2016年05月10日

直近一ヶ月での荒川区人口増加は日本人は17人、外国人は456人!外国人流入制限策の実施を再度求める!

12036462_1386521668040154_5423584480175684741_n.JPG
 夜は消防団の訓練の予定でしたが、雨で中止に。
 日中の地域周りで尾久の原公園を通ると、シロツメクサが満開。ふと足元を見ると四ツ葉が。幸せな気持ちになりました。

 さて、荒川区のHPには毎月、住民登録をした区民(日本人、外国人両方)の人数を掲載(こちら)しています。

 今年5月1日時点の現状が10日にHPに掲載されたのですが、それが表題に書いた通り、外国人が激増、という数字です。

 荒川区の人口は増え続けていますが、直近2年間で見てもその増加分の約4割は外国人。それに加えて直近1ケ月(つまり今年の4月)の外国人増加数456人は日本人の17人にに比べて数が際立っており、最早、異常と言わざるを得ません。

 2月25日の予算特別委員会の総括質疑でこちらの記事の通り問題提起したように、外国人の流入に負担金という形で制限をしていかないと、「荒川区の形」が変容してしまいます。継続的に、外国人の流入制限の必要性を訴えて参ります。

small_ribon.gif小坂の問題提起に共感する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック