2016年04月01日

荒川区立小中学校の式典にて「安全管理の担当を必置に!」小坂から提案し、実現へ!

12376670_597462307097201_3299371119419766325_n.JPG
 政治評論家の三輪和雄さんと同志を交え懇談させていただいた後、日暮里周辺をご案内しました。

12472577_1352809981411323_5421631734157369348_n.JPG
 さて、区立小中学校の入学式、卒業式、周年行事に今まで沢山、出席してきました。

 その際に、式典にて集団で言葉を述べたり、合掌をする子供達が、様々な理由の体調不良で倒れたり、倒れそうになる様子も見かけました。

 そうした際に、迅速でない対応をしていた学校も有りました。式典の最中でそれぞれの持ち場の役割分担や、誰かが助けに行くだろうという他力本願も有るようです。

 そこで、各学校の様々な式典で「安全確保・危機管理」だけを担当する役割を必ず設けて、式典の中での不測の事態が起こりそうな場の近くにいて、迅速に対応する(例えば、上記の例だと子供達の近くで不調等が見受けられる子がいたら、速やかに対応するなど)という体制を全区立学校で確立すべき、と教育委員会に提言を行いました。

 教育委員会はその提言を受けて、各学校に体制確立をするように周知することとなりました。小さな前進ですが、安全確保のために実現したので良かったです。
 
 細かい事のようですが、こうした提言を日々、様々な部署に行い、少しずつでも良いものにしていければと思っています。

small_ribon.gif小坂の指摘に共感する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<


posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。