2012年03月14日

荒川区議会本会議場に天皇陛下の御真影を再びお迎えを!(全国の地方議会でも!)

 資料整理や調査などであっという間の一日。

 15日の本会議の予算賛成討論の中で「荒川区議会本会議場に天皇陛下の御真影を再びお迎えを!」という趣旨で、本会議場の正常化を求めます。

DSC06787.jpg
 平成23年12月13日のブログ記事「会津若松市から御報告(委員会視察1日目)」に写真を掲載したように、会津若松市議会の本会議場には、現在でも御真影を納めていた額がそのまま議場後部に設置(上記写真)されています。

DSC07544.JPG

(以下、該当する内容の討論において以下のような指摘をします)

 最後に議会費に関連して、日本創新党が議会改革で求めてきた、「定員を24へ削減すること」「議長職のたらいまわしの廃止」などを再度、求めます。

 それに加えて、本会議場への天皇陛下の御真影を再びお迎えすることを求めます。
DSC07543.JPG
  昭和14年の荒川区議会本会議場の写真(上記)を見ると、国旗の隣に天皇陛下の御真影が掲げられています。

 大東亜戦争敗戦を経て、米軍占領下の昭和20年に各学校や官公庁における「御真影の撤去」の指示が出され、荒川区議会でもそれに従って撤去された模様、(議会事務局に記録を確認してもらいましたが、当時の資料が見つからないとのことですが)です。

 米軍占領下のGHQの指示の下での、「皇室」と「国民」分断策にいつまでも従う必要など有りません。

240202honkaigikosaka.jpg
(※写真は2月20日の荒川区議会本会議での小坂の「怒涛の本会議質問」の様子です。)

 日本の国体のみなか(中心)であられる天皇陛下の御真影を本会議場に再びお迎えする「議場の正常化」を荒川区議会はもちろん、全国の有志地方議員と進めていく決意であり、荒川区議会としても歴史の縦糸を取り戻そうではないですか。

 「他の自治体の動向を見て」とか「突出したことは避ける」という姿勢は結局、歴史の断絶を加速し、不正義の延長、蔓延につながることを、再度、はっきりと申し上げます。

small_ribon.gif御真影のお迎えという議場の正常化を行うべき、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感


posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
天皇制については日本国憲法第一条に記されている、例え条例であれ決議する場に御真影が位置されていない事は、全く以て可笑しなこと、荒川区議会議員が真の日本人ならば、真っ先に掲げるべきだ政治には関与しないが、国民を護る心構えは誰にも負けては居ない、こと知らない似非日本人ならば別だが
Posted by 荒川躍進 at 2012年03月16日 18:19
随分昔の記事ですが、御真影を購入するために検索して辿り着きました。全くもつて正論であり全面的に支持をする。
Posted by at 2021年12月23日 02:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック