2015年08月14日

自衛官をレジで後回しにするコンビニ!コンビニと自衛隊で合意が有っても許せることでは有りません!

IMG_0755.JPG
 自衛隊員を差別する事例を是正。FBフレンドの書き込みから情報をいただき電話で糺しました。場所は岡山県奈義町の日本原駐屯地の近くにある「サークルK」。

 自衛隊員のみを区分し、後回しにするのはおかしいのではないか?一度に沢山の人数が来るからと言っても、職業に関わらず並んだ順番にレジを受け付ければ良い話ではないか?という強い違和感から、店長に電話して実態の確認と、是正を求めました。
 
 結論として、

「掲げている「自衛官より一般の方優先」の看板は取り外す」
「店として、一般客を自衛官より先に扱う仕組みは止める」


 という答えをいただきました。
 現状はレジが二つあり、自衛官の方が多数来たときは1つを一般(自衛官以外)の客優先、もう1つを基本的に自衛官の方のレジにするということだそうです。それぞれのレジが空いている際は区分なく受付はするということでした。

 私からは、

 「そもそもこのような区分けは不要で、職業の如何に関わらず、並んだ順でレジをすれば良いだけの話」
 「自衛官より一般の客優先という記載が実に失礼。国の護りについている方々を後回しにするなど、何様のつもりか?ましてや、一般と自衛隊という区分けをすること自体異常。自衛隊はコンビニにおいても特殊な存在として区分けしなければならない存在なのか?」

 「制服を脱いだ非番の自衛官はどう扱うのか?見分けるのか?分らないでしょ?そもそも無意味な仕分けをするのは止めよ。多くの自衛官の仲間がいるが、強い怒りを感じている。」

 と繰り返し主張し、店長は前述の結論に至った次第です。
 お店の方は「自衛官の方を差別するつもりはなかった。自衛隊の上官の方が部下に対して、部隊移動の際に店舗等で大人数で買い物等する際は、一般の客に対して譲るように指示が出ていると聞いている。自衛隊がそうした姿勢なので、店も一般の方を優先することにした」と言っていました。
 これについては、私からは

「自衛隊の部隊内で自主的にそうした指示をだされていることについて、ここで異議は申し上げない。
 問題は客を人種・職業・性別に関わらず平等に扱わねばならない店舗において、特定の職業の者のみをその組織内で指示があるとはいえ、後回しをすることは、店舗運営として許されない。店舗運営側の姿勢として改めて欲しい。」

 と申し上げ、理解していただたと考えています。

 こうした、民間企業による「自衛隊冷遇」の実例が有ったら、1つ1つ是正をしていくべきと考えています。

small_ribon.gif自衛官を下に置く社会風潮は糺していかねばならない、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック