2016年05月09日

パナマ文書に荒川区在住者も。これほど身近な租税回避地!法規制で国富の流出抑制を!

13118835_1384546104904377_3358964911379870391_n.JPG
 我が家で今年も満開のカランコエ。初夏の雰囲気が漂うこの花はとても長持ちします。

 さて、今、世間を騒がしているパナマ文書。情報を公開しており、こちらから誰でも自由に掲載内容を検索することができます。

 海外の大物政治家や日本の大企業の名前も挙がっているようですが、身近なところで「arakawa」で検索すると荒川区在住の3人の名前・住所・関連情報が出てきます。

 これくらい、身近な存在になってしまっているのです。租税回避地(タックスヘイブン)というものが。

 租税回避地に日本の国富が容易に流出するような現状を変える、日本の国富を守る規制の枠組みを作らねばなりません。その為の議論をしっかり進めていかねば!

small_ribon.gif小坂の問題提起に共感する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

琉球独立など論外!沖縄県民は日本人!日本分断の嘘と戦っていかねば!声を挙げました。

13164387_1088923641167392_1484074555061663308_n.JPG
 消防団の操法大会訓練に欠席の選手の代役を務めてから、急ぎ着替えて靖国神社へ。

 5月2日のブログ記事「趣旨に賛同し、発起人に!5/8 「国連先住民族勧告の撤回を実現させる国民の会」!集会とパレード!皆様、是非、ご参加下さい!」に発起人として参加して参りました。

 国民の会では危機感を持つ多くの方々から具体的な問題提起や提案がなされました。

 地方議員を中心とした「意見書決議推進委員会」の発足も提言され、その方向で活動を進めていくことに。小坂も共に活動をして参ります。
 
 「沖縄の人々を先住民族として保護すべき」とする国連の複数の人権関連委員会の勧告は日本分断、解体への謀略そのものです。この撤回を地方議会の持つ権能の「意見書」という形で国に求めていきます。
 この決議の撤回を求める質疑を宮崎政久衆院議員が行っており、左翼勢力の巣窟の沖縄二大メディアに袋叩きにされています。良識ある日本人の力で、宮崎議員のような良識ある国会質疑をした議員を守っていきましょう!

 沖縄の祖国復帰44周年を祝う国民大行進にも先頭に立って参加させていただきました。

 「沖縄県祖国復帰44周年おめでとうございます!」

 「沖縄県祖国復帰44周年、万歳!」

 「5月15日は沖縄県祖国復帰記念日として御祝いしましょう!」

280508okinawasuzuki.JPG
 鈴木正人埼玉県議と一枚。沖縄の祖国復帰を一週間前倒しで祝い、日本人として護って行く気持ちを込めて沖縄づくしの着物で参加しました。

 着物は琉球絣、帯と財布は八重山諸島のミンサー織り、ポケットティッシュは紅型です。沖縄のものを身につけると夏らしい装いになりますね。

13100712_1059090904164487_2206271711064836331_n.jpg
 その後の懇親会でも同じ想いを持つ方々と語りあい、沖縄を守って行く覚悟を更に高めていきました。

small_ribon.gif琉球独立など論外、日本から切り離すような動きに断乎戦っていくべき、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

荒川区でも激増中の「民泊」、条令改正で規制を!

280505syoubu.JPG
 昨日は端午の節句。買ってきた菖蒲を細かく切って熱湯を注ぎ精油を作ってお風呂に入れて「菖蒲湯」に。
 家内の実家で摘んできたヨモギの煮汁も既にお湯に入れてあり、二重の効果で体が今もポカポカです。
 菖蒲を切って熱湯を注ぐと、甘くて爽やかな香りがたちこめ、とても癒されます。

IMG_8320.JPG
 初節句なので自宅で手持ちの着物にて記念に一枚撮影しました。強く優しく育て!
 午後は雨降りでしたね。夜の政務会合では多くの方から激励と問題提起をいただきました。

 さて、2月、3月の議会でも議論が行われた「民泊」。荒川区でも300件以上が存在すると言われています。
 
 その実態はブラックボックスです。

 「自主的に建物資源を有効に使って観光客を受け入れ交流の場となっている。」面ももちろん有ります。

 しかし、4月にある程度の法規制ができたとはいえ、「貸主、近隣とのトラブル」「部屋の悪用」「責任尾所在の曖昧性」「厳しい規制を満たしてコストをかけて運営している既存の宿泊施設との公平性」など、様々な課題が積み残しになっています。

 そんな中、台東区議会では3月にこちらの報道記事の通り
「宿泊者の就寝中を含む営業時間内は従業員を常駐させることや、玄関帳場かそれに準じる設備の設置を宿泊施設に義務づける。これにより、区内ではワンルームや一軒家の貸し出しなどの民泊営業はできなくなる。」
 という形での条例改正を行いました。荒川区でもこうした方向での、「実態把握・責任の所在の明確化が可能な形」での条例改正をまず、行うべきと考えており、区に問題提起をして参ります。

small_ribon.gif小坂の問題提起に共感する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

行政の美辞麗句に騙されるな!

13091923_1380719905286997_5067783285641471947_n.JPG
 写真は一昨日に消防団の操法大会の訓練に支援団員として参加した際のものです。訓練会場は薔薇から様々な小花まで花盛りです。


 さて、チャンネルAjer  シリーズ「地方議員の切り込み隊長、小坂英二の国護り」の第107回は

 『行政の美辞麗句に騙されるな!』

と題して語らせていただきました。宜しければご覧ください!

small_ribon.gif小坂の問題提起に共感する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

墓地(納骨堂)建設反対運動に思う。反対の根本は「縦糸の中で生かされ死んでいく自分がいる」認識の欠如が社会に蔓延しているからでは?

arakawa7.JPG
 荒川7丁目で建設予定の納骨堂に対する反対運動が起きています。法や条例上は特段の問題の無い納骨堂ですが、地域からの反対運動が盛り上がるのが墓地や納骨堂では多く見られます。
  
 ケースによって理由の差異は有りますが、
・来場者が増えることによる混乱、交通渋滞、事故の不安
・街のイメージが悪く、沈下してしまう不安
・突然の話で地域の理解を得ていない
・供え物をカラスや猫等が荒らす
 といった理由が多いようです。
 こうした話を聞く度に思います。

「色々と理由をつけて反対をしていますが、根本は自らが連綿と続く血筋の縦糸の中で生まれ、生かされ、やがて死んでいくことへ目を逸らす生き方、社会の風潮の帰結」

 なのではないかと。
 死を他人事に考えて遠ざけ、見ないようにする風潮。そうしたものを近くに置くことを避ける社会。それは決して健全な社会ではないと考えます。

 墓地や納骨堂が近くに建設予定でも小坂は全く反対しようとは考えませんね・・・。明らかに地域社会に有害なパチンコ屋が建設予定であれば猛反対しますが。

 「お墓は怖い、気持ち悪いもの」ではなく、「私達の先人が眠る絆の場、今を生きる私達を見守って下さる先人と会える場」だと考えます。私個人の考えだけでなく、社会としてこうした共通認識を持てるように共感の輪を広げていこうと考えています。

 こういう認識が広まると子供達の間で「お墓で肝試し」など無くなってしまうかもしれませんね。「お墓は安心や絆を感じる場所だから、夜に歩いても全然怖くないよっ」って。

small_ribon.gif墓地の存在を必要以上に忌避する風潮に違和感を感じる、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

今月の日本、サイコー!の公開収録(5/28(土)18:45)のゲストは佐波優子さん!皆様、是非、お越しください!

13177934_1382481501777504_1429047224505517846_n.JPG
 小坂とヒクソンさんが語るネットラジオ、「日本、サイコー!」の公開収録、今月のゲストは佐波優子さんです。日本文化チャンネル桜のキャスター、戦後問題研究家、陸上自衛隊予備自衛官の陸士長をはじめとして多方面で活躍をされています。

 「女子と愛国」(祥伝社)の著者でもあります。その中で家内の天羽絢子(写真左)への取材記事も掲載されています。

 こちらの写真は家内が十数年前に2chで「靖国神社への参拝をひたむきに呼びかけ続け、多くの参拝オフ参加者と共に8月15日の参拝を行った」活動等についての記事ですが、その記事に関する取材を靖国神社で「ジャパンタイムズ」から受けた際に撮影されたものです。
 
 皆様のお越しをお待ちしております。
 また、6月の公開収録はゲスト未定ですが日程は6月8日(水)18:45に同会場にて行います。

●公開収録
日時:平成28年5月28日(土)18:45〜19:45

場所:諏訪台ひろば館 2階 いこい室
     荒川区西日暮里三丁目3番12号
  
●懇親会:公開収録終了後、同会場で開催します。
 
懇親会費:金額は当日、人数割りで決定します。

 拙著「タブーなき告発」のサイン本も当日、お持ちします!

small_ribon.gif様々な場での問題提起をおおいに進めるべき、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

趣旨に賛同し、発起人に!5/8 「国連先住民族勧告の撤回を実現させる国民の会」!集会とパレード!皆様、是非、ご参加下さい!

280508okinawa2.JPG
 (以下の呼びかけに賛同し、共に行動をします。皆様も是非!)
 来週5月15日は大東亜戦争により米軍統治下に置かれた沖縄県が祖国日本に復帰して44年になります。
 
日本の国体を守った沖縄戦も、わずか27年で再び民族の統一を果たした沖縄県祖国復帰も誇りある日本民族の歴史です。
 
 しかし、反日勢力の水面下の働きかけにより、平成20年から国連の複数の人権関連委員会から日本政府に対して、「沖縄県民は日本に侵略された先住民族として保護するべき」との同じ趣旨の勧告が4回も出されていたのです。
 
これは、明らかに日本民族分断工作であり阻止しなければなりません。
 
 開催される沖縄県祖国復帰44周年靖國集会を日本民族団結集会とし、「国連先住民族勧告の撤回を実現させる国民の会」を発足する運びとなりました。
発足は、多くの先生方に発起人にご就任いただくことにより実現いたしました。
心より感謝申し上げます。
5月8日の靖國集会は、民族分断を阻止する、重要な決起集会です。
万象お繰り合わせの上、ご参加のほどよろしくお願い申し上げます。
(仲村覚)
--------------------------------------------------------
沖縄県祖国復帰44周年記念 日本民族団結靖國集会
〜届いていますか? 沖縄の本当の声〜
「国連先住民勧告の撤回を実現させる国民の会」設立決起大会

 
FBイベント
 
■日 時:平成28年5月8日 受付:12時30分 開演:13時
■場 所:靖國会館2F
■参加費:1,000円
---------<プログラム>---------
◎来賓挨拶
  ・中山成彬氏(前衆議院議委員)
  ・室舘勲氏(株式会社キャリアコンサルティング代表取締役社長)
◎基調講演
 「長尾たかし、沖縄を語る」
  ・長尾たかし氏(衆議院議員)
◎沖縄からのメッセージ
  ・宮ア政久氏(衆議院議員・沖縄県選出)
◎地方議員からのメッセージ
  「沖縄の日本民族同胞を守る『地方議会意見書採択運動』」
  ・鈴木正人氏(埼玉県議会議員)
  ・古賀俊昭氏(東京都議会議員)
  ・小島健一氏(神奈川県議会議員)
◎緊急報告
 「日本民族を団結させる「国連先住民勧告撤回運動」
  ・仲村覚氏(沖縄対策本部代表) 
■主催:沖縄県祖国復帰44周年記念日本民族団結靖國集会実行委員会
■共催:沖縄対策本部 / 英霊の名誉を守り顕彰する会
-----------------------------------------------------------------------------
5月8日に靖國会館で開催予定の日本民族団結靖國集会にて発足する、
 
「国連先住民族勧告の撤回を実現させる国民の会」
 
の設立趣意書です。
 
是非、ご一読下さい。
-----------------------------------------------------------------------------------
    「国連先住民族勧告の撤回を実現させる国民の会」
            <設立趣意書>
-----------------------------------------------------------------------------------
 昨年9月、翁長沖縄県知事は日本国の一つの県の首長でありながら、あたかも日本の植民地の自治体のトップであるかのように、米国や国連人権理事会に足を運び、「日本政府に人権や自己決定権(self- determination)をないがしろにされている」などと訴えるなど、翁長外交ともいえる前代未聞の動きを始めています。これは、基地問題を国際的少数民族にすり替え、沖縄を日本から分断させる最も危険な動きです。  
 
 この根底には、2008年に国連の人権規約委員会が日本政府に出した「日本政府は沖縄の人々を公式に先住民と認め、文化や言語を保護するべき」との勧告があります。それ以降、国連の人権関連の委員会や、ユネスコから同様の勧告は何度も出されており、国連では沖縄県民は日本の少数民族(マイノリティー)だと認識されつづけてきたのです。
 
 これは、沖縄県民の全く知らないところで、反差別国際運動や市民外交センターなど東京に拠点を置く国連NGOが国連に働きかけた結果によるものです。このような誤った認識を放置していると従軍慰安婦や南京大虐殺と同様、真っ赤な嘘であるにもかかわらず、沖縄県民は日本人では無く先住民族だと国際的に認知されてしまいます。これは、同じ日本民族であるにもかかわらず、「侵略した日本」と「侵略された沖縄」と日本民族を分断する歴史戦です。
 
 この国連勧告は沖縄県民の日本人としての誇りを著しく傷つけるものであり、昨年12月22日、豊見城市議会では「国連各委員会の『沖縄県民は日本の先住民族』という認識を改め、勧告の撤回を求める意見書」が採択され、外務省、内閣総理大臣、沖縄県知事、国連人権理事会、国連人種差別撤廃委員会、国連脱植民地化特別委員会、国連先住民族会議に提出されました。続いて、3月20日には県民有志約200人が集り「国連先住民族勧告の撤回を実現させる沖縄県民の会」が発足し同様の意見書を残る沖縄県40市町村で可決させることと全国の県議会、市町村議会に同様の意見書の採択の協力を要請することが決議されました。
 
 日本国民である私たちは、民族同胞である沖縄県民が反日勢力の手により、国際的に先住民だと認知されている状況を看過するわけにはいきません。よって、日本民族の総力をあげて、民族の分断を阻止するため、「国連先住民族勧告の撤回を実現させる国民の会」を発足する運びとなりました。全国の自治体で国連先住民勧告の撤回を要求する意見書を採択するためには、多くの皆様のご理解とご協力が必要です。どうか皆様のお力添えをお願い致します。
 
♢ 代表発起人♢
加瀬英明(外交評論家)
 
♢ 発起人一覧♢
呉 善花(評論家)
岡野俊昭(新しい歴史教科書をつくる会 副会長)
小名木善行(国史研究家、倭塾塾長)
オルホノド・ダイチン(モンゴル自由連盟党幹事長)
兼次映利加(コラムニスト)
河添恵子(ノンフィクション作家)
木上和高(日本会議神奈川副運営委員長)
葛目浩一(新聞アイデンティティー主幹)
黄 文雄(評論家)
古賀俊明(東京都議会議員)
小坂英二(荒川区議会議員)
小島健一(神奈川県議会議員)
佐藤和夫(英霊の名誉を守り顕彰する会代表)
杉田水脈(前衆議院議員)
鈴木正人(埼玉県議会議員)
関口 勇(川越市議会議員)
高池勝彦(弁護士)
竹本博光(北朝鮮に拉致された日本人を救出する埼玉の会代表)
トゥール・ムハメット(世界ウイグル会議日本全権代表・日本ウイグル連盟会長)
仲村 覚(沖縄対策本部代表)
永山英樹(台湾研究フォーラム会長)
西村幸祐(評論家)
坂東忠信(外個人犯罪対策講師)
藤井厳喜(国際問題アナリスト)
藤井実彦(論破プロジェクト代表)
藤岡信勝(自由主義史観研究会代表)
藤木俊一(外交問題アナリスト)
藤田ひとみ(二宮報徳会会長)
藤田裕行(国際ジャーナリスト)
ペマ・ギャルポ(桐蔭横浜大学・大学院教授)
ヘンリー・ストークス(ジャーナリスト)
三浦小太郎(評論家)
室舘 勲(株式会社キャリアコンサルティング代表取締役社長 )
宮崎正弘(評論家)
村田春樹(自治基本条例に反対する市民の会代表)
茂木弘道(史実を世界に発信する会代表代行)
山村明義(作家・ジャーナリスト)
山本優美子(なでしこアクション代表)
吉田康一郎(前東京都議会議員)
--------------------------------------------------------------------------------
終了後には下記の要領でパレードも開催いたします。
奮ってご参画ださい。
--------------------------------------------------------------------------------
<【超拡散希望】5・8沖縄県祖国復帰44周年記念パレード in 東京>
FBイベント

--------------------------------------------------------------------------------
 ◎日時:5月8日(日)
 ◎集合時間:16:00
 ◎出発時間:16:30
 ◎コース:靖国神社第一鳥居⇒九段北一丁目⇒西神田(右折)⇒俎橋(左折)⇒靖国通り通過⇒淡路町(右折)⇒神田公園(解散)
 ◎解散 17:15予定

 5月8日の日本民族団結靖國集会の終了後、沖縄県祖国復帰44周年を祝い、「沖縄県祖国復帰44周年記念パレード」を開催いたします。
 
 国連では、沖縄県民は日本に侵略支配された先住民族だと言う民族分断プロパガンダが発信され続けています。
 
 翁長雄志氏が知事になってからは、それを裏付けるかのような言動が繰り返され、国際社会に誤解が発信され続けています。
 
 このような、誤った情報の発信を打ち消すためにも、盛大に「沖縄県祖国復帰44周年記念パレード」を執り行い、日本国民全員が沖縄の祖国復帰をいわいしていることを示したいと思います。
 
 当日は、動きやすい服装でご参加をお願い致します。
 5月15日は、沖縄戦と沖縄祖国復帰は誇りある日本の歴史です。
 
 沖縄戦で散華した英霊と、沖縄県祖国復帰にご尽力した先人に感謝を捧げましょう!

■主催:沖縄県祖国復帰44周年記念日本民族団結靖國集会実行委員会
■共催:沖縄対策本部 / 英霊の名誉を守り顕彰する会

280508okinawa.JPG

small_ribon.gif趣旨に賛同し応援したい、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

荒川区議として14年目を迎えて

13087868_1378839148808406_1203269335868477439_n.JPG
 家内の両親宅に来ています。小室山(静岡県伊東市)の麓にある忠魂碑、パゴダ型の慰霊堂にて感謝の誠を捧げさせていただきました。

 早いもので、もう5月になりましたね。平成15年5月1日から荒川区議の任期が始まりました。本日から14年目に入ります。日本の縦糸を守り引き継ぎ、幸せを広げていく為に引き続き尽力して参ります。

 日本人の幸せの基盤は4つの縦糸(血筋、信仰、神話、言語)が二千年以上、絶えることなく全て引き継がれたからこそ成立した素晴らしい日本文明であるということを腑に落とし、その基本認識のもと、様々な課題に向き合い、幸せを増やしていけるように力を尽くして行きます。

 13076786_1379238885435099_4848783617962491424_n.JPG
 激しい夜泣きを経て、今はとてもご機嫌な時間も。気持ち良い初夏の風を感じながら。

small_ribon.gifこれからも小坂の活躍に期待している、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月30日

5月14日は「あらかわバラの市」!町屋駅前でお待ちしてます!

280514baranoichi.JPG
 5月14日(土)に9:30の式典(小坂も出席します)を皮切りに町屋駅前にて「あらかわバラの市」が開催されます。毎年、5月中旬に開催されており、バラの街あらかわの初夏の風物詩として定着してきました。

 様々な品種の薔薇がお手頃に売られます。バラに関連した様々なブースも出ます。小坂もここで買ったバラの鉢を育てています。大切に育てるの、楽しいですよ。

 「あらかわバラの市」の詳細はこちらからご覧ください!

280428tsubame.JPG
 写真は一昨日に撮影した区役所駐輪場の上の壁で見つけたツバメの巣です。親鳥が一生懸命餌を運んでいました。可愛いですね。

small_ribon.gifバラの街あらかわの風物詩として益々盛り上がることを願う、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

『政治家の資質』について語りました。過去の反省を踏まえて


 チャンネルAjer シリーズ「地方議員の切り込み隊長、小坂英二の国護り」の第106回は

 『政治家の資質』

 と題して語らせていただきました。政治家として不適切な候補を度々応援してしまった反省を込めて話をさせていただきました。お時間がありましたら、ご覧いただければ幸いです。

 さて、本日は晴天のもと、荒川区の大規模イベント「川の手あらかわ祭」が開催され、開会式から参加し、多くの方と御縁を拡げ深めて参りました。
ファイル_000 (30).JPG

ファイル_004 (3).JPG
 会場へは都バスで橋場(白髭橋のたもと)まで行き、そこから川沿いに歩いて行きました。
 その際にみかけた八重桜の花の絨毯。桜は様々な形で目を楽しませてくれますね。

ファイル_003 (4).JPG
 地域のイベントで「震災を体験する起震車」はよく見かけるのですが、昨日の川の手荒川まつりにて、初めて見かけたのがこちら。
 「シートベルト横転体験車」。子供達に大人気でした。

ファイル_002 (8).JPG
 川の手荒川まつりにて、様々なブースが出ているのですが、障害者団体の「ボンエルフ」さんが、毎年出店して売っているのが、着物生地をリメイクして作ったバッグ。
 少し厚手に作られたものを二枚、買いました。着物を着て荷物が多い時に愛用させていただきます。

ファイル_001 (16).JPG
 こちらの二枚は薄手でショッピングバッグ(マイバッグ)として、巾着袋の中に常備して置く為に買いました。

small_ribon.gif小坂の問題提起に共感する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

当たり前の陳情に賛成者は小坂のみという惨状!国旗、都旗、区旗の掲揚、国歌斉唱、違反者への処分。全て当然のことと思いませんか?

13043805_1376591355699852_6282347028221542502_n.JPG
 今朝は全員協議会、本会議(閉会会議)と続きました。本会議においては議会運営委員会の全員で不採択と決めた陳情に対して、本会議において小坂から「陳情を採択するべき」という趣旨の賛成討論をしました。

 詳細は以下の討論の内容を読んでいただければと思いますが、

「区や議会への国旗、都旗、区旗の掲揚」

「定例会議の開会、閉会の際の起立、国歌斉唱」

「起立、国歌斉唱を拒んだ者への退場処分等の制裁」


 の3点を求めるものです。おおいに賛同します。反対する理由が見つかりません。

 しかし、本会議では小坂のみが陳情に賛成で、他のすべての議員は陳情に反対という結果でした。

 反対する議員からは、かつて委員会において
 「日の丸は軍国主義の象徴と考える人もいるなど、意見はいろいろあるから」
 とか
 「国旗、国歌を愛し、そうした認識で向き合うことは自然な感情の発露であるべきで、強制や処分ということにはなじまない」

 などといった「意見」が出ていたそうです。
 ありがちなこうした「意見」は逃げに過ぎません。本質を見据え、大切なものと公職者がどう向き合うべきかを真剣に考えずにお茶を濁すに過ぎない姿勢と言わざるを得ません。

 本日は主権回復の日です。主権回復をして長い年月が経過しても、未だにこのような酷い状況が続き、その記念日にこうした当たり前の陳情が圧倒的多数の反対で葬り去られる。

 こうした風潮を正常化していくべく、様々な場で問題提起を続けていきます。主権や国家といった大切なものと向き合うことから逃げ続ける社会の在り方を是正しない限り、大切なものは守り引き継げないとの認識のもと邁進してまいります。

(以下、小坂の賛成討論です!)

 私は日本創新党として、平成27年度第18号陳情「区庁舎及び議場における区旗、都旗及び国旗の総ての掲揚等を求めることに関する陳情」の願意に賛成すると同時に、この陳情を不採択とした委員長報告に反対する立場で討論致します。

 陳情事項の第一は区役所や関係機関、荒川区議会議場において区旗、都旗、国旗の掲揚を求めるものです。自らが重層的に帰属する場への認識を深め、一層の尽力をする意志を強めるためにも望ましいことと考えます。

 陳情事項の第二は区議会定例会の開会、閉会の際に国旗へ向けて起立し国歌を斉唱することです。日本国の自治体である荒川区の議場において、その節目に国歌斉唱をするのは極めて自然なことであり、むしろ、それがなされていない現状こそ異常と考えられます。

 日本国の自治体である荒川区。地域あっての国であり、国があっての地域です。一体不可分なのです。国旗に敬意を払い、国歌を節目に斉唱する。それは公の選挙で選ばれ、公の役割を果たす区議会議員にとって当然のことです。それを否定したり拒否することは公の職に在る者としての裁量を越えた暴挙であり、到底許されることでは有りません。

 以上の認識から、当然、陳情事項の第三にある「起立と国歌斉唱を拒絶した者に退場処分等の制裁を科すべき」という認識にも賛同致します。

 4つの縦糸を守り引き継いできた日本国の地方議員の職に在りながら国旗や国歌を否定することは、自らの拠って立つ日本国への背信行為であり、制裁は当然であります。

 陳情の願意は至極当然のことにも関わらず、各会派が不採択を主張することは全く理解ができないものであります。

 以上の理由から本陳情を採択すべきと強く主張し、不採択とした委員長報告に反対すべきと申し上げ、討論と致します。

13051660_1376799572345697_190146386904894202_n.JPG
 午後、健康のお裾分けに227回目の献血をさせていただきました。
今日は献血ルームに東大医学部の学生さんが献血を通じた血液流通の勉強に授業の一環でいらして、献血もされていました。嬉しく心強い限りです。

small_ribon.gif小坂の問題提起に共感する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

萩市視察で着物が取り持つ御縁!

ファイル_001 (15).JPG

 25日、26日の萩市(山口県)への行政視察でいただいた御縁について書かせていただきます。

 議会で各地へ行政視察に行くと、視察項目の説明資料に加え、ご当地を知ってもらうために作った様々な資料やその地域の「市議会だより」なども配られます。

 萩市でも配られた「市議会だより」を拝見すると、本会議質問の内容と共に掲載されていた写真が素敵な和服の市議会議員がおられました。

 その後の現地への移動の際に隣り合った萩市議会事務局の方に、「この写真の議員はいつも議会で着物を着ておられるのですか?」とお聞きすると、「本会議でも委員会でもいつも着物で出席されていますよ」とのお答え。
 
 とても嬉しくなり、是非、お会いしてお話をしたいと思っておりましたが、東京に帰る前の時間に萩市の旧市街を拝見していると、「市議会だより」で拝見した写真が街中に!こちらの写真の通り、ちょんまげ姿でワンコインで旧市街を案内することを初め、「涼山泊」というお店を経営されているとのことでした。

 旧市街の「涼山泊」の前を通ると幸運なことにお会いすることができました。突然の訪問に驚かれていましたが、歓迎して下さり、店の奥の部屋に案内して下さって、お祖父様から受け継ぎ、日頃から着ておられる沢山の着物を見せて下さったり、和装や小物関係からの地域興し、維新の志士の志を広く伝え引き継ぐための萩市内外での活動について話を聞かせて下さいました。

 涼山泊についてはこちら 

 着物生地を使った素敵な日傘を沢山扱っておられて、店をとても美しく彩っていました。
 飛行場への乗合タクシーの時間もあり、お話できた時間は長くありませんでしたが、これからもお会いしましょう!と言葉を交わし、店を後にしました。

 小池議員は、市議当選前には地毛でちょんまげを結って、萩の魅力や先人の志を語り継ぐための活動をしておられたそうです。市議当選後は洋髪に戻され、ちょんまげはカツラに変えられたとのこと。

 いただいた名刺の一枚は「周布政之助」という号で名乗られており、幕末の長州藩で志士を支えた縁の下の力持ち役を果たされた方の生涯をマンガでまとめた6ページ(名刺サイズで)になっていました。

 周布政之助についてはこちらをどうぞ! 

 自らがそうした一翼を担いたいとの想いが込められていると感じる名刺でした。本名の市議の名刺は松下村塾の写真がメイン。

ファイル_000 (27).JPG
 萩市での着物がきっかけでいただいた地方議員との御縁は更にもう御一方いらっしゃるのです。関伸久市議です。

 東京へ帰る飛行機に乗る山口宇部空港までの乗合タクシーに乗る場所は自由に選べるのですが、「着物スタイルカフェ」を短時間でも見て、お店の方に話を伺ってから帰京したいと思っていて、乗る場所をタクシー会社に対してここに指定していました。

 それを知った議会事務局の方から、「着物スタイルカフェ」は現職の市議会議員が経営していると教えていただき、近くを通った際に紹介までしていただきました。

 着物スタイルカフェはこちらをご覧ください! 

 日本の民族衣装の着物に親しんでいただく機会を増やすために、全国への着物のレンタルを往復送料込で安価に中期間提供したり、様々な着物イベントで地域を盛り上げたり。

 お話を伺うと、先日も海外で日本の文化を紹介するためにとある企業の社員数十人の方に着物をレンタルで個々に発送し、その国で着物文化を広く知っていただくことに繋がったそうです。

 写真は当日いただいた議員としての資料や店内に貼られていた写真(柳沢しんごさんが来店されたようです)やイベント告知のチラシです。

 素敵な雰囲気を持つカフェを拠点に進めておられる着物文化の発信、継承の具体策をこれからも学ばせていただきながら、荒川区においても着物文化継承のための取り組みを進めて行きたいと考えております。

 もっとゆっくり話を伺いたかったのですが、滞在時間は15分間位で乗合タクシーが到着。後ろ髪を引かれる思いで乗り込みました。

 こうしていただいた御縁に感謝です。これからも宜しくお願い致します。

13082500_1376046799087641_1512563622033528007_n.JPG
 さて、夕方は尾久消防団第五分団の団員として消防操法大会の練習に。

 小坂は選手の補欠なので、練習に欠席した選手の代わりに入ったり、ホースを巻いたり。

 5月15日の大会に向けて分団の仲間と一緒に頑張って参ります!

small_ribon.gif着物を通じた御縁を更に広げ深め、日本の文化を守り引き継ぐことに繋げて欲しい、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

屋外広告物条例、老朽建築物対策に学ぶ(萩市視察二日目)

943736_1374803459211975_5364264580332852090_n.JPG
 萩市議会の大会議室にて視察2日目の説明・質疑応答の時間です。萩市の屋外広告物条例について話を伺いましたが、かなり実効性が有り、その結果街並みがとても美しく保たれています。

 京都市に訪れた際にも見かけましたが、派手な看板を禁止、あるいは制限している地域では焦げ茶色を基調とした看板等が街並みに馴染んでいました。

 萩市では違反者に対して、「禁止地域に勝手に設置、申請と異なるものを設置したら30万円以下の罰金」「除却などの命令に違反した場合は50万円以下の罰金」という規定も有り、実効性が確保されています。商工業の振興との兼ね合いに十分な配慮をしながらも進めていくべき問題だとかんがえております。

 無秩序な看板が目立つ荒川区ですが、こうした屋外広告物条例の制定をすべきと考えており、引き続き問題提起をしていきます。

ファイル_000 (29).JPG
 萩市内を昨日、今日様々な場を見ましたが、郵便ポストも路上の点字ブロックもユニクロやマックの看板も焦げ茶色になっていました。

13087823_1374890332536621_5148671750313092546_n.JPG
 続いて老朽建築物への対策について。萩市では住宅地図会社のゼンリンに委託して空き家の全戸調査、安全度調査を行い、その上で所有者に是正を働きかけて、新築、改修、取り壊しを進め、空き家バンクに登録することで利用を促進するなどの取り組みを行っています。

 荒川区でも老朽建築物の取り壊しを区が行なう仕組みなど有りますが、こうした精密な全戸調査を通じた対策の策定など進めていきたいと考えています。

small_ribon.gif萩市での事例を荒川区にも活かして欲しい、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

再資源化の前にリユース促進!リサイクルプラザ・萩視察(建設環境委員会)

13062406_1373723899319931_8982950410391955007_n.JPG
 夜明け前に寝付かせ。なかなか手強かったです。荒川区の産業展で購入した子守唄のCDをかけながら抱っこして歌ったり、バウンサーを揺らしたり。

13102851_1373927585966229_612426431385365479_n.JPG
 羽田空港から山口宇部空港へひとっ飛び。建設環境委員会の視察で萩市(山口県)へ。機内での100分間は寝不足解消に充てました。
 視察項目は萩市リサイクルセンターの視察、屋外広告物条例の制定について、老朽空家対策事業について、以上、三点です。
 こうした出張も勿論、和服で。今日はしなやかな緑の紬のアンサンブルに牛首紬の角帯で。

13102639_1374072715951716_9211058903142163603_n.JPG
 萩市議会の大会議室で「エコプラザ・萩」の説明を受け質疑応答。
 写真上部は市役所の1階から議会フロアに登る階段の横に掲げられた高張提灯です。三角州に位置する萩の街の堤防を各町が分担して水防活動を担っていました。その際に掲げられた各町の提灯だそうです。
 「エコプラザ・萩」では様々な資源の再資源化をするだけではなく、自転車(3、500円から4、500円で販売)や家具の再生をする工房や、捨てられたものから活用可能な品物を販売し、施設運営費用に充てたり、様々な講座も開催しています。
 年間来場者は平成27年度で9、675人で毎年増加中です。開設当初の目標は4、000人だったそうですが、民間の組織の熱心な運営で目標値を大幅に上回る来場者がいらしたそうです。
 再生された家具、自転車は平成27年度には237件の販売がなされたそうです。
 不用品活用銀行という制度も運用中。荒川区でも不用品を誰かに譲る呼びかけをする形が有りますが、萩市の方がかなり活発に感じます。
 荒川区でも今年、白鬚橋のたもとにリサイクルセンターが完成しますので、そこで活用できそうなことを現場視察でも探っていきたいと思っています。

ファイル_000 (28).JPG
 昨日の萩市(山口県)での「エコプラザ・萩」の視察。収集したごみの中から焼却、埋め立てや再資源化の前に使えるものを徹底的に見つけ出し、それを必要とする方に安価に販売し、それを運営資金に充てているという仕組み、素晴らしかったです。

 収集した書籍まで販売しているのですよ。着物が沢山、100円で売られていました。殆ど女性物でした。
 ここを拠点に行なう講座やイベントはいつも賑わっているそうです。再資源化の前に再利用を進めることとても大切です。荒川区で間も無くオープンするリサイクルセンターにおいてもこうした「再資源化の前に再利用促進」に比重を置いて運用するように求めていきます。

small_ribon.gif視察での学びを荒川区の新たなリサイクルセンターで活かして欲しい!、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

何故かいつも人に騙されてしまうあなたへ

ファイル_001 (14).JPG
 着物の生地を見るのはとても楽しいです。長い時間をかけて手織りをされている過程で、織っている方はどんな思いで織られていたのか?と考えたり、その織物の歴史や現状を調べて楽しんだり、微妙に揺らぎがある織りを眺めるのも癒されます。

 今日、政務会合へ初めて綿の着物を着て行きました(浴衣以外で)。御世話になっている方のお父様が来ておられた久留米絣を譲っていただいたものです。とても味の有る織りで、着た感じもとてもしっくり来ます。ありがたい御縁です!

 綿の着物はとてもカジュアルな場や近所位に着ていく位置付けなので、区民事務所の会議室でカジュアルな服で集まる仲間内で飲みながら語り合う今日の場なら大丈夫!と思って着て行くことにしました。

ファイル_000 (26).JPG
 草木染の黄八丈も大好きな織物の一つです。着物に帯に加えてタペストリーも我が家にやって来ました!デスクの横のプリンターの上に掛けて、時折眺めながら楽しんでいます。

 家内が書いたブログ記事「何故かいつも人に騙されてしまうあなたへ」。

幸せに生きていく為に、必要なことが書かれています。是非、お読み下さい。

small_ribon.gif心理学的なアプローチについてもっと知りたい!、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

熊本市への義援金のお願いを街頭にて

13007150_1372430232782631_8493949239122693822_n.JPG
 草莽全国地方議員の会の四人で有楽町駅前にてマイクを握り、熊本市への義援金のご協力をお願いしてきました。

 多くの方から暖かい志を寄せていただきました。小坂自身も勿論、募金させていただきました。

 「私の実家の福島が大震災の時にお世話になったから、今回、恩返ししなきゃ!募金します。」とおっしゃって募金された方も。

 お預かりした募金は、熊本市議会議長へお届けし、現地の義援金に充てさせていただきます。

2804soumou.JPG
 区役所や区民事務所にも義援金の募金箱を置いておりますが、以下の口座でもお預かりをしております。街頭で集めた募金と共に熊本市議会議長へお届け致します。多くの方の温かいお気持ちをいただければ幸いです。

 義援金振込先 草莽全国地方議員の会
 ゆうちょ銀行 00880−3−214732

13015549_1372519866107001_6094867246654102638_n.JPG
 有楽町駅前での街頭募金呼びかけの後、お堀沿いを歩いて永田町駅前のチャンネルajer収録場所へ。
 三本、動画収録しました。以下の内容で語らせていたただきました。毎週、木曜日に動画が公開されていきますので、是非、ご覧下さい。

 ◎「政治家の資質」

 ◎「行政の美辞麗句に騙されるな!」

 ◎「区議14年目、目指す道を語る」


2804yasukuni.JPG
 チャンネルAJERの収録(永田町)の後、歩いて靖国神社へ。例大祭の二日祭で夜間はボーイスカウトの方々がかがり火を焚いていて独特の雰囲気が有りました。

 先人が命を賭して護り引き継いで下さった大切な縦糸を自らも守り引き継ぐことを通じて幸せを増やして行くことを誓いました。大切なものを守る為には戦ってでも守る覚悟を持ちながら。

 日本の原種のさくら草の展示会も開催されており、とても美しく目を楽しませていただきました。

 その後、地元の町屋での政務会合へ。おおいに語り、お話も伺う良い機会です
 
small_ribon.gif被災地への支援を息長く続けるべき、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

被災地、熊本県への荒川区からの支援


 チャンネルAjer 「シリーズ 地方議員の切り込み隊長、小坂英二の国護り」の第105回は
 『大地震を踏まえ、お伝えしたい事』
 と題して語らせていただきました。宜しければご覧ください!

