2016年09月02日

荒川区議会の9月会議に向け「台湾出身者の戸籍表記の早期是正を求める意見書」(案)を提出!

280902taiwan.jpg

 本日の15時が〆切の荒川区議会における意見書提出。小坂からは2件、提出しましたが、そのうちの一件は冒頭の表題の通りの内容です。

 小坂が出した意見書にこれから自民党、公明党、共産党などの大会派がどのように対応をしていくか、逐一、ご報告して参ります。

 以下が意見書の文案です。鎌倉市議会では既に可決されており、その文書を元に作成を致しました。

 写真は2年9ケ月前に同志と訪問した台湾国の烏来山にある「台湾高砂義勇隊慰霊碑」です。日本と台湾は兄弟のような関係であるにも関わらず、下記に記載のような「尊厳を踏みにじる人権侵害」を国が行ってしまっているのです。是正せねば!

◎台湾出身者の戸籍表記の早期是正を求める意見書(案)◎
 
内閣総理大臣 宛

 現在、台湾出身者が日本人と結婚、または帰化した場合、戸籍の国籍や出生地には「中国」もしくは「中国台湾省」と表記されている。荒川区においても、台湾出身者を「中国」と表記する取り扱いを行っている。

 これは、戸籍において、台湾出身者を「中国」としたのは、昭和39年6月19日付で出された法務省民事局長による「中華民国の国籍の表示を『中国』と記載することについて」という通達が根拠となっている(参議院平成23年8月19日答弁書第256号)。

 現在、日本政府の見解は、「中国」とは中華人民共和国のことであり、中国台湾省とは中華人民共和国の行政区を指すため、台湾出身者を中国人としている。

 しかし、台湾は一度たりとも中華人民共和国の統治を受けたことはなく、これは台湾出身者の尊厳、人権にかかわる重要な問題である。

 中華人民共和国と日本の国交を樹立し、中華民国(台湾)と断交したのは昭和47年である。この国際関係を反映しないまま、戸籍では台湾出身者を「中国」と記載する状態が続いている。
平成24年7月9日、外国人登録証明書を廃止し、新たな在留カード制度に移行された際には、「国籍・地域」欄を設け、台湾出身者は「中国」ではなく「台湾」と表記。

 同時に実施された外国人住民基本台帳でも、台湾出身者の「国籍・地域」は「台湾」と表記するようになった。つまり同じ法務省内の在留カードや外国人住民基本台帳と、戸籍の国籍欄の整合がとれていない。

 よって、下記の事項を実現するよう日本政府に強く求める。

               記

1 戸籍の国籍欄及び出生地欄を「国籍・地域」と改め、台湾出身者を「中国」ではなく「台湾」と表記するよう、早急に新たな民事局長通達を出すこと。

以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
平成28年 月 日

荒 川 区 議 会


posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。