2016年05月09日

パナマ文書に荒川区在住者も。これほど身近な租税回避地!法規制で国富の流出抑制を!

13118835_1384546104904377_3358964911379870391_n.JPG
 我が家で今年も満開のカランコエ。初夏の雰囲気が漂うこの花はとても長持ちします。

 さて、今、世間を騒がしているパナマ文書。情報を公開しており、こちらから誰でも自由に掲載内容を検索することができます。

 海外の大物政治家や日本の大企業の名前も挙がっているようですが、身近なところで「arakawa」で検索すると荒川区在住の3人の名前・住所・関連情報が出てきます。

 これくらい、身近な存在になってしまっているのです。租税回避地(タックスヘイブン)というものが。

 租税回避地に日本の国富が容易に流出するような現状を変える、日本の国富を守る規制の枠組みを作らねばなりません。その為の議論をしっかり進めていかねば!

small_ribon.gif小坂の問題提起に共感する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437829817

この記事へのトラックバック