2008年05月30日

田端・尾久操車場、現場を踏まえた対策を!

PICT6507.jpg
区役所の窓にも緑のカーテン用のネットが設置。これからつる性の植物が育っていきます。

 さて、今日は臨時議会が開かれました。議長、副議長が「一身上の都合」(参考ブログ記事)で辞任し、こちらの通り新たな議長・副議長が選出されました。

 また、各議員の所属委員会も毎年変更される時期なのですが、小坂は常任委員会は建設環境委員会、特別委員会は震災対策危機管理調査特別委員会(前年に引き続き)に所属させていただきました。

 各委員会の委員決定に伴い、委員長などの役職を決めることのみを目的とした委員会がそれぞれ開かれたのですが、震災対策危機管理調査特別委員会が開かれた際には小坂から

「新たに選ばれた委員長・副委員長にお願いしたいこととして、新たに広域避難場所に指定された田端・尾久操車場(平成20年5月15日のブログ記事とそのリンク先をご覧ください)の現地視察と委員会での議題として取り上げていただきたい。

 敷地は広いが避難できる入口が限られており、またどこから入れるのかの周知やその際の問題点も議会として考える必要が有る。現状では相当の混乱が生じることが予想される。

 現地での対応マニュアルも現在整備中というのも対応が遅いと言わざるを得ず、何より防災担当の課長も現地の敷地内に入ったことがないなどという現状は由々しき状態であり、議会とともに早急に問題点を把握し、対策を決定しなければならない。

 電車が出入りする場所ではあるが、安全性を確保しながら早急に敷地内の現地視察と議題として取り上げることをお願いしたい。」

という申し入れを新たに選ばれた委員長にいたしました。同様の申し入れは担当課長にも事前にしていましたが、委員会として全体で取り組むことが不可欠と判断しての申し入れでした。委員長からは「意見を受け取らせていただいた」といことで後日、対応について結論が出されることと思います。

 ブログの読者の方からも、この避難所については心配な面が多いという指摘も寄せられており、現場をきちんと見ながら、早急な対策ができるように取り組んでいきたいと決意しております。

small_ribon.gif震災対策には綿密な想定に基づく対策が不可欠!、という方はこちらの2つのボタンを押してください。にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif


posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。