2014年09月11日

本会議質問で学校における「産経新聞」冷遇是正と「朝日新聞」撤去を要請。「産経新聞」冷遇は是正することに!

260911honnkaigisannkei.JPG
 大項目2つの下に小項目7つの質問を持ち時間25分間(答弁含む)で行った本会議質問。その小項目の一つが冒頭に書いた点です。以下の点を指摘し、認識を問い答弁を求めました。

 以下の通りの質問を行い、区側の答弁では朝日新聞撤去は受入られませんでしたが、産経新聞冷遇については「各新聞をしっかりとバランスよく購読するようにする」との答弁が有りました。後程、担当責任者に確認しましたが、近いうちに全校で産経新聞を購読し、新聞教育を行う際は他紙と同様に活用する旨であるとの「説明」をいただきました。

 数か月後、実際に是正が行われたか、改めて確認を致します。小さな一歩ですが、こうした一歩を全国の自治体の教育現場からも進めていければ大きな力になるのではないかと思っております。

(※以下、小坂からの本会議質問における該当部分です。以下の指摘をし答弁を求めました。)

 学校教育で捏造・反社会的企業の朝日新聞の活用即時停止を求めます。

「受験に出る」といった売り込みに加担してはなりません。

 荒川区立小中学校(34校)での各新聞の教育への活用について確認したところ、朝日、読売、毎日、東京各紙はほぼ全校で購読・活用しています。しかし、産経新聞は12校で購読・活用せずという偏った結果です。

 こうした偏りは全国の学校で存在すると思われ、調査・是正の必要が有ります。荒川区立の小中学校では、各学校で「多様な新聞を購読し、新聞教育の文脈で児童・生徒が読めるようにしながら授業でも活用」している中、「一部新聞排除」がまかり通っています。

 全く筋が全く通らない話で児童・生徒を特定の方向に誘導しようという意図すら感じられます。荒川区における購読者数が二番目に多い産経新聞を排除しているのが、グロテスクな教育現場の実態です。

「各新聞を読み比べるのならば、何故、他の4紙同様に、全校で産経新聞を購読、活用していないのか?」この点を正常化せねばなりません。

 更に朝日新聞は捏造・嘘・反日が著しいことが、戦時売春婦に関する報道の捏造を通じて一層明らかになり区としての対処も不可欠です。有害な朝日新聞は教育現場から引き揚げるべきです。

 教育委員会の述べる姿勢である「各新聞の違いや姿勢、一つの事実の多面的な見方を養うために各新聞を購読することは必要」との範疇に朝日新聞を入れることは、子供に毒物を平然と差し出すことに他ならず、危険で無責任極まり有りません。

 ましてや学校現場で見られる「朝日新聞は受験に出るから読むべし」「天声人語の書き写しで国語力アップ」という朝日新聞の思想誘導の片棒を担ぐようなことは厳に慎むべきです。

260910kussyonn.JPG
 写真は昨日、日暮里駅から夕焼けだんだんの階段を降りた右側にあるペルシア料理店「ザクロ」の店頭で売っていたクッションカバーを買い、我が家で早速、使っている様子です。トルコ製でとても気に入っています。

small_ribon.gif産経新聞冷遇という思想誘導は許してはならない、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック