2007年10月20日

女性専用車両に抗議乗車!

PICT4768.jpg

PICT4767.jpg
 8月25日のブログ記事(何故、おかしいかはこちらをまずお読み下さい!)に「女性専用車両は理論的にアパルトヘイト同様おかしい!」と書きました。なのにこうしたおかしな制度は、なし崩しに広まるばかり。「女性専用車両はあたりまえ」というのが「社会の空気」になっているとも言えますが、これは「アパルトヘイトは必要。有って当たり前」という空気の社会と同様、異常な社会です。そうした風潮に異議を唱えるべく、女性専用車両に抗議乗車など様々な活動をしている「女性専用車両に反対する会(HP、是非ご一読を!入会やオンライン署名も是非!)」(小坂も会員です)のメンバーの方と共に、昨晩、つくばエクスプレスの女性専用車両に抗議乗車して来ました。おかしな制度に抗議する意味と、実際にどのような状況なのか見てみたいという2点から参加しました。なお、女性専用車両には法的根拠は皆無で、かつ、憲法第14条違反であることは明白です。

 19:20 秋葉原駅発の女性専用車両に会員5名で乗り込む。小坂を含めて男性4名、女性1名。我々をじろじろ見る女性の視線が・・・。出発前に乗り込んできた運転手に「女性専用車両ですが・・・」と声をかけられるも、「抗議乗車してます」と答えると、運転手は「そうですか。」と答え、運転席へ。それ以上のことは有りませんでした。

 なぜ、それ以上のことは運転手や駅員が言ってこないかと言うと、女性専用車両は「任意での協力」というのが建前だからです。強制しようとすれば、逆に国土交通省から「指導」をするとの見解も出されています。

 上記の写真は車体と窓ガラスに貼ってある女性専用車両のステッカーです。これを見ると、どう見ても強制に思えます。英語は「Women ONly」・・・。

 実は鉄道会社の説明では、「女性専用車両」には小学生以下の男性や障害者等の弱者も乗車可とHP上(例えばこちら)に書かれています。

抜粋「女性専用車は、女性のお客さまのほか、小学生以下のお客さま、 お身体の不自由なお客さまとその介助の方もご乗車いただけます。 お客さまのご理解とご協力をお願いいたします。」

 しかし、こうした表示は上記のステッカーにはもちろん車内放送、駅内の掲示、車内の掲示にも見かけません。制度の存在自体、おかしいですが、他の弱者への配慮をここまで蔑ろにする意味が分かりません。そもそも、子供や障害者、介護者の乗車を認めているのなら、「女性専用車両」という名前自体おかしいです。「おもいやり車両」とかいくらでもふさわしい名前があるはずです。それをあえて「女性専用車両」とするのは特定の政治思想を背景とした勢力の影響を受けていると考えざるを得ません。

 実際に乗ってみて、たとえ障害を持っていても、「障害者乗車可」という周知がされていない中、男性が乗るのは相当勇気が要ると思います。

 女性ばかりが乗っている車両は、逆に様々な犯罪を犯しやすい車両とも思えました。女性は統計的にも男性より明らかに力が弱いですから、犯罪者が電車を降り際に様々な犯罪(ひったくり、露出等)をして逃げようとしても、取り押さえることなど無理でしょう。男性が混在している車両なら、状況も違うでしょう。「女性だけの車両」=「犯罪者のターゲットにしやすい車両」とも見えました。

 同じ車両に抗議乗車した方に、居合わせた女性から「あなたたち非常識ね!」と言われたそうで、こちら側は「この制度こそが差別でおかしい。冷静に考えてみて」とチラシを渡そうとしたそうですが、逆にコミュニケーションも受け取りも拒否。如何にこの制度について何も考えずに「女性なのだから専用車両は当たり前」と捉えているかが如実に表れています。

 南流山駅で下車して、ファミレスで意見交換。後の便に抗議乗車した6名も後で合流。愛国派から左派まで様々なスタンスの方が「女性専用車両はおかしい」という一点で集まって活動している。勇気有る行動だと思います。小坂も微力ながら、今後も問題提起をしていこうと考えています。
 
 因みに、こちらのカードは、抗議乗車中に文句をつけられたら出すものです。
 PICT4790.jpg

small_ribon.gif女性専用車両は男性を卑劣に差別する制度であり廃止すべき!、という方はこちらを押してください。
ninkiblogbanner.gif


posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(68) | TrackBack(1) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 お疲れ様でした。つくばエクスプレスは、開業から1週間で男性排除車を設けた悪徳路線です。また、関西の極悪路線のように終日までは行かなくても、関東では設定時間が長い部類に入ります。
 悪徳図書館・つくばエクスプレス・東京メトロ日比谷線&千代田線は、荒川区の汚点だと思います。
Posted by アンチ△専用 at 2007年10月22日 22:20
小坂先生は女性票が減ることを恐れずに男性差別撤廃を訴えている素晴らしい議員だと思います。これからもがんばってください。
Posted by East531 at 2007年10月22日 22:59
女性専用車両について、深く考えずに利用していました。
これからは良く考えてみます。
Posted by at 2007年10月23日 19:51
 こんにちは。
 以前も女性専用車の記事に書き込みをさせていただいたものです。
 確かに、仰るとおり。女性専用車という名称はおかしいと思います。百歩譲ったとしても女性専用車のステッカーに小学生以下や体の不自由な人も乗れると明記すべきです。それか任意なのだから女性優先者とでもすべきです。
 そもそも、なぜ健康な女性が年配の方や体の不自由な方よりも優遇されるのでしょうか?
 そういったことを考えると怒りを隠せませんよ。
Posted by kira at 2007年10月23日 23:19
>>コメント下さった皆様へ

 現職の議員が正面からおかしいと主張することで、問題提起の一助になればと考えています。今後もおかしなことに対しては、異議を唱えていきます!
Posted by 小坂 英二 at 2007年10月24日 06:53
人間、一度手にした既得権は中々手放しませんから、今後の対応に苦労しそうですね。
「ジェンダーフリー」論者の方々はこの男女差別についてどの様に考えているのか聞いてみたいものです。
Posted by foo at 2007年10月25日 10:49
foo様

ジェンダーフリーなんてウソですよ。フェミがやってるんですから。言葉の響きに(無知な)国民がとらわれているうちに、男性差別推進社会、男女がお互いの顔も見たくないような世の中になるのがオチです。
Posted by 大手町 at 2007年10月25日 15:09
次は女性専用病棟だってさ。
http://www.nshp-muroran.or.jp/

北海道は女知事です。大阪、千葉も。
Posted by 反フェミ at 2007年10月31日 00:31
お疲れ様です。今後とも頑張ってください!
Posted by こん at 2007年11月03日 23:18
>>コメント下さった皆様

 激励や情報、ありがとうございます。関心を高めていけるように取り組みたいと思います。
Posted by 小坂 英二 at 2007年11月06日 06:46
マスターのBlogの女性専用車両の画像を見て愕然とした者です。
隣の車両はすし詰め状態なのに、女性専用車両はガラガラ…。
私は出入り口に近い車両を利用するので、女性専用車両を使ったこと無かったのですが、ここまでひどいとは…。
これはあまりに行きすぎていると思います。

というわけで、小坂さんの活動を支持します。
今後も頑張ってください!
Posted by 女ですが at 2007年11月09日 17:54
 創価学会は、組織として「男性排除車大賛成」でしょうが、男性排除車に抗議乗車されている学会員男性がいるようです。本日は、大阪市営地下鉄谷町線で抗議乗車されたようです。
 関西の方のようですが、関東でも東京メトロ半蔵門線で抗議乗車されたようです。更に、JR西日本の大和路線や大阪市営地下鉄御堂筋線での抗議乗車もあるようです。
 下記のブログが、学会員男性による抗議乗車の記録あるブログです。

http://blogs.yahoo.co.jp/yoshhy2007
女性専用車両という名のアパルトヘイト
Posted by アンチ△専用 at 2007年11月09日 23:35
「女性受けすること」を言っておいて、女性票獲得を狙う政治家が大多数である中、小坂氏のような、勇気あるお方は他にまったく存在しないでしょう。
「専用車両に反対すれば、女性票を失うのではないか?」と考えて、正しいことも言えない腰抜け議員が多い中、小坂氏のような議員は貴重ですね。
Posted by コンドル at 2007年11月10日 21:48
>>激励や支持のコメント、ありがとうございます。初心を忘れずに、おかしなことには異議を唱えて参ります。
Posted by 小坂 英二 at 2007年11月11日 15:45
 これは激励せずにはいらねれないでしょう。
 なんせ、日本でたった一人ですよ。国会議員や地方の議員も含めて。
 「おかしなこと」と思っても、得にならないこと、まして損をするかもしれないことに、誰も手を出そうとしないでしょう。「おかしなこと」に対しても、世の中の流れに逆らうようなことは、誰もしたがりません。見て見ぬふりをしている議員ばかりではありませんか。
 小坂氏が国会議員でないことを残念に思います。

