2014年02月20日

日本の縦糸を引き継ぐ教育を!(本会議質問2/20)

260220honnkaigijimu1.JPG
 2月20日13時から、40分の持ち時間をフル活用しての本会議質問は日本人の民族衣装である和服で行いました。
 その和服の羽織は小坂を応援して下さっている地元の方が、亡くなったご主人の形見として下さったものです。東京大虐殺(いわゆる大空襲)や福島への学童疎開、戦後の混乱期を経て事業を発展させながら生きて来られた方です。「日々、大局的に頑張っている小坂区議に来てもらえば亡くなった主人にも喜んで貰えると思って・・・」という言葉と共にいただいたものです。この羽織はサイズもそのままぴったりでした。

 そして長着は小坂の持っている着物(ほとんどが古着屋経由)の中で唯一、新しいものです。妻がクリスマスプレゼントとして贈ってくれたもので、とても気に入っています。

 この組み合わせは「先人の想いを引き継いでいく志」「これからの家庭を築きあげていくことに象徴される新たな未来に向けた想い」の双方を日本人の民族衣装という形で身に着けたもので、とても心安らぐと同時に心強い気持ちで質問席に立てました。感謝、感謝です。

 質問項目は2月12日のブログ記事「渾身の本会議質問(2/20(木)13:00〜13:40)の通告提出!」に書いた通り多数(大黒目3つ、小項目20個)ですが、その中から教育の一部の質疑をご報告致します。
260220honnkaigijimu2wide.JPG
(下記は2月20日の本会議質問の一部抜粋です。)

 今、述べたことと関連しますが、偉人の生き方から学ぶ教育推進及び、生きることや学ぶことへの目的意識向上に効果を上げている立志式の導入を荒川区でも行なうべきではないでしょうか。
 世界最古の国である日本において成熟した文明が引き継がれ、その中で多くの素晴らしい偉人がおられます。

 政府の方向性としても道徳教育の教材など充実していくようですが、荒川区としてもその点をしっかりと重点を置いて、独自教材の活用を含め偉人の生き方から学ぶ教育を進めることを求めます。

 併せて、かつての元服に匹敵する年代において、全国の学校において志を立てて、これからの生き方や進路を考え、文字にし、皆の前で尽力を誓う立志式が行われております。

 何のために学校に行き、学ぶのか、それを立志式という節目にしっかりと見つめる意義は極めて大きく、荒川区においてもモデル校を選定し、そこでの実施を契機に広げて行くべきではないでしょうか?

 次に日本人を主体とした教育をすることを求めます。日本は世界で唯一、血筋、信仰、神話、言語が一貫して二千年以上続いてきた縦糸の国であり、その縦糸に基づく価値あるものをしっかりと教えていくことが教育姿勢の根底になければなりません。

 日本人の児童はもちろん、外国人の児童もそうした日本国で暮らしている存在として、しっかりとその観点で教育をすべきであります。

 しかし、そうした軸を明確にすることなく、相対主義や特定アジアへのおもねりに基づいた教育を行ってはいないでしょうか?

 特に歴史教育は我々のご先祖の当時の視点で置かれた状況や経験を踏まえて学ぶものであるにも関わらず、そうした目線ではなく、後付けの理屈や更には連合国・特定アジアの国々の政治宣伝に基づいた嘘を教え込んでいます。

 先人が積み重ねた善行はあえて無視し、嘘や宣伝に基づき先人を断罪、上から目線の軽薄な批評を後付けで行なう「歴史教育」は有害そのものであり、子供達の精神を破壊する正に児童虐待そのものであり、恒常化した児童虐待は無くさねばならず、教科書採択においてこうした視点は欠かせないと考えるが認識を伺います。

 先程述べたように、世界最古の国である日本に対して、また自らに対しての肯定感を心の基盤にしていく教育であるべきです。

 少なくとも日本においては、日本民族の縦糸と国家の範囲が重なっており、学校教育の中で自らへの肯定観を持つ教育を行うためには、家族、地域社会等から拡大していった「実態有る社会単位」は日本という国家であり、その国家への肯定観を養う観点がなければ、自らへの肯定感、そこから繋がる幸福感に繋がりにくくなることは必定と考えます。

 世界という空間軸や歴史という時間軸の中で、自らがどのような位置づけに有り、また、日本に生まれ育っていることが、それだけでどれほど幸せで素晴らしいことであるか、そうした観点での教育が行われ、社会においても広く共通認識となっていけば、確実に幸福度は上がり、自殺者も減ると確信しています。

 学校教育はもちろん、荒川区が進める総幸福度指数の向上にも、こうした観点は必須ではないでしょうか?
(抜粋、終わり)
small_ribon.gif本会議での指摘に賛同する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<


posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
(※参考投稿)
                              平成 26 年 6 月 18 日
(※専決等不可:要本人伝達)
日本弁護士連合会 会長 殿
 人権擁護委員会 御中
                              高橋 エマニエル=努

   人権救済申立てについて(通報)
 私は,自分自身が中途障がい者であり,当該障がいそのものにより,日々,心身ともに激しい苦痛を覚えており,社会による差別と言う追討ちにより,さらなる心身両面の苦痛を覚えていた。
 そして,かねてから,かのお笑いコンビ「松本ハウス」による自虐障がい者ネタには,猛烈なる苦痛を覚え続け,猛烈なる憤りを抱き続けていた。
 そもそも,障がい者をネタにして,商売をするなど,言語道断である。
 また,非営利法人にもかかわらず,これをバラエティ番組「バリバラ」に出演させて視聴率稼ぎに迷走する「日本放送協会」,及び今回,官公庁にして障がい者福祉施設でもありながら,当該コンビを招待する企画を為している「埼玉県」には,さらに強烈なる怒りを覚えていた。
 まして,埼玉県は,官公庁でありながら,当該企画を有料にしている。
 当該コンビによるショーは,文字通り,障がい及び障がい者を見世物・笑いものにしたものであり,如何に自虐ネタとはいえ,結果として,他の障がい者をも侮辱及び差別せしめ,何より,これを見た健常者に対して,一事を万事にする錯覚をも与えかねない。
 つまり,数多の健常者又は他の種別の障がい者に対して,当該コンビ個人の主観が,あたかも統合失調症に罹患した人の総ての感覚若しくは意見であると言う,誤謬を植え付けてしまう。
 あたかも,当該コンビの意見が,統合失調症を代表した者であり,当該コンビの症状が,統合失調の代表例である,と言う先入観を与えてしまう。
 その上で,当該コンビのトークショーの様態自体が,もはや,言語道断,不届千万である。
 営利を目的にしたお笑い芸人,極一部の自虐的な障がい当事者又は数多の障がい者に疎い健常者若しくは日々障がい者の介助に心身ともに疲弊しきっている福祉職員若しくは障がい者の同居人と言った,もはやアンチ障がい者的な人々本位の視点に基づいた,彼らを主導とした,甚だ勝手であり,勘違いの激しい障がいの認識又は誤った障がい者への人権啓発ごっこを,社会全般へ誘発しかねない。
 如何に,当該コンビに美しい,正義の意図があっても,又は如何に当該コンビによるトークショーを見た者が元気や楽しさを得たり,若しくは障がい者に対する理解を深めた「つもり」になっても,功罪は相殺できない。
 例えば,ひとりの人命救助をしても,いや,百万人を救命してもなお,ひとりを殺害する権利は得られないのと,同義である。
 あるいは,加害者が,元々,如何なる善人であったとしても,又は如何に辛い過去があったとしても,残虐な殺人罪に及べば,これをもって,凶悪犯罪者となり,裁きを受けることと同義である。まさに,行■孝■被告である。
 もっと言うならば,当該コンビのトークショーをはじめとする,障がい者ネタを良く思うのは,障がい者を誤解している数多の健常者及び極々一部の障がい者である。
 さらに言うならば,埼玉県については,障がい者施設の福祉職員が,日頃の障がい者介助業務に,心身疲弊して,そのストレス解消として,又は当該ストレスを与え続けてきた障がい者への報復として,障がい者そのものをネタにしたお笑いトークショーを,己の職場で開催すること自体を,悪意を以て腹の底から楽しむ,好都合にして間接的な障がい者虐待であり,呪いのエンターテインメントでる。
 まさに,埼玉県職員は,千葉県及びその外郭団体の職員の二の舞を踏もうとしているのである。
 袖ケ浦の重度知的障がい者福祉施設のように。第二の行■孝■被告である。
 特に埼玉県にあっては,今後,忌まわしき呪いのお笑いトークショーが開催されようとしており,当該開催予告自体が,障がい者たちへ心身両面での激しい苦痛を与えるとともに,それ自体が障がい者差別であり,その他社会全体への当該差別を助長するものである。
 そして,開催に至ってしまえば,障がい者たちへの苦痛並びに障がい者差別及びその助長の度合いが,さらに増してしまう。
 当該コンビによるトークショー等の障がい者をネタにした諸活動並びにこれを賛美・招聘する極々一部の障がい者及び数多の健常者たちの様態は,我々障がい者に,日々,継続的にして多大なる,心身両面での苦痛を与えている。
 これらを勘案し,今回,当該コンビ=松本ハウス(ハウス加賀谷氏,キック松本氏)並びに埼玉県及び日本放送協会等に対し,障がい者を笑い若しくは金取り商売のネタにすること,又は障がい者を差別する行為,その他障がい者への誤解・偏見・差別を助長し得る行為を直ちに止め,必要に応じた当事者及び関係者への処分,今まで数多の障がい者へ加害したことへの謝罪及び再発防止策の徹底施行並びに社会へ今一度,障がい者への正しい理解を求める活動に尽力することを,貴会から要求していただきたく,ここに申立てする。
Posted by 高橋 エマニエル=努 at 2014年07月19日 17:59
(※参考投稿)
                              平成 26 年 7 月 7 日
日本弁護士連合会 会長 殿
 人権擁護委員会 御中
                              高橋 エマニエル=努

   人権救済申立てについて(通報)
 私は,自分自身が中途障がい者であり,当該障がいそのものにより,日々,心身ともに激しい苦痛を覚えており,社会による差別と言う追討ちにより,さらなる心身両面の苦痛を覚えていた。
 かねてから,鉄道会社等の交通事業者のアンチバリアフリー及びアンチノーマライゼーション並びに女性専用車輛と言う健常若年加害者不当優遇及び養護並びに真の社会的弱者への追討ち,淘汰,差別加担・助長行為に苦しめられ続けていた。
 私以外の肢体不自由者同士はもとより,内部障がい並びに精神及び知的等のあらゆる障がい者,さらには法的には健常者であっても免疫不全者,高齢・傷病者及び妊産婦と言う,遍く真の弱者が,特に,女性専用車輌と言う,中立性を欠いた愚劣なる包括的な若年健常者の娯楽物により,甚大なる苦痛はもとより,生命を危機にさらされている。
 当初,当該車輛に如何なる美しき意図があったにせよ,相当長期に渡り,相当多数の人々が,当該車輛の実態を察するに,需給乖離も甚だしく,到底,正義などとは逸脱した物である。
 当該実態としては,そもそも痴漢の予防又は減殺には少しも寄与しておらず,当該車輛に乗車している者は,若年乃至中年の健常女性で,全般的に当該女性の倫理逸脱が激しく,乗車マナーは極めて劣悪で,自ら公共の福祉を破壊するばかりか,当該車輛へ乗車した高齢・障がい・傷病者等の男性を,それと分かっていながらなお,男性であることのみを理由に暴言,罵声又は怒号を複数人で浴びせて強制排除する様態が,常時,横行している。
 また,これらの若年乃至中年の女性らこそ,痴漢に遭ったこともなく,将来に向かって痴漢遭遇のリスクに怯えている訳でもなく,むしろ痴漢に遭っても文句が言えないばかりか,自ら周囲を不快にする公然猥褻罪とも言える猥褻千万たる高露出度の服装をしており,本人たちも痴漢予防のためには乗車をしていない旨,公然と認めているのである。
 例えば,単に「臭いオヤジどもと一緒にならないで良い。」,「空いていて快適である。」,「野郎どもを気にせず,食事又は化粧が出来て最高だ。」と言った具合である。
 まるで,古の大先輩が過去に受けてきた差別のツケを中間搾取し,実際に当該差別を受けていもしない現代の者たちが,我儘し放題と言う意味では,在日特権又は似非同和の横暴と何ら変わりがない。
 まして,我々障がい者等が,健常者等より早起き及び早出をして,プラットフォームの一般車輛停止位置の列の先頭で長時間待機し,やっと車輛が到着し,当該一般車輌のシルバーシートに着席しようや否や,立っていてもなお混雑からは回避され快適であろう,隣接の女性専用車輛へ到着直後に急いで乗車した健常若年女性が割り込んできて,我々が目指すシルバーシートを強奪してしまう。空いていても,健康であっても,立つこと自体に不満があったのだろう。ろくに待ちもせず,後から乗車していながら。
 何より,女性専用車輛に対して,当該車輛が痴漢防止等ではなく,単に空いていることに,当の女性たちは,存在意義及び利用目的を見出していた,何よりの証拠である。
 また,自分たちが「偶に」何かされた時だけ,差別だの人権侵害だの騒ぐ割には,当の自分たちこそ,「常に」他人へ,それもハンデのある人々を差別し,危害を与えている,何よりの証拠でもある。
 女性専用車輛は,性的マイノリティや震災被害へのヘイトスピーチでお馴染みの元東京都知事の言うとおり,日本人特有の我欲であり,女性などは弱者でも何でもない。
ハンデなき者の,甚だ忌まわしきご都合主義以外の何者でもない。
 そして,当該車輛に本来乗車すべく高齢・障がい・傷病者等の男性はもとより,同様の女性,さらには妊産婦こそ,当該車輛を牛耳り公共の福祉を破壊する若年乃至中年の劣悪たる女性たちにより淘汰され,混雑の激しい,若年健常者にとってすら殺人的な一般車輛の利用を,余儀なくさせられている。
 また,そのようにして,高齢・障がい・傷病者及び妊産婦こそが利用しかねている女性専用車輛こそが,エレベーターに合わせた停車位置になっており,高齢・障がい・傷病者等は,ただでさえ,殺人的な混雑の一般車輛で心身ともに甚大な損傷を受けた上で,降車後も,さらなる殺人的混雑をかき分けながら,蜃気楼の果てにあるエレベーターを求めて旅に出るか,無理に無理を重ねて階段を自力救済で登り詰めるのである。
 そもそも,生命を危機にさらされている高齢・障がい・傷病者及び妊産婦等を対象にしたシルバーシートが,何故,高々「優先」にして「席」に留まり,痴漢に遭うかどうかも分からぬ,また,ほとんどが痴漢のリスクを無視している若年健常女性を対象にしたものが,「専用」にして「車輛」全体なのか。
 本当に痴漢防止が目的なら,一人でも多く収容でき,かつ,高齢・障がい・傷病者及び妊産婦並びに世間一般からの批判の対象にならぬよう,理解を得られるよう,女性専用車輛から座席を排除したり,あるいは,女性専用車輛を「高齢・障がい・傷病者専用車輛」とし,注意書きに「女性は若年者又は健常者でも乗車可能とする。」とし,専用又は優遇若しくは保護の対象を逆転するようにしたらどうだろうか。
 そして,日々,女性専用車輛に乗車しようとした内部障がい者等の訳ありの男性たちを,鉄道会社社員たる駅員等が,自ら暴言等を随伴した上で,力強く乱暴に掴み,引っ張る等の,立派な物理的・直接的な暴力行為をはたらいてまでも,強制的に廃棄処分し続けている。
 これは,高齢・障がい・傷病者たる人のみならず,健常者をも含む,遍く男性を,謂れなき風評を以て,一律悪者又は加害者扱いし,男性全般への濡れ衣及び差別行為に他ならない。
 これらの打診及び事実の総てを詳細に,東日本旅客鉄道株式会社,東京地下鉄株式会社及び東武鉄道株式会社をはじめとする交通事業者並びに国土交通省及び法務省へ通報しても,対応は得られなかった。
 東武鉄道株式会社は無視貫徹,東日本旅客鉄道株式会社は「痴漢で困っている女性のために,現行のまま,優先席は『優先』及び『座席』のみ,『女性専用車輛』は『車輛全体』を『専用』のままとする。」と言う,言い換えるなら「若年女性が楽をするためには,高齢者及び男性には犠牲になってもらうしかない。」又は「現役世代の女性が幸せなら,男性及び女性も含む高齢者はどうなっても良い。」と言う,差別的にして甚大なる人権侵害たる,人権擁護その他公共の福祉に対して極めて挑戦的な回答を得た。
 これら社会的な若年女性への依怙贔屓及び我儘助長並びに真の弱者への加害及び差別並びにその助長を,いち早く是正するため,当事者及び関係者その他社会全般への働きかけ等,貴会から,是非ともお取計らい願いたい。
Posted by 高橋 エマニエル=努 at 2014年07月19日 18:00
(※参考投稿)
                              平成 26 年 7 月 13 日
総務大臣 殿
 事務次官 殿
 行政評価局長 殿
  地方管区行政評価局長 各位
  地方行政評価支局長 殿
  地区行政評価分室長 各位
  地域行政評価事務所長 各位
 自治行政局長 殿
 自治財政局長 殿
                              高橋 エマニエル=努

   労働組合と官公庁の倫理等について(行政相談)
 官公庁関係の各種労働組合等が,揃って当該官公庁へ甚だ需給乖離及び倫理逸脱,その他誤謬満載の糾弾及び要求をしています。
 ご存じのとおり,官公庁及びその外郭団体の非正規雇用職員は,中立公正,不偏不党及び法令,その他倫理に則ってこそ,一部の人に当該ポストを牛耳らせないために,広く平等に一般的に当該ポストを遍く人に与えるためにこそ,人事院規則又は独立行政法人等の法人毎の個別根拠法令に基づき期間雇用契約として,当該期間の延長若しくは契約の更新に制限を付与しています。(非選抜の選考型人事たる非正規雇用労働者については,結果としての終身雇用すら認めない。終身雇用又は正規雇用を希望する者は,公務員法等に基づく実証主義・能力主義の厳正公正たる競争試験を受験し,これに合格しなければならない。)
 また,当該非正規雇用職員の採用時又は雇用契約締結時どころか,募集時においてすら,しっかりと当該制限が付与されている旨を,明記及び強調しており,その旨を理解の上で,希望者は応募若しくは採用に至っています。
 さらに,当該機関の年配の正規職員を組合員とする労働組合等も,当然にその旨を,端から百も承知であります。
 それにもかかわらず,国家行政機関の公共職業安定所若しくは労働局又は地方公共団体の埼玉県をはじめ,ある官公庁で「偶然に」,当該制限による法定解雇の人数が多い年度末にあたると,労働組合等は,あたかも当該官公庁が「無差別大量虐殺の如く,非正規雇用労働者の解雇をしている。社会的弱者を切り捨てる虐待,人権侵害であり,雇用情勢の悪化に自ら加担している。」などと,謂れなき糾弾を浴びせます。
 結果として,公共職業安定所長,労働局長又は埼玉県知事をはじめとする,当該機関の最高責任者若しくは任命権者である代表者が,謂れなき濡れ衣を着せられ,悪党の呼ばわりされ,ありもしない責任追及又は不当な政治的非難,所謂「プロパガンダ」の犠牲になるのです。
 これは,冤罪事件としか言いようがありません。
 また,何でもセクハラ・パワハラ・ブラック企業発言,「障がい者枠すら存在しない」国家公務員試験における(健常)女性専用枠の創設,(健常)女性専用車輛,何ら不自由のない高性能ペースメーカー内臓者の一律重度身障者待遇並びにこれに付随する障がい者専用の雇用枠への応募・常勝化及び不要な公共職業訓練の受講,富裕層の高額な厚生年金給付,生活保護の不正受給,一律子ども手当,国民年金第3号被保険者・健康保険被扶養者又は在日特権若しくは似非同和問題等の,所謂「似非弱者」,「逆差別」又は「福祉貴族」の問題にもつながります。
 中途半端に余裕を持った中間層こそが,その非道たる悪意を以て,社会的弱者を偽装・自称せしめ,対抗勢力又は意に添わぬ存在,その他自分たちにとって不都合な存在に濡れ衣を着せ,糾弾し,陥れ,さらに,過剰若しくは不当な優遇又は保護を牛耳り,その上で,真の困窮者の福利厚生又は最低限の人権若しくは人間らしい生活をも剥奪します。
 これは,まさしく,各種差別的発言,その他ヘイトスピーチでお馴染みの,元東京都知事の言う「日本を滅ぼす我欲」であります。
 また,共産党をはじめとする各種左翼団体又は人権団体は,目の前の真の弱者・困窮者の叫びを無視し,とぼけて何ら現実味のない都市伝説,おとぎ話又は需給乖離の激しい雲の上若しくは宇宙の果ての出来事に迷走し,無意味な票稼ぎをしています。
 猫も杓子も,日の丸・君が代・集団的自衛権,原発稼働,消費税増税若しくは生活保護費減額の反対又は若年男性を無視した女性・高齢者の活力に期待などなど・・・。
 これら,共産党・労働組合等の自己中心的で悪質極まりない主張を,淘汰・廃棄・打倒・殲滅するため,全体の奉仕者及び外郭団体職員,その他非営利団体職員が一丸となって破邪顕正を貫徹し,真の正義,中立公正・平等,不偏不党の精神,その他正しい人権意識を社会全般へ啓発必要があるものと思料されます。
Posted by 高橋 エマニエル=努 at 2014年07月19日 18:01
(※参考投稿)
                              平成 26 年 7 月 3 日
該当地方公共団体
監査委員 各位
 監査委員会等事務局 御中
                              高橋 エマニエル=努

   国会・地方議会議員と官公庁との中立性の確保への要請についてV
 標記について,別添のとおり通報し,総務省から回答を得たので,貴台へ通報します。




                                平成26年7月1日
高橋 エマニエル=努 様
                            総務省関東管区行政評価局
                                首席行政相談官室

   行政相談への回答について
 平成26年6月29日、高橋様からの「国会・地方議会議員と官公庁との中立性の確保への要請について」と題する御相談を行政苦情110番メールで受け取りました。
 私ども総務省の行政相談では、国や特殊法人、独立行政法人の業務及び地方公共団体等が国から委任又は補助を受けている業務等に関して、具体的な不利益を受けている方から苦情・要望を受け付けた場合、必要に応じて相談者と関係行政機関との間に介在し、苦情が自主的に解決されるよう促進する行為(あっせん)を行っています。
 本件について、御相談の内容からみて地方公共団体における特定の政党機関誌の購入問題であると推測され、当局の行政相談では取り扱うことができません。しかし、当局が取り扱えない事案であれ、高橋様がご指摘のように官公庁全体を代表して他の政党機関誌と分け隔て無く、一部を購入することは許されると思いますが、部署ごとに重複して特定の政党機関誌のみを官費をもって購読しているとすれば、予算の執行上問題があるのではないかと考えますので、当該自治体の監査委員会等へ通報することを検討してください。
 一方、国の行政機関における実情は解りませんが、先に述べたとおり高橋様がご指摘の実態があるとすれば、中立性の確保の問題とともに、やはり予算の適正な執行とは見なされないと考えられ、その場合は当然に会計検査院の指摘事項となっていると思われますが、当局としても行政評価監視活動の一つの視点として記録したいと考えていますことをご連絡します。




                             平成 26 年 6 月 29 日
(※専決等不可:要本人伝達)
総務大臣 殿
 事務次官 殿
 自治行政局長 殿
 行政評価局長 殿
  地方管区行政評価局長 各位
  地方行政評価支局長 殿
  地区行政評価分室長 各位
  地域行政評価事務所長 各位
消費生活支援センター 代表者 各位
法務大臣 殿
 事務次官 殿
 公安調査庁 極左集団・セクト 担当官 殿
日本弁護士連合会 会長 殿
梅田総合法律事務所
 弁護士 大平 光代 様
                              高橋 エマニエル=努

   国会・地方議会議員と官公庁との中立性の確保への要請について
 私自身並びにわが知人及び友人も実際に,勤務先の役所の庁舎にて,日本共産党の議員が,中立性を欠いた当該政党の極左情報誌を,有料で配布し続けている(定期的に現金での集金をしている。)様態を目の当たりにしております。
 各官公庁の単一の庶務・文書担当部局が,当該官公庁全体を代表して,遍く一般誌及び政党機関紙を分隔てなく,かつ一部ずつ購読する分には結構なのですが,日本共産党は,同一官公庁の部署毎に重複して有料配布しているのです。
 まして,内容も労組のビラにも値せず,一般の党員ではなく,地元又は関連する議会議員であれば,役所当局としては,決して邪険には出来ない状況です。
 これは,似非同和による極左暴力書の押売りに等しい様態であり,猛烈に不快であり,甚だ気持ち悪く,集中力を減殺され,公務執行妨害でもあり,また,執務室に部外者が勝手に侵入するのも違法であり,情報機密保持上も好ましくなく,誰も読まずにゴミ箱直行と言う意味でも国民の血税の浪費であり,中立・公正,不偏不党であるべく官公庁としては,決して黙認できないものです。
 是正・淘汰・打倒・殲滅へ向け,お取計らい願います。
Posted by 高橋 エマニエル=努 at 2014年07月19日 18:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。