2012年07月19日

(加筆!)3億7千万円(試算)にのぼる朝鮮学校(荒川区東日暮里)建て替えへの補助金!反日学校への都外郭団体からの補助金は論外、各種学校としての認可取り消しを!

 昨晩行った、小坂が語るネットラジオ「日本サイコー!」の公開収録(こちらでご案内)、懇親会は有意義な話も交せ、多いに盛り上がりました。

DSC09038.JPG
 さて、10日程前から現場に掲示され始めた、荒川区東日暮里に有る「朝鮮学校の建替え」。

 補助金の申請はこれから受け付けるようですが、耐震改築の扱いであると、以下の計算式で東京都の外郭団体である「公益財団法人 東京都私学財団」から「各種学校」としての扱いで莫大な補助が出ます。

 今までの敷地内で同じ4階建て。新たな床面積は2844平米ですので、それと従前の建物の床面積が同じとすると・・・。 

 床面積1平米あたり165,400円×2844平米(従前の建物の床面積なので、若干の誤差はあるかと)で

 計算すると約4億4070万円

 この朝鮮学校の建物は2つの棟に分かれており、1つの建物について、IS値によって8割がけか66.6%がけになります。

 標準的なケースでは8割掛けになるので一つの棟あたり、最大2.4億円の補助が出されると推察されます。

 東京都私学財団の補助制度の詳細のページに記載を見て、再度、事務局に確認すると・・・。

 一つの学校に2つの棟が有る場合は、それぞれに上限最高2.4億円ずつの補助金を受け取ることができるのです!

 現に7月6日に締切で申請を受け付けた段階では、24、25年度に渡って、合計3.7億円の補助を受け取る形での補助申請書類が出されているのです

 東京都私学財団の補助決定は7月末。

 この財団は東京都が約155億円補助を出しており、実質的に都が朝鮮学校への建て替えに補助金を出すのと同じ。

 朝鮮総連の下部組織であり、一貫して反日教育を行う朝鮮学校へこのような補助を、実質的に東京都が行うことは断じて許し難し!反対の声を挙げて行きましょう!

朝鮮学校がどれだけ日本社会に害悪を及ぼすか、小坂が以前書いた関連ブログ記事からお読みいただければ幸いです。沢山の記事が有ります!

 東京都は外国人学校への補助のうち、朝鮮学校への補助(在籍一人について15,000円×人数分)のみを22年度、23年度は対象外にしました。

 それと同じように国益の観点から、改築する各種学校のうち、朝鮮学校は補助対象外にすると決断して、財団にもそうした姿勢を取らせるべきです。

 今までには江東区にある東京朝鮮第二初級学校へは平成21年度、22年度の合計で1億7200万円、町田市にある西東京朝鮮初級学校の建替えに平成23年度に2億1600万円、24年度に2400万円(申請中)を支給または支給の見込み。
 他にも耐震補強の名目で北区に有る東京朝鮮中高級学校の体育館工事へも、平成23年度になんと2億3500万円もの補助金を支給!


 支出元は東京都が155億円も補助する外郭団体の東京都私学財団。平成19年度から各種学校への耐震改築等への補助を開始。

 都民の税金で朝鮮総連(北朝鮮の出先機関)の下部組織の反日学校が新築に!取り急ぎ反日学校を補助対象から外すべき。怒り心頭!

 東京都がこのような反社会的学校を認可していること自体が誤り。早急に認可を取り消すべき。

small_ribon.gif朝鮮学校への補助金など論外、各種学校としての認可も取り消すべき、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感


posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
抗議をしたいのですが何処に抗議をすれば良いのか分かりません。
東京都私学財団?しかしそれを運営しているのは東京都、では都に対して?しかしそれを運営決定しているのは都議会議員、では都議会議員に対して?はたまた猪瀬都知事に対して抗議の声を?
どなたに言えばいいのか分からない・・・
Posted by なんてことだ at 2012年12月29日 09:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。