2008年02月13日

薬に似せた毒薬、人権擁護法案

 区役所で朝から昼過ぎまでの打ち合わせを終え、午後は日本会議の首都圏地方議員懇談会(日本会議地方議員ブログ)の幹事会(会場は衆議院第一議員会館)へ。永田町は久しぶり。
PICT5662.jpg
 いくつかの議題の他、人権擁護法案に反対する地方議員行動についての議論や国会の情勢を聞くべく古屋圭司代議士から講演と情勢報告をいただいた後、質疑応答を行いました。
PICT5665.jpg

 「薬に似せた毒薬」であり、人権弾圧を引き起こす手段となる人権擁護法案については、こちらのページやその先のリンクを是非、ご覧いただければと思います。平成17年にも国会で成立させようとする動きがあったものの、多くの国会議員や地方議員、有志の国民の反対で止めることができました。その反対集会(平成17年6月19日開催。こちら)において、2000名近い方の前で小坂からも反対演説をさせていただきましたが、その内容をこちらに掲載してますので、是非、お読み下さい。今回新しく出されようとしている法案も大筋では内容の変わらないものとなりそうです。
 詳しくは先に挙げたリンク先をお読みいただければと思いますが、主な問題点は4つ。こちらの動画もどうぞ

 1.人権侵害の定義が不明確で乱用可能。「人権」を口実にした新たな人権弾圧が可能。

 2.人権委員会の権限が強大。独立性の高い3条委員会

 3.不当な人権救済の申出の対象とされた者の保護が不十分。濫用することで、相手の社会的信頼を失墜することも可能。

 4.人権擁護委員の選任基準が不適当。


 今後、国会議員と地方議員、心ある国民と共に反対集会や運動をしていく予定であり、ブログを通じて呼びかけをさせていただきます。是非、その際はご参加下さいますようお願い申し上げます。

small_ribon.gif人権擁護法案に反対、という方はこちらを押してください。
ninkiblogbanner.gif


posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
戸井田様の所から参りました。

弾圧と逆差別の法案の芽を摘むための国民集会に向けて多くの皆さんに呼び掛けましょう。

よろしくお願いします。
Posted by VO at 2008年02月15日 19:35
小坂議員を知ったのは、反対集会の演説でした。

お年を召した方から、若者、小さなお子さんを連れた方まで、
本当に危機感を持った普通の国民が集まりましたよね。
もう3年前なんですね。

又、国民が動く時ですね。
Posted by buru-ri- at 2008年02月15日 22:15
 女性団体(女権拡大主義者)がこの法を悪用する危険性があると思います。そうなると男性は完全に女性のかばんもちとなってしまうでしょう。
Posted by アンチ△専用 at 2008年02月16日 00:57
>>VO 様
 主催がどこになるかは別にして必ず開催しましょう!真の人権を守るために!!

>>buru-ri- 様
 あの時の危機感を持って多くの方に参加していただけるとありがたいですね。

>>アンチ△専用 様
 濫用が可能なこの法案、正に反日・反社会勢力に武器を与えるが如きですね。何としても潰す必要有りです。
Posted by 小坂 英二 at 2008年02月16日 07:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。