 関西はすでにひどいことになっています。大阪市営地下鉄・北大阪急行や阪急、神戸市営地下鉄、神戸電鉄のように、終日にわたって理不尽な男性排除を行っている路線が数多くあります。またJR西日本のように、ガラガラにすいていても公然と男性排除を行っているところもあります。神戸市営地下鉄の場合などは、わずか4両編成なのです!それでも土曜・日曜・祝日まで完全に男性客を排除しています。
香川では年末限定とはいえ、「2両編成(!)」で、そのうちの1両を女性専用車両にしたこともあります。
 本当に何とかしてほしいです。
Posted by コンドル at 2007年11月11日 20:18
抗議乗車、お疲れ様でした。あなたの行動に支持している人間の方がまともで多数派ですから、これからもがんばってください。
ネットで76%の女性が賛成とありますが、あれもインチキでしょう。本当だとしたら現役中心に4500万人の日本人女性が性差別に意識が無い事になります。まさにクレイジー国家。これだと国際社会から「日本女性は性差別者」の烙印をおされても文句は言えないですね。フェミの後押しで記載されたのでしょうが、所詮フェミはその程度の浅知恵で、施策に利己権益を乗せて社会にねじ込んでいるのが現状です。

元々違憲車両で任意協力ですから、どうせ抗議乗車するなら一般男性にもPRして「一緒に乗りましょう」と誘いまくるのもいいでしょう。女性専用車両の有名無実化作戦は電鉄会社に女性専用車両撤廃のフェミや役所に対する圧倒的な理由を与える事にもなると思います。阪急電鉄の全席優先座席撤廃(優先座席の復活)の記事を参考にしてみてください。
単独行動は女性乗客から痴漢冤罪をふっかけられる可能性がありますので、避けた方がよいと思います。駅員や警察も「服を持ってくれ」という言葉で誘い込んで暴行罪や公務執行妨害で逮捕する事も厭いません。自己完結できる人数で行うのが良いと思います。昔から警察、司法は女性を根贔屓しますから要注意です。
別問題ですが痴漢も立証責任が反転しており女性有利の異常な経緯をたどりますよね。虚偽親告罪の可能性と適用が警察の捜査要項に痴漢捜査と同等に加わらない限りは、永久にこの女性が犯す事のできる身分完全犯罪が存在する事になります。国家は、社会的に都合が悪く、抹殺しなくてはならない人間ができたときの手段として、この穴をわざと残しているフシもあります。でなければ、一般開放された完全犯罪の穴を放置するはずがありません。

>>創価学会は、組織として「男性排除車大賛成」でしょうが、男性排除車に抗議乗車されている学会員男性がいるようです。<<

とアンチ△専用様は仰っておられますが、これは、学会員というよりもまともな神経の方と考えた方がよいと思います。創価学会は公明党と密接な関係があるのは周知の通りですが、その公明党には党益とは無縁の人間を公明党議員として迎える制度があります。実はここが落とし穴で、フェミに利用されている悪点であると思います。

もともと公明党には政治家が育つ土壌はないのです。候補者が立つと創価学会側では理屈抜きでトップダウン式に当選させよの命令を下します。信者は妄信的に支持しますから、候補者は政策理念など無くても議員になれると言う事です。選挙日に雨が降ると公明党は喜びます。浮動票の投票率が落ちるからです。池田氏が「これからは女性の時代だ」と叫べば妄信的にフェミ発想へと転換します。公明党の憲法、つまり党義・党則では「中道主義=人間主義」だと掲げています。創価学会でも池田氏自らそのように広告しています。このような政党・集団が、アパルトヘイトの要素を含む女性専用車両を推進するなど言語道断であり、社会的制裁を加えても何ら問題では無いと思います。国交省に大臣を据えてフェミがごり押しをした意見を、次々に施策として実施する構図が数年前からあります。
男女共同参画社会は言葉にまやかしがあり、紛れもなく個人主義を建前とした女性専用社会と家族制度崩壊の実現を目的としているフェミナチの計画書です。フェミは公明党をして総選挙までにできるだけ多くの理不尽な施策をねじ込もうと画策しているのは間違いなく、また、「取り調べの透明化」を唱える民主党に足を揃えるように公明党も擦り寄っているのは、次期政権となる可能性のある民主党への対策だといえるでしょう。最低の政党です。公明党にはキャスティングボートを握る事で、事実上の政権を取ろうという考えがだいぶ以前からあります。何としてでも彼らを第3党にしてはいけないのです。

実は私は創価学会員で、長年公明党を盲信させられてきました。これが果てしなく恥ずかしくて悔しいです。今、家族や親に私一人で真っ向から議論をぶつけているところです。しかし彼らは世間の声なんて聞こうとしない独善的な集団です。また末端会員には「疑問を持つ」という教養のある人も殆どいません。そんな集団を相手にしている事を忘れないでください。(今の私は純粋に日蓮の教えを自分で勉強しているだけです、集会にも行きません)