ファイル_000 (24).JPG

 熊本県への支援として、被災建築物応急危険度判定員の派遣の要請が有り、荒川区から本日、4月22日(金)に建築指導課職員2名を被災地に派遣しました。
 また、熊本地震被災地への物資支援は以下のとおりです。荒川区からこれからも継続的に支援を続けて行きます!

★4月18日(月)の発送分
・ 毛布 1,200枚
・ トイレットペーパー 1,500個
・ 子供用おむつ 2,075枚
※内訳 Lサイズ625枚、Mサイズ825枚、Sサイズ625枚
・ 石鹸 3,060個
・ ウエットティッシュ 84本

★4月19日(火)発送分
・ 水(500mlペットボトル) 4,176本
・ 大人用おむつ 532枚
・ 毛布 480枚

 写真は先日撮影した、春めいた皇居のお堀です。日本は天皇陛下を中心とした家族のような共同体の国です。被災地の方々と気持ちはいつも共にあります。

13015235_1371813766177611_7449331978218831243_n.JPG
 ハチさんになりました。今日は予防接種を両手足4箇所注射と飲む薬を1種類、合計5つ、頑張ったね!
体重も5.4キロになり日々、育っています。

small_ribon.gif被災地への支援を息長く続けるべき、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

山田宏氏への応援を取りやめます。悲しく、怒りと共に。「人間性、人格」の基盤の上に「政治的能力」という木が生える。その基盤が許容範囲を逸脱した問題を持つ場合は政治家として選んではなりません。

12301755_1259605044065151_5004274405079218478_n.JPG
 4月21日発売の週刊文春に3ページに渡り、山田宏氏の極めて残念な記事が掲載されています。
 悲しく、怒りを感じます。志に共感し、日本創新党を共に創る気持ちで参加・活動し、参院選に向けて支援の輪を広げようとしていた者として。

 もちろん、記事内容が全て正しいとは言えません。しかし、この報道を受けての山田氏のツイッターでの発言を見ても、内容を明確に否定、説明をすることもなく抽象的な言葉で収めようとしています。

 「家族の価値の大切さ」を説いてきた政治家が、「自らの家族に対して重大な裏切りや尊厳を踏みにじることをしている」との報道が有った際に、きちんと説明をする必要が有ります。

 「大筋は事実」なのか「事実無根」なのか。そう言える根拠を示しながら。

 週刊誌報道で全国の支援者が驚き、疑念を持つ中、そうした説明を自らが持つ媒体(twitter,facebook、ブログ、HPを初め記者会見や声明文など多様)を使って示すことができるのですから。
 
 それを「抽象的な言葉で煙に巻く」ということしかせずに終わらせるのは理解できません。

 「説明責任から逃げている」か「大筋、事実と認めた」かのどちらかと言わざるを得ません。どちらも応援をするには容認できることでは有りません。

 政治家が持つ媒体での公式の表明を見れば、本人に電話などして聞かずとも、「どういう事態」なのか、は推察できます。それで判断されるのが政治家とも言えます。

 記事内容に細かい点では事実と異なる事が書かれているのかもしれませんが「離婚というけじめをつけることも無く、長期間に渡る不倫を行い、隠し子を持ち、自らの家庭へは極めて不誠実な対応を長期に渡って続け、責任も果たしてこなかった」ことは最早、否定できないと判断できます。

 
 「国家の為になる政治的能力が有れば、プライベートは別、目をつぶるべき」という主張が有りますが、全くの的外れと考えます。

 「人間性、人格」という基盤があって、その上に初めて「理念や政策」という木が生えていると考えます。その両者が一体となって初めて「政治家」となるものであって、不可分であり、評価にはその基盤と木の両方を見なければなりません。そして、より重要なのは「基盤」の部分と考えます。

 「木」の部分にあたる山田氏の国家観、歴史感は素晴らしいものです。だからこそ、ずっと共感し、支援をしてきました。しかし、週刊誌の記事の半分だけが真実だと仮定しても、その基盤となる「人間性、人格」に問題が有る、と言わざるを得ません。

 愛国者で伸び行く者は貴重だから、「悪い面には目をつぶる」という「愛国無罪」は許されるものでは有りません。

 勿論、誰も完全な人間性や人格であるわけでは有りません。しかし、人間として許される範囲を逸脱していたら、政治的能力が有能でも、政治家としては失格だと言えます。最早、逸脱していることは明らかです。
  
 3月に地元の荒川区町屋で講演会を開催して、夏の戦いに向けて応援演説をしました。地元会合でも共感の輪を広げようとして来ました。
 政治理念を共有しているからと言って「人間性、人格」に問題が有る人物は応援できません。
 
 問題が明らかになっている中で更に応援の輪を広げることは、新たな応援者本人自身も傷つけることに繋がり、何よりも日本の為にならないと考えます。

 夏の戦いに向けて話が進んでいる中で、表題に書いたような表明をすることは私としてのけじめです。

 乙武氏の公認内定を取消した事例。出産時不倫で衆院議員を辞職した宮崎議員の事例。そうした流れ、こうした問題への社会の厳格化を考えても、山田氏は早晩、自民党比例候補としての公認は取り消されるでしょう。また、公認取り消しされたとしても、至極、当然で、それがなされなければ自民党の倫理観が疑われる事態になるでしょう。

 勿論、人間、誰しも誤りを犯すことが有ります。一度、過ちが有ったからと言って、一生ダメとは言いません。ただ、公職に挑戦する場合は、最低限その誤りを総括し、諸事、やるべき対応を済ませてからにすべきと考えます。

 本当に残念です。無念です。都知事選で政策や主張ばかりに着目し、田母神俊雄氏の人格や人間性を十分見ることなく応援し続け、甘やかし、「誤った応援メッセージ」を流布してしまった者として、反省を込めて、申し上げます。

small_ribon.gif小坂の指摘に共感をする、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

小坂の主張、掲載中!是非、お読み下さい!

13062486_1370031153022539_6208835786112113323_n.JPG
 本日はネットラジオ(ポッドキャスト)の「日本、サイコー!」の公開収録・懇親会で、ゲストは長尾たかし衆議院議員でした。
 日本の縦糸、国益を守る覚悟を持ち尽力されている尊敬する代議士です。
 
 長尾たかし衆議院議員を迎えての公開収録の音声や動画はまた後日、公開されます。興味深い指摘が多数ですので、是非、ご視聴下さい!

12990880_1369890536369934_3678463085025345243_n.JPG
 地域周りの際にネットラジオの公開収録の会場の諏訪台ひろば館の並び、西日暮里駅側から日暮里駅方面へわずか15秒進むと素晴らしい満開の八重桜を見ることができました。養福寺の山門外側の通り沿いです。

arakawakugikaidayori.JPG
 4月17日発行の「荒川区議会だより」に平成28年度予算案に反対した小坂の討論の要旨が掲載されています。

arakawakugikaidayori2.JPG
 また、予算特別委員会の各会派の総括質疑の項目も出ていますが、小坂は以下の通りです。
「人口増の約4割が外国人の荒川区、流入規制へ負担金導入を。人口密度3位で過密な荒川区」

 本日、新聞折込等で配布されています。議会での議論を知っていただく為に、是非、ご一読いただければ幸いです。

small_ribon.gif小坂の指摘に共感をする、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

運動会での「人間ピラミッド・タワー」は区内全校で無しに!取り返しのつかない事態を招く危険性を指摘し続けてきた小坂の主張、実りました!

12990925_1368979356461052_1018764840481587773_n.JPG
 チャンネルajerの収録を終え、花が咲き誇る皇居のお堀沿いに歩いて大手町駅まで歩きました。

「大震災を踏まえ、お伝えしたい事」と題して語りました。

 今週の木曜日に動画公開になりますので、是非、ご覧下さい。

 さて、平成27年3月9日のブログ記事「許容範囲を超えた危険性放置、一方で過剰規制。区立小中学校の運動会で殆ど実施している「人間ピラミッド」の危険性把握と認識を!7段が6校、6段が5校……。段数規制を!」に書いたように、重大な危険性を指摘してきた人間ピラミッドやタワー。

 今年の荒川区立小中学校全校の運動会で取りやめが決まりました。今年は全て取りやめ、来年度以降は再度検討するとのことですが、再び段数の高いものが行われることは最早無いでしょう。

 甚大な被害を招く慣行を見直すことに繋がり、とても安心しています。

 当該ブログ記事の内容を以下、転記します。何故、繰り返し危険性に警鐘を鳴らしてきたか共感していただければ幸いです。

(以下、平成27年3月9日のブログ記事から転載です)

小坂:区立小中学校34校のうち、30校の運動会で実施されている人間ピラミッドについて聞く。事前に指導室長に調べていただいた資料では、実施している30校のうち、2段は1校、3段が7校、4段が7校、5段が4校。更に高層になると6段は5校、最高は7段で6校で実施している。

 私は何度も運動会で人間ピラミッドが完成していく様子を見ている。例えば6年生が90人位全員で一つの人間ピラミッドを作り、7段で完成した瞬間、そこに至る児童や教師の努力の積み重ねが形になったことに目の当たりにし感動すら覚えた。

 完成させた際、またそこに至るまでの努力の中で子供達が学ぶことが多くある。達成感、統一感、努力の積み重ね。多いに意義がある。そのことは教育委員会も学校もそうした認識があるからこそ、実施していることは理解できる。

 しかし、同時に人間ピラミッドが持つ危険性をしっかりと把握をした上で、一定の規制を教育委員会としてもかけるべきではないか?また、危険性をどの様に認識をしているのか?

指導室長:人間ピラミッドに関しては段数については小坂委員の指摘の通りで実施している。教員の指導力の低下、子供達の体力低下なども認識しながら、それに合わせて危険性の認識を持ちながら計画を立て、進めている。各学校で安全性に配慮しながら適切に実施していくものと認識している。

小坂:名古屋大学大学院の内田良准教授の計算によると、荒川区では6校で実施している7段ピラミッドでは一番、負荷が大きな位置だと同級生を2.4人乗せているのと同じ重量が1人の子供にかかっていると平均体重で換算して算出されている。 

 小学6年生での平均体重39キロ換算では93キロの重量が1人にかかっているということです。大人の感覚で自分の体重に置き換えて考えると、自分の体重は約65キロなので、2.4人分の重さは156キロととても重いものである。

 こうした換算はピラミッドが整っている理想的な形でのものだが、何らかの理由でバランスが崩れた際には、一部分にもっと強い負荷が掛かる。また、高さは5から6メートルにもなることも大きなリスクである。
また、日本スポーツ振興センターの調べでは、組体操での事故は平成24年度中に6,000件あまり起こっており、10年間で累積20件、重度障害が残っているという状況をである。

 また、福岡県の高校では8段の人間ピラミッドが崩れたことで脊髄骨折で1億円の賠償を命じられるなど後遺障害に繋がる事例も発生している。

 先程、話をした教育的な効果はあるが、余りにリスクが高過ぎると言わざるを得ない。もっと安全性が確保される別の出し物の形でで行うことを考えるべきではないか?
又は、段数の上限を4段や5段など、ある程度の安全性が確保されるかたちにしてはどうか?教育長の認識を聞く。

教育長:運動会の行事は安全を確保しながら、教育目的を達成していくという両方が必要である。小坂委員の指摘、示したデータなどを踏まえて、教育委員会として各学校に適切に指導をしていく。

小坂:自分は何でも危険性を排除すれば良いと考えていない。危険性に対して得られるものとの比較、また、教育効果を得る為にもっとリスクが低いことで代替できないのか?を考えるべきである。高層の人間ピラミッドは許容できる範囲の危険性を超えると考えている。

 雪が降った日に、中休みや昼休みの時間に、怪我が危ないから、風邪をひくと困るからといってグランドの使用を禁止したという話を聞いた。この程度のリスクは折り合いをつけて受け入れるべきと考える。
 一方で、人間ピラミッドのようにリスクが極めて高いものについて放置されているのはバランスが歪と言わざるを得ない。

small_ribon.gif小坂の指摘に共感をする、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする