2012年06月29日

ギャンブル依存症問題コンサルタント:大崎大地氏(JAGO代表)講演決定!(9/7(金)18:30 ムーブ町屋)

DSC08707.JPG
 一週間に渡って石巻市(宮城県)を中心に被災地でのパチンコの害悪を調査し、カウンセリングのセミナーも開催してこられた、ギャンブル依存症問題コンサルタントの大崎大地氏NPO法人JAGO代表)の話を伺う場を作り、有志の地方議員や国民で実態をお聞きすると同時に、それぞれの持ち場でできることを議論してきました。。

★JAGOの大崎大地代表と初めて会って話をした際の記事「ギャンブル依存症で年間死者三千人から一万人」(平成23年5月4日)もお読み下さい。

DSC08710.JPG
 参加したのは、ともにパチンコ規制を市議会で提案してきた奥村直樹北九州市議(福岡県)、柿沼貴志行田市議(埼玉県)、小坂も顧問を務める「頑張れ日本!全国行動委員会 東京・荒川支部」の田口賀都子支部長、パチンコ違法化を応援する稀有なメディアであるやまと新聞の楠田真悟記者。

 途中に昼食をはさみながら、実に4時間に渡って、被災地でのギャンブル依存の惨状(体験談に加えて「スーパーJチャンネル」で被災地のギャンブル汚染の状況に大崎代表が同行して取材され放送された映像)、議会活動でのパチンコ規制の主張の方向性、ギャンブル依存症撲滅の為にすべきことなどを議論しました。
240629JAGO2.JPG
 以下、備忘録としてツイッターで記録した話や大崎大地代表のツイートから転記しご報告致します。

大崎大地JAGO代表
 「善悪の線引きをできない大人が多くなっている現状、子供達も溢れる情報の中で判断ができず、刺激の強いものに対して飛びつく状況になっている。そろそろその線引きをきちんとしていく社会にせねばならない。幸せとは何か、という認識を明確にしていく社会であるべき。」

 「ギャンブルが娯楽、と考えているうちはパチンコ依存症は撲滅できない。悪であると考え、『つくられた依存』からの脱却を図らねば不幸から救い出すことはできない。」
240629JAGO1.JPG
 「浦安市での同一マンション内での女性刺殺事件の殺人容疑者はパチンコ依存症であるとの情報が入ってきた。刺殺された女性が夜中寝ている時に忍び込んだのは、ギャンブルによって人格破壊された加害者が「女性がいる時には手持ちの現金を必ず持っている」と見込んで侵入した。」

 「米国では犯罪を犯した受刑者の25%がギャンブル依存症であったとの統計が出ている。日本政府では同種の数字を調査・発表をしていないが、独自に調査をした方の数字では日本では50%にものぼる。ギャンブル依存症は人格を破壊し多くの犯罪を生みだしている。」

 「パチンコ依存症は脳内麻薬とも言われるβエンドルフィン系の神経伝達物質などの関与が考えられると精神医学界は発表しています。一日も早く「パチンコを必要としない生き方」を学ぶ必要があります。ギャンブル(博打)が町に氾濫し多くの不幸を生み出しています。克服セミナーへ参加して見て下さい。
240629JAGO3.JPG
 「私は言い続けてきた。ギャンブル依存症は病気。依存症者の「自己責任はゼロと捉えるべきだ」。しかし自己責任を主張しパチンコ依存症の息子(20歳)を暴力などで追い詰める父親。死ね殺すと罵倒。依存症という病気の存在を知ろうとしない無責任な大人たちの姿は寧ろ症状を進行させる。」

 「パチンコは、国民の「娯楽」に非ず。今や「博打」と化しています。博打は、習慣で依存症に堕ち入り、「やめようと思ってもやめられない」という症状(人格破壊症)に悩まされ、同時に家族たちをも苦しめます。依存症の「被害」は拡大しています。一人でも多くの人がこの現実に気付いて欲しい。」

240629JAGO4.JPG
 「被災地から。夫のギャンブル依存症で悩む妻からの相談。商売の立て直しも放棄。多額の借金を抱えている事も忘れ博打に興じる。夫の借金保証が壁で離婚もままならない妻。未来を失っの悲しみは、他のご家族たちにも共通する。開店前のパチンコ店に群がる姿に復興の夢までも消えそうだ。」

 「パチンコ依存症についての問題意識が広がっていることを実感。パチンコの好き嫌いではなく、洗脳によって依存をさせられている、病気であるという理解が重要。依存症について行政、国民、政治家への正しい理解を深めて行く活動を進めて行く。自己責任論では解決できない。」
240629JAGO5.JPG
 「被災地で地域の公務員5人に話を聞いた。そのうち4人がパチンコ依存者であった。それでは、何も手が打たれないのはむべなるかな。怒りをもって別のところを当たったが、パチンコ依存症について話ができる相手を現場の行政で見つけるのは難しかった。やっと最後に見つけたが。」

 そして、今日の打ち合わせを踏まえ「頑張れ日本!全国行動委員会 東京・荒川支部」の主催でギャンブル依存症問題コンサルタント:大崎大地氏(JAGO代表)講演決定!

★ギャンブル依存症問題コンサルタント大崎大地氏(JAGO代表)とギャンブル依存経験者体験談を中心にパチンコ依存症撲滅・パチンコ違法化への講演会を開催!

 是非、お知り合いをお誘いの上、ご参加下さい!ギャンブル依存症がどれほどひどく日本を蝕んでいるか!その実態を知り、日本人として何をすべきかを考えて行く場になれば幸いです。

 日時:9月7日(金)18:30開会 

 場所: ムーブ町屋 ムーブホール(296名の会場 メトロ町屋駅前)

 講演:無料

 終了後懇親会有ります。希望者は是非!(有料)。

small_ribon.gifギャンブル依存症の恐ろしさを広め、パチンコを廃絶する国民運動を拡大していくべき、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感


posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。