少々本題から外れてしまいました。ここに書くべき事では無いのかもしれませんね、すいませんでした。私は決して善人では無いと思いますが、外から中を見る現役学会員がいる事を知って頂けたら幸いです。
これからも応援していますので、是非頑張ってください。正義は証明し続ければ、常に自分にあると思います。

長文・乱文をお許しください。
Posted by 沿道からの応援者 at 2007年11月12日 02:14
>神戸市営地下鉄の場合などは、わずか4両編成なのです!それでも土曜・日曜・祝日まで完全に男性客を排除しています。

 これは海岸線のことでしょう。西神山手線は、6両編成で年中無休設定の男性排除を設けています。
 横浜市営地下鉄は、6両編成のブルーラインで平日の始発から9時まで男性排除車を設けていますが、建設中で4両編成のグリーンラインには男性排除車がも設けられない予定のようです。市営地下鉄に関しては、横浜の方が神戸よりマシといえます。
Posted by アンチ△専用 at 2007年11月12日 21:21
>>コメント下さった皆様

 情報や激励、激白など様々な書き込みありがとうございます。この問題についての関心が高まるように働きかけたいものです。専用車について主に扱っている「マスターの部屋」ブログ(http://blogs.yahoo.co.jp/biomass1620energy)もアクセスが増加していると聞いています。
Posted by 小坂 英二 at 2007年11月13日 21:48
yoshhy2007さんのブログも参考になります。
http://blogs.yahoo.co.jp/yoshhy2007

最終局面か?
Posted by 反フェミ at 2007年11月14日 19:52
 マスター様が関東、yoshhy2007様が関西を中心に活動されているようです。
Posted by アンチ△専用 at 2007年11月14日 23:09
>>反フェミ 様
>>アンチ△専用 様

 それぞれの持ち場で働きかけていきましょう!
Posted by 小坂 英二 at 2007年11月17日 16:28
衆議院選挙に出ていただきたいですね、ぜひとも。
Posted by コンドル at 2007年11月17日 22:37
>>コンドル 様
 ありがとうございます。地道に荒川区政に取り組んで参ります。
Posted by 小坂 英二 at 2007年11月19日 17:22
関西のアパルトヘイト駐車場の写真です。他の掲示板で掲載されていました。鉄道や図書館だけではありません。

http://uploader.onpuch.co.uk/img-box/img2007112222463322178.jpg

なお、ここだけでなく、関西の他地区でもあちこち実施しています。
Posted by アンチ△専用 at 2007年11月24日 22:18
>>アンチ△専用
 驚きの情報、ありがとうございます。このような差を設ける妥当性は皆無と言わざるを得ません。なんなのでしょうね・・・。
Posted by 小坂 英二 at 2007年11月26日 12:35
http://blogs.yahoo.co.jp/yukiteru0226/50299198.html
これはどうでしょうか? 群馬のベイシア伊勢崎というショッピングセンターのゲーセンだそうです。
Posted by 大手町 at 2007年12月01日 13:49
>>大手町 様
 もう「狂っている」としか言い様が有りません・・・。
Posted by 小坂英二 at 2007年12月03日 17:25
>もう「狂っている」としか言い様が有りません・・・。

 これも狂っているとしかいえないでしょう。JR西日本の特急サンダーバード号での男性排除席について、小坂先生が入られている某会の方が紹介されています。
 年末の繁忙期あたりに、「指定席は女性専用席を除いてすべて満席です。自由席ご利用の女性の方でお立ちの方は指定席への変更ができます。男性の方はご利用になりませんのでご辛抱ください。」といったアナウンスがあるのでしょうか?

http://www.geocities.jp/tsubasa131/senyou-hantai.htm
Posted by アンチ△専用 at 2007年12月03日 22:39
<補足>
http://www.geocities.jp/tsubasa131/senyou-hantai.htm
の「サンダーバード編」に紹介されています。

※他編のアパルトヘイトもありますが、どれも本当にアパルトヘイトそのものです。
Posted by アンチ△専用 at 2007年12月03日 22:43
>>アンチ△専用 様
 情報ありがとうございます。ネットでのこうした反対やリアルでの活動を通じて、反対の声を高めていければと思います。
Posted by 小坂英二 at 2007年12月04日 15:28
鉄道係員の許諾を受けすして車内、停車場其の他鉄道地内に於て旅客又は公衆に対し寄附を請ひ、物品の購買を求目、物品を配付し其の他演説勧誘等の所為を為したる者は科料に処す (鉄道営業法第35条)
えっ?
チラシを配ったの?
許可とってんの?
てか、貴方という男性が乗っているのだから、差別じゃないですね。
Posted by 犯罪者に反対 at 2008年07月18日 23:29
>>犯罪者に反対 様
 話をする中で、チラシを渡しただけでは犯罪になりません。「女性専用」というのが偽装表示かつ差別であることは明らかです。
Posted by 小坂 英二 at 2008年07月26日 07:47
どうも最近の日本は民主主義的な差別体制国家に移行しているとしか思えません。女性を(痴漢被害などから)守るためなら男性を差別してもいい、という考え方がスタンダードになってきてますよね。社会正義にかなう差別、あるいは許容範囲内の差別とでも言いたげな、そういう概念の枠をどんどん広げていこうしていますよね。民主主義なのに差別が根付いていく現状の日本は、何か取り返しのつかない危険な将来を予感させます。
Posted by 民主差別国家日本 at 2008年09月06日 11:37
>>民主差別国家日本 様
 今後もこの問題に切り込んでまいります!
Posted by 小坂 英二 at 2008年09月10日 07:04
痴漢冤罪が問題となっている現状を危惧し、「男性専用車両の導入」に関する署名がないかどうかを調べていてこちらにたどり着きました。

「痴漢」という卑劣な犯罪は現に存在し、また「痴漢冤罪」によって男性が社会的に抹殺されてしまう事例も現に存在するのです。

確かに「小学生以下の男性や障害者等の弱者も乗車可」という告知が徹底されていないという点に対しては声を上げて糾弾すべきですが、犯罪抑止のための車両分化という意義をまったく無視して差別論だけに走るのはいかがなものかと思います。

小坂さんにはこの点についてどのようにお考えなのかをお聞かせください。
Posted by 痴漢冤罪にも目を向けてください at 2008年09月10日 21:22
>>痴漢冤罪にも目を向けてください 様
 痴漢冤罪については、何度も記事にしています。(ブログ内検索で「痴漢誤認逮捕」で検索して下さい。)。冤罪防止には付着繊維検査の徹底(現状はいい加減)、証人の確保の努めること(現状は女性の言い分だけあれば十分)、車内への防犯カメラの設置が必要ですしそう主張してます。

 女性専用車両を導入しても、痴漢は減っていません。むしろ、その女性だけの車両に乱暴な変質者や犯罪者が乱入してきたら、誰が助けるのですか?女性だけのほうが危険ではないでしょうか?
Posted by 小坂 英二 at 2008年09月13日 18:13
専用車両の話題からそれて恐縮ですが、小坂先生の御見解をお聞かせ下さい。先日、知り合いの専門学校生(女性・19)から聞いた話ですが、彼女の学校では、電車で痴漢をつかまえて示談金をいくら巻き上げることができたか、友達同士でちょっとした競争になってるそうです。これが事実なら悪どいですよね。痴漢詐欺や痴漢冤罪には女性にもそれ相当の罪を負わせるように法律(条例)を改正しなくちゃいけないと思うのですが、いかがでしょうか?
Posted by 民主差別国家日本 at 2008年09月21日 19:57
>「小学生以下の男性や障害者等の弱者も乗車可」という告知が徹底されていないという点に対しては声を上げて糾弾すべきですが、犯罪抑止のための車両分化という意義をまったく無視して差別論だけに走るのはいかがなものかと思います。

男女別車両であれば、「車両分化」とも言えますが、男性排除車両のみ存在しているのですから、これをもって「分化」とは言えませんね。
犯罪防止と言うのであれば、女性専用車両へ全女性客、少なくとも若い女性のみを残らず女性専用車両に乗せてこそ、初めて犯罪防止と言い得ることです。
Posted by アンデルセン at 2008年09月21日 21:56
>>民主差別国家日本 様
 同感です!関西で悪質な痴漢冤罪事件がありましたが、罰則が軽すぎると強く感じました。
 「単なる虚偽告訴」ではなく、「痴漢のレッテルを張られることによって社会的に抹殺され家族からも白い目でみられ、正に人生を破壊すること」であり、そうした人生破壊を金目的などで行う輩にそれ相応の罰が不可欠と思います。

>>アンデルセン 様
 その通りだと思います!
Posted by 小坂 英二 at 2008年09月22日 08:19
大島麻衣というアイドルが、ミニスカート姿の女性の足を見ただけでも男は痴漢だと発言したそうです。痴漢冤罪を苦に自殺未遂をしたり家族崩壊した人達がいることを考えると、公人として許せない発言だと思います。最近の女性は男性を侮辱することを何の罪とも思っていません。女性専用車両の廃止と共に、男性を軽々に痴漢呼ばわりすることがいかに罪深い行為であるかを分からせるような対策がとれないものでしょうか?小坂先生はどう思いますか?
Posted by ユーアイ・コープ at 2008年10月25日 14:40
>>ユーアイ・コープ 様
 コメントありがとうございます。「最近の女性は男性を侮辱することを何の罪とも思っていません。」という言葉、全く同感です。テレビにしろ何を見ていても、そうした風潮は顕著です。それに対してはやはり地道に異議を唱えていくしかないと思います・・・。
Posted by 小坂 英二 at 2008年10月27日 16:39
私も女性専用車両に断固反対です。海外ではこの件をもって、日本の男性は二等市民扱いされているという報道を聞いた事があります。また専用車両の話題とは少しそれますが、テレビなどでは女性タレントが男性のことをセクハラオヤジ、ハゲ、スケベ、痴漢などと言いたい放題。男性を下等市民扱いして笑いネタにして何の問題にもならない国は世界中で日本くらいです。小坂先生のように義憤を感じられる方を私は全力で応援したいと思います。
Posted by ケンイチ at 2008年10月28日 15:10
女性〜の会のページから参りました。ことの流れが会のサイトに書いてある通りならばTXさんは驚かされる程ビジネスマナーに欠けていると思われます。
一般的に鉄道会社は常識にかけているのではないでしょうか。
現場の方は安全を重視されるお仕事、それも当然でしょう。いいならいい、ダメならダメ。命を預かる仕事なら表面のサービスが損なわれてもむしろそうあるべきと私は考えています。ただホワイトカラーの方は一般企業と同じようにあるべきではないでしょうか?元国営でも3セクでも。ましてや株主の意見を無視するとは何事かと。
恥ずかしながら私は小坂さんがどのような政治活動をなさっておられるかは存じ上げません。ですがこのような小さく大きな問題に手を付けられるお方、さぞご多忙であろうとお察しします。お忙しいでしょうが、この問題を大きくして頂きたい。
荒川区がTXに株主として意見するかしないか、議会で話し合って頂きたい。区議さんでも市議さん都議さん県議さんでも仲間を増やして頂きたい。そうすればマスコミがこの話を伝えるのではないか?いままでのような片方からの報道ではなく。それから、女性専用車の必要性の有無が決まるべきではないでしょうか?
票集めに有権者の50パーセントを占める女性の味方をするのではなく、50パーセントのうちの何分の一にも満たないほうを、自らの理念に従って支持する、素敵な政治家さんと、そんな政治家がいる荒川区のさらなる発展をお祈りしております。
Posted by inoino0414 at 2008年11月27日 00:25
>>ケンイチ 様
 激励、ありがとうございます。同感です!本当におかしな風潮がまかり通っている現状を正したいと思います。

>>inoino0414 様
 コメントありがとうございます。TXの対応の非常識さにはあきれるばかりですが、様々な立場の方に問題提起して意識を変えていきたいと思います。
Posted by 小坂 英二 at 2008年11月28日 00:23
女性専用車両だけでなく、雇用機会均等法などを見ても女性を優遇する特例は結構ありますよね。ホームレスや、経済苦を理由に自殺する人達は圧倒的に男性が多いのに、なぜ逆に女性ばかり優遇する政策が政治や行政の場で作られていくのか私には不思議でたまりません。小坂先生は政治の当事者として、このねじれ現象の原因をどう考えられておりますか?
Posted by au at 2009年01月23日 16:47
>>au 様
 返信が遅くなりまして失礼しました。さて、こうした女性への過度の優遇は「商売の対象として男性より期待が持てる女性」を優遇することによって、利益をより多く挙げたいという企業によってつくられた社会風潮によるものかと思います。さらにその風潮に行政や政治屋も乗っかっている。そのような構図かと思います。
 その異常なバランスを正していこうと考えています。
Posted by 小坂 英二 at 2009年01月30日 13:55
余談めいたコメントで申し訳ありませんが、小坂先生の取り組みの正しさを証明するような投書(産経2.25)がありました。夫婦で介護職に応募したところ、妻はOKで自分は門前払いされたという50歳男性の投書です。内容は年齢差別が強調されていますが、行間からは明らかに男性差別を訴えている主旨が読み取れます(恐らく男性差別を前面に出すと採用されないからでしょう)。男性差別の是正を訴えている小坂先生の取り組みは正しく、社会から要求されているものだと確信しました。今後の活躍を期待しています。
Posted by ユーアイ・コープ at 2009年02月25日 16:59
>>ユーアイ・コープ 様
 激励、ありがとうございます。男性差別に対して社会は余りに寛容すぎると思います。結果として男女共に不幸なことになりかねませんので、それを防ぐべく今後も主張を続けて参ります。
Posted by 小坂 英二 at 2009年03月05日 21:46
教師をしている友人から聞いた話ですが、教室で女子生徒から漫画を取り上げたら、その生徒が力ずくで取り返そうと組みついてきたので、彼は驚いて生徒を振り払った所、その生徒からセクハラ、暴力教師などと騒ぎ立てられ、報道沙汰の一歩手前までいってしまったそうです。今の日本は「痴漢やセクハラから女性を守る」という大義名分が強すぎて、正義が歪められている感じがしますが、小坂氏はこの件をどう思いますか?ご意見をお聞かせ下さい。
Posted by 日本国民 at 2009年03月28日 12:13
>>日本国民 様
 本当に恐ろしいですね。「セクハラ」や「痴漢」と女性から名指しされたら、それを覆すのは困難です。誰かを貶めるのに一番簡単で効果的な方法ですね・・・。
 一方で、実際に痴漢やセクハラをやった人間が「やっていない」と言い張るケースも有る中、どのようにそれを見分けるかは至難の業で有るのも事実です・・・。そのバランスをどう取るか、大きな課題ではっきりした答えは未だ見つかりません・・・。
 ただ、現状は女性の言い分を鵜呑みにしがちな側面が有ると思います。
Posted by 小坂 英二 at 2009年03月29日 18:19
何度も質問して申し訳ありません。最近「デートDV」と言って、たとえ恋人同士でも、女性が気乗りしない時に男性が誘ったり、メールで居場所を聞いたりするだけで立派な犯罪だとして取り締まる動きが強まっています。男女関係に何でも犯罪概念を持ち込むのは行き過ぎだと私は思うのですが、小坂氏はこの件をどう思いますか?
Posted by ユーアイ・コープ at 2009年04月24日 07:35
>>ユーアイ・コープ 様
 デートDVについてはケースによると思います。行き過ぎた認定は控えるべきですが、悪質なものは取締が必要だと思います。
 いずれにせよ、痴漢事件のように女性の言い分だけで何もかも決まるような判定は許される訳もなく、男女双方の言い分をきちんと聞いた上で判定をすべきと考えます。
Posted by 小坂 英二 at 2009年04月25日 23:42
5月15日付産経オピニオン面で女性専用車両が取り上げられてました。読者の言葉とは言え「女性の特権意識」「(男)性差別」という言葉が新聞に載るようになっただけでも一歩前進だと感じました。最近、男性差別に理解が進む面と、逆に事態が悪化している面と複雑な世相ではありますが、小坂氏は差別是正に現在どのような手応えを感じておられますか?
Posted by 日本国民 at 2009年05月19日 08:14
>>日本国民 様
 産経新聞、読みました。男性差別への異議申し立てはまだまだ道遠しの感じですが、問題意識を持った人間が発言していかねばと思っています。まずは、個人個人が声を挙げることから始めましょう。社会全体では悪化している面が目立ちます。
Posted by 小坂 英二 at 2009年05月19日 12:20
女性専用車両に反対される方々へ・・・
本当にこの制度をやめさせたいと考えるなら、秋葉原駅や車内で抗議したって何にも
変わりませんよ。TXに女性専用車両を導入
した経緯は、社長の高橋伸和が会社内の様々
な意見を押し切って、独断専行で実施した
ものです。この社長の横暴振りは他の言動
でも有名で、会社内では北朝鮮の将軍さまと例えられている位の独裁者です。
だからいくら会社の担当責任者にモノを言ったって全く意味がありません。無意味な反対運動を続けるより、本当に実をとりたい(
女性車両廃止)と考えるならば、まずはこの社長を退陣させて、きちんと話し合える人を据え付けるべきです。出資者である荒川区
さん、是非がんばってください!
Posted by TXの内部事情 at 2009年06月03日 18:02
>>TXの内部事情 様

 ご指摘と激励ありがとうございます。御指摘のような内部事情であっても現場での抗議や活動は意味が有ると思います。
 明らかな不祥事が有った確証でもない限り、社長を退任させることは難しいと思います。
 男性差別を是認する社会風潮に異議を唱える有志で声を挙げて、世論、報道の協力を得ながら地道に変えていくことから始める必要が有ると思います。
Posted by 小坂 英二 at 2009年06月05日 16:16
男性も女性も同じ料金を支払っているのに、女性しか利用できない車両があるなんて変なの。
アメリカなどは法律まで作って「男女平等」の社会にしようとしているのに、日本は男女の差別化を進めているのだからがっかりする。
Posted by Hiroshi M. at 2009年06月06日 02:05
TX社長の件に関しては、小坂氏のコメントの方が正論に思います。ワンマン社長よりも、女尊男卑を是認する社会風潮自体が問題と思えるからです。女性専用車両は男性をバイキン扱いするようなひどい制度ですが、それを是認している社会こそ変えなくてはならないはずです。私は小坂氏の意見を全面支持します。
Posted by 女子校英語教師 at 2009年06月06日 12:58
 先日、大阪市営地下鉄の御堂筋線でガラ空きの女性専用車両に乗っていたところ、駅員に膝をたたかれて起こされ、「ここは女性専用車両ですよ!」と言われました。両隣の車両は座席も埋まっており、ガラ空きの女性専用車両に乗っていたのですが、まさか乗客の体に触れてまで無理矢理協力させようとするとは思ってもみませんでした。
 本当にひどいアパルトへイトだと思います。男性客は犯罪者でも何でもありません。一律に排除してしまおうという姿勢も疑問ですし、そのような女性専用車がまかりとおってしまって、反対の声すらあげにくい現状を何とかしなければならないと思いました。
Posted by キャノン at 2009年06月06日 15:35
>>Hiroshi M. 様 
 本当に不合理ですね。

>>女子校英語教師 様
 ありがとうございます。とても心強いコメントに感謝です。

>>キャノン 様
 そうですね、そうした風潮をなんとかせねばと強く思います。
Posted by 小坂 英二 at 2009年06月10日 06:34
何度かメールでお言葉をいただいている都民です。
これからも男性差別問題に取り組んでいただきたいお思います。
(女性票が減ることを恐れていない点が素晴らしいです)
政治については素人ですが、選挙などの際にはお手伝いをしたいと思います。
Posted by 差別に反対 at 2010年01月11日 03:36
世界は差別の無い社会を目指しているのに、日本だけは逆行しています。
まるで男は全て痴漢する可能性があるから別々するという発想です。
このような事でしか痴漢対策が出来ないのは無能だからだと思います。
全ての女性が弱いとは思えません。
社会に出る以上は世の中には様々なリスクや危険はつき物です。
社会では男性がどんどん弱くなっていきます。
どんどんひ弱な男と強い女だらけの社会になって行きます。

アパルトヘイトのような区別は断固許せません。
Posted by ゆう at 2010年02月22日 12:22
>>ゆう 様
 男性を冷遇することに違和感を感じない可笑しな風潮と同時に、「不正を断固配する」覚悟が無く、そのまやかしの為に異常な車両を作り上げた訳ですね・・・。
 本当に痴漢を減らしたいのなら、車内カメラの設置や二階建て車両の導入などやることが有るのではないでしょうか。
Posted by 小坂 英二 at 2010年02月27日 00:07
「抗議乗車中」のカード、自分も抗議乗車の際に使いたいので、四隅の整った写真若しくはデータを頂けないでしょうか?
Posted by スチール at 2012年08月08日 15:50
公明党、創価学会はキチガイ集団だからね!!女性専用車なんか糞食らえだ!!バァ〜カ
Posted by 東武線利用客 at 2012年12月05日 11:01
小坂さん、僕達の為にいつもありがとうございます!
Twitterもフォローさせていただいています!
Posted by 市民A at 2012年12月26日 22:20
僕は高校生ですが最近の男性差別は酷くなってきていると思います。女性票など女に媚びた政治家が沢山いるなかで小坂先生のような男性差別を主張する議員はとても貴重です。これからも応援します。
Posted by 反男性差別軍 at 2013年03月23日 14:30
以前、抗議乗車を行いました。
一番酷かったのは某急行電鉄の夕方に運用される女性専用車両でした。
わがままオンナの巣窟だったことが記憶に残っています。
なおめでたく夕方の女性専用車両は今月15日をもって廃止となりました。
廃止する路線がいくつか出ましたが、あくまでも運用上の都合による廃止の模様です。
そして、就職活動に於いても、女性に媚びる企業が増えていて困っています。
Posted by 城西地区住民 at 2013年03月29日 00:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

日暮里図書館から生書き込み! まだあった女性優先席
Excerpt:  こんにちは、大手町です。  今回の記事を読む前に、[http://blogs.yahoo.co.jp/no_womencar_ohtemachi/24294506.html こちら]の記事をあ..
Weblog: 男性差別に断じて反対する中学生のブログ
Tracked: 2007-11-13 16:58
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。