2016年06月13日

「舛添都知事辞任を求める意見書」を荒川区議会から出すように小坂から議長に「意見書案」提出!

 昨日は荒川区心身障害者事業団の総会と懇親会に参加し、スピーチの後、障害者雇用に関する様々なご意見を伺いました。

13418886_1413859508639703_97838825880116546_n.JPG
 夜の消防団の分団会議の前に氏神様の尾久八幡神社に感謝のお参り。分団会議では、様々な気付きをいただき、区の防災担当に今朝、早速、要望と調整を行いました。

 さて、数えきれない疑惑を持つ舛添都知事。何より都知事に到底相応しいとは言えない信頼できない人物です。このまま職にとどまらせることは東京都はもちろん、日本国全体にとって害悪であり恥です。

 そうした認識のもと、荒川区議会に以下の意見書案を提出しました。この案について、各会派が賛成してくれれば(文案の調整などもあります)、都知事宛に荒川区議会議長名で「意見書」が法に基づいて出されます。

 各会派が賛同してくれれば、「荒川区議会の意思」として提出されるのです。まさか、反対して潰そうとする会派はいないと思いますが・・・。いたとしたら民意と良識から著しい乖離を持つ会派ですね。

 本当は文案の中に「韓国人学校への都有地貸与を初めとする売国政策」への異議申し立ても入れたかったのですが、入れるとそれを口実にしてこの文案全体を否定する会派など出かねないので、各会派が賛同しやすい内容に限って提出しました。

 この案文に対して、自民党、公明党など各会派がどう対応するか、しっかりと注視し、その結果は皆様にお知らせいたします。

(以下、小坂が提出した案文です)

多くの疑惑に対し説明責任を果たさず信を失った都知事に辞任を求める意見書

 舛添要一都知事(以下「都知事」)の政治資金、都公金、公用車の私的流用・利用に対して、都民を初め全国から怒りと抗議の声、辞任を求める声が広がっている。

 都知事の記者会見や都議会での釈明は到底説明責任を果たしたものとは言えず、ごまかしを糊塗しつつ、職にしがみつく意思を繰り返し表明するなど、およそ都知事のあるべき姿からかけ離れており、都知事を担う資格が無いと言える。

 自らの過ちを認めず、「第三者」ではない「雇われ弁護士」による「調査報告書」によるごまかしや、都議会での答弁回避などでこの疑惑を乗り切ろうとする誠意の無い都知事への信頼は地に落ち、これ以上都知事にとどまることはすなわち都政の停滞を意味する。

 都政本来の課題が山積する中、都知事として相応しくない者がその職にとどまることは、都政を停滞、麻痺させることに繋がり許されるものではない。

 よって、荒川区議会は、都知事に対し、数々の疑惑について説明責任を果たし、謝罪を明確に行い、都知事の職を辞することを求めるものである。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

small_ribon.gif舛添都知事は辞任すべき、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
posted by 小坂英二 at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

「荒川区くらしの無料法律相談」6/25(土)13:00〜16:00 サンパール荒川で開催!

13432269_1413552098670444_6573259801009309080_n.JPG
 去年に引き続き今年も満開の我が家の紫陽花。
 写真の左側は20日前、右側は今日の様子です。
 色の変化を楽しめる紫陽花、これからどんな色になるか、楽しみです。

 さて、以下の通り、荒川区くらしの無料法律相談(弁護士が無料で法律相談を行う恒例の相談会)が開催されます。借地、借金、離婚、相続、交通事故などの相談に無料で応じてくれるとのことです。そうした課題をお持ちの方は、下記、ご連絡の上、相談されては如何でしょうか?

