2015年12月02日

同性愛は異常な形です。社会は標準の形を大切に!「色覚異常」と「同性愛という異常な形」は同じ論理で捉えるべき。マスコミによる言論封殺に異議申し立て!取材どうぞ!

kosakaajer.JPG
 本日のチャンネルAJERで語った同性愛についての捉え方、それにいくつか捕捉して、こちらに概要を書きます。

・社会は「標準の形」を縦糸として大切にしてきて成り立ち、継続している。それをまず守り、引き継ぐことを重視すべき。

・「標準の形」と異なる形(同性愛等)も、存在を尊重していくのは当然のこと。しかし、「標準の形たる存在にはそれが守られてきた理由があり、標準と異なる形との合理的な区別はあってしかるべき」

・この1週間のニュースで地方議員、自治体職員が「同性愛」についての発言で、テレビ、新聞を筆頭としたメディアや左翼からの総攻撃を受け、同性愛についてのまともな議論が自由に行われ得ない環境になってきている。
 
(該当記事のリンクはこちら)
海老名市議の件 
練馬区議の件 
岐阜県職員の件 

・特に海老名市議会は「同性愛は異常」と書いた海老名市議に議会の各会派の意向を受けて議長名で「厳重注意処分」とした。言論の府である議会が、様々な見解を述べるべき議員の特定の言葉に対してそうした処分をするのは、言論の府として自殺行為である。

・そうしたマスコミを使った言論封殺に断固抗議をし、堂々と持論を述べるべく問題提起をしたい。この問題
について取材はおおいに受けたいので、連絡をどうぞ!電話番号は 09014329069 です。マスコミが押し寄せても持論をひっこめたりしませんので。


・昔は色盲(※漢字変換で出てこない言葉・・・)と呼ばれていた「色覚異常」は日本人では男性の20人に1人、女性の500人に1人いる。色彩が「正常な見え方」をしないことであり、それが「異常」だから「色覚異常」と呼んでいる。

・「色覚が異常」だからといって、社会的にさげすんだり、理由の無い差別をすべきではないし、社会的にそうした風潮は基本的に無い。それは当たり前のことである。

・しかし、色の見え方が「異常」であることから、その程度にもよるが特定の免許が取得できなかったり、つけない職業が多数有る。パイロット、電車の運転手・・・。

・それは「いわれなき差別」ではなく「理由有る区別」である。「理由有る区別」をしなければ、むしろ危険を引き起こす可能性が有り、公共の福祉に反する。

・「同性愛という異常な形」についても同じ捉え方で良いと考える。「標準と異なる」からといって露骨に差別したり、さげすむべきではない。しかし、「新たな世代である子供を生み、血筋を永続させていく形である男女の結婚のよる家庭」という法的、制度的に守り奨励されていく存在と、同性同士のカップルという「標準の形と異なり、次世代を生み出す形ではない」存在では、「合理的な区別」があってしかるべきである。

・そもそも日本は世界の中でも同性愛という存在に対して実に鷹揚で寛容であったし、今もそうである。イスラムの国では死刑にされる国もあり、キリスト教でもカトリックでは長らく存在を認められてこなかった。日本では、社会の中に普通に存在しつつ、標準とは異なるが存在を認められ、社会の中で役割を果たして生きてきた。その歴史を踏まえた議論をすべき。

・こうした議論を封じる今の風潮は恐ろしい限りであるが、それにひるまず、国会議員、地方議員は選ばれた公職の存在として堂々と議論をしてほしい。「怯むな、国会議員、地方議員!堂々と戦おう!」と言いたい。

「同性愛は異常」という言葉に大騒ぎする連中は、何故、「色覚が異常」という言葉(行政でも医療の現場でも普通に使っています)に対して大騒ぎしないのか?それは、日本の家族制度の「標準」を壊すという目的が有る勢力が中心になって騒いでいるからではないか?

・「同性愛は異常」という言葉に騒ぎ、抗議し、発言者をマスコミ等を使って口を封じることは、その目的達成に役立つが、「色覚異常」という言葉に騒いでも目的達成に役立たないから、大騒ぎしないのでは?

・同性愛というものについての議論を自由に行うことすら許されない、言葉狩りが横行する状態は、自然に幸せに暮らしたい同性愛という特性を持っている方々にとって迷惑なものではないか?
 「在日朝鮮人」という言葉すら差別語としてレッテルを貼り、その存在について正面から議論したり考えたりすることすら、何か「腫物に触る」ような存在となってしまう。断絶や相互不信が生まれる。その状態を利用して利権を得る連中が出てくる。「同性愛」という新たなフロンティアが特定の利権を求める連中にとって都合が良いから、ここ最近、大騒ぎになっているが、それは同性愛者の真の幸せを阻害することに繋がる。


・「標準の形を守ることが、日本の素晴らしい縦糸を守り、その基盤の上に成り立ってきた成熟した日本文明があることによる幸せ」を守り広げることになる。マスコミに踊らされず、冷静に考えていただく大切さと、その事実を大いに広げて行きたいと考える。

小坂の指摘に共感する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(12) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バーカ(笑)
何番煎じだよ笑
いい歳こいてチキン過ぎだろ笑
Posted by rkb at 2016年03月28日 20:12
つまるところ、どういうお考えなのでしょうか?
「同性愛は異常、標準と異なる形との合理的な区別はありえる」としたうえで、「存在を尊重していくのは当然のこと」。
おそらく小坂さんは同性婚反対の立場だと思うけど、存在を尊重していく手段としては具体的にどんなことを想定しているのでしょうか?
そこが書かれていないと、"同性愛異常発言は正当である"という点だけに話がいきません?
Posted by at 2016年03月29日 00:01
以上なのはお前の思考回路だよ。

荒川区民なめんなよ。
Posted by at 2016年03月29日 00:59
同性同士のカップルという「標準の形と異なり、次世代を生み出す形ではない」

と書かれてますが、同性カップルも諸外国では子育てしていますけどね。
差別を煽る人間が議員なんて恥ずかしい
Posted by at 2016年03月29日 08:44
議会で「色覚が異常な人のために信号機や書面の配色を変えることは税金の無駄である」とか言ったら普通に荒れると思いますけどね。
Posted by at 2016年03月29日 09:43
憲法論ぽく書いているけども、区別をする「合理的な理由」を示せていない。「合理的な理由による区別」というマジックワードを使って誤魔化しているだけ。結局自分が気持ち悪い人たちは受け入れたくない、嫌いなものは嫌いだからいいじゃん!って言った方が素直。

もし仮に、「次世代を残すこと」が合理的な区別理由であると仮定した場合、子供を産めない夫婦、生まない夫婦の結婚まで合憲とする理由が見いだせない。また、子供を産んでも子供を亡くした夫婦についても結婚を認める合理的理由がないことになる。あなたの稚拙な感情論は論理矛盾を起こしていることに気づくことからお勉強はスタートですよ
Posted by ちせつ at 2016年03月29日 15:35
一人の同性愛者として、
あなたにはっきり申し上げたいことは、
性的指向を政治的な便宜で異常と連呼されるのは、
明らかに不快であり、御免蒙ること。

そして、一介の区議会議員の方に、
一方的な定義付けをして戴く謂れもない、
ということです。

仰りたい問題提起も、
いろいろ学んでご配慮戴いてるのも解りますが、
あなたは色覚異常の方相手に、
「あなたの色覚は異常です!
医療関係者も言ってますから差別ではありませんよね!
あなたの色覚は異常なんです!
だって標準とちがうんですから!」
と連呼するのが望ましい行為とお思いなのでしょうか?

あなたの今回の記事は、
そういう不快さを同性愛者に強いているのです。

あなたが言いたいことは、
本来、私が指摘していることとはズレている筈なので、
ご一考下さることを願います。





Posted by S at 2016年03月30日 01:00
大多数と違う=標準じゃない=異常という考えはなにも色覚だけに止まらない。
身体的特徴、脳機能的特徴、いろいろあるかかと思いますが、医学はただ大多数の方と違うと証明しているだけ。そういう事を異常と認識する、大多数と違うから異常と認識するのは終わってます。
同性愛は、色盲は異常というのと同じではないか、いえ、逆です。そもそも同性愛も色盲も異常と考える事が貧困な考え方。
ただ大多数ではないだけでそれはそこに存在する者です。
あなたはその大多数ではない人すべてを異常と呼べるのでしょうか。
Posted by マジョリカ at 2016年03月30日 02:00
目が見えない人が車の免許を取得できないことには明らかに合理性がありますが、同性愛の人が結婚できないことに合理性はありません。子どもを産めない女性も結婚できますし、養子縁組することもできます。明らかに危険な自動車免許などのケースとは事情が異なります。
Posted by これはダメ at 2016年04月02日 16:32
私たち同性愛者は確かに「少数派」です。ですから、標準から外れている、と捉えられること自体はおそらく間違ってはおりませんし、私自身は、事実としてそれは当然のことなのだろうと思っています。
ですが、今の恋人と出会ってから、相手に対するこの気持ちが、男女カップルに負けると思ったことは1度もありません。どこにでもいるカップルと同じように愛情で繋がれていると断言できます。
小坂さん、あなたも、奥様を愛しているはずです。子どもたちを愛しているはずです。
その愛を「異常」と言われてしまったら……どんな気持ちになりますか?人が人を愛する気持ちに、「異常」も「正常」もない、それぞれの愛の形があるはずなのです。
13人に1人は、性的マイノリティの人がいると言われています。あなたの周りにもいるかもしれません。万が一、あなたのお子さんが同性を好きになった時、あなたはお子さんに「お前のその愛は異常だ」と言い放つことができますか?

今一度想像してみてください。発言を撤回しろ、とは言いませんから、もう1度、あなたがこの記事で何を訴えたかったのか、もっとわかりやすく教えていただけませんか。私は、1度読んだだけでは、あなたの仰りたいことの核心がつかめないのです。
Posted by 匿名 at 2016年04月03日 18:02
言いたいことはわからなくはないです
しかし、あなたの言う理由がある区別とはなんですか
結婚が子供を残す為だけで手段なら正しいでしょう
でも、相手と一緒に暮らすとか、堂々と部屋が借りられるとか相手が死んだ時の遺産をもらえるとか結婚の一部ではないですか?
それができない理由とはなんですか?
そらにあなたが思う寛容な国とはなんですか?
確かに日本では死刑などない
でも、ゲイだと言うだけで殺されないのをありがたがれと言うんですか?
そんな最低限の権利だけで寛容なんですか?
ゲイは病気で治るから病院行かせたがる人もいるし、それだけで気持ち悪がられたり、勘当されたり
知ったうえで言ってるんですよね
あなたのような意見もあるのは当然とは思いますが、不用意な言葉で苦労してる人を不必要に傷つけるおそれがあるんですよ
マスコミや一部の過剰な反応が話し合いを邪魔している点は認めますが気をつけて発言してください
Posted by シュール at 2016年04月04日 02:16
同性同士のカップル
「次世代を生み出す形ではない」から、
「合理的な区別」があってしかるべき

男女のカップルでも、女性が、
子宮がんなどで摘出しちゃえば、

もう「次世代を生み出す形ではない」から、
「合理的な区別」があってしかるべきで、

「男女の異常なカップル」なのかね(笑)

ずいぶん問題ある考え方のような気が?
Posted by なぬなぬ at 2016年04月28日 04:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック