帯であったのが実態。1200年代以降、国家体制ができてきて多くの人が本州から移ってきた。また、松前藩というと北海道内では倭人の代名詞として語られるが、これは間違い。」

「今日、会場に来ている砂澤氏の祖父は旧土人保護法を脱却させる運動を進めて来た急進派であった。自立するために北海道民芸を設立した。」

砂澤陣氏
 「アイヌ系日本人である自分にとって、アイヌを口実に事実を捻じ曲げられていることは許せない。アイヌの生活様式と言われるものを見ても、日本の様式を取り入れたものが大部分。」

砂澤陣氏
 「河野本道氏はネット上ではアイヌバッシングをしていると書かれているが、真っ赤なウソ。長年アイヌの真実を研究されてこられたのが河野本道先生。アイヌを道具に研究費や利権を得たい者にとって一番邪魔なのが今日、いらしている河野本道先生である。」

 「アイヌ系の人々が河野本道氏にアイヌ問題について書いてほしいと依頼して書いた本は「アイヌを侮辱する本だ!」とアイヌ系の人々が裁判に訴えて排除しようとしてきた。真の歴史を語れる場所がどんどん奪われているのが現状。アイヌ関連の書籍は現在、部落解放同盟や日教組系などがほとんど」

北海道議 小野寺まさる氏
 「アイヌ関連の利権。一部の人たちが過大な利権を得ている。3年前アイヌの職業訓練で定期券を三ケ月分購入し、一日で解約しポケットに入れ、その後は自動車乗り合いで通うことを組織的に行っていた。」 

 「アイヌ関連の利権。びらとりダムに関連して、「このせいで生活をむちゃくちゃにされた!」と裁判に勝つ。行政はそれに怖じ気づき、アイヌ農地(今日の会場の会議室の4分の1程度の小さなもの)を再し、5年間で管理料1億数千万円をアイヌ側に払っていた」

 「アイヌ利権。アイヌへの奨学金で通信制の大学の入学の事実だけ確認しで奨学金を支払い、その後、ノーチェックで10年間就学資金を受け続けてきた事例も有る。アイヌ協会が認定すればアイヌ人という不明確な定義で奨学金を支給し続けて来た。」 

 「アイヌ利権。アイヌへの奨学金を受けている者が例えば羅臼では最初4人だったのが、少し経って3ケタに激増した例も有る。アイヌと自称して悪用をしている事例の中で部落解放同盟の当事者が入り込んでいる事例が多い。」 

 「アイヌ協会がコリアンフェスティバルに参加(アイヌの踊りを披露しに行った・・・)する時に多額の補助を受けていた。旅費の実費と請求額に多大な差額があり私物化。自分が追及するまでは、領収書添付すら行われていなかったずさんな補助金支給していた。」

 「北海道内で小中学校似て全員に配られるアイヌに関する副読本はどっちともとれる表現が多い。血のつながりがなくても「共通の生活習慣が有れば」アイヌになれるような表現。」

砂澤陣氏
 「アイヌ協会では血のつながりという定義は実にいい加減。例えば、アイヌ系とアイヌと関係無い人が結婚し、その連れ子がいた場合、連れ子までアイヌ認定。兎に角、自らの母集団を大きくしようとする意図が常態化。アイヌの不正について中に入って調べてたらあまりに酷く我慢ができなかった」

 「不正を繰り返している連中がアイヌ民族の誇りなどと言っていることに我慢がならない。アイヌについての歴史や認識をアイヌ関係や北海道だけで考えるだけではなく、日本人全体で考えて欲しい。アイヌに関する歴史が歪められていることが、日本全体に影響を及ぼすことは実に深刻。」

小野寺まさる 北海道議
 「「国籍と民族は別」と副教材に使っている。その詳細においても日本は多民族国家でそれぞれの民族を応援しようという意図が認められる。アイヌ人は特定の集団に利用されてしまっている。喧嘩をする必要は無いが、筋が違うことはきちんと指摘をしていかねばならない」 

有本香氏
 「アイヌについて書かれた副読本を読むと、国民を分断させるような意図が見受けられる。1977年にアイヌ系で国会議員に成った人が中国を訪問し、その少数民族政策を見て素晴らしい!と感じて、アイヌ復権の運動の弾みをつけた記述が。中国のショーウィンドウ的なものを見て騙されてきた。」

小野寺まさる 北海道議
 「アイヌ研究の成果が上がっていないことを追求した。アイヌ語講座を文化庁から支援を受けていたが、講師は架空で、受講者もいなかった事例が有った、講師に名前を挙げられた方に聞くと「講師になったことなど無く、講義もしていない」との事例。」 
 
 「アイヌ利権のこうした問題は全国に広がる可能性が有る。アイヌは2万人以上いると騒ぎ始めているが、放っておくとその対象を増やされるばかりである。同和政策での優遇策が終えられた今、国連や国会のお墨付きをえたアイヌ利権に群がり始める可能性が有る。」

 「アイヌ協会が自主権を求めてきている、との話が有るがそれどころではない。自分たちの憲法、軍隊、国旗、国歌を持つと主張している。そんな話がアイヌ協会札幌支部の総会の資料に。9月の天皇陛下の北海道訪問の際にこうした団体の者がアイヌの説明をするかも。」

有本香氏 
 「日本人の大部分が無関心な間にどんどん利権が拡大している。総務省のHPを見るとアイヌ系の実態調査をしている。どんどん自称アイヌが増えてくる動きと連動しているように見える。アイヌ系の定義が無いのに利益を得られるのは許してはならない。更に全国に広がるととんでもないことに」

 「アイヌ協会は中国の少数民族政策は素晴らしいと言いながら、日本政府には自治権を要求するなど支離滅裂な対応をしている。」 

小野寺まさる北海道議
 「アイヌ協会の幹部の腐敗は酷い。一般会員は幹部のやっていることに異議申し立てをできずにきて、従っていた。」

砂澤陣氏
 「行政の「アイヌ以外への差別」について行政の責任を徹底的に追及をしていく。それを正面からやろうとする者は自分位しかいない。」

河野本道氏
 「先程から小野寺道議が指摘をしてきた不正はアイヌ協会の前身のウタリ協会の時代から行われていた。組織を監督する北海道庁は不正を指摘するどころか見逃してきた。」

 セミナー終了後、会場で再会したウイグル人のトゥールムハメットさんから東トルキスタンを巡っての戦慄の走る話をじっくり伺いました。他人事では有りません。日本人が日本を護る覚悟を持ち、綺麗ごとで腐りきった機能不全の政治を破壊し、日本人の為の政治を取り戻さねば、日本は支那共産党の恐怖政治に怯えながら国民が暮らす「実質的属国」となってしまいます・・・。

 共に戦わねば!自分の微力さに負けることなく、仲間を増やし共通の敵である支那共産党の侵略を防がねば!日本人として!
 
small_ribon.gif新たな巨大利権を目指すアイヌ利権を根絶するためには日本人が正しい知識を持たねばならない、と考える方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感


posted by 小坂英二 at 16:44| Comment(7) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エセ同和を連想し身近に感じます、日本人では無いと言いたいのだろうか、日本人としてプライドを持ち、日本人として与えられた権利を最大限使いアイヌ 熊襲 大和朝廷に服従しなかった蝦夷と色々な種族が混在する日本だったが今は自分の利権の為、己が名乗り出ているだけの事 あらかわ区民の同和問題支持者に依って騒がれたがアイヌも同じではないのかな 隣国からの支持を受け動いている輩に私は見える
Posted by 荒川躍進 at 2011年09月05日 18:46
終戦の日のmy日本の2次会でご挨拶させていただいた香川県の京極です。

アイヌに対しては小学生のころから学問として興味があり、色々と本を読んで勉強してきました。
しかし2000年前後から、彼ら「アイヌを自称する団体」の国に対する訴訟のやり方に疑問を感じるようになりました。
同和利権の実態を勉強するうちに、彼ら同和の運動と自称アイヌ団体のやり口が似ていることに気がついて、心底憤りを感じるようになりました。

上記の砂澤氏が以前チャンネル桜で訴えられていましたが
「ウタリ協会の幹部には在日朝鮮人が混じっている」
という事実があるようですね。

8月6日に広島で地元民からうかがった話ですが、
「被爆者の2世3世」
を騙って、生活保護を受けている在日朝鮮人がいるようで、同和と同じやり口で利権をむさぼっているとのことです。


これらの事実をメディアが正しく報道する可能性はありませんから、どうやって世に知らしめて行くかが問題だと思います。
Posted by 京極六万石 at 2011年09月06日 01:18
我が祖国日本の成り立ちと、我々日本人生い立ちを辿れば、こんな馬鹿な法律は出来ない筈なんですが、どいつもこいつも馬鹿ばっか。
全く嫌な浮き世だねー。
Posted by 和賑 at 2011年09月06日 11:10
お金ではなく土地をアイヌ人にすべて返せば問題ない、そして独立すれば手が切れます。発想の転換が必要。北海道をロシアに渡せば、アイヌに課税することも必要なくなるし、税金を投入することもなくなる。万州を中国に返したように、ロシアに北海道を返す。
Posted by アイヌ人 at 2011年11月06日 18:43
原点回帰を主張するなら、インフラから既得権益まで全て手放して、江戸時代初期の小さなコタンに戻ってからですね。
内地の為政者による恩恵も、少なからず受けているのですから。
例えそれが、争いの果ての屈辱的な従属であっても。それが歴史、社会というものですから。

あと、ロシアへの返還については全く意味が判りません。毛皮目的でラッコやアザラシを狩りに来ていたロシア人と、殺し殺されの血生臭い歴史がアイヌにはある筈ですが、何故日本には謝罪と賠償を要求してロシアには阿るのか、詳しい解説をして頂けるとありがたいです。
Posted by nekoham at 2011年11月07日 21:04
アイヌ協会に在日朝鮮人が入り込んでるとか(笑)
本当、ネットの垂れ流し情報に入り浸って自分らで調べることとかしない奴ばっかりな。そーいうのは本当がっかりだわ。
アイヌが日本から受けた侵略的圧迫、差別があったからこそ謝罪も賠償も必要だとずーっと昔からアイヌは言ってきてるんだよ。
何もされていないのに国に賠償だなんだと喚くのはただのキチガイだろう、常識的な思考力あればわかるだろう?これはどうなんだろう?と疑問が湧いたら自ら調べるのが普通だろう、それもしないで他人の情報に乗っかり二言目には在日だ!在日だ!って頭大丈夫か?って聞きたくなるわ。そういうこじつけされて迷惑なんですがアイヌの私としては。日本人ならもっと自分の国の歴史くらい勉強しようよ恥ずかしい。
Posted by アイヌだけどさ at 2013年10月17日 15:58
>>自称アイヌへ

それならまずアイヌは侵略者としてウィルタ等少数民族に謝罪すべきだな
Posted by at 2013年11月13日 23:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。