ファイル_000 (47).JPG

【日  時】平成28年6月25日(土) 午後1時〜4時

【会  場】サンパール荒川5階第7集会室
 
 都電荒川線「荒川区役所前」駅より徒歩2分です。

【予約方法】電話予約制 ※定員がございますのでお早めにご予約ください。

【予約・問合せ先】 弁護士法人北千住パブリック法律事務所 TEL:03−5284−2101

【予約受付期間】 平成28年6月13日(月)〜6月24日(金)午前10時〜午後4時 
※平日のみの受付です

【主  催】東京弁護士会(北千住法律相談センター)

【共  催】荒川区

【後  援】法テラス東京

【協  力】弁護士法人北千住パブリック法律事務所

13407092_1413813631977624_5987350579309909223_n.JPG
 お風呂上がりのハチさんは、「いないあないばあ!」に大喜び。パイナップルの芯を舐め舐め、水分補給。

small_ribon.gif小坂の問題提起に共感する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感

2016年06月11日

「恐怖!パチンコ台にサブリミナル効果を盛り込む特許あり!」など語った動画、是非、ご覧下さい!


 チャンネル桜の番組に大崎大地さんと共に小坂も出演して語らせていただいた際の動画です。動画の中の13:30頃から約30分余りに渡って見ることができます。

 パチンコが「サブリミナル効果を使って客を依存症に引きづりこんでいく特許」について資料を示しながら語りました。是非、「不幸を量産するシステム」としてのパチンコの恐ろしさを知っていただくべく、動画をご覧いただければと思います。

13346832_1412242562134731_2197420472242403877_n.JPG
 昨日の政務会合にて天王祭の原稲荷のお供物のお下がりを天麩羅でいただきました。幸せなことです。

small_ribon.gif不幸を量産するシステムであるパチンコを違法化せねば!、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感

2016年06月10日

「日本、サイコー!」の収録内容、続々と公開中です!

13327419_1410365585655762_2328289088027099163_n.JPG
 一昨日の8日に開催された日本、サイコー!の公開収録の様子です。ゲストは千田まさひろさん。安全保障問題への提言の活動や台湾の素晴らしさを知っていただくための訪問団派遣活動などについて伺いました。収録した音声や動画が公開されたらまたお知らせします。

 さて、先月ゲストで出演していただいた佐波優子さんの会の録音データやそれ以前のゲストのものも以下の画像をクリックした先の「日本、サイコー!」のページで聞くことができます。是非、どうぞ!
 
saikoo.JPG
 
small_ribon.gif様々な媒体を通じた問題提起にこれからも期待する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感

2016年06月09日

全国の地方議会で蔓延!議長、副議長の旨味のたらい回し


 チャンネルAjer 「シリーズ 地方議員の切り込み隊長、小坂英二の国護り」の第112回は

 『全国の地方議会で蔓延!議長、副議長の旨味のたらい回し』

 と題して語らせていただきました。皆様のご地元の地方議会も多くが同様の惨状かと思います。是非、お話をお聞きいただければと思います。

 参考記事に「議長・副議長の異常な高額報酬(全国でも荒川区議会をはじめとする23区の議会のみ)の是正を求める討論、本会議で!」もお読みいただければ幸いです。

small_ribon.gif小坂の問題提起に共感する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感

2016年06月08日

「パチンコ=不幸を量産するシステム」についてテレビ出演!語りました!

13417492_1410221385670182_9495716821924460_n.JPG
 今朝は3時起きで始動。溜まった仕事を進め、チャンネル桜の番組出演への準備の後、渋谷のスタジオへ。

 チャンネル桜の番組でパチンコの害悪と恐ろしさ、なすべき対策について語らせていただきました。

 パチンコ依存症問題に長年取り組んできた大崎大地さんとともに。

 今夜の衛星放送でも流され、youtubeにも動画が掲載されます。是非、ご覧下さい。

 そこで小坂からお話をした内容を中心にを以下、簡単に書かせていただきました。

★パチンコ問題の本質の第一は依存症大量発生による不幸の量産、国の疲弊、人格破壊、犯罪、一家離散、借金地獄。第二は北朝鮮、韓国への資金源であること

★日常空間にギャンブル場(1万店舗程度)がある異常。

★パチンコ台は洗脳装置(特許を取得)。パチンコ台の前に座ると一定割合は依存症になる。

★政官業マスコミの癒着でその実態、恐ろしさが伝わっていない現状。

★しがらみのない有志で違法化を進めて行く所存。自治体としては床面積比例の課税で規模縮小を図る。また、即座にできることとして生活保護者のパチンコ禁止を!まともな自治体が国から是正命令を受ける異常さ。

★「レジャー白書2015」日本生産性本部(平成27年7月13日発表)から

 平成26年のパチンコ参加人口は前の年から180万人増えた1,150万人だった。

 パチンコ参加人口については、平成23年に410万人の大幅減で1,260万人に。統計をとって以来の最低値を記録。24年も150万人減の1,110万人25年はそこからさらに140万人減って大台割れの970万人まで落ち込んでいた。

 1年間における年間活動回数は前の年の27.5回から4.7回減の22.8回だった。一方の年間平均費用は、前の年から1万2,000円上昇して8万5,200円。回数が減って費用が増えた結果、1回当たりの平均費用は2,660円から3,750円に上昇し、こちらも2012年とほぼ同じ水準になった。

 市場規模は24兆5,040億円で、前の年から5,010億円、率にして2%下落した。ただし、日本生産性本部ではパチンコの市場規模について過去に遡って数値の見直しを行い、25年数値も昨年発表した18兆8,180億円から25兆50億円に上方修正している。

 パチンコの市場規模について日本生産性本部は、これまでも国による基幹統計が発表されるたびに推計値の見直しを行ってきたが、26年12月、総務省統計局の調査で24年の遊技場の年間売上高が27兆151億7,400万円と発表されたことから、この年を基準年として1992年まで遡って見直した。

 推計値は平成13年から修正幅が大きくなり、17年以降は毎年約6兆円の上方修正がなされている。これに伴い、これまでのパチンコの市場規模のピークも平成4年の30兆9,020億円から、現行規則への改正直後にあたる平成17年の34兆8,620億円に修正された。

★依存症は意図的に生み出されている。パチンコ機器製造メーカーの藤商事(大阪に本社がある450人規模の企業)が持ち、多くのパチンコ機器で使われている。

(その内容) 
所定時間が経過する毎に、第2変動図柄表示手段に暗示図柄、
即ち「7・7・7」の大当たり図柄を0・4秒から0・08秒程度のごく短時間だけ挿入して表示する」とある。この特許情報の中にサブリミナルという言葉が6回も出てくる。正にパチンコ台の前に座るということは洗脳台の前に座るということ。

※つまり、所定の時間毎に競技者にゲーム続行の意欲を喚起することができる」と記載されている。 
テレビでや映画では、禁止されているサブリミナル効果がパチンコでは野放し。

★パチンコ人口は長期的に減ってきている。特に若者。しかし・・・。

★支那人観光客を新たなターゲットにして延命を図っている。(昨年4月にオープンしたマルハン新宿東宝ビル店=新宿コマ劇場跡に建設された複合商業施設の中に。外国人向け表示、スタッフ、電話通訳、ガイドブック、コミュニケーションシートなど常備)支那人は母国に無いパチンコになみなみならぬ興味を持っている。今後、広がって行く。パチンコ業界延命の一助として。

★パチンコ業界が介護業界を新たなフロンティアに(デイサービス ラスベガス)

★カジノはパチンコ業界の生き残りのためのフロンティア。ギャンブル蔓延大国の日本で、新たなジャンルのギャンブルを是認してはならない。

★カジノ合法化の際は「ギャンブル依存症が出ないような規制をする」と言っているが、はなから信用してはならない。毎日量産されているパチンコによるギャンブル依存症発生に何ら対策を打たないばかりか、延命に政官業マスコミが加担している社会構造の中で、「カジノだけ有効な手段を取る」期待などはなからできない!


13344494_1410115099014144_6135198371224348230_n.JPG
 宮古島のパイナップルの芯をおしゃぶりする睦月。カミカミすると甘い汁が出てくるので、いつまでも口に入れたがっていました。

small_ribon.gif小坂の問題提起に共感する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感

2016年06月07日

政治家は「人格という基盤」が有ってこそ!

ファイル_000 (46).JPG
 「政治家Aは長年、児童虐待を家庭で行っている」ことが判明。この場合、多くの有権者は政治家Aに対して「人間的におかしいし許せない。子供の未来に責任を果たすべき職責の政治家が、児童虐待を行うなど在り得ない。怒りを感じる。政治家にしてはならない。」と判断すると思います。
 しかし、

 「政治家Bは長年、不倫を続けており家庭と向き合わず逃げてばかりで極めて不誠実な姿勢であること」が判明。この場合は「人間的におかしいし許せない。国家の基本単位である家庭で不法行為の不倫を行う政治家など在り得ない」という判断を下す人がいると同時に、違う判断を下す人達が少なからずいます。

 「家庭の問題や不倫はともかくとして、それと政治家としての見識や能力は別。政治家としてきちんと仕事をしてくれればそれで良い。」と言う人達。

 政治家Bへの甘い判断をする人達について全く理解できません。明確に間違った判断と言えます。そしてこうした「見識」で政治家Bを応援し続けることは、「政治を歪め」「政治不信」を引き起こすことに繋がるのです。

 一人の人間である「政治家」を「プライベートな人格」と「政治家としての人格」に分けることなどできません。一体の存在だからこそ、政治家Aに対する大多数の判断の通り、「児童虐待をする人格の政治家など言語道断」となる訳です。

 しかし、政治家Bの事例に対しては、「「不倫をする人格」と「政治家としての人格」は別。有権者として「政治家としての人格」だけで判断しますよ」という人達の多いこと・・・。

 政治家Bは「不倫を長年続けて家庭とも向き合わずに来た人格に基づいて政治を行う」のです。そのような政治で良いのですか?と聞きたいです。

 政治家Bが口からは「立派な政治理念や国家観」を語っていても、その根底の人格は「「不倫を長年続けて家庭とも向き合わずに来た人格」なのです。

 そんなこと、「政治家Aはけしからんし、許せない!」と思う圧倒的多数の人達は分かっているのに、ある程度の割合の方は政治家Bに対しては、同様の想いを無意識的に「封印」し見ないようにしているのではないかと感じています。

 一体不可分な「プライベートな人格」と「政治家としての人格」の全てを「政治家全体」を見て判断を下さねば、政治の劣化、政治不信は進むばかりです。

 「人格の全体像を見ないで、政治家の主張や理念だけを見て応援する人達の危険性」について強く感じています。

 今までも沢山、「狭義の政治活動」以外の部分で批判をされるべき事実が明らかになった政治家がいました。それに対して一部の人達が「その批判されている部分は政治家としての評価とは別だから気にしないで応援して拡散もするよ」という姿勢を取ることが、政治家の劣化を進めて来たと思います。
 そうしたことは日本のためにならないと確信しています。
 
 「語っている主張が近ければ何でも身内びいきのように許し、良しとするのか?」と。ネット上やリアルでも様々な場で見かけた「民主党議員の不祥事には激しく攻撃するのに、保守系政治家の不祥事には見てみぬふり」という二重基準の人達が多く見受けられたので、書かせていただいた次第です。

 写真は先日訪れた宮古島の由緒ある宮古神社を撮影したものです。

small_ribon.gif小坂の問題提起に共感する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感

2016年06月06日

荒川区と隊友会(自衛官OBの組織)で災害時の協定締結を!と主張

13325456_1408440432514944_1089361070907951354_n.JPG
 今朝の震災対策調査特別委員会にも着物で。写真のような縞大島の紬です。

 大災害時に備えて荒川区と様々な団体や企業が協定を結んでいます。本日は新たに締結された4つの協定に関連した質疑が行われました。

 小坂からは自衛隊の退職者を中止に組織されている「公益社団法人 隊友会」の地元支部と新たに協定を結ぶべきと求めました。

 隊友会は自らのホームページに書いている通り、地元支部と自治体とで災害時の協定を結ぶ意向を持っています。全国でも多くの自治体が隊友会の地元支部と協定を結んでいます。


 例えば平成27年度に地元の隊友会と防災協定を締結した地方自治体は以下の通り有ります。

足立区、鎌倉市、佐賀県、石巻市、各務原市、逗子市、海老名市 

 災害時の現場で活躍された方が多い隊友会の方々に、災害時のインフラ被災の情報を寄せていただいたり、伝達作業や応急救護に力添えいだたいたり出来れば、とても心強いです。区の担当者は情報を集めて検討するとの答でした。引き続き実現を求めていきます。

 他にも熊本地震に関連した質疑で、避難場所でのテント活用や備蓄を進めるべきとの問題提起させていただきました。

 夜の政務会合では参加者の方々に議長、副議長の役職たらいまわしの話をすると皆、あきれ果ててていました。こうした悪習は是正せねば、議会の存在意義自体が問われるという危機感を持っています。

small_ribon.gif小坂の問題提起に共感する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感

2016年06月05日

ご存じですか?久松五勇士!

ファイル_001 (23).JPG
 宮古島から那覇経由で帰宅。宮古島の美しい海、自然、温かい人達、文化や歴史に家族で楽しく親しんできました。とても素敵な時間をいただきました。

 宮古島では昨日、久松五勇士の顕彰碑も訪れました。
280604hisamatsu.JPG
 日露戦争当時、日本国民としての使命感に燃えて、宮古島の久松地区から手漕ぎの船で15時間こぎ続け、バルチック艦隊発見の知らせを通信所の有る石垣島まで伝えに行った若者五人やその行動を支えた方々に感謝の気持ちを捧げて来ました。

 ※久松五勇士についてはこちらのページが詳しいです。是非、お読み下さい。

 全国各地のこうした先人の偉業の足跡を家族で訪れ、考えていけることはとても幸せなことです。

small_ribon.gif先人の志を引き継いでいかねば、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感

2016年06月04日

宮古島で宮古上布を着られる幸せ!

13327581_627378214105610_4344809349000935598_n.JPG
 宮古島滞在の4日目に、東京から持ち込んだ宮古上布(宮古島の名産品。リサイクル着物です)を着て、島内の様々な場所を訪れました。宮古上布を織り上げている様子も見学させていただきました。
280603hataori.JPG
 トンボの翅のように軽く、糸は細く強くしなやかで通気性に富んだ、最高の夏の着物です。

280603hataori2.JPG
 昭和の初期までは年間1万反以上が織られていたのに、現在は年間わずか10反のみ。宮古島市が織り手の育成に熱心に取り組んでいます。宮古上布の素晴らしさを着て感じているものとして、その素晴らしさを広く知っていただきたいと心から思っております。

 着物に関心を持つようになってから、国内の様々な地域の織物、染め物に触れ、その多様性を知る機会が増えました。それぞれの地域の特性に合った織物が、先人の努力によって引き継がれてきました。そこには、日本人の知恵が込められています。その知恵に満ちた衣を着ることができる幸せは何ものにも代えがたいです。

small_ribon.gif日本伝統文化を守り引き継いでいかねば!、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感

2016年06月03日

核廃絶という危険な妄想


 チャンネルAjer  シリーズ「地方議員の切り込み隊長、小坂英二の国護り」の第111回は

『核廃絶という危険な妄想』

と題して語らせていただきました。宜しければ、ご覧下さい。

13346901_1406045542754433_2335975019514162961_n.JPG
 宮古島に家族で来ています。昨日は宮古島から橋で結ばれた来間島へ。南国風のカフェの店内に実るバナナの前で。

small_ribon.gif電様々な媒体を通じた問題提起もおおいに進めるべき、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感

2016年06月02日

拙著「タブーなき告発」電子書籍版が今なら半額!この機会に是非!

b8dede16e3ff12ffffd90110c54d8fe2.jpg

 尖閣上陸をきっかけに書かせていただいた拙著、「タブーなき告発」があたま出版様のご尽力で電子書籍になりました。 それがなんと7月31日までの2ヶ月間、半額セールで400円となりお手頃に読めるようになりました

 尖閣上陸やパチンコの闇などについて書かせていただいております。
 是非、この機会にお読みいただければ幸いです。

 内容の詳細やご購入はこちらからどうぞ! 拡散いただければ嬉しい限りです!

small_ribon.gif電子書籍を通じた問題提起もおおいに進めるべき、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感

2016年06月01日

今月の日本、サイコー!の公開収録(6/8(水)18:45)のゲストは千田まさひろさん!皆様、是非、お越しください!

 小坂とヒクソンさんが語るネットラジオ、「日本、サイコー!」の公開収録、今月のゲストは千田まさひろさんです。以下の通り、多方面で活躍をされています。

1980年 岡山県生まれ。
大学卒業後、システムエンジニア、政治家秘書として勤務。
2014年、維新政治塾岡山(平沼赳夫塾長)に入塾。
2015年春 岡山県議会議員選挙に出馬し惜敗。
現在、被災地ボランティア活動、遺骨収集、研究者として自治体の成功事例を求め、全国を駆け周っています。
著書は「アメリカの思惑」等共著3冊、趣味は献血(165回)、読書、神社巡り(650社以上)。

senndasann.JPG 
 皆様のお越しをお待ちしております。

●公開収録
日時:平成28年6月8日(水)18:45〜19:45

場所:諏訪台ひろば館 2階 いこい室
     荒川区西日暮里三丁目3番12号
  
●懇親会:公開収録終了後、同会場で開催します。
 
懇親会費:金額は当日、人数割りで決定します。

 拙著「タブーなき告発」のサイン本も当日、お持ちします!

 また、7月の公開収録は北朝鮮の問題に長年取り組んでこられた萩原遼さんをゲストに日程は7月13日(水)18:45に阿佐ヶ谷地域区民センター(杉並区)の第六集会室にて行います。

small_ribon.gif様々な場での問題提起をおおいに進めるべき、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月31日

荒川区設置のAEDの24時間化について

IMG_8429.JPG
 5月25日、結婚式記念日の御祝いに食事へ。結婚式から、まだ丸2年間しか経っていないのに、何故か長く連れ添っているように感じます。
 いつもありがとう!これからも宜しくお願いします。

DSC04695.JPG

 AEDの現状を確認しましたところ、以下の通りです。

・荒川区施設に設置           352台
  (そのうち24時間利用可能なもの)    14台

・荒川区が購入、民間施設に設置       15台
  (全て24時間利用可能)
  (コンビニ、ファミレス、レンタカー会社など)

・荒川区が購入し、各町会事務所などに設置 110台程度
  (町会の判断で24時間化の場も有るが、詳細は調査中)

・荒川区が購入し、商店街の拠点に設置    14台

 24時間化はまだごく一部に過ぎないことが分かります。24時間化に向けて、引き続き問題提起を続けて参ります!

 写真は昨日、本会議で討論をする小坂を遠景で撮影していただいたものです。  

small_ribon.gif小坂の問題提起にこれからも期待する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 04:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

国旗、都旗、区旗の「掲揚」、議場での国歌斉唱、違反者への制裁。公職にあるものにとって至極当然のことを求める陳情、区職員に年初めや年度初めの訓示の際に国旗に礼をすることを求める陳情の本会議での採決!どちらも当然の内容なのに、賛成は小坂だけ!

DSC04693.JPG

 本日は荒川区議会の開会会議の本会議で上記の陳情の本会議での採決が行われました。

 表題の件、陳情で求められているのはどれも至極当たり前の内容だと思います。しかし、荒川区議会議の中で賛成したのは小坂のみ一人・・・。他は皆、反対の姿勢でした・・・。

 過日の総務企画委員会の審議では「内心の自由に踏み込んで強制するな」「既に国旗への敬意ははらう雰囲気になっており、ことさら変更する必要は無い」などと言った意見が出たそうです。いずれも本質をそれた意見だと思います。

 この陳情に賛成しての討論をした際の写真と討論の内容です。お読みいただければ幸いです。そして、この当たり前の内容が通らないのが荒川区議会の現状であるということにも認識を深めていただければ幸いです。 

(陳情に賛成する小坂の賛成の討論です。)

 私は日本創新党として、27年度第17号陳情「区庁舎及び議場における区旗、都旗及び国旗の総ての掲揚等を求めることに関する陳情」及び27年度第46号陳情 「純粋に荒川区役所庁舎等における区旗及び国旗の掲揚並びにこれに対する敬礼を求める陳情」の願意に賛成すると同時に、これら二つの陳情を不採択とした委員長報告に反対する立場で討論致します。

 第17号陳情は4月末の本会議でも同様の陳情に対する討論で述べた通り、陳情事項の第一は区職員や議員が重層的に所属する国、都、区の旗を掲揚することを求めるものであり、日本国の中の荒川区における公の役割を果たして行く区職員が、国旗の元に一層の尽力をする意志を強めるためにも望ましいことと考えます。

 陳情事項の第二は区議会定例会の開会、閉会の際に国旗へ向けて起立し国歌を斉唱することです。日本国の自治体である荒川区の議場において、その節目に国歌斉唱をするのは極めて自然なことであり、むしろ、それがなされていない現状こそ異常と考えられます。

 日本国の自治体である荒川区。地域あっての国であり、国があっての地域です。一体不可分なのです。国旗に敬意を払い、国歌を節目に斉唱する。それは公の選挙で選ばれ、公の役割を果たす区議会議員にとって当然のことです。それを否定したり拒否することは公の職に在る者としての裁量を越えた暴挙であります。思想信条の自由という言葉でごまかす問題ではなく、国旗への起立や国歌斉唱は日本国の議員として至極当たり前のことなのです。

 以上の認識から、当然、陳情事項の第三にある「起立と国歌斉唱を拒絶した者に退場処分等の制裁を科すべき」という認識にも賛同致します。

 第46号陳情の趣旨は区役所庁舎及び出先機関における国旗掲揚、そして年明け及び年度明けの節目の際などに国旗に向かい一同起立及び礼をすることを求めるものであります。今まで述べた認識の通り、公の職にあるものにとって当然のことを求めているに過ぎず、陳情趣旨に賛同するものです。

 4つの縦糸を守り引き継いできた日本国の地方議員の職に在りながら国旗や国歌を否定することは、自らの拠って立つ日本国への背信行為であるということを再度、この機会に申し上げます。内心の自由などといった言葉でごまかして良い話では有りません。

 陳情の含意は至極当然のことにも関わらず、各会派が不採択を主張することは全く理解ができないものであります。

 以上の理由から本陳情を採択すべきと強く主張し、不採択とした委員長報告に反対すべきと申し上げ、討論と致します。

small_ribon.gif小坂の問題提起にこれからも期待する、という方はこちらの2つのボタンを押してください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へninkiblogbanner.gif
blogram投票ボタン
スカウター : 荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感
<
posted by 小坂英二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 区政全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする